朝ドラ 宮崎あおいに関するニュース

次期NHK朝ドラでAKB48が主題歌も「ゴリ押し」「ドラマの価値下がる」と疑問の声

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日16時00分

朝ドラでAKBの楽曲が起用されるのは初めてだが、ネットには「朝ドラの価値が下がる」といった批判が殺到している。 女優・波瑠(24)が主演を務める『あさが来た』は、朝ドラ史上初の幕末から始まる物語。激動の時代に「一代の女傑」と呼ばれた女性実業家がモデルの主人公・あさを演じる波留のほか、共演者には俳優の玉木宏(35)や女優の宮崎あおい(29)、さらに落語家の笑 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

大事なのは、自分たちが面白いと思うものを作ることです」■朝ドラの変革実は、そんな2011年のパラダイムシフトをいち早く予見し、先に手を打って乗り切ったのが、NHKの朝ドラである。21世紀の朝ドラは長期低落傾向にあった。時々、『ちゅらさん』(2001年)や『てるてる家族』(2003年)、『ちりとてちん』(2007年)といったスマッシュヒットは出るが、下落が止 [全文を読む]

重要なのはその後の出演作…幸せになった朝ドラヒロイン6

WEB女性自身 / 2015年11月28日06時00分

61年からスタートした、NHK連続テレビ小説(通称・朝ドラ)。そのヒロイン役はスター女優への登竜門ともいわれ、毎回、大きな注目が集まる。出演をきっかけにブレークする人が多いいっぽう、いつの間にか、姿を見せなくなった人も 。今回、出演後に幸せになった朝ドラヒロインについて、テレビウオッチャーのペリー荻野さんと田幸和歌子さんに語ってもらいました! 【大竹しのぶ [全文を読む]

『あさが来た』スタート好調の理由は? 王道的ストーリーと新たな試みを検証

リアルサウンド / 2015年10月07日11時04分

幕末が舞台となるのは朝ドラ史上初めてだ。 今作が好調となっている要因と、その見どころについて、ドラマ評論家の成馬零一氏に話を聞いた。 「舞台こそ、幕末からのスタートですが、『あさが来た』は、これまでの朝ドラのセオリーに則った、極めて王道的な作品といえると思います。朝ドラにはいくつか“型”があり、保守的な時代に生まれた女性が自立を目指すというストーリーは定番 [全文を読む]

波瑠、主演作『あさが来た』が今世紀最高視聴率! 不遇の時代を乗り越えてつかみ取った大ブレイク

メンズサイゾー / 2016年04月05日19時25分

かつての朝ドラは1980年代に放送された『おしん』の全話平均視聴率52.6%を筆頭に、どの作品でも30~40%を記録するのが珍しくなかった。しかし近年は娯楽の多様化や多チャンネル化、さらには録画視聴が増えたことなどで視聴率は軒並み低下。この傾向は年々強まり、民放ドラマでは全話平均10%を超えることすら難しくなっている。 そんな時代において今世紀最高をマー [全文を読む]

“波瑠の娘役”小芝風花、朝ドラデビューで芽生えた決意 ヒロインオーディションでは「最終で落ちてしまって…」 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年02月01日08時15分

現在放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」(総合テレビにて月~土曜・あさ8時~ほか)に、ヒロイン・波瑠演じるあさの長女・白岡千代役でレギュラー出演中の小芝は、初となる朝ドラ出演への思いや、現場でのエピソードを明かした。2012年7月にフジテレビ系連続ドラマ「息もできない夏」でデビューし、2014年3月には実写映画「魔女の宅急便」でキキ役に抜擢されたこと [全文を読む]

NHK朝番組で“神展開”発生「有働由美子アナの付けまつ毛が…」

デイリーニュースオンライン / 2015年11月03日07時30分

出演者のV6・井ノ原快彦と有働由美子アナ、柳澤秀夫解説委員がドラマの感想を述べ合うオープニングは「朝ドラ受け」と呼ばれ、これを楽しみにしている視聴者も多い。 10月28日放送の朝ドラ「あさが来た」は、鬼気迫るシーンが放送された。主人公・今井あさ(波瑠)の姉はつ(宮崎あおい)の姑・眉山菊(萬田久子)が「疫病神や!」とはつを罵ったところ、はつの夫・惣兵衛(柄本 [全文を読む]

“第2の吉高由里子”清原果耶、NHK朝ドラに異例の抜てき<コメント到着>

モデルプレス / 2015年06月23日08時00分

今回も事務所に所属後、わずか半年で朝ドラのレギュラー出演者に異例の抜てきが決まり、女優としてのデビューを果たすこととなった。 清原は「朝ドラは経験を積んだ人しか出られないという印象があったので、嬉しさと同時にびっくりもしました。憧れの朝ドラで女優デビューができるということ、そして偉大な先輩たちに囲まれてお芝居をさせて頂けることを光栄に思います」と目を輝かせ [全文を読む]

最終回間近 でも“あさロス”対策は抜かりなし

NEWSポストセブン / 2016年03月19日07時00分

今回は、いよいよ最終回間近の『あさが来た』に見る、NHKの“朝ドラ手法”に注目。 * * * 絶好調の『あさが来た』の最終話は4月2日(土)。いよいよ、あと2週を残すのみとなった。 昭和の主婦に愛されたNHKの連続テレビ小説(以下、朝ドラ)が再び社会現象として注目されるようになったのは、2010年上期の『ゲゲゲの女房』からだ。 8時15分からだった開始時間 [全文を読む]

『あさが来た』養之助役の西畑大吾 宮崎あおいの美しさに驚く

NEWSポストセブン / 2016年02月16日07時00分

そのせいかだんだん肌が黄色くなってきちゃったんですよ(笑い)」(西畑・以下「」内同) 2年前の連続テレビ小説『ごちそうさん』で、め以子(杏)の息子(3人きょうだいの末っ子)活男役を演じ、見覚えのある朝ドラファンも多いはず。テレビドラマ初出演だった西畑は愛らしい末っ子役を好演し、視聴者の心を揺さぶった。 「ドラマ未経験だったので、朝ドラのスタッフさんからは俳 [全文を読む]

フォーカス