ドラマ 坂元裕二に関するニュース

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

ドラマや情報番組など、多ジャンルにわたる視聴率の底上げがあったからである。そんな局のパワーは、当初「楽しくなければ~」のキャッチフレーズに相応しくないといわれた、あの部署にも伝播した。フジテレビ報道局である。■世紀のスクープ時に、1985年8月12日――。その日、午後6時過ぎに羽田空港を離陸した日本航空123便は、相模湾上空で制御不能となり、群馬県の御巣鷹 [全文を読む]

テレビドラマお好きですか? 現在を代表する脚本家6人からドラマ界の未来を探る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月12日11時40分

今シーズンのドラマで一番の話題作と言えば『明日、ママがいない』だろう。しかし、放送内容に対する批判であったり、スポンサー降板騒動であったりと良い意味での話題作とは言えない。ドラマがつまらない。そんな言葉を耳にすることは多くなった。テレビが家庭の中心ではなくなった今、テレビドラマはどうあるべきなのだろうか。 関連情報を含む記事はこちら 『キャラクタードラマ[全文を読む]

<テレビドラマ崩壊現象が進行か>フジ・ドラマ名門枠「月9」で『いつ恋』が史上最低視聴率9.7%

メディアゴン / 2016年04月09日07時40分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *今年の冬(1月~3月)ドラマ、視聴率の結果を見れば、つまらなかったと感じたのは筆者ばかりではなかったようです。筆者が最終回まで視続けた民放ドラマは結局の所、フジテレビの『お義父さんと呼ばせて』と『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の2本だけでした。『お義父さんと呼ばせて』の方は個人的には面白 [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅ、2015年1月スタート『問題のあるレストラン』で初のドラマ主題歌を担当

okmusic UP's / 2014年12月18日10時00分

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅきゃりーぱみゅぱみゅがドラマの主題歌を担当するのは今回が初。気になる楽曲のタイトルは「もんだいガール」。サウンドプロデューサーの中田ヤスタカがドラマのために書き下ろした楽曲で、ドラマの世界同様、頑張る世の女性たちの背中を明るく押すようなポップでキュートな楽曲だという。ひとりひとりが持つユニークな個性や、常識に捕らわれな [全文を読む]

低視聴率なのになぜ?松たか子『カルテット』が”熱烈支持”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月25日18時00分

松たか子(39)が主演を務める火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)が、じわじわと人気を集めている。初回放送の9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が現在のところ最高の視聴率で、回を重ねるごとに視聴率はやや下降気味になっている。しかし、緻密な演出と胸にグッとくるセリフの数々に、ネットを中心にファンを増やしているようだ。2月21日に放送された第6話も、平均視 [全文を読む]

人気の高い日本ドラマの特徴は…―中国メディア

Record China / 2017年05月11日13時10分

日本の質の高いドラマを表彰する「第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の各賞がこのほど発表され、「カルテット」が作品賞、脚本賞、主演女優賞など最多5賞を獲得した。コンフィデンスアワードの審査員は、ドラマに関する有識者とマスコミのドラマ・テレビ担当者から構成されている。「カルテット」は、多くのドラマファンが「冬ドラマ」の中で最もおもしろかったとしており、今 [全文を読む]

6人の人気脚本家からひも解く、テレビドラマの歴史と魅力『キャラクタードラマの誕生』

日刊サイゾー / 2014年01月14日19時00分

2013年、『あまちゃん』や『半沢直樹』がヒットし、テレビドラマは大きな話題となった。実は、このふたつの作品には共通点がある。それは、どちらも「キャラクタードラマ」であることだ。 成馬零一氏が上梓した『キャラクタードラマの誕生: テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)は、岡田惠和(『銭ゲバ』『泣くな、はらちゃん』)、坂元裕二(『それでも、生き [全文を読む]

時代とともに変化を遂げた「フジ月9」の30年

WEB女性自身 / 2017年04月02日06時00分

「当時、若い女性の見るドラマ枠がフジにはありませんでした。そこで、それまでバラエティの『欽ドン!』を放送していた月曜9時をドラマ枠にしたのです。参考にしたのは、TBSの『男女7人夏物語』でしょう。TBSが開拓した恋愛路線を、勢いのあるフジテレビが奪って成功したわけです」 こう話すのは、中川右介さん(作家・編集者)。入手できうる映像はすべてチェックするなど、 [全文を読む]

【WOWOW】坂元裕二脚本、水田伸生演出、永山絢斗主演で贈る連続ドラマW「モザイクジャパン」5月18日放送スタート

PR TIMES / 2014年04月03日18時16分

坂元裕二脚本、水田伸生演出、永山絢斗主演で贈る、AV業界に乗っ取られた田舎町を舞台にした、新しい形の社会派エンターテインメントドラマ、ついに解禁。 ドラマ「Woman」「最高の離婚」「東京ラブストーリー」など数々のヒット作を生み出した坂元裕二が脚本を手掛けた新しい形の社会派エンターテインメントが登場。セックス産業で潤う田舎の街を舞台に、深い人間心理や社会問 [全文を読む]

おやじの背中 ボクサー満島ひかりの運動神経に女性作家驚愕

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

近年のドラマファンは目が肥える一方だ。録画視聴、ネット掲示板、あらゆる情報が交錯するなかで評価を下す。制作側も小手先では誤魔化せなくなりつつある。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が今回取り上げるのは、TBSの大型企画だ。 * * * 視聴率が伸び悩んでいる夏ドラマ。不作などと言われていますが、録画での視聴も増えている今。「視聴者離れ」と判断するのは早計 [全文を読む]

逃げるのは俳優だけじゃない! 人気脚本家たちから“自由とヤル気”を奪う「フジテレビのドラマ現場」

日刊サイゾー / 2017年03月16日09時00分

看板ドラマ「月9」を筆頭に、このところ爆死続きのフジテレビ。福山雅治、Hey!Say!JUMP・山田涼介、そして現在『突然ですが、明日結婚します』で主演する西内まりやらは、「ワースト視聴率」のレッテルを貼られ、商品価値が暴落してしまった。 いまや人気俳優の多くは、フジのドラマ出演を敬遠。そのため、キャスティングは直前まで決まらない状態だ。しかし、フジから逃 [全文を読む]

有村架純×高良健吾 話題の新月9主題歌は手嶌葵に

dwango.jp news / 2015年12月14日12時22分

2016年1月18日(月)スタートの新月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。耳に残るそのタイトルの響きからして既にせつなさを感じさせるこのドラマは、『東京ラブストーリー』以降、『愛し君へ』、『それでも、生きてゆく』、『mother』、『最高の離婚』など数々の名作を世に送り出してきた坂元裕二脚本による本格ラブストーリー。有村架純、高良健吾 [全文を読む]

『ファーストクラス』『モザイクジャパン』ら2014年のドラマベスト5を選出!

サイゾーウーマン / 2015年01月05日12時59分

『HERO』(フジテレビ系)『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(日本テレビ系)など続編ドラマのヒットが印象的な2014年。『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)などドラマ評論で活躍するライター・成馬零一が2014年のドラマベスト5を選出した。 ☆1位『ファースト・クラス』(ファーストクラス)(フジテレビ系) 『 [全文を読む]

今期ドラマ 大石静、尾崎将也、井上由美子ら売れっ子かけ持ち

NEWSポストセブン / 2014年07月14日16時00分

ドラマの良し悪しは脚本家でわかります。実力のある脚本家のドラマはやっぱり安定感がありますから。どれを見ようか迷った時には、脚本家それぞれの得意なジャンルを参考にして選ぶと間違いないかもしれません」 毎クールドラマ全作品を視聴するというドラマ評論家の木村隆志さんはそう提案する。 女性の幸せを書くのがうまい人や原作ものを脚色しながら映像化するのが得意な人、不 [全文を読む]

ドラマ『Woman』エグ過ぎで、スカっとする『ショムニ』へ乗り換える人が増殖中?

Business Journal / 2013年07月17日16時00分

今クール(7〜9月期)も数多くの連続テレビドラマが放送されているが、中でも毎週水曜夜10時〜のいわゆる“水10”ドラマ枠で同時間帯に放送される、『ショムニ 2013』(フジテレビ系)と『Woman』(日本テレビ系)の視聴率争いに注目が集まっている。 まず『ショムニ』は、会社でリストラ対象として庶務二課(ショムニ)に集められた、主役の江角マキコ扮する坪井千 [全文を読む]

『カルテット』 瑛太が「熱心な視聴者すぎる」と話題に

しらべぇ / 2017年02月08日19時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)TBS系で毎週火曜日に放送中のドラマ『カルテット』。練りに練られた脚本、俳優たちの演技、突如訪れるサスペンス展開など、スウィートでビターなオトナのドラマだ。視聴率ではかれない反響を呼んでいる本作だが、とある俳優が熱心に毎週見ていることが話題になっているようだ。■普段ほとんど呟かないのに......その俳優とは瑛太 [全文を読む]

松たか子、主演ドラマ『カルテット』に「1人だけおばん」の声 “有村架純の二の舞い”を危惧する声も

おたぽる / 2016年12月19日08時00分

来年1月から放送開始予定のドラマ『カルテット』(TBS系)で、2012年に放送されたドラマ『運命の人』(同)以来、約5年ぶりに連続ドラマに出演することになった女優の松たか子に対して、ネット上では「ミスキャストでは?」「1人だけ浮いてる」などと指摘する声が飛び交ってしまっている。 ドラマ『カルテット』は、恋愛や人生に挫折した30代の男女4人が、弦楽四重奏のカ [全文を読む]

SMAPでも救えなかった!「低視聴率女優」有村架純、次週はさらなる爆死か!?

アサ芸プラス / 2016年01月22日09時58分

1月18日からスタートした有村架純主演のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)第1話の視聴率が11.6%だったことがわかった。同ドラマは2016年版「東京ラブストーリー」として注目を集めていた。「今回、ドラマの脚本を手掛けたのは、かつて『東京ラブストーリー』を執筆した坂元裕二です。彼の脚本家としての息は長く、デビューから20年 [全文を読む]

有村&高良月9主題歌に手嶌葵!Pも「あの声が必要」

Smartザテレビジョン / 2015年12月14日21時52分

'16年1月18日(月)スタートの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の主題歌に、手嶌葵の「明日への手紙」が決まった。 同ドラマは、「東京ラブストーリー」('91年フジテレビ系)以降、「愛し君へ」('04年フジテレビ系)や「それでも、生きてゆく」('11年フジテレビ系)、「Mother」('10年日本テレビ系)、「最高の [全文を読む]

「問題のあるレストラン」に前園真聖が本人役で登場!

Smartザテレビジョン / 2015年02月15日20時34分

2月19日(木)放送のドラマ「問題のあるレストラン」(夜10:00、フジ系)第6話に、元サッカー日本代表・前園真聖が本人役でゲスト出演することが分かった。 「問題のあるレストラン」は真木よう子演じる元OL・たま子が理不尽な男性陣を見返すために宣戦布告、ライバル店の目の前に女性スタッフだけのビストロをオープンし奮闘する“女性応援”コメディー。2月12日の第5 [全文を読む]

フォーカス