事務所 高畑淳子に関するニュース

高畑裕太レイプ事件に日産から電通まで大手企業が大激怒! 母・淳子もTVから消える可能性

tocana / 2016年08月25日07時00分

「CM契約が殆どなかったからよかったようなものの、今回の24時間テレビに関しては母親である高畑淳子とのセットで事務所からの強引な売り込みがあり、出演となっている。それだけに日テレの担当者はカンカンで、高畑の所属する石井光三オフィスを日テレに出禁にすると息巻いているようです。勿論、レイプ魔ですからスポンサー受けとしては最悪で、まず芸能界に復帰することはない [全文を読む]

高畑裕太、不起訴でも芸能界復帰は絶望的!「弁護士発表書面のイメージが悪すぎる」

日刊サイゾー / 2016年09月15日11時00分

その決定的な理由は「事務所を解雇されたということ」だとした。 高畑が所属する石井光三オフィスは、釈放当日に報道各社に謝罪のファックス。その中で「関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けしました事実を重く受け止め、本日、高畑裕太とのマネジメント契約を解除いたしましたことをご報告申し上げます」と解雇を発表した。 「芸能界では、事務所の解雇というのは起訴よ [全文を読む]

性的暴行で逮捕された高畑裕太容疑者の余罪を徹底追及!(2)母の事務所の女性を…

アサ芸プラス / 2016年09月04日09時57分

09年秋、高畑は別な劇団と大手芸能事務所による、約1カ月の長期舞台公演に出演していた。母・淳子がいない時に、裕太容疑者が楽屋を訪れ、そこにいたAさんに、いきなり、「今日、何時まで仕事なの?」 と声をかけたのだ。Aさんが時間を答えると、「〇時に、〇〇ホテルの△室に来て」 と誘いの手を。Aさんが携帯電話で調べると、指定された場所はラブホテルであることがわかっ [全文を読む]

高畑淳子の逆ギレ・恫喝の裏に、“息子は被害者”のヤバすぎる本音! ニート裕太の近況も

tocana / 2017年03月07日09時00分

高畑は、当面はCMも入ることはないだろうと事務所関係者にも告げられたようで、報道陣に八つ当たりをしている状況です」(週刊誌記者談) なぜそんなにも強気なのか? 「女性と示談が成立しているとはいえ、高畑は無罪を主張している。つまるところ、高畑親子は“我々はハニートラップの被害者”だと思っているのです。実際、強姦の被害申告をしたのが被害者本人ではなかったという [全文を読む]

高畑淳子、主演舞台初日は大成功! 息子・裕太の強姦致傷容疑逮捕でも大損害を免れたワケ

日刊サイゾー / 2016年09月29日11時00分

「被害者の知人男性は、まず高畑の事務所に示談を求めて猛烈なプレッシャーをかけたという。そこで、高畑サイドは、ロス疑惑で三浦和義さん(故人)を無罪にするなど、らつ腕の弘中惇一郎弁護士の事務所に一任。焦った男性は、かなり高額を吹っかけたようだが、弁護士事務所が粘り強く交渉した結果、1,500万円で落ち着いたようだ。裕太逮捕から3日後、8月26日の会見で高畑は [全文を読む]

金銭トラブルで事務所移籍、レギュラー降板……俳優・渡辺いっけい“体調不良説”の深刻度

日刊サイゾー / 2016年06月21日13時00分

事務所を移ったり、レギュラー番組を降板したりっていうのは、通常ではなかなか考えられないですからね。7月クールのドラマに出演するという話があるようなので、大事ではないと思うのですが」(芸能事務所関係者) テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』で昨年12月に放送された『女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議』が、7月期の木曜ミステリー枠で連続ドラマ化されることがわかった [全文を読む]

佐々木希 芝居ができないのに「女優一本」宣言で所属事務所は大困惑!?

日刊サイゾー / 2012年05月19日08時00分

事務所としてもかなり困っている様子です。本人が自分の"大根役者"ぶりをまったく理解せずに、『これからは女優一本でいきたい』と鼻息を荒くしているそうですから。局としても、旬の佐々木を使いたいけれど、使ったらどうなるかが目に見えているだけに、困惑しているようですよ」(テレビ局関係者) ついに佐々木希が"女優専念宣言"をしたという。これまでも数多くのドラマに出 [全文を読む]

集団就職を経て総務大臣になった菅義偉氏の肉声が詰まった本

NEWSポストセブン / 2012年04月12日16時00分

5年前、事務所経費問題が永田町を席巻していた時のことだ。家賃のかからない議員会館を事務所として登録し、領収書のない多額の費用を不正計上していた問題で、複数名の議員が追及されていた。騒動が一段落したところで、突如、当時総務大臣だった著者にも同様の“疑惑”があるとの報道がなされた(じつに安倍晋三内閣の改造人事直前のことだった)。 急遽、開かれた記者会見で著者は [全文を読む]

水着や人肉喰いだけじゃない!清水富美加がメンタルをすり減らした俳優とは?

アサジョ / 2017年02月16日10時15分

さらに、事務所が清水の嫌がる性的対象となるような撮影や、人肉喰いのある映画の仕事を入れたことが精神的に苦痛だったなどと説明しています」(芸能デスク) 報道直後、清水も自身ツイッターで入信の理由の一端について、「すり減っていく心を守ってくれようとしたのは事務所じゃなかった」と明かしている。 とはいえ、主演映画が決まり本人は喜んでいたというし、そもそも側にいる [全文を読む]

石原さとみの意外な“裏の顔”を関係者が暴露! 酔うとキワどい発言も…!?

tocana / 2016年10月19日09時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11213.html】 「実は彼女、芸能人仲間に対しては愛嬌があるのですが、ADや事務所スタッフなど自分より“下”と思っている人には素っ気ないんです。そりゃあ、どこかで力を抜かないとやっていられないとは思いますが、落差が激しすぎるんですよね」 石原と言えば、創価高校出身の [全文を読む]

芸能界「絶対共演NG」最新リストを禁断公開!(1)あの高畑淳子と因縁がある人物とは…

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時57分

それでも大物ならまだ要望を通すでしょうが、それ以外の人にも共演NGが根深く存在するのは、特に“事務所の移籍・独立”“恋愛絡み”など『共演させにくい』と周囲も気を遣う、やむをえない事情があるということが大半の理由です」 確かに恋愛絡みは長く尾を引く。例えば、互いに堤真一の元恋人だったとされる、鈴木京香(48)と深津絵里(43)の共演も不可能だとされている。「 [全文を読む]

高畑裕太、今後は母の劇団で裏方に?「青年座は高畑淳子に誰も強く言えない……」

日刊サイゾー / 2016年09月17日11時00分

「気になる彼の今後ですが、所属事務所をクビになったので、実質的に母親が所属する青年座が面倒を見ることになるでしょうね。青年座も、高畑さんには強くモノを言えないんです。というのも、西田敏行さんがやめて以降は、彼女が青年座の“顔”で、今でもCMを引っ張ってこられるのは彼女くらいですから」(芸能事務所関係者) 気になる示談金やその内容は不透明ながら、“無罪請負 [全文を読む]

高畑裕太、入院先で迎えた誕生日

NewsCafe / 2016年09月13日11時17分

裕太の弁護を担当したのは、『無罪請負人』の異名もある弘中惇一郎弁護士(70)の事務所『法律事務所ヒロナカ』ですから」 デスク「ああ、弘中弁護士は叶姉妹の代理人だったこともあるね」 記者「他にも歌手の中森明菜(51)、作曲家の佐村河内守(52)、タレントのサッチーこと野村沙知代(84)など有名人の騒動を担当することで知られます」 デスク「で、示談金のほうはか [全文を読む]

高畑裕太が示談成立で釈放 ネットでは「高畑淳子いくら払った」の声

しらべぇ / 2016年09月09日14時25分

— HIROSHI.s (@67Shkool) 2016年9月9日高畑裕太釈放かよ 結局最後まで親とか事務所が甘やかしちゃうんだな しばらく刑務所入ってたほうが本人のためになるんじゃね このままじゃ変わらないと思う— KEI (@KSssttt01) 2016年9月9日高畑裕太釈放かあお金で解決ってイメージが強いなあまた親に助けてもらったか— めろ (@m [全文を読む]

高畑裕太に続く、下半身ビッグニュース!? あの二世タレントがAVデビューとのウワサ

tocana / 2016年09月05日09時00分

その作品の発売が発表されたら、世間は確実に大騒ぎすると思いますよ」(芸能事務所関係者) 家柄や知名度に恵まれた二世タレントなら、わざわざAVに出演する理由は見当たらない。一体なぜ、そのようなことになったのか。 「いろいろ理由はあるようですが、そのタレントは芸能界デビューする前から奔放な性格で有名でしたから、出演自体にはあまり抵抗を感じていないみたいですよ。 [全文を読む]

高畑裕太の逮捕が及ぼした影響は『24時間テレビ』だけじゃなかった!

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日11時06分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

高畑裕太さん逮捕でドラマ「撮り直し」、母淳子さんCM中止…損害賠償はどうなる?

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月28日10時29分

●信用や品位を損なう言動をしてはならないという義務「ドラマやCMの出演契約や、所属事務所とのマネジメント契約などでは、タレントが負う義務として、『イメージ条項』と呼ばれるものが書かれていることがあります。契約相手の信用や品位を損なうような言動をしてはならないという義務を記しています。仮に明文がなかったとしても、契約の趣旨に照らして、同様の義務を認定できるこ [全文を読む]

質問内容が波紋を呼ぶ高畑淳子の会見 現場のルールとは?

NEWSポストセブン / 2016年08月28日07時00分

同局に長年レギュラーをもつ小倉智昭氏と同じ事務所。しかも、鹿児島放送の局アナ出身である。他のリポーターとは違うという彼のプライドと、なんとかしてまた全国に顔と名前を知らしめたいという強い思いがあったのかもしれない。現場のルール無視、主催者側の注意無視の言動を私も何度か目撃している。 もっとも覚えているのは、SMAPの中居正広が“初の単独囲み取材”に臨んだ [全文を読む]

高畑淳子だけじゃない!芸能人のバカ息子”不祥事列伝”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月27日12時05分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

事務所が止めるほどの酒癖の悪さ!! 高畑裕太の逮捕は時間の問題だった!?

Business Journal / 2016年08月25日17時00分

また、最近は事件が起こることを懸念したのか、事務所から禁酒令も出されていたと伝えている。 また酒癖の悪さは、裕太容疑者自身でも自覚があったようで、母親の高畑淳子と『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にて、共演した際、黒柳徹子から「呑んだくれたりしないの?」との問いに対し、淳子が「すごくしています!」と答えたことに慌てながら、「最後まで言わないで…」と止めに入った [全文を読む]

フォーカス