舞台 古田新太に関するニュース

森田剛、“世界の蜷川”に絶賛された「舞台力」

日刊大衆 / 2017年08月14日07時05分

さらに森田は、ドラマや映画だけでなく、舞台での経験も多く積んでいる。 2005年には、古田新太や橋本じゅんらが在籍する劇団☆新感線の舞台『荒神~AraJinn~』で主演。その3年後にも、同劇団プロデュースの舞台『いのうえ歌舞伎☆號「IZO」』で、“人斬り以蔵”こと岡田以蔵を演じている。 そして、森田の舞台経験で忘れられないのは“世界のニナガワ”こと、故蜷川 [全文を読む]

『美女と野獣』ルミエール役・成河(ソンハ)インタビュー「しぶとく粘り強い」ディズニーのアフレコへの驚きと感動

ガジェット通信 / 2017年05月20日12時00分

他のプレミアム吹替版のキャストのみなさんは半分以上舞台で共演したことがある方だったので、本当に舞台陣で固めるんだな〜としみじみしました。 ―ルミエールというキャラクターをどの様に演じようと意識されましたか。 成河:ルミエールは軽妙なでありながら、どっしり構えたところもあるキャラクターだと思うんですね。僕は実年齢に比べて、声も高くて外見も若く見られがちなので [全文を読む]

夏帆が暴走するロックバンドのボーカル、成海璃子が花嫁に「下北沢ダイハード」追加キャスト一挙発表<コメント到着>

モデルプレス / 2017年08月18日06時00分

◆成海璃子が花嫁に 第11話「父親になりすます男」(脚本:えのもとぐりむ 監督:関和亮)は、下北沢の再開発推進派の区議・壱河源一(升毅)の娘・悦子(成海璃子)と、開発反対派のリーダーの息子で売れない役者・丹澤航平(大東駿介)の結婚パーティーが舞台。うまくいけば、推進派の壱河を説得できる絶好のチャンス、絶対に失敗が許されないパーティーで、反対派の新郎の父親 [全文を読む]

女性よりセクシー!?小栗旬の美脚と回る客席にクラクラ…♡【ミーハーだけがとりえです】

Woman Insight / 2017年04月29日18時00分

蜷川さんの舞台で、初めて生の小栗さんを見て、その圧倒的な存在感に鳥肌。 それ以来、彼が出ているものは、ドラマでも映画でも舞台でも 密かに追っかけているんです。 というわけで、小栗さんが主演の話題の舞台、 劇団☆新感線の「髑髏城の七人」を見てきました! 何がすごいって、まず劇場が見たことないつくりなんです! 世界では2番目、アジアでは初という 劇場の中央に [全文を読む]

宮沢りえ 熱愛報道のV6森田剛と絆の「手つなぎ沖縄旅行」

WEB女性自身 / 2016年11月01日00時00分

お嬢さんはこの春から小学校に通われていて、月曜日は学校がありますから、シッターさんかお知り合いのところに預けて、2人でバカンスを楽しみに行ったのでしょう」(芸能関係者) 熱愛のきっかけは、8月9日から東京・シアターコクーンで上演されていた舞台『ビニールの城』での共演だった。ある舞台関係者は、こう説明する。 「この舞台は今年5月に亡くなった蜷川幸雄さんが演出 [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

それはみんな「小劇場」の出身者で、舞台で育ってきている、ということです。 かつて、テレビの中の人気者は、演劇舞台とは離れた場所にいました。特に「アングラ」「小劇場」と呼ばれるマイナー系(テレビ的大御所に対して)は、触ってもいけないし踏み込んでもいけない、いわばアブナイ領域でした。もちろんその出身者が、メジャーなテレビドラマに出ることもごくごく限られていたの [全文を読む]

古田新太、美女を拉致監禁!? 「下北沢ダイハード」スピンオフが公開

CinemaCafe.net / 2017年07月14日12時00分

「下北沢ダイハード~人生最悪の一日~」は、現在小劇場界の最先端で活躍する人気劇作家11人が書き下ろす、小劇場の聖地・下北沢を舞台にした“人生最悪の一日”を、気鋭の映像作家たちが映像化するオムニバスドラマ。古田さんと小池さんが、町のうらぶれたスナックの常連客とお店のママに扮し、2人が下北沢で起きた“人生最悪の一日”を語り始めるところから物語がスタート。毎回 [全文を読む]

夏の「ドラマ24」は小劇場をフィーチャーしたオムニバスドラマに決定

Smartザテレビジョン / 2017年05月23日06時00分

三谷幸喜や宮藤官九郎をはじめ、人気ドラマ脚本家を多数輩出してきた小劇場シーンの最先端で活躍する人気劇作家たちがテレ東深夜に集結し、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディーを送る。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。案内人は、下北沢とゆかりのあ [全文を読む]

ぱるる、連ドラ初主演作が撮了!「苦労したことは…全部です(笑)」

Smartザテレビジョン / 2016年11月20日07時00分

舞台となるナシゴレン課は、捜査に一切出向くことなく、刑事部屋で難事件を推理&解決してしまう、極秘部署という設定だ。 刑事部屋を舞台にしたワンシチュエーションコメディーということもあり、通常のテレビドラマとはひと味もふた味も違う演出・撮影を行い、まるで劇場空間のように濃い笑いを提供してきた本ドラマ。 撮影は9月下旬からスタートし、地上波と番外編「恋のアルマジ [全文を読む]

劇団 新感線『髑髏城の七人Season花』製作発表会見に小栗旬、山本耕史、りょう、古田新太らが登場!

AOLニュース / 2016年09月10日12時00分

『髑髏城の七人』は、劇団☆新感線の主宰者いのうえひでのりが演出を、座付き作家・中島かずきが脚本を手掛ける舞台。戦国時代末期の関東舞台に、<天魔王>率いるならず者集団・関東髑髏党に挑む若者たちの姿を描いた集団活劇だ。1990年の初演以来、幅広い層からの人気を集め、2004年には、古田新太を主演に据えたスタンダードな春公演『髑髏城の七人〜アカドクロ』と、市川染 [全文を読む]

天海祐希 舞台『MIWA』代役・宮沢りえと楽屋で対面時の様子

NEWSポストセブン / 2013年11月29日07時00分

当時、彼女は三谷幸喜(52才)と野田の初共作舞台『おのれナポレオン』に主演し、その時同公演は千秋楽まで7公演を残していた。スタッフ・キャストで協議の末、翌7日の深夜に、代役として白羽の矢が立ったのがりえだった。 演出や台詞はりえ用に書き換えられたが、彼女の台詞量は130にも及び、フラメンコやピアノの演奏も必要とする難役。稽古時間はわずか2日半しかなかったが [全文を読む]

前代未聞のステージを創り上げる劇団『勝・新』(KATSUARA)で、堂々活動を開始!? 演劇界のクセモノ・生瀬勝久×古田新太の新たな企みが始まる──。

PR TIMES / 2012年02月16日09時16分

映画・ドラマ・舞台・バラエティーと様々なフィールドを縦横無尽に駆け回り、その個性的な演技の数々で観客を楽しませ続けているふたりが、改めて自身の出発点でありホームグラウンドである〔舞台〕に情熱を注ぎ込むべく劇団を立ち上げる、、、?!ユニット名の字面を眺めるだけでもかなりの圧が感じられ、本気度がビリビリと伝わってくる。 都内にて行なわれた記者会見では「気心の [全文を読む]

オムニバスドラマ『下北沢ダイハード』終盤の出演者発表

ORICON NEWS / 2017年08月18日06時00分

【場面写真】第11話の本編に古田新太が登場 ■第9話『幽体離脱した男』 脚本:三浦直之、監督:スミス アイドルとして伸び悩んでいたタクヤ(金子大地)は事務所の社長から下北沢の小劇場で舞台に立ち、経験を積むように命じられる。本番当日にも関わらず演出家(岩松了)から厳しいダメ出しをされ、イラ立つタクヤ。そんな中、本番直前の劇場で怪奇現象が…。劇団員たちは以前 [全文を読む]

阿部サダヲ、早乙女太一、森山未來の色気がハンパない! 劇団☆新感線「髑髏城の七人」こそがクールジャパン

messy / 2017年07月19日14時00分

劇場へ足を運んだ観客と出演者だけが共有することができる、その場限りのエンターテインメント、舞台。まったく同じものは二度とはないからこそ、時に舞台では、ドラマや映画などの映像では踏み込めない大胆な表現が可能です。 ライブだからこその勢いには、少年漫画のような熱血テンションや劇画のような荒唐無稽な世界観もしっくりハマります。2020年の東京五輪・パラリンピック [全文を読む]

【フジテレビ】荒廃した惑星での戦いを壮大なスケールで描いたバトルSFドラマ!『ROAD TO EDEN』 制作決定!CG・特殊メイクを駆使したバトルシーンは必見!

PR TIMES / 2017年07月15日06時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/84/685/resize/d84-685-898639-2.jpg ] ドラマ『ROAD TO EDEN』の舞台は、地球とは別の架空の惑星です。そこでは“オレイカルコス”という巨大なエネルギーを生み出す物質を巡って世界大戦が起こり、大量破壊兵器により壊滅的な環境破壊が行われ、文明が崩壊し荒廃した世界が [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月13日付)

ガジェット通信 / 2017年07月13日19時50分

宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む風変わりな侍・坂田銀時と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件をコミカルに描く。メガホンを取るのは、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一。銀時のもとで働く志村新八に菅田将暉、神楽に橋本環奈がふんするほか、長澤まさみ、岡田将生、柳楽優弥、中村勘九郎、堂本剛ら豪 [全文を読む]

10年ぶり古田新太×長塚圭史 “感じのわる~い家族劇”とは?

anan NEWS / 2015年12月02日20時00分

長塚圭史さんが約10年ぶりに古田新太さんと組んで舞台『ツインズ』(PARCO PRODUCE)を描く。このコンビといえば、岸田國士戯曲賞候補にもなり、傑作との呼び声の高い舞台『ラストショウ』のタッグ。 しかし数年前から、長塚さんはそれまでの作風を封印し、脚本家というより演出を主軸にした舞台作りへとシフトしている。ただ今度の新作は、人間関係はグロテスクで、過 [全文を読む]

古田新太主演の問題作、映画『台風一家』ついにDVD発売決定!!&レンタル同時リリース!

PR TIMES / 2015年05月26日11時41分

主演は“稀代の怪優”古田新太、監督は舞台「BLOOD-C」や舞台「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」の演出も手がける奥秀太郎。 コミカルなタッチ・テンポの良い展開でありながら、社会的関心の高いテーマが織り込まれた衝撃の社会派エンターテイメントです。 INTRODUCTION 一家を直撃した台風は、全てをなぎ倒し、さらけ出し、破壊しつ [全文を読む]

問合せ多数!あのTV-CF曲が遂に配信スタート 歌うのは古田新太さん!『カゴメ』野菜一日これ一本CMソング 10月23日(水)レコチョク他、主要10音楽サイトで配信

@Press / 2013年10月23日15時00分

2013年5月からスタートした本TVCFシリーズは、とある町で実直に働く信用金庫の会社員役に、ドラマや舞台で幅広く活躍中の俳優、古田新太さんを起用。「野菜一日これ一本」を飲みながら、様々な妄想エピソードを繰り広げる様子に多くの共感をいただいており、今月18日からは第4弾「これイチ 可能性は~ドラフト篇」もオンエア中。本TVCFシリーズのオンエア開始後、CF [全文を読む]

宮沢りえ 舞台初日打ち上げで古田新太と小出恵介がメロメロ

NEWSポストセブン / 2013年07月11日16時00分

7月6日、初日を迎えた舞台『盲導犬』。 古田新太(47才)演じる盲人・影破里夫と、宮沢りえ(40才)演じる謎の女・奥尻銀杏の過激な絡みが見所のこの作品。りえが壇上でパンツを脱いで古田を誘ったかと思えば、古田はりえに馬乗り…と観客たちの目を釘付けにした。 そんなド迫力の初日を無事に終え、古田がりえや小出恵介(29才)ら出演者を引き連れて向かったのは、都内の小 [全文を読む]

フォーカス