二軍 斎藤佑樹に関するニュース

ハム斎藤佑樹二軍落ちでチーム内から「すっきりした」との声

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時00分

今シーズンは開幕投手を務めるも、その後まったく勝てずに二軍に落とされた日ハム・斎藤佑樹が苦しんでいる。二軍戦でも6回5失点(4日)、6回3失点(11日)、5回6失点(20日)と炎上を続け、かなりの危機的状況なのだ。しかし、本人からは強気な発言が目立つという。日本ハム担当記者の話。 「二軍に落ちた後も、“(自分は)二軍にいるべきではない”とか、“二軍球場は暑 [全文を読む]

プロ野球の審判 1試合の手当は球審が3.4万円で塁審2.4万円

NEWSポストセブン / 2012年10月25日07時00分

20代前半で採用されてから、5年ほど二軍の試合で勉強。その後一軍担当へ昇格のチャンスが与えられ、結果を出せば一軍に定着できる。 選手と同じく、一軍と二軍の差は大きい。特に顕著なのは給与だ。規定により最低年俸が決まっており、二軍は345万円、一軍では750万円(ただし一軍の最低年俸が適用されるには一軍での累計500試合出場が条件)となる。 基本年俸は12か月 [全文を読む]

横浜・細山田 柵の外から斎藤佑樹に声かけ「哀れ」の声出る

NEWSポストセブン / 2012年05月20日07時00分

開幕前の横浜と日本ハムの二軍戦。試合を終えた細山田が、日本ハムの二軍寮の敷地内で取材に応じていた斎藤を見つけた。 2人は早大時代、バッテリーを組んだ先輩・後輩の関係。大人気の後輩に細山田は、ファンの侵入を防ぐ鉄柵の外から声を掛けた。 「入ってくればいいのに、先輩のプライドがあるからか、ファンに混じって外から“こっちに来いよォ~”と声をかけていました。斎藤 [全文を読む]

2012プロ野球「ガチンコ乱闘」総決算!

アサ芸プラス / 2012年11月21日09時59分

東野は夕刊紙に、オープン戦で絶好調ながら二軍スタートで、6月に一軍昇格も1試合に登板(5回2失点)しただけで二軍行きを命じられたことからトレードを直訴したと明かしている。 「実はシーズン開始早々、西武・片岡易之(29)とのトレードが進められていた。それが原辰徳監督(54)の反対で差し戻しになった」 こう話すのは、NPB関係者だ。さらに続けて舞台裏を説明する [全文を読む]

斎藤佑樹 二軍で火だるまでも「走り込みは必要ないっス」 チームメイトは「アイツ抜きで優勝しよう」大合唱

アサ芸プラス / 2012年09月14日10時54分

そんな日本ハム・斎藤佑樹(24)は二軍でくすぶるばかりか、チーム内で総スカンのようだ。 7月30日に一軍登録を抹消されて以来、8月25日のヤクルト戦で自己ワーストの6回11被安打7失点でKOされるまで、投げれば打たれるの火だるま状態で、ファーム4連敗を喫した。 球界関係者が語る。 「二軍落ち前の斎藤は、とてもではないが今季の開幕を任されたレベルの投手ではな [全文を読む]

“カイエン青山”から”マカン鎌ヶ谷”に!? ハンカチ王子・斎藤佑樹投手に文春砲が炸裂

ガジェット通信 / 2016年07月13日18時00分

今回、鎌ヶ谷の二軍練習場に行くのに車をねだり、マカンをもらったということで新たに“マカン鎌ヶ谷”なるアダ名がついてしまっている模様だ。 北海道日本ハムファイターズ公式 (@FightersPR)は『Twitter』にて 今日の先発は斎藤!前半戦最後の試合を勝利で飾ろう!! と斎藤投手の画像つきでツイートしているのだが、応援メッセージの他に 公式さん、センテ [全文を読む]

高3夏の甲子園で活躍した投手はプロ野球で大成しにくいのか

NEWSポストセブン / 2013年08月25日07時00分

とはいえ現在、斎藤は二軍で調整中で、一方の田中はプロ野球新記録となる21連勝を達成した。なぜ、2人はこれほどまでに差が開いてしまったのだろうか。 まずは、今年のプロ野球で規定投球回数に達している投手(8月16日現在、記録は以下同)の高校3年時の夏の甲子園出場歴を見てみよう。セ・リーグは15人中3人(外国人投手2人除く)、パ・リーグは14人中4人と意外なほど [全文を読む]

掛布雅之、阪神が巨人を叩く“絶対5カ条”前編「能見を裏に回し最多勝を狙う!」

アサ芸プラス / 2013年04月09日09時59分

それを防ぐためには一、二軍の投手をうまく入れ替え、岩田や榎田を6勝4敗や7勝5敗と、常に貯金を持てる選手にすること。ただし、投手を二軍に落とすのはそれ相応の勇気がいります。二軍に落とされれば選手のプライドも傷つきますからね。そういった和田監督の英断が、その後の勝敗を大きく左右することになるでしょう。 【3】エース同士の戦いを回避 巨人の杉内、内海、澤村の [全文を読む]

土井正三氏がイチローの振り子打法を否定したという説はウソ

NEWSポストセブン / 2013年02月11日07時00分

当初は二軍で鍛えるつもりだったが、ファームで3割8分をマークしていることもあり、オールスター前に昇格させた」 9月頃、このままでは新人王の資格がなくなるというので本人にも打診したが、「一軍にいたい」と訴えられ、そのままにしたという。 だが2年目には、予想通り成績が2割以下に低迷。一軍に置き続けても平凡な選手になってしまうことを苦慮した結果、走塁ミスを理由に [全文を読む]

解雇の元日ハム・木田優夫に「現役続けて欲しい」と栗山監督

NEWSポストセブン / 2012年11月27日16時00分

受験する行為が、現役続行の意思表示になる、と」 ※週刊ポスト2012年12月7日号 【関連ニュース】高岡早紀と熱愛報道あった木田優夫 「彼はモテる」の証言花巻東・大谷 ネットでは「多田野が口説けばイチコロ」の声高岡早紀と木田優夫投手は破局後に六本木で遭遇していたハム斎藤佑樹二軍落ちでチーム内から「すっきりした」との声斎藤佑樹 1年間二軍暮らしで鎌ケ谷市への [全文を読む]

オールスター投票 突如票伸ばした井口、鳥谷、平野に共通項

NEWSポストセブン / 2012年07月02日07時00分

※週刊ポスト2012年7月13日号 【関連ニュース】横浜・細山田 柵の外から斎藤佑樹に声かけ「哀れ」の声出る「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白「鎌ケ谷の皆さんが嫌いでない」斎藤佑樹の経済効果58億円セ・リーグの予告先発導入案「落合がいたら無理だった」の声斎藤佑樹 1年間二軍暮らしで鎌ケ谷市への経済効果11億円 [全文を読む]

故障で出遅れた巨人山口俊、楽天安楽が今季初登板! 14日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月14日14時18分

二軍戦では5月以降3試合に先発し、計14イニングを投げわずか1失点。調整期間中、一軍は借金「10」の5位と低迷。復帰戦だが、チームを勢い付ける好投に期待したい。 楽天の安楽は、リーグ、交流戦ともに最下位に沈むヤクルト戦に先発する。こちらはキャンプ、オープン戦と順調に調整を重ねていたが、開幕直前に右太ももを痛め離脱。復帰後の二軍戦では、3試合で14イニングを [全文を読む]

日ハム・斎藤佑樹が2勝目!4月20日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月21日07時45分

◆ 日ハム・中田が二軍戦に出場 日本ハムの斎藤佑樹が20日、ヤクルトとの二軍戦に登板。 斎藤は1点リードの6回からマウンドにあがり、この回1点を失ったが、7回、8回を無失点に抑え、3回4安打1失点という投球内容だった。 また、故障で離脱中の中田翔は『4番・DH』で出場し、2打数0安打だった。 ◆ 4月20日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ ロッテ 16 - [全文を読む]

ハンカチ王子からの転落…日ハム・斎藤佑樹の”ごっちゃん体質”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月23日15時06分

いまだに一軍と二軍を行き来する現状への叱咤はあった。 しかし、今回はイメージを根こそぎ裏切る<ゲスおねだり>なだけに、様々な角度から批判が集中している。 「かつて桑田真澄(48)や水野雄仁(注3・50)が問題視されてペナルティも受けた、金品授受にあたるのでは?」 「野球選手なんだから、成績を上げて自分で買うべき」 ■そもそもゲスだった”ハンカチ王子” 週刊 [全文を読む]

ポルシェおねだりの日ハム・斎藤佑樹、記者間では「バカ殿」呼ばわりの悪評ぶり

日刊サイゾー / 2016年07月21日11時00分

出版社社長にポルシェやブランド品を提供してもらっていたと報道された当日、一軍登録を抹消されたが、プロ野球担当記者からは「プロ6年目で一軍と二軍を行ったり来たりして、普通ならクビになってもおかしくないレベル」と酷評されている。あるニュース番組でスポーツコーナーを担当するディレクターは「印象が良ければ引退してもスポーツキャスターの道があったんですが、性格が悪い [全文を読む]

斎藤佑樹、ポルシェ供与疑惑&勝ち星ゼロの元凶は「勘違い」と「練習しない大学時代」

Business Journal / 2016年07月16日17時00分

プロ入りしてすぐに活躍できなくても、二軍や長い寮生活を経験すれば、斎藤はこうならなかったのではないか。惨めな思いや失敗をすることで、選手としても人間的にも成長できたはずです」 ●すべての元凶は大学進学 それが、大学進学によって、井の中の蛙になってしまった。大学1年の全日本大学野球選手権決勝で優勝投手になり、史上初の1年生MVPに選出されると、「一生何か持っ [全文を読む]

テレ朝・宇賀なつみ 引退説飛び交う斎藤佑樹と合コンをしていたワケ

アサ芸プラス / 2016年05月04日09時57分

「練習量が増えるわけでもなく、二軍でも炎上マウンドを繰り返しています。それなのに夜遊び自慢ばかりで『この前はテレ朝の宇賀ちゃんと合コンしちゃったよ』などと悪びれる様子もなく豪語し、周囲をあきれさせている。やはり同い年で左のエース・吉川光夫などは『バカじゃねえか』と吐き捨てていました」(前出・球団関係者) ただし、首筋寒い、そんな斎藤にも意外な需要があるとい [全文を読む]

年間わずか1勝…斎藤佑樹の惨状 味方批判の「KY迷言」で失笑の的、チーム内から不満

Business Journal / 2015年11月10日22時00分

その後も、事あるごとに斎藤を二軍から引き上げ、チャンスを与えています。しかし、斎藤はことごとく背信の投球を続け、一部の若手選手からは、待遇の格差に不満が漏れているともいいます。栗山監督の“寵愛”を受けているうちは大丈夫でしょうが、今後、監督が交代した時には斎藤の立場も危ういでしょう。 [全文を読む]

“甲子園スター”たちの流転人生!「斎藤佑樹」

アサ芸プラス / 2015年08月14日09時56分

今季の斎藤は4月に先発登板した2試合で打ち込まれ、二軍降格。6月に昇格し、中継ぎで5試合に登板しましたが、再び二軍落ちした。正直なところ、もう頭打ち状態で、中継ぎか敗戦処理でしか使えない。それでも一軍で投げさせるのは、トレードを見据えてのデモンストレーションであり、『商品見せ』。斎藤自身、中継ぎでやっていく気がないため、引退かトレードかを選択せざるをえなく [全文を読む]

斎藤佑樹の年俸は田中将大の5日分 上回るのは学歴程度の評

NEWSポストセブン / 2014年06月09日07時00分

2年目の2012年には開幕投手を務め、プロ入り初完投勝利を収めたが、それ以降はパッとせず、二軍暮らしが続き、昨年11月には右肩関節唇損傷の故障が発覚。現在も二軍・鎌ケ谷球場でくすぶる日々を送っている。 「イースタンの試合で大量失点を食らって降板する際、スタンドからは“大谷を見習え!”という野次が飛びました。今では人気面でも、田中どころか後輩・大谷翔平にも先 [全文を読む]

フォーカス