アニメ 宮崎駿に関するニュース

【閉店セール】宮粼駿、引退撤回!長編アニメ制作でスタッフを募集する!

秒刊SUNDAY / 2017年05月19日18時34分

2013年のご自身の集大成とも言えるべく作品「風立ちぬ」を最期に長編アニメから一線を退く事実上の「引退宣言」をしていた宮粼駿さんですが、その頃からささやかれていたのが「また引退か」の声。そうです、宮粼駿さんは何度も引退しそして何度も復帰するというなんとも愉快な行動を取られておりますが、また同じような流れになっているとのことです。本日スタジオジブリの公式ウェ [全文を読む]

ジブリ新人募集は本当に「雇用条件が悪い」のか? 宮崎駿が込めたメッセージを読み解け

citrus / 2017年06月02日17時30分

5月19日、日本を代表するアニメ制作会社スタジオジブリが公式サイトにて、宮崎駿監督の新作長編映画の新人スタッフ募集を開始した。募集職種は動画担当アニメーター、そして背景美術。いずれも募集人数は若干名としている。■18歳以上、業務未経験可、月20万以上──雇用条件は本当に悪いのか?この小さな人材募集告知が、世界中に大きな話題を巻き起こした。ひとつは宮崎駿監督 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(3)

Woman Insight / 2014年10月07日22時00分

今、日本が進むべき道は?──『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者、創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、宮崎作品からにじみ出る現代の日本の姿をうかがいました。 ★1回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1) ★2回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2) Woman Insi [全文を読む]

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』総監督・安彦良和が“ルウム会戦”で描いたものーー「若い層にも届いてほしいと切に望んでいます」

週プレNEWS / 2017年09月15日10時00分

同作のキャラクターデザインを手がけ、人気アニメーター・監督としてその名を知られる安彦良和氏は、表現の場をアニメから漫画の世界に移した後、再びアニメ業界へーー『機動戦士ガンダム』の物語を新たな解釈で描き、漫画原作も執筆している『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』だ。 シリーズ最新第5話『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が9月2 [全文を読む]

【朗報】またか何度目だ!「宮崎駿監督復活」に海外ファンも大歓喜!

秒刊SUNDAY / 2016年11月14日23時11分

先日放送されたドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」(NHK総合)で宮崎駿監督が長編アニメ制作で復帰に意欲を燃やしているということがわかり、ジブリファンは大いに喜んだ。それは日本国内だけでなく、このニュースが北米最大規模のアニメ紹介サイト、アニメニューズネットワーク(Anime News Network)で紹介されると、海外の宮崎アニメファンからも喜 [全文を読む]

生駒里奈ほか、アニオタ芸能人のお気に入り作品は?

日刊大衆 / 2017年01月06日16時00分

2016年の映画界で最も大きな話題をさらったのは、新海誠監督(43)が手がけたアニメーション映画『君の名は。』の大ヒット。興行収入はなんと200億円を突破し、邦画では歴代2位となった。ちなみに邦画の歴代興行収入1位は宮崎駿監督(75)の『千と千尋の神隠し』(2001年/308億円)で、3位と4位もやはり宮崎駿監督の『ハウルの動く城』(2004年/196億円 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1)

Woman Insight / 2014年10月04日21時00分

老若男女問わず、日本人にとって最も馴染みのあるアニメーションといえる宮崎アニメ。数々の作品を「平和学」の視点で読み解くと、いったい何が見えてくるのか? 10月1日に発売されたばかりの新書『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者である創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、ジブリ作品の平和学的な考察をうかがいました。 Woman Insight (以 [全文を読む]

「何度目だ」宮崎駿が早くも引退撤回?ネットで喜びの声広がる!

秒刊SUNDAY / 2014年01月02日11時45分

昨年長編アニメの映画監督を引退したスタジオジブリの宮粼駿監督が、早くも引退撤回をしているとネットで騒がれております。事の発端はラジオ番組「TOKYO FM:鈴木敏夫のジブリ汗まみれスペシャル」にてそれを匂わす発言を「鈴木敏夫」プロデューサが発言しているというのです。とはいえこの引退撤回はもはや恒例行事、ネットでは既に「6回目」などともささやかれております。 [全文を読む]

『君の名は。』大ヒットで新海誠も“ポスト宮崎”!? 細田、庵野……“ポスト宮崎”といわれたクリエーターたち

おたぽる / 2016年09月22日21時00分

こんな大ヒット劇場アニメが登場すると、必ず浮かび上がってくるキャッチコピーがある。“ポスト宮崎駿”である。「ポスト宮崎駿」で軽くググってみただけでも、『君の名は。』公開後、各映画サイトやスポーツ紙、夕刊紙、経済系ニュースサイトなどが立て続けに、“ポスト宮崎駿”という見出しのもと、アニメに疎い人向けに新海の作風や受賞歴、そして『君の名は。』の魅力を紹介すると [全文を読む]

石ころ以下のはずがない! 原作者がアニメスタッフとして関わった作品紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月20日19時20分

少し前、あるアニメーターの「原作者は石ころより役に立たない」という過激な発言が話題になりました。ライトノベルやコミックなど、原作のある作品がメディアミックスとしてアニメ化されることが多くなってきた昨今、作者自らが積極的にアニメスタッフとして関わる事例が増えてきたように思われます。 関連情報を含む記事はこちら 例えば、現在放送中の『メカクシティアクターズ』。 [全文を読む]

「新感染」の鬼才ヨン・サンホ監督、夢は日本マンガのアニメ化!?

dmenu映画 / 2017年08月29日07時00分

韓国アニメ界の鬼才で日本のアニメが大好きと公言するヨン・サンホ監督は、1990年代に見た日本のアニメに影響を受けてアニメーターを志したという逸材。日本のアニメーション監督の押井守、大友克洋、宮崎駿、湯浅政明、今敏、沖浦啓之をリスペクトし、漫画家・古谷実の諸作品を熱狂的に支持している。そんなジャパニメーション信者サンホ監督が、2016年のカンヌ国際映画祭を震 [全文を読む]

やっぱり? スタジオジブリ・宮崎駿監督、長編映画復帰へ そのせいでヤフトピが皮肉な並びに!?

おたぽる / 2017年02月24日20時40分

24日、長編アニメーション映画の制作から引退を表明していたはずの宮崎駿氏が、新作長編の準備に入ったと「日刊スポーツ」が伝え、もちろんアニメ・スタジオジブリファンからは「やっぱり引退しないんじゃん」「絶対そうだろうと思ってた」という“知ってた”の声が大量に上がっている。 というのも、宮崎氏の“引退”→“引退撤回”は確認できるだけでも複数回。これまでに『ものの [全文を読む]

「風の谷のナウシカ」を見て、私の考えは全く変わった―中国人学生

Record China / 2017年01月14日13時50分

日本アニメが人気の中国。中でもスタジオジブリの作品は、とりわけ高く評価されている。江西財経大学の藩梅萍さんは、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」がきっかけで、環境問題に関する自身の考え方が変わったというエピソードを、作文に次のようにつづっている。 「李さん、こちらから行こうよ」 「ええ?どうして遠回りするの?もう授業始まるよ」 いつも授業に出るとき、芝生を通 [全文を読む]

アニメ『サンタ・カンパニー』がキックスターターにて累計で1,000万円を調達!

DreamNews / 2014年10月30日14時30分

株式会社KENJI STUDIOおよび株式会社AWESOME JAPANがキックスターターにて共同で実施している、『サンタ・カンパニー』を使ったアニメ制作の教科書・資料集プロジェクトが10月29日に終了し、目標の15,000ドルを170%以上上回る25,634ドルの調達に成功しました。 株式会社KENJI STUDIOおよび株式会社AWESOME JAPA [全文を読む]

宮崎アニメが諸悪の根源!? アニメ規制に江川達也が爆弾投下

メンズサイゾー / 2014年09月02日18時05分

1日に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)での「ロリコン&暴力 アニメに規制は必要か?」をテーマにした議論の中で、漫画家の江川達也(53)が「宮崎アニメが1番悪い!」と発言し、ネットを中心に話題を集めている。 未成年犯罪や猟奇事件、児童に対する犯罪などが起こると、しばしば引き合いに出される「アニメと犯罪の関連性」。今回の番組では、アニメ [全文を読む]

『君の名は。』の大ヒットはなぜ“事件”なのか? セカイ系と美少女ゲームの文脈から読み解く

リアルサウンド / 2016年09月08日06時10分

■新海誠はアニメ界の「鬼っ子」的存在 新海誠監督の新作アニメーション映画『君の名は。』が、記録的な大ヒットを続けています。公開10日間ですでに興行収入が38億円を突破したといいますから、これはもはや2010年代のアニメ界におけるひとつの「事件」といってよいでしょう。今年の夏はさまざまな意味で「平成の終わり」を実感させられるニュースが相次ぎましたが、まさにア [全文を読む]

「風と共に去りぬ」

NewsCafe / 2013年09月13日15時00分

「日本のディズニー・世界的なアニメ界の天才」と評され、女性のファンが多いスタジオ・ジブリの「宮崎駿監督」が、彼にとって思い出深い「ベネチア映画祭」の渦中で引退を表明した。最後の大作「風立ちぬ」がラスト作品となった。平成9年頃(多分・もののけ姫が上映されたころ)武蔵野市にあるスタジオ・ジブリを彼の片腕の鈴木プロデューサーを訪ねて訪問したことがある。およそ会社 [全文を読む]

『魔女の宅急便』キキが17歳のJKに! 『進撃の巨人』第3期も制作決定!!【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2017年06月19日21時00分

先週一週間のアニメニュースをまとめてお伝えする【ざっくりアニメニュース】。先週は、米国で世界最大級のゲーム見本市「E3」、さらに世界4大アニメーション映画祭「アヌシー・アニメーション国際映画祭」がそれぞれ開催されるなど、オタク的に忙しい一週間であったが、今週も気になるニュースをざっくりとお届けしたい。 本日19日から全国で放送がスタートとなる日清食品のカッ [全文を読む]

<コラム>中国人の若者は日本のアニメをここまで知っている

Record China / 2016年12月01日00時20分

日本アニメは中国でも大人気だ。宮崎駿、ちびまる子ちゃん、ワンピース、コナン、ナルト、進撃の巨人くらいまではだいたいの若者が知っている。そして「アニメ好き」を自称する若者に好きな作品を尋ねようものなら、40代の私は耳にしたことすらないタイトルが次々に出てくる。「中二病でも恋がしたい!」「東京喰種トーキョーグール」「亜人」、皆さんはいくつ知っているだろうか。そ [全文を読む]

3位はアニメ、2位は日本食!外国人が「日本ってすごい」と感じる長所1位は

TABIZINE / 2016年09月13日12時00分

第3位:アニメ・漫画(33.2%) 第3位はやはりアニメ・漫画が入ってきました。宮崎駿のアニメはもちろん、海外に遊びに行くと日本人が考えている以上に、多くのアニメや漫画が浸透していると分かります。リオ・オリンピックの閉会式では“安倍マリオ”の姿も・・・。 実際に筆者はオーストラリアの子どもたちと『ドラゴンボール』ごっこをして戦った経験があります。ニュージ [全文を読む]

フォーカス