自宅 高畑淳子に関するニュース

高畑淳子「間違った報道ある」初めて語った“母の胸中”

WEB女性自身 / 2016年12月23日06時00分

都内の自宅にこもるような生活を送っている。 記者が高畑の自宅を訪ねると、ちょうど本人がすっぴんに黒づくめの格好で家の周りの草むしりをしていた。出かけるところに声をかけ名刺を差し出すと、こう答えた。 「本当に、何もお話しすることはありません。ただ、間違った報道をされているところもあります。訂正などをしていただければと」 裕太の釈放以来、ノーコメントを貫いてき [全文を読む]

【TBSオンデマンド】月曜ゴールデン「遺品整理人 谷崎藍子4~身代わりの花~」1月22日(水)よる11:00より見逃し配信中!!

PR TIMES / 2014年01月23日15時45分

見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!遺品整理人 谷崎藍子4~身代わりの花~【出演】高畑淳子、岸本加世子、モト冬樹、宮川一朗太、藤山扇治郎、篠田三郎、石丸謙二郎、矢崎滋、加賀まりこ【製作】MBS/TBS【あらすじ】弁護士・中森伸也(宮川一朗太)が自宅で殺害された。その1ヶ月後、遺品整理会社・青い鳥社の社長・栗山スミ子 [全文を読む]

「裕太が怖い…」高畑家のヤバすぎる現状! 母・淳子の行き場のない感情とは?

tocana / 2017年03月13日13時30分

裕太は釈放後、埼玉県内の病院に入院したが、昨年末に母親と住む自宅に戻った。裕太は精神的に落ち込み、自宅に引きこもり「仙人のようにヒゲが伸びていた」という近隣住民の目撃談もある。 母・淳子としては何を言われようが、最愛の息子。いまだ事件を冤罪と思い込んでおり、裕太に容赦ない報道を浴びせたマスコミには敵意ムキ出しだ。「週刊文春」3月2日号では、自宅前に集まって [全文を読む]

高畑淳子の逆ギレ・恫喝の裏に、“息子は被害者”のヤバすぎる本音! ニート裕太の近況も

tocana / 2017年03月07日09時00分

高畑の自宅の前には記者が多く張り込んでいて、特に復帰番組の後は数十人の報道陣が駆けつけた。近隣の住民からもクレームが入り、高畑も焦ったのか報道陣を恫喝し【こんな取材の仕方をするのなら、警察を呼びます】と騒ぎたて、マネージャーが本当に110番通報してしまった。駆けつけた警察官も、報道陣に注意はしながらも、違法性はなくどうしようもない状態。だらに高畑は、報道陣 [全文を読む]

高畑裕太の現在の姿に戦慄! まるで仙人のように、髪もヒゲも伸びっぱなしで…

tocana / 2017年01月11日09時00分

事件後、裕太は埼玉県内の病院にしばらく入院していたが、昨年末に退院し、現在は母親と都内の自宅で同居している。一部では海外留学の話も流れているが、事情を知る関係者によると「彼が海外で生活できるわけがない。自宅に戻ったが、世間の目を気にして引きこもっているようだ。いまは姉が主に面倒を見ている」という。週刊誌にとって高畑親子の動向はホットトピックであり、年末年 [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ』“マスゴミ炎上”を描いた第4話、モデルは高畑淳子の謝罪会見か

日刊サイゾー / 2016年10月28日00時00分

父親を難病で亡くし、寂しい幼少期を送ったあすかの生い立ちにどっぷり感情移入した悦子は、内容と照らし合わせるために、勝手に彼女の自宅付近へ向かいます。そんなヤバすぎる主人公ですが、第4話ともなるとスルスルと受け入れてしまうから不思議です。 悦子があすかの自宅前でうろうろしていると、玄関の真ん前(!)で張り込んでいるゴシップ誌記者・山ノ内(山中聡)に遭遇。悦子 [全文を読む]

シュレッダー好き東幹久他、芸能人のちっちゃな趣味事情

NEWSポストセブン / 2015年05月27日07時00分

きっかけは、『ダウンタウンDX』の東幹久が披露した「自宅でコソコソ楽しんでいる趣味」だった。なんと東の「コソコソ趣味」は、「シュレッダーで紙をこなごなにする」。自ら撮影したビデオの中で、MYシュレッダーを抱えてにこにこ出てきた東。さっそく不要になった書類を突っ込むと、シュシュシュと砕け散っていく。その感覚に「おお、この紙の重さ、質感…」とうっとりした表情 [全文を読む]

高畑淳子に”裕太の復帰画策”で親バカ批判?二世タレントの裏事情

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日12時20分

事件直後はしばらく自宅に引きこもっており、精神的にも不安定で、自暴自棄になることもあったという。 同ドラマで見せる姿も、どこかやつれているように感じられる。淳子は、息子の芸能界復帰への望みを繋ごうと、母として必死に動いているのだとか。 「あくまで『裕太が被害者』と考えているという淳子は、自身が所属している『劇団青年座』を通じて、まずは舞台役者として芸能活動 [全文を読む]

渡辺謙「浮気ではなく本気」で家出…会見もナシ、不倫報道その後

messy / 2017年06月17日14時00分

「女性セブン」(小学館)の2017年6月29日・7月6日号で、渡辺謙(57)が自宅から追い出されて夫婦別居状態にあると報じられた。同誌によると、妻の南果歩(53)は渡辺の不倫にショックを受け、今も心の整理が出来ていない放心状態だそうだ。 きっかけとなったのは3月末に「週刊文春」(文藝春秋)が渡辺の不倫をスクープしたこと。ニューヨークで当時36歳のジュエリー [全文を読む]

高畑淳子、5キロ減量でベリーダンスに挑む!「屋根裏の恋人」

CinemaCafe.net / 2017年05月15日14時30分

同じ敷地内の別棟とはいえ、自分とは違ったタイプの派手で開放的な姑と同じ敷地内で暮らすことに不安はあったが、長年の夢であったフラワーアレンジメント教室を自宅サロンで開けること、一家四人が広々と過ごすことができる念願の住居に夢を膨らませていた。洋館の庭で行われた引越しパーティーの日。キッチンで慌しくしていた衣香のもとに突然、昔の恋人・瀬野樹(今井翼)が現れた。 [全文を読む]

高畑淳子、5キロ減量し妖艶なベリーダンス講師役に挑戦

Entame Plex / 2017年05月15日09時30分

自宅でも稽古していて、今、家の家具を全部壁の端に寄せて、いつでも踊れる状態にしています。後は、公園でも練習したり…。傍から見ると、おかしな人になっているかもしれないですね(笑)」――役だけではなく、ベリーダンスを覚えなくてはならず大変そうですね。 [全文を読む]

地獄すぎる高畑裕太の現在…「ユーチューバー裕太」で復活案も? 母・敦子は鬼の形相で「人生が台無しになった!」と絶叫

tocana / 2017年05月07日08時00分

常に周囲を警戒し、自宅周辺でマスコミを見つけたらケータイのカメラでその様子を写し、すぐに警察に通報。今回の直撃取材も目を血走らせてまくし立てたようです。顔も青白いため、記者いわく『まるで鬼だった』そうです」と明かす。 気になる息子・裕太の近況はというと…。本サイト既報通り、髪もヒゲも伸びっぱなしの“仙人”のような姿で自宅に引きこもっているという。ゲームやネ [全文を読む]

ドラマ復帰!高畑淳子“息子を溺愛する母”役に「悪ノリしすぎ」の声

アサジョ / 2017年05月02日18時15分

裕太のこともリハビリ施設に預けていたかったが、その料金が高額で結局自宅で面倒を見ることになった。それらすべてが重くのしかかっている高畑に同情の声もあるが、息子を擁護するばかりなので、周囲を呆れさせてもいます」“怖いもの見たさ”で注目されることは間違いないようだ。 [全文を読む]

高畑淳子&裕太の近況は?奇行や心労で揃って”長期療養”の可能性

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日11時40分

現在は母親で女優の高畑淳子(62)と共に都内自宅で生活をしているようだ。また現在、高畑裕太は引きこもり状態となっており、髪もヒゲも伸びた状態でその姿は「仙人」のようだという。 母親の淳子については、『週刊文春』(文藝春秋)3月2日号で、マスコミ相手ににらみをきかせ怒号を飛ばしたことが報じられた。この出来事は、先月13日に淳子がレギュラーをつとめていた『スタ [全文を読む]

高畑淳子のTV復帰延期 2億円新豪邸には引っ越し済み

NEWSポストセブン / 2017年02月09日07時00分

彼女の姿は、事件当時の自宅から3km離れた都心の高級住宅街にあった。 2015年5月、同地に140平方メートルの土地を購入した高畑は、上物合わせて2億円という4階建ての大豪邸を建築。今年初めに完成し、すでに引っ越しを終えていた。 「1月末にはほとんど荷物を運び終えていました。挨拶はいまだにありません。ひっそりと、隠れるように越してきました。正直、この辺りの [全文を読む]

テレ朝・田中萌アナ「同僚・加藤泰平アナと不貞行為」で「番組降板」決定のさびしい「自宅待機」生活

アサ芸プラス / 2017年01月06日09時57分

田中アナは正式な処分が出るまで自宅で待機する生活が続いています。それにしても、テレ朝はスキャンダルを極度に嫌うわりに、過去には矢島悠子、徳永有美など“不倫疑惑アナ”が多発しているのも七不思議です」 過去の事例に照らせば、朝の看板アナをキズ物にした男子アナは地方局などへの異動が確定的。女子アナはアナウンス室でお茶くみなど懲罰的な雑務を命じられ、ほとぼりが冷め [全文を読む]

高畑淳子、実家を売却し息子・裕太の違約金返済へ

NEWSポストセブン / 2016年12月23日07時00分

「埼玉にある精神科病院に入院していましたが、今は母と姉のこと美さん(30才)が暮らす自宅に戻り、引きこもり生活を送っているそうです。入院費用も生活費も全て淳子さんが出しています。結局、頼れる人は家族しかいなかったんです」(前出・高畑を知る芸能関係者) 入院中から地方での舞台出演が続いた母に代わって、裕太の生活を見ていたのが姉のこと美だった。 「裕太さんは [全文を読む]

1億円増も!不動産高騰で得をした”お騒がせ芸能人”たち

WEB女性自身 / 2016年09月21日06時00分

芸能人の事件を機に自宅がクローズアップされることは多い。ただ近年、不動産価が大きく上昇。豪邸ともなれば額が大きいだけに、得した芸能人もいるのでは!?そこで本誌は不動産のプロに価格鑑定を依頼。報道や当時の不動産相場をもとに算出した購入時額と比較し、騰落額をランキング化した。 まずひときわ大きく値を上げたのは、高橋ジョージ(58)。三船美佳(34)へのモラハラ [全文を読む]

発達障害と診断の高畑裕太 一般の職業人も苦労するもの

NEWSポストセブン / 2016年09月10日16時00分

目はうつろで、自宅玄関までの一歩一歩が重い。 9月4日の夜9時、舞台の稽古を終えて帰宅した高畑淳子(61才)は、女性セブン記者に気づくと、気だるそうに立ち止まる。「息子さんのことで…」――そう話しかけた記者に対し、黙ったまま深くお辞儀をすると、自宅に入っていった。 8月23日に長男の裕太(22才)が強姦致傷の疑いで逮捕され、同26日には高畑が63分間立ちっ [全文を読む]

高畑淳子さん「家族は事件のことを聞いてはいけない」そんな接見ルールあるの?

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月08日09時51分

例えば、『自宅にある、冷蔵庫の青いびんを捨てて置いて』(証拠廃棄)とか、『○○君に、俺は最後まで頑張るから、と伝えて』(通謀)、『台風が来た日は、北海道にいたから、快晴だったわ。』(アリバイ)といった何でもないかのような発言でも、罪証隠滅につながることは想像がつくと思います。 [全文を読む]

フォーカス