ドラマ 宮沢りえに関するニュース

【エンタがビタミン♪】水川あさみのパワースポットは“宮沢りえ”。今も『江』コンビの勢い止まらず。

TechinsightJapan / 2014年11月13日12時30分

女優・水川あさみと宮沢りえといえば、大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』のメインキャストとして共演した関係にある。水川あさみはInstagramで宮沢りえこそ“パワースポット”だとツーショットを公開したと思えば、宮沢のレギュラー番組にゲスト出演する堂本剛に「宮沢さんは私が尊敬している人だからちゃんとしろ」と言い聞かせるほど敬愛しているようだ。その宮沢りえも映画 [全文を読む]

【WOWOW】土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」の製作が決定!

PR TIMES / 2016年02月07日10時03分

猫好きのあなたに朗報!宮沢りえ主演「連続ドラマW グーグーだって猫である」の放送から約1年…続編は6月放送予定 宮沢りえ×犬童一心監督が再びタッグを組み大島弓子の世界感をお届け! そして、長塚圭史、黒木華、田中泯と豪華キャスト陣も再集結!! [画像: http://prtimes.jp/i/1355/3073/resize/d1355-3073-87291 [全文を読む]

月9で初演技にチャレンジ!注目のモデル・林田岬優が女優に!

Woman Insight / 2015年11月27日09時00分

大好きな宮沢りえの舞台に「衝撃を受けた」 林田岬優 ドラマはいろいろ観ていましたが、具体的に誰かを目指すというよりは、女優さんたちがドラマなどで演じてる役をみて「私もこの役を演じてみたい」という気持ちのほうが大きかったです。だから、小さいころは部屋でこっそり、“一人五役”を演じてました(笑)。ドラマを観て、演技に興味を持ち始めたのは小学生のころですね。妹と [全文を読む]

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である」ギャラクシー賞2014年 11月度月間賞 受賞!

PR TIMES / 2014年12月22日10時25分

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である」が、ギャラクシー賞2014年11月度月間賞に選出されました。 「グーグーだって猫である」は、少女漫画界の巨星・大島弓子の自伝的コミックエッセイを原作にドラマ化した作品です。脚本は『婚前特急』、『わたしのハワイの歩きかた』の高田亮。監督は映画版に続き『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』の犬童一心が手 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】豊川悦司の“漱石”に女将姿の宮沢りえ 「キュートな大人で素敵!」

TechinsightJapan / 2016年12月13日13時20分

宮沢りえがドラマで共演した豊川悦司と役柄の着物姿でピースサインするところをInstagramに公開してファンを喜ばせた。「かっこいいツーショット」「粋なお二人。素敵です」と反響があり、ドラマを見た人からは感銘を受けたというコメントが寄せられている。 12月10日にNHK BSプレミアムで放送されたスペシャルドラマ『漱石悶々(もんもん)夏目漱石最後の恋 京都 [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

●親近感=人気を決定付けた『あまちゃん』 まずはドラマ業界で、どんな顔の女優が人気と主演の座を獲得してきたのか、時系列で振り返ろう。 ドラマの作品数が一気に増えた1980年代中盤で人気を集めたのは、“キュートなTHE アイドル顔”。歌手としての人気をベースにした中山美穂や斉藤由貴、大映ドラマのいとうまい子や伊藤かずえらの「アイドルのさまざまな表情を愛でる」 [全文を読む]

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である」放送文化基金賞【番組部門】テレビドラマ番組 奨励賞受賞!主演 宮沢りえは演技賞を受賞!

PR TIMES / 2015年06月10日16時51分

昨年10月放送の土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である」が、放送文化基金賞【番組部門】テレビドラマ番組の奨励賞を受賞しました。また、主演の宮沢りえが同部門の演技賞を受賞しました。 「グーグーだって猫である」は、少女漫画界の巨星・大島弓子の自伝的コミックエッセイを原作にドラマ化した作品です。脚本は『婚前特急』『そこのみにて光輝く』の高田亮 [全文を読む]

ワイドショーも注目 「数字持ってる」と業界絶賛の広瀬すず

NEWSポストセブン / 2015年03月07日07時00分

今回は、ドラマやCMのみならずワイドショースタッフも注目しているという広瀬すずをピックアップ。 * * *「広瀬すずは数字持ってるから、ちゃんとやったほうがいい」というコメントをドラマやCMのスタッフではなく、ワイドショーのプロデューサーが口にしたので驚いた。 先ごろ、10社目となる「明星食品 一平ちゃん夜店の焼そば」のCMで話す博多弁がキュートだとワイド [全文を読む]

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

「朝ドラ『あまちゃん』以降、ドラマに舞台に仕事がとぎれないだけに結婚どころではないはず。その一方で、事務所社長のドン相手に仕事をえり好みする男前のキョンキョンを慕う後輩女優は多い。主宰する『小泉会』には飯島直子(49)、米倉涼子(41)、内田有紀(41)、榮倉奈々(29)など豪華メンバーが集い、朝まで飲んでいるみたい」(女性誌記者) 一昨年の誕生日には、個 [全文を読む]

TSUTAYAスタッフがおすすめ!冬休みに観たい「ちょっぴりエッチな映画&ドラマ」5選

Woman Insight / 2016年01月03日17時50分

心を満たしてくれる15作品から、今回は、「ちょっぴりエッチな映画&ドラマ」5選をお届けします♪ <年末年始に観たい「ちょっぴりエッチな映画&ドラマ」5選> ■時空をさかのぼった女性が燃えるような恋に落ちる 海外ドラマ『アウトランダー』 キャスト:カトリーナ・バルフ 発売元/販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (C) 2014 Sony Pi [全文を読む]

ワッキー、子育てのお手本は「北の国から」の五郎さん!?

Smartザテレビジョン / 2015年09月07日19時38分

BS放送・日本映画専門チャンネルは、ドラマ「北の国から」シリーズを9月21日(月)に一挙放送する。それを記念したBSスカパー!の特別番組「今、語ろう!『北の国から』2015 集い」の収録が行われ、MCの蛍原徹(雨上がり決死隊)をはじめ、ワッキー(ペナルティ)、ビビる大木、ミッツ・マングローブが取材に応じた。 「北の国から」は、‘81年に放送がスタートした連 [全文を読む]

観月ありさ、宮沢りえとの初共演で『3M』時代振り返るトーク! 豪華芸能人が次々出演する『ヨルタモリ』

メンズサイゾー / 2014年12月08日19時10分

彼女たちに牧瀬里穂(42)を加えた3人は、名前の頭文字から"3M"と呼ばれ、それぞれドラマやCMで大活躍を見せていた。今回の番組では、宮沢と観月が当時を振り返るトークを展開。その2人の話す内容が、「懐かしい」と話題となっている。 芸歴20年以上という長い芸能生活にもかかわらず、これまで観月とは直接話をしたことがないことを明かした宮沢。3Mという呼称も、周囲 [全文を読む]

全裸入浴に枕営業まで…宮沢りえ、7年ぶり主演映画で渾身の濡れ場を披露か

メンズサイゾー / 2014年08月07日09時00分

「同作は今年1月にNHKで原田知世主演でドラマ化されていますが、肝心の濡れ場は拍子抜けという感が否めず、その分映画版の宮沢の“艶技”に期待がかかっています。離婚に向かっているとはいえ、まだ人妻で不倫疑惑も浮上している宮沢が不倫に溺れる役を演じるのは皮肉といえば皮肉ですが…。今年41歳となった宮沢ですが、『10代の頃から顔が変わらない』『アラフォーとは思え [全文を読む]

【TBSオンデマンド】「LEADERS リーダーズ」3月22日(土)深夜0:00より第1夜見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年03月20日19時16分

佐藤浩市主演の2夜連続大型ドラマ!!TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、3月22日(土)、23日(日)よる9:00よりTBS系で放送される2夜連続大型ドラマ「LEADERS リーダーズ」を見逃し配信いたします。第1夜は放送終了後の深夜0:00より見逃し配信スタート予定。これで、初回放送を見逃しても、翌23日(日)放送の第2夜に追いつけ [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』第2話で早くも4.5%の危険水域に

デイリーニュースオンライン / 2017年07月22日15時00分

モデル界の女の戦いを描くドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の第2話が、平均視聴率4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録したことが7月21日に明らかになった。早くも瀕死の様相だが、主演の真木よう子(34)はTwitter上で、初回放送時から始終大はしゃぎ。見るも無残なピエロ状態に陥っている。 20日放送の第2話では、「ヴァニティ」の専 [全文を読む]

島田陽子 「エロティシズム表現は様々、挑戦しがいがある」

NEWSポストセブン / 2017年03月22日07時00分

1980年の「将軍SHOGUN」でゴールデングローブ賞を受賞するなど、「国際女優」として数々のドラマや映画に出演する島田陽子。また、初ヘアヌードに挑戦した写真集『キールロワイヤル』が55万部の大ヒットを記録するなど多方面で活躍。そんな彼女が“ラスト写真集”と話す『quatre』(1994年・スコラ刊。撮影/渡辺達生)の撮影当時を振り返る。 * * * 映画 [全文を読む]

森高千里 ウェイトレス姿でアイドルと脚の歴史を変えた

NEWSポストセブン / 2016年05月22日16時00分

それが90年代になると、男性に合わせるのではなく自分の好きな女性のマネをするようになった」(芸能評論家の宝泉薫氏) 1980年代後半、テレビの主流だった歌番組が減少していったことで「アイドル冬の時代」が訪れ、1990年代に入ると女性視聴者に支えられるドラマやCMを機にブレイクする女優が増えた。 宮沢りえ、牧瀬里穂と並ぶ「3M」の中でも一番の美脚だった観月あ [全文を読む]

ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

日本タレント名鑑 / 2016年03月22日13時55分

今年もドラマに映画にCMにと引っ張りだこです。そんな広瀬さんがブレイクしたきっかけのCMといえば、結婚情報誌『ゼクシィ』でしょう。 広瀬さんは当時まだ15歳という若さでしたが、あえて若い女優さんを起用する事で、“結婚への期待感を若いうちから持ってほしい”という取り組みだそうです。結婚は終わりではなく始まり。そして彼女たちのブレイクもこれから。とても縁起が良 [全文を読む]

水川あさみ 結婚に向けて事務所独立か

NEWSポストセブン / 2016年03月09日16時00分

「2人はNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』(2011年)で共演して以来、“りえさん”“あさみ”と呼び合い、すっぴんで会うほどの大の仲よしです。水川さんはりえさんから“女優として演技を学ぶには、舞台がいい”とアドバイスをもらってから、とにかく舞台出演を希望することが多くなった。その考えが社長との衝突を生んだようです」(前出・芸能関係者) 演技の幅を広げ [全文を読む]

ナオミとカナコ 90年代アイドル広末&内田を起用の意味とは

NEWSポストセブン / 2016年02月08日16時00分

ベストセラー作家奥田英朗氏の同名小説が原作のドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)が話題だ。大学時代の親友である2人がDV夫の殺害計画を企む物語で、出演しているのは広末涼子(35才)と内田有紀(40才)だ。2人の起用には実は大きな意味があると、テレビ解説者の木村隆志さんは指摘する。以下、木村さんの解説だ。 * * * 90年代は現在のようなグループアイド [全文を読む]

フォーカス