タッチ 香川真司に関するニュース

W杯メンバー外で唯一の先発か、武藤「さらに自信を深めたい」

ゲキサカ / 2014年11月12日19時06分

細かいタッチは学んでいけたら」と新たな刺激も受けている。 スピードを武器にした縦への突破が魅力の武藤と、細かいボールタッチと切れ味で中に切れ込みながらのシュートも武器の乾。「ドリブルのタイプは違っても、乾選手のいいところは自分のプラスになるように取り入れていきたい」と貪欲に話す。 「中にカットインするドリブルは速いし、大きい相手にはああいう細かいドリブルが [全文を読む]

長澤まさみ 「股間にバナナをあてて大喜び」求愛中“香川にみせてやりたい”新テロリスト素顔!

アサ芸プラス / 2012年07月17日11時00分

それでもキャハハハと喜んでいて、タッチするスキンシップを公衆の面前で披露していました。最終的には4時頃まで男とキャッキャッしていました」(クラブ関係者) だが、こうしたプライベートでのエロテロリストぶりが、現在のセクシー路線に結び付いているのは間違いない。 番組関係者が言う。 「ドラマ『都市伝説の女』では彼女の美脚をウリにしたサービスショットを視聴率獲得の [全文を読む]

混迷と混乱を深めたハリルジャパン――イラク戦で解決すべき最大の問題は?

週プレNEWS / 2017年06月10日11時00分

ウイングではボールタッチが少なかった本田もインサイドハーフに入ってプレー機会が増加。久しぶりの代表復帰となった乾も、得意のドリブルからチャンスを作ることができた。しかし、オープンな状況での3人の評価も、前半開始からとなれば額面通りとはいかない。 結局、1-1のまま終了したシリア戦を終えた後に浮上したのは、香川の負傷交代に始まったスクランブル采配によってます [全文を読む]

大一番に気合十分!香川真司「必ずチャンスはある」

Walkerplus / 2016年10月11日09時02分

2-1で勝利した6日(木)のイラク代表で出場しなかった香川選手だが、「早いタッチで両サイドを上手く使いながら、プレーすることが必要だと思う。両サイドには走れる選手やスピードのある選手がいるので、カウンターになったら迷わずみんなが前に早いスピードで展開していければ、必ずチャンスはあると思う」と、プレーのイメージは膨らんでいる模様。 「自分は動きながら、攻撃 [全文を読む]

終始和やかムードの日本代表がアフガニスタン戦翌日も精力的に汗を流す《ロシアW杯アジア2次予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月25日14時15分

▽残ったサブ組は、そのままタッチ数制限を設けたパス回しを行い、その後タッチ数制限を設けたミニゲームへと移行。笑顔が溢れる中で行われたミニゲームは、白ビブス組がハーフナー・マイクなどのゴールで勝利した。▽その後、ダイレクトクロスを上げ、ゴール前で合わせるトレーニングを実施。約1時間半にわたるトレーニングが終了した。▽日本代表は、アフガニスタン戦の勝利により、 [全文を読む]

末恐ろしい20歳! ヴァイグルがシャビ・アロンソの領域に到達!

超ワールドサッカー / 2015年12月15日03時07分

この試合にフル出場したヴァイグルは、90分間でボールタッチ数189回とパス成功数173本という驚愕のスタッツを残した。▽この記録は、昨シーズンにバイエルンの元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、ケルン戦で残したブンデスリーガ記録のボールタッチ数206回とパス成功数196本に次ぐ驚異的な数字だ。加えて、トーマス・トゥヘル新体制でポゼッション志向を強めているも [全文を読む]

仙台の金園×奥埜を“ゲキサカ特派員”が直撃取材

ゲキサカ / 2015年07月28日07時00分

プレー面で言うと、泥臭いけど、意外とタッチが柔らかい」金園「意外って何?(笑)」奥埜「自分のことをよく『下手くそ』って言うけど、実際には試合中のタッチがすごく柔らかいんですよ。そういう印象ですね」金園「(奥埜は)人柄が良くて、副キャプテンもやっていて、プレーは天才肌ですね。エースの素質がありますから。これからの仙台を背負っていく存在ですね」奥埜「そんな決め [全文を読む]

バイエルンU-16コーチ指導のトレーニングマッチ…日本はアメリカに快勝、ブラジルと分ける

ゲキサカ / 2015年06月05日15時41分

2人1組になっての1タッチ、2タッチでのリフティングにはじまり、マーカーを使ってのパス練習、日本とブラジルにアメリカの選手が混合した鳥かごなどのトレーニングを行った後は、6対6でのゲームに入った。日本チームにとっては初めての実戦。さらに相手の実力をはかるうえでも、またとない機会となった。 まずアメリカと対戦した日本は、MF福田崚太(横浜創英)が放ったチー [全文を読む]

ハリルJに親和性を感じる香川「監督もドルトムントの映像を見せた」

ゲキサカ / 2015年03月28日15時18分

トレーニングでは狭いエリアでタッチ数を制限するメニューが多く、試合でも積極的なプレッシャーと球際の強さを求め、ボールを奪ってからは少ないタッチ数で縦に速く攻める攻撃を志向するハリルジャパン。香川は「(ミーティングで)監督もドルトムントの映像を見せたぐらい」と明かすなど、所属するドルトムントとハリルジャパンに親和性も感じている。 チュニジア戦で与えられたポ [全文を読む]

アディダスとベネッセが、スポーツも勉強も全力で頑張る お子様を応援するマストバイ キャンペーンを実施!!

PR TIMES / 2014年03月17日15時01分

~アディダスとベネッセの今後の取組み~ 2014年4月からスタートする小学生向けタブレット教材「チャレンジタッチ」や進研ゼミ小学講座の教材に同封される、教科外冊子「運動会BOOK」などで、アディダスのキッズ向け運動ノウハウや香川選手を起用したコンテンツを配信予定。両社で協力しながら、お子さまたちのスポーツや学びを応援する取組みを実施予定です。 (C)20 [全文を読む]

山口蛍も右足首痛めて途中交代「全然力が入らなかった」

ゲキサカ / 2017年06月08日03時01分

[6.7 キリンチャレンジ杯 日本1-1シリア 味スタ] 険しい表情でタッチラインに向かった。4-3-3のアンカーで先発出場した日本代表MF山口蛍(C大阪)は後半8分にMF井手口陽介と交代。「前半すぐに痛めて……。ハーフタイムを挟んだら、(後半は)余計に痛みが増してきた。(交代を)早く決断してくれて良かった」。前半7分にMF香川真司が左肩を負傷してから7分 [全文を読む]

最終予選前に暗雲…香川が左肩負傷のアクシデント、今野同点弾もシリアとドロー

ゲキサカ / 2017年06月07日21時23分

タッチラインの外に出て治療を受けたが、そのまま同10分にMF倉田秋と交代となり、担架に乗せられてロッカールームへ引き上げた。 試合の入りは良くなかったが、少しずつ落ち着きを取り戻す日本。前半18分、倉田のスルーパスに反応したFW大迫勇也がPA内左に走り込むが、左足のシュートはGKにキャッチされる。同19分にはFW原口元気が右足で思い切りよくミドルシュートを [全文を読む]

海外組合宿最終日、サーキットトレーニング&ミニゲームなど強度の高いメニューで締めくくる《海外組合宿》

超ワールドサッカー / 2017年06月04日14時10分

(C)CWS Brains,LTD.▽トレーニング終了後には、観覧に訪れていた子どもたちをフィールド内に案内し、練習に参加したメンバー全員がハイタッチサービス。その後、サインに対応していた。 [全文を読む]

スピードを追求するプレーヤーのための「X」が進化アジリティー特化した新フランチャイズ「NEMEZIZ」が加わった “DUST STORM PACK(ダストストーム パック)”が登場

PR TIMES / 2017年06月01日09時00分

『DUST STORM PACK』から新しく加わった『NEMEZIZ』は、これまでのフランチャイズ『MESSI』が進化したもので、アディダス史上初めて採用したバンデージ構造がテーピングのように足を包み込み、キレのあるフットワークとレスポンスの速いボールタッチを実現。スモールスペースで勝つために、アジリティーの高さを強みとする多くの日本人フットボールプレイ [全文を読む]

23歳久保のA代表初ゴールに34歳今野が代表復帰弾!!ハリルJがUAEにリベンジ果たし2位キープ

ゲキサカ / 2017年03月24日08時34分

酒井宏はタッチライン際から中央にグラウンダーのパスを通すと、PA内右に走り込んだ久保が角度のない位置から右足を振り抜き、ゴールネットに突き刺した。 久保のA代表初ゴールで先制した日本だが、荒れたピッチの影響か、ビルドアップでミスが目立つ。前半20分には自陣で森重がボールを奪われ、カウンターを受けるが、MFイスマイール・アルハマディのスルーパスに抜け出したF [全文を読む]

「いい傾向にある」2戦連続ゴール演出で復調見せる香川、鮮やか個人技で翻弄

ゲキサカ / 2017年03月15日15時22分

最後は鮮やかなダブルタッチで2人の間を突破し、PA内に進入した。 4-3-3の右インサイドハーフで積極的にボールに絡み、チャンスメイク。「焦らずにしっかりとボールをコントロールして、試合もコントロールできたかなと思っている。そういう意味ではうまく状況を把握してやれているのかなと思う」と、香川自身も手応えをつかんでいる。 後半4分、PA内左でパスを受けると、 [全文を読む]

[DFB杯]公式戦2試合連続フル出場の香川が追加点演出!4年連続4強でバイエルンが待つ準決勝へ

ゲキサカ / 2017年03月15日04時38分

前半終了間際の44分には香川が巧みな個人技で局面を打開し、足の裏を使ったボールキープから鮮やかなダブルタッチで2人の間を突破したが、シュートまではつながらず、前半はスコアレスで折り返した。 後半4分、PA内左でパスを受けた香川が角度のない位置から左足でシュートを放つが、GKが右足1本でファインセーブ。惜しくも先制点とはならなかったが、攻撃の圧力を強め、ロッ [全文を読む]

香川真司監修の“名古屋限定マーク”にも注目!アディダスの直営店がリニューアル

Walkerplus / 2017年02月24日22時46分

店内には、アディダスのシューズが瞬時に検索できるタッチパネル「Shoe Bar(シュー・バー)」が設置されるほか、文字やロゴをより速やかにマーキングすることが出来るプレスマシンを導入したプリントショップが併設される。プリントショップの併設は、国内の直営店全83店舗の中でも今回が初だ。 また、2017年3月3日(金)から3月31日(金)までは、1万800円 [全文を読む]

香川、年内最終戦で今季初アシスト!!右足首痛から約1か月ぶりに復帰

ゲキサカ / 2016年12月21日13時04分

前半30分にはDFマルク・バルトラの縦パスをオーバメヤンが1タッチで落とし、香川が左足でシュート。惜しくもGKの正面を突いた。 均衡を破ったのはアウェーのアウクスブルクだった。前半33分、バルトラの縦パスをカットしたDFマルティン・ヒンテレッガーがドリブルで持ち上がると、こぼれ球をMFヤン・モラーベクがスルーパス。ゴール前に抜け出したFWチ・ドンウォンのシ [全文を読む]

日本代表のチームメイトが内田の復帰を喜ぶ! 清武「感動」香川「おかえり」

超ワールドサッカー / 2016年12月09日10時06分

自身のツイッター(@okazakiofficial)で清武のツイートを引用リツイートし、「同じく感動(号泣絵文字×2)ウッチーおかえり(ハイタッチ絵文字×2)」と内田の復帰を喜んだ。 ▽その他、ドルトムントでプレーする日本代表MF香川真司は自身のツイッター(@S_Kagawa0317)で「おかえり。うっちー」と投稿。エイバルでプレーする日本代表MF乾貴士も [全文を読む]

フォーカス