ドラマ 宮崎あおいに関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

<「あさロス」の方のために>「あさが来た」平均視聴率が今世紀最高23.5%

メディアゴン / 2016年04月06日07時40分

明治の女性実業家・広岡浅子をモデルにしたドラマである。広岡浅子は、加島銀行、炭鉱経営、大同生命、尼崎紡績(ユニチカの前身)、日本綿花(旧ニチメンの前身)などを次々と起業し、陰に日向にこれらの企業の経営を支えた。同時に、女性教育に力を注ぎ日本女子大学の設立に尽力した。まさに明治の女傑である。彼女の下には、井上秀(後の日本女子大学学長。ドラマでは宜(のぶ)=吉 [全文を読む]

次世代 朝ドラヒロイン“本命”女優を探る ポイントは清楚さと演技力とNHK経験!?

日本タレント名鑑 / 2017年06月27日07時55分

相楽さんは朝ドラ出演直後、BSプレミアムのドラマ『横溝正史短編集/黒蘭姫』に出演したほか、ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)、『3人のパパ』(TBS系)などにレギュラー出演。また今年から大量出稿のチョーヤ『酔わないウメッシュ』のCMに出演。人気の幅を広げています。 朝ドラは『ゲゲゲの女房』にも出演していた相楽さん。『とと姉ちゃん』出演時から「よく“昭 [全文を読む]

宮崎あおい、自身の“小っちゃさ”を痛感

モデルプレス / 2012年09月27日14時21分

10月9日スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」の制作発表会見が27日、都内にて行われ主演の阿部寛、山口智子、宮崎あおいら豪華キャストが勢揃いした。3人はそれぞれドラマ初共演。阿部寛が約16年ぶりの連ドラ出演となる山口智子に「同じモデル出身という立ち位置で、彼女がドラマで成功してくれたから今の僕の活躍がある。本当に感謝して [全文を読む]

TSUTAYA高橋さん推薦!観ればハマる「女性にオススメ映画DVD」11選

Woman Insight / 2014年01月01日11時00分

妊娠をきっかけに恋人との関係や自分の仕事などを見つめなおしていくドラマ。女性には考えるきっかけを与えてくれる作品です! 予告映像(キャメロン・ディアスのインタビュー付き)→ http://youtu.be/i02pqkfvRLM 公式HP→ http://renai-dakeja.jp/index.html 発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャー [全文を読む]

是枝ドラマの超低空飛行「山口智子戦犯説」に女性作家が反論

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時00分

16年ぶりにドラマ復帰した山口智子。宮崎あおい、阿部寛、西田敏行などの豪華キャストと、鳴り物入りで始まったドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(フジテレビ系)。 ところが。事前の期待に反して視聴率は落ち続け、最終回を前に第9話は4.6%(12月11日放送)まで低下。そのあまりの人気のなさに、「戦犯」捜しが始まっています。「視聴者にウケなかった山口智子」(『リ [全文を読む]

宮崎あおいが語る!「アース」CMが一新

モデルプレス / 2012年02月28日11時06分

今回のシリーズは「温かみのある自然光の中で、太陽の光の力を生かしたドラマチックな画作りを」というコンセプトのもと、雄大な大自然の広がるハワイ・カウアイ島でロケを敢行。開放的な海外ロケを心から満喫した宮崎あおいは、現地スタッフと積極的にコミュニケーションを図るためにも「もっと英語を勉強したいですね」と語った。 ◆宮崎あおいが“歌う”シリーズを一新 新CM「運 [全文を読む]

大島優子に宮崎あおい、子役で活躍していた有名女優たち

日刊大衆 / 2016年09月26日13時30分

大人顔負けの演技で活躍している子役たちは、ドラマや映画だけでなく、バラエティやCM、イベントなどでも引っ張りだこだが、この前まで、あどけない顔をしていたのに、気がつけば大人っぽくなっていて、新しい子役にポジションを奪われてしまうことも少なくない。しかし、当時のことは忘れられても、大人になってから再び活躍しているタレントだっているのだ。 元AKB48の大島優 [全文を読む]

山口智子、ドラマ大惨敗も夫婦仲良好!? 唐沢寿明「献身愛」エピソード

サイゾーウーマン / 2013年01月30日13時00分

昨年秋クールで放送された『ゴーイングマイホーム』(フジテレビ系)で、約16年ぶりに連続ドラマに出演した山口智子。放送前から注目が集まっていたものの、初回に視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得した後はどんどん下降し、平均7.9%で放送が終了した。主演ではなかったものの、メイン扱いを受けていた山口は、ネット上を中心に“戦犯扱い”を受 [全文を読む]

小説読み放題アプリ『yomel.jp』だけの書き下ろし作品を配信開始

PR TIMES / 2012年12月25日12時05分

~数々の人気女優を輩出したBS-TBSドラマ「ケータイ刑事(デカ)」~ (株)エムティーアイが運営する、スマートフォン向けの定額読み放題電子書籍サービス『yomel.jp』は、12月26日(水)より、若手女優の登竜門としても注目されてきたBS-TBSのヒットドラマ「ケータイ刑事(デカ)」の書き下ろし小説「ケータイ刑事 銭形 星(せい) ~ピアノ教室殺人事件 [全文を読む]

フォーカス