大学 向井理に関するニュース

「残念なイケメン」に心がなごむ 不器用さにキュンとくる映画3選

Woman.excite / 2016年02月13日10時00分

高良健吾演じるイノセントな「横道世之介」に温かな幸福感で包まれる▼横道世之介監督:沖田修一出演:高良健吾、吉高由里子、池松壮亮1987年、長崎県の港町から大学入学のために上京してきた世之介(高良健吾)は、真っ直ぐで、空気が読めなくて、頼まれたら嫌と言えないお人好しキャラ。同級生の倉持一平(池松壮亮)とサンバサークルに入って、太陽の塔みたいなコスプレで踊った [全文を読む]

【福岡】尾野真千子&向井理「いつまた、君と ~何日君再来~」への想いを語る

Walkerplus / 2017年06月30日20時22分

本作は、向井が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿を迎えた祖母へお祝いとしてプレゼントしたという原作を基に、向井自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった意欲作。戦中・戦後の激動の時代を、夫・吾郎(向井の祖父)と妻・朋子が、数々の苦難を抱えながらも、誇りを失わず懸命に誠実に生きる、壮大な“愛の実話”だ。 [全文を読む]

涙の卒業、そして職業婦人へ…3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第8週】

WEB女性自身 / 2016年05月29日00時00分

一方、鞠子(相楽樹)は、母・君子(木村多江)に大学へ進学したいと告白する。君子は経済的な理由から反対するが、鞠子は、「大学で文学を勉強し、平塚らいてうのように、女性の生き方を後押しできるような文章を書きたいと訴える。常子は、初めてやりたいことを見つけたという鞠子に共感。「私からもお願いします。鞠ちゃんの夢を叶えさせてあげてください」と懇願する。君子は、常 [全文を読む]

6割の女性が夫・彼氏の服、「ワタシ色に染めたい」。今年結婚した芸能人、理想の夫ファッションランキング1位 向井理、2位 東出昌大、3位 西島秀俊。女性が語る夫や彼氏のファッション意識調査発表

DreamNews / 2015年11月16日11時30分

■中高生1位 「東出昌大」さん2位 「西島秀俊」さん3位 「福山雅治」さん、「内田篤人」さん■大学・専門学校生1位 「向井理」さん2位 「東出昌大」さん3位 「西島秀俊」さん■20代1位 「向井理」さん2位 「東出昌大」さん3位 「西島秀俊」さん■30代1位 「向井理」さん2位 「西島秀俊」さん3位 「福山雅治」さん■40代以上1位 「西島秀俊」さん2位 [全文を読む]

TSUTAYAスタッフに聞いた「胸キュン恋愛映画&ドラマ」5選

Woman Insight / 2015年09月21日17時50分

日本の少女漫画『花より男子』にインスパイアされて制作しただけあって、美男子たちとの恋愛模様にハマること間違いなし! ★ここからレンタルできます! ■足キスに胸が高鳴る……大人の極上ラブストーリー 邦画 『娚の一生』 キャスト:榮倉奈々、豊川悦司、向井理、安藤サクラ 発売元:ポニーキャニオン/小学館 (C)2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会 【 [全文を読む]

向井理も!? 芸能人オーディション落選秘話

日刊大衆 / 2017年09月04日07時35分

向井は大学卒業後、バーテンダーとして飲食店に就職。雑誌に載ったスナップ写真がきっかけでスカウトされている。 芸能界入りした後、向井は俳優の道を選んだが、マネージャーが最初から主役級でデビューさせるという大胆なプランを立てたせいか、オーディションにことごとく落ち、仕事がない日が続いた。あまりに落ち続けるため、24歳の頃に「この業界に必要とされていないなら、飲 [全文を読む]

尾野真千子、夫役・向井理へ逆サプライズ!公開初日の意趣返しに花束渡す

映画.com / 2017年07月04日22時55分

向井は「大学ですかね。浪人」といい、「人生を考える機会になったり、初めてアルバイトしたり。戻りたくはないですが、10代なりの傷を経験できましたから」と話していた。 また、壇上では観客への感謝を込めたプレゼント抽選会も実施された。リピーターも大勢詰めかけた客席に対し、尾野は「胸がいっぱいになります」と感激の様子で、企画を兼ねた向井も「すごく反響もたくさんあり [全文を読む]

向井理「台本を見てがくぜんとしました」 斎藤工、同い年の向井は「男の理想」

エンタメOVO / 2017年06月26日20時36分

理科の理でおさむで、大学のころまで理系の道に進んでいました」と苦し紛れに語った。 すかさず斎藤が「空き時間に無駄がなくスケジューリングされている。理科の実験には準備が何より大事だと。日々スタッフの方も感心していて、彼の仕事への姿勢がすごく現れている。運命そのものだと思っています」とフォローした。 ドラマはWOWOWプライムで7月9日午後10時から毎週日曜日 [全文を読む]

斎藤工×向井理のダブル主演で浮かぶ同学年”イケメン俳優の明暗”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日11時45分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

向井理主演の大不評ドラマ『神の舌を持つ男』が映画化の怪

デイリーニュースオンライン / 2016年09月15日12時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

【ウラ芸能】高畑充希、朝ヒロインの不安

NewsCafe / 2016年03月29日15時00分

芸能人も通う八雲学園高に行ったんだよね」記者「高校時代はパッとしなかったのが幸いしたのか、ちゃんと大学も法政に合格するなど、地アタマはかなりよさそう」デスク「大学を卒業したっていう話は聞かないけどね(笑)」記者「この3年は仕事も順調ですからね…」デスク「で、男のほうはどうよ?」記者「今年1月、シンガーソングライターの高橋優(32)と渋谷でデートしているのを [全文を読む]

堀田茜「遺産争族」で連ドラ初出演!「緊張のあまり●●しちゃった」

Woman Insight / 2015年10月27日09時00分

★前回はコチラ→ 堀田茜が祝23歳!「大学」「ZIP」「CanCam」と激動の1年を振り返る Woman Insight編集部(以下、WI) 『CanCam』モデルも約1年が経って、もう慣れてきましたか? 堀田茜(以下、堀田) はい。はじめの頃に比べると、今はだいぶ慣れてきました。昔から本当に雑誌が好きで、写真もファッションもメイクも見ていてとてもワクワ [全文を読む]

榮倉奈々、向井理のエスコート断る「豊川さんだけで」

Movie Walker / 2015年02月09日20時04分

本作は、恋に臆病になっていた女性・つぐみと、彼女の元に転がり込んできた歳の離れた大学教授・海江田との同居生活を描く大人のラブストーリー。豊川演じる海江田と、向井演じる中川。二人から思いを寄せられるつぐみ役を演じた榮倉には、豊川と向井にエスコートをされて階段を降りてくるという演出が用意されていた。 しかし、イベントがスタートすると榮倉と豊川が腕を組み登場。 [全文を読む]

「海江田先生に抱かれたい!」こじるり、鈴木奈々、ニッチェが『娚の一生』にどハマリ!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月30日14時00分

そんな中、期せずして迎えた祖母の死をきっかけにそこで52歳独身の大学教授・海江田醇(豊川悦司)に出会う。生前祖母から鍵を預かっていたと言う海江田との奇妙な同居生活が始まった。つぐみに好意を抱いたという海江田の求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく。 ■映画「娚(おとこ)の一生」 原作:西 炯子『娚の一生』(小学館 フラワーコミックスα刊) [全文を読む]

向井理と山本美月の意外な関係?映画「小野寺の弟・小野寺の姉」舞台挨拶詳報

Woman Insight / 2014年08月20日21時00分

実際に同じ大学の先輩後輩で、学部も学科も一緒で、共通の会話はあったのに、気を利かせた監督の努力は必要なかったようですね。 映画『怪物くん』や『妖怪人間ベム』、アニメ『TIGER&BUNNY』のような“地球を救う”という、スケールの大きな話を描いてきた西田監督が、「急に家の中の小さな話を描きたくなり、こういうみみっちい話を描きました(笑)」と話していました [全文を読む]

『ひよっこ』『あまちゃん』『あさが来た』なぜ朝ドラの登場人物は“失踪”するのか

citrus / 2017年07月26日20時00分

例えば『あまちゃん』(’13年)のアキは海女さんやアイドル、『あさが来た』(’15年)のあさは女性が学べる大学の創設、『まれ』(’15年)のまれはパティシエ、『とと姉ちゃん』(’16年)の常子は生活に役立つ雑誌の編集と、主人公たちはそれぞれに夢を持ち、それに向かってまい進していった。それに対して『ひよっこ』のみね子は奥茨城の村から上京したものの、夢や野望が [全文を読む]

伊藤英明、山田孝之も?2016年の”大コケ映画”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日12時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

常子、出版社を起業!3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第14週】

WEB女性自身 / 2016年07月10日06時00分

常子(高畑充希)は、貸本業をしながら甲東出版を維持していたものの、大学出の鞠子(相楽樹)ですら勤める先はなく、君子(木村多江)と美子(杉咲花)は着物の仕立てなどで生計を立てていた。叔父の鉄郎(向井理)は常子に、貸本業みたいなもうけの少ない商売はやめろと言う。常子は、どうしたものかと悩む。だが、その目に飛び込んできたのは、英会話手帖が爆発的に売れている光景だ [全文を読む]

戸田恵梨香と交際報道の加瀬亮に疑問?あの女優はポイ捨てされたのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月10日08時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

ショーンKの経歴盛りは老後への不安と関係か?

NEWSポストセブン / 2016年04月17日07時00分

大学まで行ったら誰でもしゃべれる社会にはなっていない現実があるから、英語をペラペラ話せるということは、イコール、普通の教育以外のルートを経た人なんですよね。すごく勉強ができるとか、生まれがそっちだとか、帰国子女ってことは親がお金持ちとか、英語ができるということでチラチラ見えてくる条件がすべて肯定的なものばかり。“英語ができてかっこいい~!”と女性が惹かれる [全文を読む]

フォーカス