エピソード 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

最愛の人(江利チエミ)との離婚や死別、オフの間の生活ぶり、撮影時のエピソードなどを通じ、様々な葛藤や苦悩があったからこそ、これだけ凄いスターになったという部分を伝えたかった。 とはいえ、作り手側から結論を押し付けるような映画にはしたくない。だから、まずは世界の映画人が語るアーティストとしての健さん、国内の関係者が語る素顔の小田剛一(高倉健の本名)というふた [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

あらためて健さんとのエピソードや、被災地復興を願って取り組む新作映画への思いを、天才テリーに打ち明けた!テリー ごぶさたしてます。こうしてお会いするのは、20年ぶりぐらいですか?八名 いや、マネージャーに確認したけど、どうやら30年ぶりらしい。それこそ、悪役商会を作ったばかりの頃だな。あんたのテレビでよく使ってもらって、応援してもらったな。テリー いや、と [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「大村崑」(4)あのスターたちの素顔はどうですか

アサ芸プラス / 2016年11月25日12時57分

テリー アハハハ! 美空ひばりさんとのエピソードとか、他にも聞きたい話がいっぱいあったんですけど、もう時間がなくなっちゃいました。大村 フフフ、気になる人は、本にいっぱい書いてあるからね(笑)。テリー あちゃ、さすがは宣伝上手! 生CMありがとうございます!◆テリーからひと言 別れ際にいただいた「喜劇は砂糖みたいなもの。うまく使えば“料理(ドラマ)”がおい [全文を読む]

高倉健に謝罪させた大物俳優とは? 銀座のゲイバーで起きた珍事!

tocana / 2014年07月25日11時00分

爆笑問題の太田光がTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』にて梅宮がホステスの女性2人を連れて、ゲイバーでコーヒーを飲んでいた高倉健と長嶋茂雄に遭遇したというエピソードを披露していた。 太田によれば、2人に気付いた梅宮は、すぐに挨拶にいったが、「おぉ、梅宮。どうした? あんまり飲んでないで、早く帰れよ」と言われ、気まずさから店を変えたという。これ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】“追悼 高倉健さん”を『徹子の部屋』で放送。過去の出演では「温泉に入るだけの映画」と夢を語っていた。

TechinsightJapan / 2014年11月18日14時10分

1988年に健さんが出演した『徹子の部屋』の一場面が流れると、彼はパリ・ダカールラリーに出て撮影した時に「毎日、サソリが7~9匹も出て、凄まじいところに来ていると実感した」とエピソードを語っていた。 黒柳徹子が、砂漠や南極などで撮る作品が多く“極地俳優”と呼ばれていることに触れると、健さんは「本当は全然好きではない」と意外な本音を明かした。さらに、いつか実 [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

当時の共演者とのエピソードから今後の目標まで、とっておきのお話を伺った。 (出典:文藝春秋2016年1月号) アクシデントだらけの昭和のテレビ――セリフを憶えない三木のり平さん 当時のテレビはすべて生放送ですからアクシデントは毎日何かしら起こりました。「夢であいましょう」のようなバラエティーはまだしも、ドラマもそうですから、今では考えられないことです。 た [全文を読む]

語っていいとも! 第6回ゲスト・板東英二「僕、この取材ちょっと甘く見てました。こない話できるとはよもや思わなかった」

週プレNEWS / 2015年07月12日12時00分

大量得点差で「今日はこの試合見ててもしゃーないから帰りますわー」ってエピソードも有名では? 板東 あった。もうこれは大失態ですけどね。9対2かな? で、阪神が負けてるんですよ。また最下位で弱い時に。アナウンサーが「さぁ、いよいよ阪神の攻勢が!」ってね、必死にこっからがいよいよ野球の醍醐味(だいごみ)ですと。さぁも何も…こんなもん俺がスタジオで話をしながらレ [全文を読む]

東山紀之が芸能界生き残りを誓った高倉健の一言

Smartザテレビジョン / 2016年06月25日07時15分

外国の人は皆喜んでくれます」と、店の常連であった高倉健とのエピソードを語った。すると東山は安住アナに「高倉健さんお会いしたことありますか?」と尋ね、安住は「お会いしたことないんですよー」と残念な表情に。 一方、東山は「知り合いのレストランで偶然お会いして。『若いころにソックリだ』って言っていただいて。それで『この世界でがんばろう』って気になりました」と知ら [全文を読む]

「イケメン」よりも「いい男」!映画ファン必見の名著『ボンクラ映画魂』が復刊!

日本タレント名鑑 / 2016年03月30日11時25分

今は亡き往年のスターたちの仰天エピソードも多数 実際に杉作氏が役者たちに会った話も多く、安岡力也にエロ本を買っているのを見つかった話、先ほど逝去した安藤昇と記念撮影する際に、安藤の薦めで1つの椅子に2尻した話……などなどいい話が満載だ。時が経ったためか、前の刊行時よりも多くのスター、男たちがいなくなってしまっているのは誠に残念である。しかし、大幅に加筆修 [全文を読む]

ピース・又吉より異色? 直木賞受賞作家・東山彰良を直撃!「自分の価値観を持っていれば人種差別なんかしないですよ」

週プレNEWS / 2015年08月29日06時00分

今回の直木賞受賞作『流』は、自身の父や祖父のエピソードを交えながら、国民党と共産党の戦争(「国共内戦」)を含む歴史の大きなうねりの中で、ひとりの青年の成長を描いた大作。読むと“満腹”になること間違いなし! 怒涛のエンターテインメントで選考委員たちをも唸(うな)らせた稀代(きだい)の作家に直撃した。 * * * ―直木賞おめでとうございます! 受賞後、何か [全文を読む]

選抜総選挙1位の指原莉乃は情けないおじさんが好き?

Smartザテレビジョン / 2015年06月07日05時00分

そんな中、“レジェンド”たちと比べて「オレってちっちゃいな」と思ってしまったエピソードを発表するコーナーでは、坂上が役者ならではの話を披露。 すると、三村も負けじと「後輩に育ってほしいけど、育ってほしくない」という、芸人ならでは複雑な心境が感じられる“ちっちゃいエピソード”を明かす。 レジェンドたちの名言と自分らの名言比較では、矢作の意外な名言が登場。ま [全文を読む]

高倉健さん、元恋人や板東英二ら“記者が違和感を抱く”自称・縁の人々! 追悼企画で秘話暴露も

サイゾーウーマン / 2014年12月01日13時00分

膝枕をしてあげたら、高倉が『こんな幸せでいいのかな』と泣きだしたなんてエピソードも明かしています。しかし、私生活を明かさないことで有名だった高倉について、こうもペラペラ話すことを懐疑的に見るマスコミ関係者も少なくなく、報道自体が見送られるケースもあった。また倍賞千恵子との交際疑惑もありましたが、こちらに関しては『事実だった』という見方が大半のため、倍賞本人 [全文を読む]

“山口組芸能部長”が語っていた「高倉健さんの思い出」

NEWSポストセブン / 2017年08月18日16時00分

二人の関係については、8月29日刊行予定の『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』(講談社)に詳しく描いているが、そこに紹介しきれなかったエピソードもある。 「親分は健さんとの交友が自慢でした。有名な恒例の善光寺参りにも誘われていました。さすがに人目を気にし、一緒に寺に参拝することはなかったけど、毎年のように行っていました」 大石の側近がそう明かした。 「東日本 [全文を読む]

黒柳徹子の思い出に残る“昭和の大スターたちの素顔”

WEB女性自身 / 2015年02月08日16時00分

唯一無二の長寿番組の節目に、黒柳徹子さんが思い出深いゲストとのエピソードを披露。昭和の大スターの素顔をとことん語り尽くしてくれました。【森繁久彌(享年96)】「森繁さんと初めてお会いしたとき、『1回どう?』っておっしゃったの。学校を出たばかりで『1回』というのがなんだかわからなかったのですが、キスのことではありませんでした(笑)。 最後に会ったときは大きい [全文を読む]

テリー伊藤対談「池上季実子」(2)映画で共演した健さんの印象

アサ芸プラス / 2015年02月06日09時55分

特に思い出深いエピソードは何ですか。 池上 向こうは大人ですし、周りにも人がいっぱいいらっしゃいますし、私は新人女優ですから、端っこに座ってるという感じだったんですよね。そうすると、健さんが「池上さん、こっち」って言って、みんなをどかして座らしてくださるんです。それで何を思ったのか「皆さん、池上さんのことを頼みますよ」って言ってくださったんです。 テリー [全文を読む]

テレビ番組制作者は「速い展開」と「ネタ数を増やす」ことを混同してはならない

メディアゴン / 2014年12月04日20時17分

翻案モノだけに、本筋とかかわらないところでエピソードを探しているきらいがあったのは仕方がない。本筋に向かってぐいぐい攻めていく様子がもっとあってもよいのでわ?と当初感じた。アメリカのポップス・グループのドーンが歌った「幸せの黄色いリボン」に触発されて作ったこの映画は、最終シーンだけが最初に決まっていた。1973年にヒットしたこの歌は、 「3年服役していた若 [全文を読む]

武田鉄矢インタビュー 「高倉健さんと俺の黄色いハンカチ」

NEWSポストセブン / 2014年11月23日07時00分

武田氏は1977年公開の映画『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督)で故・高倉健さんと共演した際のエピソードを数多く明かしている。ここでは、武田氏が語った連載本編に未掲載のエピソードを特別公開する。 * * *『幸福の黄色いハンカチ』の撮影はストーリー展開の通りに順撮りで進められましたから、劇中で出会う場面で本当に健さんと初めてお会いしたんですよ。恐ろしく [全文を読む]

吉永小百合 TV初のロングインタビュー 自らの半生と今後の夢を語る

PR TIMES / 2013年07月12日13時57分

番組では、高倉健、渥美清、石原裕次郎、渡哲也、ら共演者や、山田洋次、市川崑などの巨匠たちとのエピソードにはじまり、ドラマや映画の撮影秘話、さらに原爆をテーマにした詩の朗読に込めた想いなど、自ら多くを語ることがなかった彼女の半生と今後の夢が明らかにされます。 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区)は [全文を読む]

“ぱいぱい美ゆき”でブレーク間近も……女優・児島美ゆきに注がれる「冷たい視線」

日刊サイゾー / 2017年07月09日13時00分

「週刊誌では、児島は“初めて結ばれた夜”や『膝枕をしてあげたら、高倉が“こんな幸せでいいのかな”と泣きだした』など、高倉さんのイメージを壊しかねないようなエピソードまで暴露していたんです。国民的スターの死にみんなが悲しんでいる時に、誰も知りたくないような裏話をペラペラ話したことで、映画関係者はあきれ顔でした。もちろんあれだけの人ですから、高倉さんがモテな [全文を読む]

サプライズ登壇のジョン・ウー監督、初タッグの福山雅治を絶賛!!

Movie Walker / 2017年04月26日18時22分

オール日本ロケで行われたという今回の撮影のうち、大阪でのエピソードを披露。特に大勢のエキストラを集めた撮影では「みなさん文句ひとつ言わず、自分の望み通りに動いて下さって感謝です。現場ではご婦人に『アメちゃんやろうか?』と言われましたが、素敵な文化ですよね。また大阪で撮影したいです」と大阪独自の文化に触れたことを喜んだ。 また会場では、『追捕MANHUNT [全文を読む]

フォーカス