事務所 広末涼子に関するニュース

武井咲、妊娠結婚を加速させた所属事務所による“恋愛封じ”の手口とは

週刊女性PRIME / 2017年09月07日18時00分

2年前ふたりの交際が発覚したとき、双方の事務所は完全否定で火消しに奔走した。しかし一度燃え上がった恋の炎が鎮まることはなかった。 「事務所は武井に恋愛する時間を与えまいと、どんどん仕事を入れました。でもそれはかえって逆効果だったようです。反発して増々燃え上がってしまったんですね」(芸能プロ関係者) 武井の露出が増えた背景にはそういう事情があったのだ。 し [全文を読む]

内田有紀が「プチブレイク」したのは“2人の大物タレント”の穴を埋めるため?

アサ芸プラス / 2016年01月28日09時59分

「内田がプチブレイクしている背景には、同じ事務所、そして系列事務所の大物タレントの行状が関係しています」 大物とはすなわち、小泉今日子と中山美穂である。芸能デスクが続けて明かす。「キョンキョンはこれまで、4000万円前後といわれるCM契約料の半分ほどを事務所に納めていましたが、それが1、2割程度になったと聞きます。しかも仕事をかなり選び始めた。一部では『独 [全文を読む]

保奈美、広末、メイサ… 武井咲だけじゃない電撃結婚の系譜

NEWSポストセブン / 2017年09月10日07時00分

妊娠3か月であることが判明し、ふたりがそれぞれの事務所に結婚したいと伝えたのは入籍の2週間ほど前だったという。 武井は現在10本のCMに出演。撮影予定のドラマや映画もあったということで各所に波紋が及んでいる。これまで芸能界では、幾度となく人気絶頂の女優が突然結婚し、大きな波風を立たせてきた。 1991年に主演したドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系) [全文を読む]

能年玲奈、女優復帰の道は広末涼子がお手本に? エキセントリックなイメージをどう活かすか

リアルサウンド / 2016年07月14日06時10分

能年は前事務所との契約が6月に終了して独立したものの、その後の芸能活動を危ぶむ報道が相次いでいた。今回の対談では「何かに囚われるよりも、面白いことをしようという風に気持ちを切り替えられるようになりました」と、前向きな姿勢を見せている。 参考:松井珠理奈と川栄李奈、女優としては正反対? 『死幣』共演でそれぞれの実力発揮なるか 7月15日には主演映画『ホットロ [全文を読む]

テレビ各局が極秘に作成した「共演NGリスト」を公開!(1)江角マキ子VS天海祐希

アサ芸プラス / 2014年09月30日09時58分

「江角は今年3月に大手事務所から個人事務所に独立しています。その理由は、途中から移籍してきた天海祐希(47)と『キャラがかぶる』『主役を持っていかれた』と、先に所属していた自分をないがしろにするような事務所の方針に腹を立てていたことが原因。事務所の後輩たちが天海を慕っているのもおもしろくないようで、現状では2人を共演させることはありえません」(キャスティ [全文を読む]

「ダメンズ・イケメン」を求め続ける長澤まさみの“暴走”は、もう誰にも止められない!?

日刊サイゾー / 2014年05月18日09時00分

「報知の記事はいわば、なんとしても長澤を別れさせたい所属事務所の“声”を代弁した記事。当時、長澤のマネジャーらは事務所の幹部に『別れました』と報告し、長澤も慎重を期して伊勢谷と会うのを控えていたようだ。しかし、もうガマンできなくなって、堂々と会いに行き、交際中であることが発覚。とはいえ、いまや事務所の稼ぎ頭の長澤のご機嫌を損ねてしまえば事務所の経営に大影 [全文を読む]

神田沙也加の熱愛に母・聖子の影?”半径1メートル”の恋愛体質

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日20時01分

神田の所属事務所は、以前には松田が所属していた個人事務所。現在は松田の母が会長、代表取締役は松田の兄が務めているという、ファミリー事務所なのだ。神田の勝手もよく知っているとあって、お咎めがないのも当然の話なのかもしれない。 「仕事が順調ということもあって、破天荒な男性関係にも適度な距離で寛容に様子を見る方向でいるようです。過去には所属していた母・聖子が、恋 [全文を読む]

有村架純、ブレイクできたのは戸田恵梨香と女優Hのおかげ?

アサ芸プラス / 2015年06月04日09時59分

この二つで彼女を知った業界人やファンは多く、キャスティングの大きな後押しとなったわけです」(テレビ局スタッフ)「SPEC」は主演が事務所先輩の戸田恵梨香だったために出演でき、「ヤングジャンプ」でグラビアを飾ったことも、事務所の先輩のおかげだという。出版社社員が語る。「戸田さんもヤンジャングラビア出身ですが、やはり広末涼子さんの存在が大きいですね。広末さんは [全文を読む]

カワいすぎる女芸人、おかもとまりが限界エロスに挑んだ!「プライベートでは見せないですよ」

週プレNEWS / 2014年11月21日17時00分

やりたくないから事務所も太田プロに移ったんで。 ―え? どういうこと!? おかもと もともと私、リポーターをやりたくて芸能界に入ったんですけど、16歳でそんな仕事、無理ですよね。それで最初はグラビアから始めたんですけど、すぐにやめちゃって。 ―それはまた、どうして? おかもと 周りを見て自分は売れないと思って。当時、着エロが流行ってたから、その方向なら私み [全文を読む]

人妻・広末涼子もオトした佐藤健の次の獲物は武井咲!?

アサ芸プラス / 2014年07月02日09時59分

所属事務所幹部の逆鱗に触れ、俳優生命の危機に土下座して許しを請うたといいます」(芸能記者) 一方の広末も不倫のイメージがついてしまってはいただけない。その後、後追い報道もなく、不適切な関係は自然消滅したと思われていた。 ところが、先の報道があった後にも2人は溶岩浴デートをしていたという証言が出たのである。 「うちの事務所の送迎担当者が、芸能人の利用者も多い [全文を読む]

“肉食系”受け継ぐ女優・有村架純、スタッフが非イケメンだと「目を見て話をしてくれない」

日刊サイゾー / 2014年03月06日11時00分

「本人も事務所も騒動について謝罪していましたが、有村のイケメン好きは業界でも相当有名ですよ。ある非イケメンのスタッフが仕事をしたときに『目を見て話をしてくれない』と、ボヤいていました。イケメンのスタッフだと、近すぎるだろっていうくらい近づいてるんですけどね(笑)。彼女が所属する事務所は、先ごろ不倫騒動があった広末涼子を筆頭に、関ジャニ∞村上信五、松山ケン [全文を読む]

「関東連合との交友が明らかに」金子賢と藤井リナのプライベート写真の波紋

サイゾーウーマン / 2014年01月20日13時00分

昨年9月、大手芸能プロダクション・スターダストプロモーションを退社し、自ら事務所を立ち上げて、芸能界での再スタートを切った藤井リナが、元格闘家の俳優・金子賢のブログに登場し、一部で物議を醸しているという。かねてから黒いうわさがつきまとう金子との交友関係に、不吉な予感を募らせる関係者も多いようだ。 気になるその内容は、金子が今月15日、藤井と共通の友人の誕生 [全文を読む]

吉岡里帆と密会、佐藤健がモテすぎる「理由」について綾野剛・二階堂ふみ・岡田将生らが語っていたこと

messy / 2017年08月05日17時00分

時にはお風呂上がりのような髪が濡れたままの状態で訪れたこともあるそうだが、佐藤の友人宅に集まって遊ぶこともあるとのことで、双方の事務所は「交際はありません。友人の1人です」とコメントを発表している。 ちなみに井上公造(60)ら芸能リポーターが分析した「芸能人に交際の噂が立った時に事務所が発表するコメント」から読み取る交際確率についてだが、「仲のよい友達の一 [全文を読む]

石原さとみ、広末涼子、武井咲、吉岡里帆まで虜に! “モテすぎる男”佐藤健が支払う大きな代償とは!?

tocana / 2017年08月04日09時00分

所属事務所は「交際ではありません。友人の1人です」とお約束の文言で否定するが、同誌によると、事務所の車で佐藤の自宅マンションに送迎されていたというから、事務所もグルか。 「佐藤さんがモテるのは、気配りができること。例えば、現場の女性ADが髪を切れば『あれ? 髪切りました?』と声をかける。オシャレなマフラーをしていれば『そのマフラーかわいいですね』とほめる。 [全文を読む]

事務所トラブルの西山茉希 「出産と仕事」をめぐる女性タレントの苦悩と策略

日刊サイゾー / 2017年06月12日07時00分

モデルの西山茉希が所属事務所とのトラブルを週刊誌で告発し、昨年から弁護士を通じて契約解除を求めていることも明かしたが、これに事務所の社長が「裁判になったら、これでもかっていうくらいやります」と、法的に争う姿勢を見せている。 この件に対し、業界内では争点は「出産」ともいわれる。 「仕事があるのに西山がデキちゃった婚したのは、ペナルティがあっても仕方のない話。 [全文を読む]

“新・ポカリ美少女”八木莉可子のファンから「第2の水原希子」禁止要請? 「後藤理沙の二の舞になるな」の声も

おたぽる / 2016年04月23日09時00分

さらに、八木がモデルオーディションでグランプリを獲得した際、水原とステージ上で並ぶ姿を見せたのですが、『14歳にして完成されたスタイル』『水原、完全公開処刑状態』などと、すでにモデルとして水原超えを果たしているとの指摘が多かったことからも、事務所は即刻、各マスコミに“第2の水原希子”のレッテル外しを要請するべきなのかもしれませんね」(芸能関係者) 昨年11 [全文を読む]

鼠先輩、月収1千万の芸能人から事業家転身していた!AV男優疑惑と裏営業を激白

Business Journal / 2016年03月24日07時00分

今回はそんな鼠先輩に、大手芸能事務所所属の一発屋から、浮き沈みを経てフリーランスへと転身した芸能人生を、事業家目線で語ってもらった。「芸映を退社したのは今年に入ってからだけど、すでに業務提携というかたちを取っていて。ブレイク中はそれこそ寝る間もない日々を送っていたけど、今ではあれもやってこれもやって、店までやってるくらいだから、全売上のなかから芸映に取り [全文を読む]

広末涼子・内田有紀“初共演”の陰で……消えた90年代アイドル女優たちの今「北浦共笑、井出薫は?」

日刊サイゾー / 2015年11月19日09時00分

はっきりとした顔立ちの美少女であった松本恵も、事務所の移籍トラブルで90年代末には一時的にテレビから消えてしまいました(現在は、松本莉緒名義で活動)」(同) これだけ入れ替わりの激しい芸能界で、浮き沈みを経験しつつも、内田・広末の両名が生き残ってこられたのは、やはり才能と事務所に恵まれていたということなのだろう。ともに芸歴20年を超える2人のコラボに期待し [全文を読む]

「干され」告白の鈴木亜美の“被害者ヅラ”に違和感……吉本のオファーを蹴った実父の横暴ぶり

日刊サイゾー / 2015年10月22日11時00分

所属事務所の契約問題で活動休止となった時期について「3年近くありましたね。事務所とモメて、干されて、業界のこともいろいろわかった。一気に裏返しになる」などと話した。 長く業界内でタブーとされていた鈴木の“干され疑惑”が、ようやく時効になったということのようだが、「被害者ヅラには違和感がある」という人もいる。吉本興業の元関係者だ。 「ウチの会社が助け舟を出し [全文を読む]

『高知家ALL STARS PV発表会・スターグラス贈呈式』にスター5名が参加 スターたちが自らの魅力、高知の魅力を発信

PR TIMES / 2015年09月29日16時31分

高知家 ALL STARS一般財団法人 高知県地産外商公社(事務所:東京都中央区 代表者:門田登志和)は、2015年度「高知家の家族は、みんなぁがスターやき。高知家ALL STARS」として高知県PRを実施しています。今回は、9月3日(木) に尾崎正直 高知県知事と広末涼子さんが登場した『高知家ALL STARS PV発表会・スターグラス贈呈式』の模様と、 [全文を読む]

フォーカス