デビュー 広末涼子に関するニュース

サントリーノンアルコール飲料「のんある気分」CMキャラクター広末涼子さん専属マネージャー”剣持信也”※氏の密着動画を4月19日(水)から公開

PR TIMES / 2017年04月19日09時24分

ロバート秋山竜次さん、今度は広末涼子さん専属マネージャー役!「のんある気分」夏季限定フレーバー開発奮闘の裏側に迫る! ※広末涼子さん専属マネージャー”剣持信也”氏は秋山竜次さんが扮する架空の人物ですサントリースピリッツ(株)は、ノンアルコール飲料「のんある気分」のCMキャラクター広末涼子さんの生みの親でデビューから彼女を支えてきた敏腕名物マネージャーの“剣 [全文を読む]

創刊50周年記念。時代を築いた「週プレヴィーナス7」にインタビュー!

週プレNEWS / 2016年10月18日19時00分

1985年、歌手デビュー。『楽園のDoor』『吐息でネット』などヒット曲多数。ドラマ『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』(フジテレビ)で初主演。以降、女優としても活躍中 ●ヴィーナス2 広末涼子「私の知らない顔も撮ってくれる。撮影中はドキドキわくわくさせられました」 週プレさんには、10代の頃によく出させてもらいました。当時は本当に忙しくて、自分の立ち位置を [全文を読む]

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

現在ドラマや映画で活躍する人気女優の中には、以前歌手としてデビューした経験のある人も多いものです。内田有紀さん、広末涼子さん、上戸彩さん、沢尻エリカさんといったヒットチャートを賑わせた人もいますが、「えっ!?この人も?」という意外な女優もいます。 デビュー当時、音楽活動にも積極的だった仲間由紀恵女優業と並行し、音楽番組『MUSIC FAIR』の司会も務める [全文を読む]

「ちゃん・リン・シャン」「チューして」可愛すぎる懐かしのCM(女優編)5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月21日11時55分

P&G クレアラシル(広末涼子 1995年)そしてお次は、スーパーアイドルから名女優へと成長を遂げた、広末涼子さんのデビューCM。洗顔料「クレアラシル」のCMです。CM内容としては、特に何か特徴的なセリフがあるわけでもなくシンプルなものでしたが、とにかく広末涼子さんのピュアで元気で爽やかな笑顔が印象的。はじけるような笑顔とはまさにあの笑顔の事を言うのでし [全文を読む]

太眉ブームの原点をデビュー20年のエンクミが振り返る「美に対して興味がなかっただけです(笑)」

週プレNEWS / 2015年04月01日11時00分

今年でデビュー20周年を迎える“エンクミ”こと遠藤久美子さん。 眉毛&ショートカット&元気キャラで90年代後半のアイドル界を席巻した彼女も、今や36歳。発売中の『週刊プレイボーイ』15号ではお久しぶりのグラビアを披露! エンクミはこれからどこへ向かおうとしてるのか? * * * ―全然お変わりないですねえ。まずはグラビアの感想を。 エンクミ 20周年という [全文を読む]

「ドラマ好きが高じて女優を目指した」広末涼子のこれまでとこれから

ザテレビジョン / 2017年09月13日06時00分

第1弾は、'95年にCMで鮮烈なデビューを果たし、以来、22年で60本以上のドラマ作品に出演した広末涼子。'97年4月には「MajiでKoiする5秒前」でCDデビューし、同年7月には、反町隆史&竹野内豊がW主演し、大ブームを起こした人気ドラマ「ビーチボーイズ」(フジ系)にも出演。“ヒロスエ”の名は全国に知れ渡った。今でも、女優として活躍し続けている彼女の原 [全文を読む]

奇跡レベル! 広末涼子の「透明感」がアラフォー三児の母とは思えない

messy / 2017年08月13日20時00分

広末は、1994年 に第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを受賞し、翌年に放送された同CMでデビュー。1996年のNTTドコモのポケベルCM「広末涼子、ポケベルはじめる」で脚光を浴びた後、1996年『ロングバケーション』、1997年『ビーチボーイズ』(ともにフジテレビ系)など、数々の話題作に出演し、一躍大ブレイクした。 そんな人気 [全文を読む]

香取、タッキーは舞台で!「海外で活躍」したジャニーズたち

日刊大衆 / 2017年04月17日15時05分

14年9月には『ARASHI BLAST in Hawaii』と題したデビュー15周年ライブを、デビュー会見を開いた地でもあるハワイで開催。昨年末で解散したSMAPも、デビュー20周年を迎えた11年に、中国の北京工人体育場で記念ライブを開催し、およそ4万人を魅了した。 SMAPの中では香取慎吾と草なぎ剛が、それぞれ単独での海外公演を実現させている。香取は0 [全文を読む]

写真家・中村昇氏 アイドル時代の広末涼子に仰天の提案

NEWSポストセブン / 2017年03月03日07時00分

「事務所の社長に頼まれて、デビュー前にお姉ちゃん(ゆり子)のプロフィール写真を撮影していたんですよ。そこに妹(ひかり)が遊びに来たら、あまりにかわいいので一緒に撮ったんです。後に妹も女優になったけど、その時はこの写真が世に出るなんて思ってなかったです」(以下、「」内は中村氏) ふたりのデビュー10周年を記念して1996年、写真集として形になった。 「撮影 [全文を読む]

仲間由紀恵が語った“永遠の青春”「今見ると恥ずかしく思う部分もありますけど…」

週プレNEWS / 2016年10月19日06時05分

そんな時代を彩る豪華ラインナップの中、仲間はデビューした1995年からグラビアに登場。98年の初表紙以来、カバーガールも10回以上飾っており、『熱狂』ではその秘蔵カットや表紙も多数掲載されている。 というわけで、会見の模様をダイジェストでお伝えしよう。 仲間 創刊50周年、おめでとうございます。『熱狂』のPR大使を務めさせていただくことになりました。私は [全文を読む]

広末涼子、「デキ婚」「奇行」「不貞」すら帳消しにしたアッパレな“透明感”

アサ芸プラス / 2016年06月22日05時59分

同時に14歳で芸能界デビューし、オトナたちから作られた「優等生」で「いい子」なイメージがイヤでイヤでたまらなかったことも明かしている。「広末は94年にニキビ治療薬『クレアラシル』のキャンペーンガールオーデションでグランプリを獲得して芸能界デビューを果たしました。和風でありながら華やかさと元気さのある顔立ちから、CM、歌手、映画、舞台、ドラマと活躍の幅を広げ [全文を読む]

有村架純の妹分・松本穂香、インパクト抜群の“汗だくCM“がセクシーだと話題に

メンズサイゾー / 2016年06月02日21時00分

松本はデビューしたばかりとあって「この子誰?」といったコメントも多いが、今回のCMをきっかけに知名度を高めることができそうだ。 昨年、ロッテのWEBショートムービー『MY NAME』の主演に抜擢され、同年3月公開の大沢たかお(48)主演映画『風に立つライオン』で本格的に銀幕デビューを果たした松本。今年1月クールに放送された有村主演の連続ドラマ『いつかこの恋 [全文を読む]

広末涼子、瀬戸朝香、菊池桃子…アイドルたちの鮮烈デビューをプレイバック!

アサ芸プラス / 2016年04月07日09時59分

世間がフレッシュなメンバーを迎え入れるこの季節に、あらためてアイドルたちの「衝撃すぎたデビューの瞬間」を振り返りたい。 世間から大きな注目を浴びるトップアイドルの中でも、広末涼子のインパクトは別格だった。CMやドラマ、映画、歌と、あらゆるジャンルでヒットを記録したその様子は「ヒロスエ現象」とまで言われた。最盛期には「ドコモのポケベル」といった立て看板にすら [全文を読む]

鼠先輩、月収1千万の芸能人から事業家転身していた!AV男優疑惑と裏営業を激白

Business Journal / 2016年03月24日07時00分

2008年にCD『六本木~GIROPPON~』で芸能界デビューした鼠先輩。その後、一度は“引退”を宣言するも、現在は東京・新宿の飲食店「新宿ネズミーランド」に勤務しながら、今でも鼠先輩として活動を続けている。デビューと同時に大ブレイクしメディアから引っ張りだことなるが、やがて姿を消す――。ありがちな一発屋芸人のストーリーかもしれないが、鼠先輩は「もともと芸 [全文を読む]

ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

日本タレント名鑑 / 2016年03月22日13時55分

デビュー前に「ハウステンボス華の花嫁グランプリ」に選ばれており、その透明感からドラマにバラエティにと一躍スターダムに。現在はご結婚されて育児中心の生活のようですが、時々モデル復帰されている姿もまた幸せそうで、まさにゼクシィの顔と言えます。 他にも朝ドラ女優の倉科カナさんなども。そして、2015年~2016年現在の顔は新木優子さん(22歳)。2014年からは [全文を読む]

広末涼子はいかにして“母親”を演じたか 『はなちゃんのみそ汁』に見る、女優としての現在地

リアルサウンド / 2015年12月21日10時18分

広末涼子を初めて見たのはデビューから間もない、1995年、クレアラシルのCMだった。当時15歳、キラキラした笑顔が印象的な活発で爽やかな女の子というイメージをもった。彼女と同世代にその存在について聞くと、男女ともに「ヒロスエ」とクラスメイトのように親しみを持って呼び、かつ1度は憧れを抱いた人が実に多い。これまでのつくられたアイドル像ではなく、存在そのものが [全文を読む]

広末涼子・内田有紀“初共演”の陰で……消えた90年代アイドル女優たちの今「北浦共笑、井出薫は?」

日刊サイゾー / 2015年11月19日09時00分

内田は1992年に17歳でデビュー、広末は95年に15歳でデビューしています。ともに10代のうちにスターダムに駆け上がり、歌手デビューや、ドラマ・映画出演を多くこなしたことでも知られています。これまでの王道的な美少女路線とは異なる、ショートカットのボーイッシュなキャラクターも受けました」(芸能記者) だが、両者ともに2000年代初頭に低迷を経験している。内 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、美女多様化の90年代

アサ芸プラス / 2015年09月10日05時59分

同時期デビューの「CoCo」と両輪でアイドル氷河期に対抗。SPEED沖縄アクターズスタジオ出身のローティーン4人組は圧倒的なボーカル&ダンスのクオリティを見せつけ、ミリオンヒットを連発した。モーニング娘。もともとオーディションで平家みちよに勝てなかった者の寄せ集めだが、逆にファンには思い入れがしやすく、スーパーアイドルに君臨。広末涼子デビューと同時に「ピュ [全文を読む]

鈴木杏、広末涼子の代役で大河初出演もネット上からは辛辣なコメントも...

メンズサイゾー / 2015年03月17日10時00分

デビュー20年目にして大河初起用となった鈴木は、ヒロイン・井上真央(28)の夫である東出昌大(27)の愛妾役に抜擢。もともと同役は広末涼子(34)がオファーを受けていたが、第3子妊娠で辞退しため鈴木に白羽の矢が立ったという。 この起用に関して鈴木は、「いつか大河ができる役者になりたいと思っていたので素直にうれしい。私以上に母が喜んでいます」とコメント。広末 [全文を読む]

竹内まりや、デビュー35周年を記念したコンピレーションアルバム発売決定

okmusic UP's / 2013年09月25日10時00分

11月25日にデビュー35周年を迎える竹内まりやのコンピレーションアルバム『Mariya's Songbook』が12月にリリースされる。【その他の画像】竹内まりや本作には、竹内が数多くのアーティストに提供してき楽曲の数々を一挙収録。竹内自ら選曲・監修・楽曲解説を手掛け、「アン・ルイス/リンダ(1980)」「河合奈保子/けんかをやめて(1982)」「薬師丸 [全文を読む]

フォーカス