試合 香川真司に関するニュース

長友が「なぜこうなったのか、原因はよくわからない」――奇妙なタイ戦で明らかになった問題点と光明

週プレNEWS / 2017年03月29日20時00分

実に奇妙な試合だった――。3月28日に埼玉スタジアムで行なわれた2018年ワールドカップ・アジア最終予選、日本代表対タイ代表の一戦である。 スコアは4-0で日本が勝利。試合を見ずにこの結果だけを見れば、おそらくほとんどの人が日本の圧勝を想像するに違いない。しかしながら、現実はそうではなかった。「事実は小説よりも奇なり」とは、今話題のアノ人が発したことわざだ [全文を読む]

香川、ブログでバス爆破事件当時の心境を吐露「本当に怖かったし、今も怖いです」

サッカーキング / 2017年05月21日18時20分

「伝えたいこと」というタイトルで始まったブログははじめに、20日に行われたブンデスリーガ最終節について触れられており「昨日の試合でドルトムントでの今シーズンのリーグ戦の試合が終わりました。昨日は厳しい試合でしたが、勝ちきれて良かったです。27日ドイツカップの決勝があります。それに勝って、しっかりブログでもこの1年についてを伝えたいと思います」の述べられて [全文を読む]

本田圭佑はスタメン落ち? “ロンドン世代”or“北京世代”どちらを選ぶのか…

週プレNEWS / 2016年11月14日18時00分

ワールドカップ本大会出場の行方を大きく左右する15日のサウジアラビア戦を前に、準備試合として行なわれた11月11日のオマーン戦で、ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、親善試合とはいえ4-0のスコアで久しぶりに完勝した。 しかしながら、「相手を悪く言うつもりはないですが、(相手の)モチベーションがないと感じたので、参考にはならなかったというのが個人的な感想で [全文を読む]

香川真司、バス爆発事件発生時の恐怖…「逃げろ!早くバスを出せと叫んでる」

サイクルスタイル / 2017年05月23日08時00分

「昨日の試合でドルトムントでの今シーズンのリーグ戦の試合が終わりました。昨日は厳しい試合でしたが、勝ちきれて良かったです。」と香川。ドルトムントは21日、リーグ最終節でヴェルダー・ブレーメンをホームに迎え4-3で競り勝った。香川はフル出場し、同点弾を演出する活躍を見せている。「リーグが終わり、応援して頂いている皆さんに伝えたい事があります。」と爆発事件につ [全文を読む]

監督交代が現実的? “本田はアンタッチャブル”を明言したハリルの限界

週プレNEWS / 2016年10月13日06時00分

今日、我々が作ったチャンスのことを考えれば、勝てた試合だったと思う」 試合後の会見の最後にそう言ったのは、日本代表を率いるハリルホジッチ監督だ。 グループB最大のライバルとされるオーストラリアとのアウェー戦。アジア最終予選を突破するための大一番ともいえる試合で、日本は1-1のドローに終わった。この結果を受けて、指揮官は「勝ち点2を失った」という自身の見解を [全文を読む]

ザックジャパン、不動のセンターバックの序列は入れ替わったのか? “遅れてきた大型DF”森重真人の台頭

週プレNEWS / 2014年05月28日18時30分

W杯前最後の国内試合となった5月27日の日本代表キプロス戦、センターバックとしてフル出場したのは今野泰幸(ガンバ大阪)でも吉田麻也(サウサンプトン)でもなく、森重真人(FC東京)だった。 昨年の東アジアカップでザックJAPANに初選出。以降、急激に評価を伸ばし本大会登録メンバー23人の中にきっちりと入ってきた。それにとどまらず、スタメンで起用された試合[全文を読む]

日本代表DF陣の要・今野泰幸インタビュー「チームワークがよくないと絶対にいい成績は残せない」

週プレNEWS / 2012年06月08日13時00分

ザックジャパンで全試合スタメンを張るDF陣の要に、不安の多いW杯アジア最終予選への決意を聞いてみた。 ■ジーコ監督率いるイラクは基本に忠実? ―世間では「日本代表の守備の要は今野」というのが定着しているみたいです。すごいですね。 今野 いやいや、そんなことないですよ(笑)。最近の日本サッカー人気って、やっぱり海外で活躍している選手が増えたことが大きいと思う [全文を読む]

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」ブンデスリーガ年内最後の注目マッチ独占生中継決定!

PR TIMES / 2016年12月14日15時38分

武藤VS酒井、長谷部VS武藤の日本人選手所属チーム対決や現時点トップを争う2チームの注目試合が放映ドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガの2016/2017、2017/2018シーズン全試合をライブとオンデマンドで配信している、スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、本年最後の注目マッチ4試合を今週末より独占生中継で放映いた [全文を読む]

今さらなハリルの強気発言に油断はできない…中東アウェイの後半戦も崖っぷち!

週プレNEWS / 2016年11月17日06時00分

自身の進退問題もひとまず棚上げとなる環境を手に入れたこともあって、試合後の指揮官はそう言って胸を張った。 もっとも、4日前のオマーン戦における本田のパフォーマンスを見れば、その選択も決してサプライズではなく、極めてノーマルなものだったといえる。つい先月のオーストラリア戦後まで本田への信頼を強調していた指揮官も、さすがに低調ぶりを改めて目の当たりにし、ようや [全文を読む]

【現役引退】澤穂希、記録で振り返る”レジェンド”の偉大な功績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月18日08時00分

日本代表としては205試合に出場して83得点。いずれも男女を通じて歴代1位の記録であり、試合数は宮間あやの156試合と遠藤保仁の152試合、得点数は釜本邦茂の75点、三浦知良と大儀見優季の55点が続く(2015年12月16日現在)ことを鑑みると、いかにこの記録が突出しているかがわかる。 記録は国内だけに留まらない。2015年にカナダで行われたFIFA女子 [全文を読む]

フォーカス