教授 坂本龍一に関するニュース

【ウラ芸能】坂本龍一、「生」執着のエネルギー

NewsCafe / 2014年07月18日15時00分

デスク「教授こと音楽家、坂本龍一(62)が中咽頭(ちゅういんとう)がん治療のため、一切の音楽活動の休止を発表したけど、しっかりCMに出てるじゃないか」記者「ああ、太陽光パネルのCMですね。『未来のエネルギーなんて呼ばないでほしい。太陽が動かしている』って、いかにも反原発の旗手らしく再生可能エネルギーをアピールしています」デスク「タイミングがいいのか悪いのか [全文を読む]

「おかえりなさい、教授!」坂本龍一 独占ロングインタビュー

PR TIMES / 2016年04月15日16時59分

1978年にアルバム『千のナイフ』を世に送り出してから約40年が経ち、時代がアナログからデジタルへ変わる中、いつも時代のトップを走り続け、“教授”と呼ばれて久しい音楽の匠・坂本龍一氏にご自身のヒストリーを辿りながら、映画音楽やアナログからハイレゾなどの楽曲にまつわる想いなど、今の胸の内を語った前・後編にわたるロングインタビューとなっています。 [掲載スケ [全文を読む]

『commmons10健康音楽』最終日はあふりらんぽ、空間現代、高橋幸宏らが熱演

okmusic UP's / 2016年04月12日13時30分

このイベントの裏テーマは「お帰りなさい!教授!」。そんな裏テーマをもっとも具現化していたのは高野寛+高田漣。なんと演奏した6曲全てが坂本龍一楽曲のカバー。ビートたけしや、矢野顕子、高橋幸宏への提供楽曲からYMOナンバーまでをギター2本で演奏するという暴挙に。これはテクノ・フォーク!高野が『正直、ギターでやるもんじゃないです…』と自嘲するほどの難題に二人は挑 [全文を読む]

坂本龍一の『千のナイフ』は若き日の“世界のサカモト”を露わに【ハイレゾ聴き比べ vol.4】

okmusic UP's / 2016年04月01日20時00分

教授”という愛称も有名だ。そんな坂本“教授”龍一のデビューアルバムが『千のナイフ』である。発売は78年10月。『イエロー・マジック・オーケストラ』が78年11月リリースであるから、わずかながら『千のナイフ』が先行しており、本作でコンピュータを使った音楽表現ができたことで、その制作手法がYMOにも反映されたと言われている。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】坂本美雨、父・坂本龍一との貴重な1枚を公開。若き“教授”が「かっこよすぎ!」

TechinsightJapan / 2015年12月06日13時15分

この写真が投稿された5日の『坂本美雨 miu_sakamoto Instagram』には、「本当に素敵なお写真」「教授かっこよすぎます」「龍一さんも若い~」とやはり若い頃の彼を懐かしむコメントが多い。同時に発売当初は評価が得られず、たった3年で販売終了した「TR-808」に「パパの八百屋(808)ください」「わ! 808と教授!」とマシンの方にも、フォロ [全文を読む]

坂本龍一 東京フィルハーモニー交響楽団と共演で話題の公演映像化

dwango.jp news / 2015年02月20日16時01分

ピアノ演奏に加え教授が全曲指揮、数々の名曲が蘇る。 『戦場のメリークリスマス』『ラスト・エンペラー』『八重の桜』などの定番楽曲から、新たなオーケストレーションによる『バレエ・メカニック』を収録。また教授自身が全国6ヶ所7公演からベストテイクを選曲した楽曲集『The Best of ‘Playing the Orchestra 2014’』 (CD2枚組)も [全文を読む]

坂本龍一未発売楽曲コンピ、ジャケットを公開

dwango.jp news / 2014年11月25日17時03分

ひと味違った教授のオリジナル楽曲が堪能できる。全30曲収録。2015年1月17日(教授の誕生日)リリースだ。 [全文を読む]

坂本教授×オーケストラ、至極のライブが今年はパワーアップ

Entame Plex / 2014年03月22日10時15分

坂本龍一とオーケストラによるライブ『Playing the Orchestra』。昨年は5月に開催され、東京と大阪で開催し、その後12月にはCDとしても発表された。そんなライブが今年はさらにパワーアップして開催される。 今回は、4月1日の石川(石川県立音楽堂 コンサートホール)公演を皮切りに大阪(大阪フェスティバルホール)、東京(サントリーホール)、長野( [全文を読む]

これなら続く!? ネイティブのモデルと学ぶ「美人英会話 TOEIC800語」、公開キャンペーンで85%OFF 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年12月20日12時00分

英単語や会話パターンの監修は、オーストラリア マッコーリー大学の現役教授である言語学博士ウルスラ教授が担当。日本語にも精通した教授が、日本人の英語学習のためにデザインした内容になっている。 カリキュラムは、学習修得率によって講師からの特別メッセージが得られるなどのゲーム要素もあり、学習効率や継続意欲の維持についても充分なようだ。【関連URL】・美人英会話 [全文を読む]

矢沢永吉、アニメ、吹奏楽など 多彩な専門番組が登場 オリジナルチャート番組も充実 USENの番組改編

PR TIMES / 2012年03月28日16時25分

彼の音楽的知見の広さをベースにオリジ ナル作品はもちろん、教授が注目するシーンや彼が設立したレーベル 「commmons」のアーティストなどを紹介していきます。■幅広い分野で話題のアニメ関連番組 ◇C-39 リクエスト・アニメ アニメ・映画の主題歌や、特撮ヒーローもの、人気アニメ声優による楽曲 など、アニメに関わる楽曲リクエストを受付け開始! これまでにな [全文を読む]

指原、娘を“うんこ”と命名しかけた矢野顕子に驚く

日刊大衆 / 2017年05月12日17時05分

そしたら、スコって(木が)入って、ジョバーッて血が出てたところ、教授(龍一)が飛んできて、病院に連れていってくれた」というエピソードを披露。さらに「お手伝いさんが後々教えてくれたんですけど、“あのとき、教授はトイレの途中だったんだよ”って」というオチを披露した。 その話を受けた指原が「じゃあダダ漏らしで?」と笑いを取りにいくと、後藤が「それはストッパーがき [全文を読む]

語っていいとも! 第39回ゲスト・元ちとせ「言葉のお守りっていうのは残していきたい」

週プレNEWS / 2017年04月23日12時00分

ダメ元で教授にお願いしたいって。そしたら快く受けてくれたんですけど。そこからですね。何のために自分が歌うのか?と真剣に向き合ったのは。その時、戦後60年をきっかけに広島の原爆ドームの下で歌うっていうのも決めてて、 『平和元年』も「よくあの選曲で断らなかった」って言われるんですけど、いろんな曲を出してやる意味があることに納得して録ったので。実際、許可が下りな [全文を読む]

語っていいとも! 第10回ゲスト・三田寛子「『駈けてきた処女』は素晴らしいメンバーなんです!…なのに歌が下手だった」

週プレNEWS / 2015年09月06日12時00分

三田 (坂本)教授はレコーディングにも来てくださって。もう下手くそ過ぎて、お目にかかるのだって、楽曲作っていただいたのだって夢のような話なのに、スタジオに来て練習しましょうって言って。教授の生演奏で歌ってるっていうのだけで、私、気絶しそうなぐらい。それこそ『駈けてきた処女』の時も陽水さんが来て、やってくださったし。それだけで私、もう死んでもいいですみたい [全文を読む]

坂本龍一、自身の誕生日に未発売音源を集めたコンピをリリース

Entame Plex / 2014年11月11日12時39分

教授”こと坂本龍一が、自身の誕生日である1月17日に、コンピレーション・アルバム「Year Book: 2005-2014」をリリースすることが発表された。 今作は、2005年から2014年の10年間で坂本が書き下ろした未発売のリリース音源を集めた貴重なアルバムで、様々な企業、美術館、テレビ番組、映画音楽など、それら未発売の曲が聴けるのはこのアルバムだけ [全文を読む]

坂本龍一、未発表楽曲を集めたコンピ発売

dwango.jp news / 2014年11月10日12時25分

ひと味違った教授のオリジナル楽曲が堪能でき、最新のタイアップ楽曲、洋服の青山CM楽曲も収録される。・FM40ラジオデイ (NHKFM開局40周年記念用、ジングル音楽) 2009年・schola TV opening(NHK Eテレ「schola」テーマ曲) 2010年・音羽(AudiCM楽曲)2010年・Blu (洋服の青山CM楽曲) 2014年 等々、全 [全文を読む]

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

日常的にカラオケで歌われるようなタイプの作品を発表しているわけではなく、非常に作家性の強い存在ですが、“教授の異名を持ち、知識人”、“日本の宝”といったコメントが寄せられたように、世界規模での知名度とその幅広い活動が、様々な人の“学びたい”という心を引き付けているのかも。 1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和 [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

カラオケで歌われるようなタイプの作品を発表しているわけではなく、どちらかというと“作家性”の強い存在ですが、「教授の異名を持ち、知識人」、「日本の宝」といったコメントからも、世界規模での知名度とその幅広い活動が、様々な人の“学びたい心”を引き付けたのかもしれません。 “憧れの生き方”が見えてくるようなアーティストの皆さんが先生や上司だったら、勉強も仕事もは [全文を読む]

本日発売! 2号連続ファッション&スタイル大特集「賢者の贅沢」

PR TIMES / 2014年03月25日09時16分

何に贅沢を感じるのか、“楽しみながら暮らす”ヒントが教授の品々から感じ取れるはず。 あなたにとっての「贅沢」とは? 今月の総力特集は「賢者の贅沢」 贅沢とは“心の栄養”だ。この栄養をたくさん摂った男だけが魅力的になれる。 本当の“贅沢”を知る賢者たちから洒脱で粋なスタイルを創るヒントを盗め! 坂本龍一さん、浅田次郎さん、三越伊勢丹ホールディングス代表取締 [全文を読む]

坂本龍一、サティの魅力を語る特別試聴会をUSTREAMで生中継

リッスンジャパン / 2012年01月05日19時00分

坂本龍一 - アーティスト情報坂本龍一が総合監修を務めるクラシック16巻+非クラシック14巻、全30巻で構成された音楽全集『commmons: schola』のシリーズ第9巻「サティからケージへ(from Satie to Cage)」購入者を対象に実施されるこのイベントでは、今作の選曲に携わった坂本龍一と小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)の両氏が講師と [全文を読む]

『コピペと捏造 ~どこまで許されるのか 表現世界の多様性を探る』時実象一著

プレジデントオンライン / 2017年03月12日11時15分

(東京工芸大学教授 大島 武=文) [全文を読む]

フォーカス