巨人 斎藤佑樹に関するニュース

プロ野球選手の特技 昔は『口で屁の音出す』『江川いびり』等

NEWSポストセブン / 2012年02月15日16時01分

坂本勇人(巨人)は『佐々木希』、菊池雄星(西武)は『石原さとみ』と現在人気の芸能人をあげている。一方、フリーアナウンサー小林麻耶との熱愛報道もあった斎藤佑樹(日本ハム)は、『キャッチャーのような人』とあえて有名人を出さない戦略を採っている。 また、各選手の『趣味・特技』を読んでみると、田中将大(楽天)『ゴルフ』、斎藤佑樹(日本ハム)『釣り』、坂本勇人(巨 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【2007年・高】佐藤由規(仙台育英高・投手) ○ヤクルト ×楽天、巨人、中日、横浜 【2007年・大社】大場翔太(東洋大・投手) ○ソフトバンク ×日本ハム、オリックス、巨人、阪神、横浜 【2007年・大社】長谷部康平(愛知工業大・投手) ○楽天 ×西武、ロッテ、広島、中日 【2009年】菊池雄星(花巻東高・投手) ○西武 ×日本ハム、楽天、ヤクルト、 [全文を読む]

掛布雅之、阪神が巨人を叩く“絶対5カ条”前編「能見を裏に回し最多勝を狙う!」

アサ芸プラス / 2013年04月09日09時59分

やはり注目は今シーズン、阪神がどうすれば宿敵巨人を倒せるのかでしょう。昨シーズン、巨人の総得点はセ・リーグで唯一の500点台。防御率も2.16とリーグトップ。この数字だけ見ても、巨人が頭一つ抜け出すのは明らかです。何度目かの黄金期に入った巨人に対し、阪神がどう戦うべきか。そこにはポイントが5つあります。それを踏まえれば、阪神の巨人戦での勝利がグッと近づくは [全文を読む]

セ・パ交流戦を100倍面白く見る「遺恨バトル」(2) 日ハム今年も菅野指名に原監督が激怒したッ!

アサ芸プラス / 2012年05月23日10時59分

巨人入り「密約」をホゴに・・・ 巨人と日ハムの因縁は、球団同士のイザコザだけにとどまらない。「若きエース格」のプライドもぶつかり合うのだ。 プロ2年目にして開幕投手の重責を果たした日ハム・斎藤佑樹(23)は、昨年の交流戦期間中はケガで二軍落ちしており、巨人戦に登板すれば、今年が初対決となる。その因縁について、前出の読売グループ関係者は次のように説明する。 [全文を読む]

プロ野球「セ・パ交流戦を10倍楽しめる」ベンチ裏“秘”ガイド(1)巨人が日ハム・斎藤に興味を持っている?

アサ芸プラス / 2016年06月07日05時56分

巨人は開幕から順調に首位街道を快走していたが、5月中旬から急失速。一転してリーグ戦で苦しい戦いを強いられている。まさに交流戦で何とかチーム全体の建て直しを図りたいところだ。 フロントはパ球団と対峙する機会をチャンスと捉え、相手球団の幹部らと直接話し合ったうえでトレードの商談を持ちかけるなど、積極的な戦力補強も行いたい構えだという。 何より、エース・菅野智之 [全文を読む]

G坂本「監督へのあてつけ」でヤクルト宮本と合同自主トレか

NEWSポストセブン / 2012年02月01日07時00分

西岡と中田は大阪桐蔭高出身という関係です」(スポーツ紙記者) 全く脈絡のない組み合わせが、巨人・坂本勇人とヤクルト・宮本慎也。内野手としてゴールデングラブ受賞9回を誇る宮本のもとに、昨季の失策王・坂本が押しかけた形。レギュラー選手が同一リーグの主力選手に教えを請うのは異例だが、巨人軍関係者からはこんな声も聞こえてくる。 「坂本の守備を酷評してきた原監督への [全文を読む]

斎藤、杉内、松坂 エース番号18が期待はずれのイメージに

NEWSポストセブン / 2016年12月06日11時00分

巨人には「王貞治の1」「長嶋茂雄の3」「金田正一の34」など、球界最多の6つの永久欠番があり、金田氏は今も愛車センチュリーのナンバーや、ゴルフ場のメンバーロッカーの番号に「34」を使う。長嶋氏は好んで通ったサウナの靴箱で「3」を指定席にしていたという。 だからこそ、移籍市場では背番号が“交渉材料”になってきた歴史がある。 「1996年オフに西武の清原和博が [全文を読む]

プロ野球「キャンプ地獄耳」(5)

アサ芸プラス / 2012年03月10日10時59分

ゴルフといえば、野球選手のオフの定番だが、特にハマっているのが、巨人の原辰徳監督(53)である。 「宮崎でも沖縄でもゴルフ三昧。選手にも『変に酒を飲みに行くなら、ゴルフをやったほうがいい』とアドバイスしている。高橋由伸(36)らベテラン勢は、それに従っているようです。彼らは休日練習に来なくていいから、代わりにゴルフで体を動かしているのです」(スポーツライ [全文を読む]

斎藤佑樹がケビン山崎氏のジムでトレーニング!「清原の二の舞?」の声も

しらべぇ / 2017年01月26日19時00分

西武から巨人に移籍し、成績が下降気味になった清原和博がプロレスラーの前田日明に紹介され、師事したトレーナーである。同氏の提唱するトレーニング「トータル・ワークアウト」を実施した清原は、それまでの細身でスラッとした身体からレスラーのような大柄な身体に変貌。ホームラン量産が期待された。しかし、トレーニングを施した年は一定の成績を残したものの、体重が増加したこと [全文を読む]

“甲子園スター”たちの流転人生!「斎藤佑樹」

アサ芸プラス / 2015年08月14日09時56分

「実は今オフに向けて、日本ハムと巨人の間で斎藤のトレード話が浮上しています。今季の斎藤は4月に先発登板した2試合で打ち込まれ、二軍降格。6月に昇格し、中継ぎで5試合に登板しましたが、再び二軍落ちした。正直なところ、もう頭打ち状態で、中継ぎか敗戦処理でしか使えない。それでも一軍で投げさせるのは、トレードを見据えてのデモンストレーションであり、『商品見せ』。斎 [全文を読む]

長嶋茂雄の裏金擁護発言に疑問符「ミスターは犬になったのか、記者が勝手に作ったのか」

日刊サイゾー / 2012年03月26日08時00分

朝日新聞による巨人の契約金超過報道について、読売新聞は3月20日の朝刊で巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(76)のコメントを掲載。「選手たちの心の傷は相当に大きい。そう簡単には癒えないだろう」と、高額な契約金をもらったと報じられた6選手を被害者とし、問題自体も「ルールを破ってはいない」と断言。「誰が内部資料を渡したのか」と朝日に情報を流したネタ元を批判した。 こ [全文を読む]

楽天・安楽が今季初登板!巨人・山口俊は移籍後初の一軍マウンドへ 14日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月13日18時00分

また、巨人は山口俊が移籍後初先発する。 山口は今季、DeNAからFAで巨人に移籍も、右肩違和感でまさかのキャンプ三軍スタート。開幕前から大きく出遅れていたが、5月18日のイースタン・ヤクルト戦で実践復帰すると、ファームでは3試合に登板して1勝0敗、防御率0.64と安定した投球を披露した。 巨人は9日に連敗を脱出するも、交流戦4カードを終えた時点で1勝11 [全文を読む]

【プロ野球】神ってるだけじゃない?流行語大賞に選ばれた野球用語…トラキチ、イチローも

デイリーニュースオンライン / 2016年12月06日16時45分

(肩書きは受賞当時) 1985年流行語部門・銀賞 「トラキチ」受賞者:松林豊(阪神タイガース私設応援団長) 1986年流行語部門・金賞 「新人類」受賞者:清原和博、工藤公康、渡辺久信(西武) 1987年特別賞部門・特別賞 「鉄人」受賞者:衣笠祥雄(広島) 1991年表現部門・金賞 「川崎劇場」受賞者:金田正一(元ロッテ監督) 1993年新語部門・銅賞 「 [全文を読む]

斎藤佑樹のおねだり疑惑で意外な事実…プロ野球界にベンツ離れが!?

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

東京ドームで選手を出待ちする熱烈な巨人ファンの男性(49歳)がこう証言する。 「江川、原に篠塚、吉村と、昔の巨人は、レギュラー選手全員が皆、ベンツ一色でしたよ。でも最近は少ないね。主力でいうとポルシェ、ベントレー、アウディ、BMW。それとアルファードなどの高級ミニバンで運転手付きが多い。自分で運転しないほうが楽ですもんね」 なんと、球界の紳士たるジャイア [全文を読む]

オールスター投票 突如票伸ばした井口、鳥谷、平野に共通項

NEWSポストセブン / 2012年07月02日07時00分

「井口の21万票が最多ですが、セでは遊撃手部門の鳥谷敬(阪神)が19万票、二塁手部門の平野恵一が18万票を集めて、それぞれ中間発表で1位だった坂本勇人(巨人)、荒木雅博(中日)を逆転しました。 鳥谷も平野も人気選手ですが、今季の成績はやや期待外れで、チームも巨人や中日から引き離されている。選出に首を傾げるところもあるのですが、実はこの3人は同じマネジメン [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(4)斎藤佑樹←角盈男(野球解説者)

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

今季は“ポストダルビッシュ”の期待もかかるが、ヤクルト、巨人で投手コーチを務めた解説者の角盈男氏は「まだまだ課題あり」と注文をつける。 * 最初に言っておきたいのですが、ダルビッシュと比べられては斎藤がかわいそう。メジャーが100億円出す投手と斎藤では器が違いすぎる。それは栗山監督もわかっているでしょう。首脳陣が斎藤に求めているのは、1年間ローテーションを [全文を読む]

故障で出遅れた巨人山口俊、楽天安楽が今季初登板! 14日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月14日14時18分

◆ DeNA浜口は交流戦3連勝狙う! ともに故障で出遅れていた巨人の山口俊と楽天の安楽智大が、今季初登板初先発のマウンドに登る。 ソフトバンク戦に臨む巨人の先発は、FAでDeNAから移籍してきた山口。先発の柱として期待された右腕だが、昨秋から悩まされていた右肩痛で出遅れ、これが移籍後初登板となる。二軍戦では5月以降3試合に先発し、計14イニングを投げわずか [全文を読む]

理想のパパになれない父親たち

NewSphere / 2017年06月03日11時00分

This article was originally published on The Conversation. Read the original article. Translated by Naoko Nozawa eye catch photo Elizaveta Galitckaia / Shutterstock.com 外部リンク Fac [全文を読む]

広島、怒涛の7連勝!日ハム・斎藤佑樹は623日ぶり白星で連敗止める 31日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年05月31日22時19分

◆ 5月31日のプロ野球試合結果 ▼ 日本ハム 6 - 1 DeNA(札幌ドーム) <試合時間:3時間30分 観衆:19,872人> De|000 001 000|1 日|100 020 30X|6 [勝] 斎藤佑樹(1勝1敗) [負] 熊原(1勝1敗) [本] なし [トピック] ☆斎藤佑樹が623年ぶりの勝利 ☆日本ハムの連敗が「3」でストップ ▼ 楽 [全文を読む]

日ハム斎藤佑が5回無失点と好投!5月24日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年05月25日07時45分

◆日ハム・斎藤が5回無失点 日本ハムの斎藤佑樹が、巨人との二軍戦に先発。 前回登板の5月17日のDeNA戦で5回を無失点に抑えた斎藤は、この日も好投した。初回一死走者なしから2番松本哲也、3番山本泰寛を連続三振に打ち取る上々の立ち上がり。2回以降も、テンポの良い投球で巨人打線を封じ、5回2安打1四死球6奪三振無失点にまとめた。 ◆ 5月24日のイースタン・ [全文を読む]

フォーカス