弁護士 堺雅人に関するニュース

【法律のプロの見解】久利生検事vs古美門弁護士!実際に法廷で戦ったらどっちが強い!?

日本タレント名鑑 / 2016年06月21日10時55分

中でも筆者が特にハマっていたのが「99.9-刑事専門弁護士」と「グッドパートナー 無敵の弁護士」。弁護士や検事の活躍するいわゆる法廷ドラマが大好きな筆者ですが、やはり法廷ドラマの代表といえば、木村拓哉さん演じる久利生検事の「HERO」、そして堺雅人さん演じる古美門弁護士の「リーガルハイ」。この2作は絶対にはずせないでしょう。 それぞれの作品では当然主役のお [全文を読む]

現役弁護士は法廷ドラマ「リーガルハイ・スペシャル2014」をこう観る

メディアゴン / 2014年12月09日01時46分

水戸重之[弁護士/吉本興業(株)監査役/湘南ベルマーレ取締役]* * *かつては正義感にあふれるエリート弁護士だったのに今は落ちぶれてしまった中年弁護士が、医療過誤事件の被害者の家族から事件を依頼され、事件や依頼者と向き合ううちに次第に正義感に再び目覚め、訴訟で巨大病院とそこを代理する大物弁護士に立ち向かっていく。「あっ、ポール・ニューマンの『評決』」だ、 [全文を読む]

内定取消に上重問題で迷走 日テレは「馬ッ鹿じゃないの!」

NEWSポストセブン / 2015年06月16日07時00分

日テレにも局内にコンプライアンスを担当する部署があり、弁護士の意見を聞きながら、女子アナ内定取り消し、上重アナ疑惑に対応していたはずだ。 なのに、この醜態。コンプライアンス担当者と弁護士のレベルに問題があったとしか思えない。ワイドショーに、弁護士が大量に出演するようになったのは20年以上前だ。法律の専門家からコメントをもらうという本来の仕事に加え、各番組と [全文を読む]

『リーガルハイ』は嘘だらけ?違法行為満載、ありえない登場人物、新証拠探す弁護士…

Business Journal / 2014年02月18日18時00分

同ドラマは、依頼人に法外な弁護費用をふっかけ、平気で犯罪まがいの手法を取り、引き受けた弁護は一度も裁判で負けたことがない敏腕弁護士・古美門研介(堺雅人)と、真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子(新垣結衣)がタッグを組み、法廷闘争を中心にストーリーが展開されるコメディタッチのドラマだ。12年4~6月期に放送された第1期の『リーガル・ハイ』(平均視聴率12 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』と『リーガルハイ』『HERO』の共通項ーー弁護士と検察の関係をどう描く?

リアルサウンド / 2016年05月29日06時10分

『99.9 刑事専門弁護士』で、初めて前後編分けとなった今回のエピソード。前編に当たる第5話では、依頼人(千葉雄大)が起こした傷害事件と、その発端となる、彼の父親が殺害された18年前の事件について調べていく。その結果、傷害事件の被害者・三枝(平田満)こそが、18年前に依頼人の父親を殺した犯人だと判るのだが、三枝は同じ日の同じ時刻に、まったく別の場所で起きた [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

フジテレビ「リーガルハイ」で、訴訟に一度も負けたことがない敏腕弁護士を演じた堺雅人は、次のドラマでどんな職業を演るか悩んだに違いない。そこで見つけたのが精神分析家だったのではないか。堺は早稲田大学第一文学部中国文学専修中退であるが、実は心理学科に進みたかったのではないか。精神分析をやってみたかったのではないか、とさえ感じる。ところが早稲田は実験心理学を主に [全文を読む]

堺雅人に演じてほしいマンガキャラNo.1発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月24日19時00分

現在は、『リーガルハイ』(フジテレビ系)で弁護士を演じる。次は、何役でお茶の間を盛り上げてくれるのだろうか。期待が高まる中、ランキングを15位まで一挙に公開! 第1位は、手塚治虫の代表作『ブラック・ジャック』の主人公「ブラックジャック」。「今までやった事のない役で、誰でも知っているクールなキャラクターを見て見たいと思いました」(女性)や、「真面目でストイッ [全文を読む]

美大生の前で「全裸」になった堺雅人さん 「ヌードモデル」って、法的に問題ないの?

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月21日11時40分

松原祥文弁護士に話を聞いた。 ●問題は「公然わいせつ罪」になるか否か 「法的に問題になるとしたら、そのモデル行為が、公然わいせつ罪になるかどうかでしょう。 公然わいせつ罪(刑法174条)は、『健全な』性秩序ないしは性的風俗を保護する法律です。『公然と』わいせつな行為をした者に、刑罰(6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料)を科します [全文を読む]

ここがヘンだよフジ『リーガルハイ』~法廷での激しい応酬や振る舞い、不意打ちの新証拠

Business Journal / 2014年02月11日14時00分

同ドラマは、依頼人に法外な弁護費用をふっかけ、平気で犯罪まがいの手法を取り、引き受けた弁護は一度も裁判で負けたことがない敏腕弁護士・古美門研介(堺雅人)と、真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子(新垣結衣)がタッグを組み、法廷闘争を中心にストーリーが展開されるコメディタッチのドラマだ。12年4~6月期に放送された第1期の『リーガル・ハイ』(平均視聴率12 [全文を読む]

RIP SLYME、20枚目のシングル「SLY」がフジテレビ系ドラマ 『リーガルハイ』主題歌に決定

okmusic UP's / 2013年09月25日12時00分

【その他の画像】RIP SLYMEタイトル曲の「SLY」は、堺雅人演じる訴訟で一度も負けたことのない敏腕弁護士・古美門研介のキャラクターに着眼し、発想されたもの。日本語で「ずるい」という意味になる。 RIP SLYMEにとってのドラマ主題歌は、2010年7月クールに放送された「ジョーカー 許されざる捜査官」以来2回目となり、同ドラマの主演も堺雅人が務めてい [全文を読む]

ご存知ですか? 6月11日は新垣結衣の誕生日です

文春オンライン / 2017年06月11日07時00分

もっとも、新垣はすでに2011年放送の『全開ガール』で、家事や子育てに専念するパートナーに代わり、外でバリバリ稼ぐ弁護士を演じていた。このほか、『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』(10年)では医師、『リーガル・ハイ』(12年)ではやはり弁護士と、ここ数年は専門的な職業に就いた女性の役が目立つ。 ​仕事に熱を入れるあまり空回りする女性を演じることも多 [全文を読む]

嵐・松本潤、『99.9』主演に異例の猛バッシング! 「ジャニーズ使うな!」の声噴出のワケ

サイゾーウーマン / 2016年02月28日09時00分

24日、嵐・松本潤が2016年4月より放送予定のTBS日曜劇場『99.9‐刑事専門弁護士‐』で主演を務めることが発表された。その他キャストには、香川照之、榮倉奈々、青木崇高、ラーメンズ・片桐仁、マギーなどが名を連ねている。 松本のドラマ出演は、2014年の『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)以来、約2年ぶりのことで、ファンは喜びを爆発させているが、ファン [全文を読む]

売れっ子脚本家手掛けた初アニメ 「堂々と直球投げた」との評

NEWSポストセブン / 2015年09月30日07時00分

古沢といえば、テレビでは、ループタイを愛用する中学教師(長谷川博己)が微妙な本音をつぶやき続けた『鈴木先生』、毒舌弁護士(堺雅人)が法廷でしゃべり倒して勝利を勝ち取る『リーガルハイ』、恋愛志向ゼロの国家公務員女性(杏)の婚活奮闘記『デート~恋とはどんなものかしら~』など話題作を連発する超売れっ子脚本家。その古沢が、児童文学の名作にして、自身も大ファンとい [全文を読む]

「肌が汚すぎる」堺雅人ドラマで小雪の劣化にバッシングの嵐

メンズサイゾー / 2013年10月25日15時30分

ここに堺演じる弁護士・古美門が現れ、「三所責め」などと書かれた雑誌記事の貴和の男を籠絡するテクニックを読み上げて興奮。「1億円と三所責めサービス」を条件に弁護を引き受けた古美門に対し、貴和は太ももをあらわにしながら指をくわえる挑発的なポーズを見せた。ここで貴和を演じる小雪の顔がアップになったが、ネット上では「ババアになったな…」「肌が汚すぎる」「老け過ぎだ [全文を読む]

2013年秋ドラマ視聴率ダービー!期待ハズレなドラマを辛口採点

アサ芸プラス / 2013年10月17日10時00分

前作の半沢直樹というキャラクターには幅広い人が共感を持てたのですが、『リーガルハイ』の弁護士さんは相当な変わり者ですから、好きになる人は相当好きになるし、ちょっとこのキャラクター嫌だなって思う人はこのドラマにあまりついていかない。もちろん十数%は取るぐらいヒットはしますよ」 むしろ、碓井氏のイチオシは、米倉涼子(38)の当たり役である「ドクターX」シリーズ [全文を読む]

堺雅人「“リーガルハイ”では半沢キャラを封印も一人勝ちか?」

アサ芸プラス / 2013年10月17日10時00分

「堺が演じる『リーガルハイ』の弁護士キャラは、銀行マン『半沢』と、かぶる面があります。饒舌でエキセントリックな話しぶりなど、イメージの固定化が心配になります」 続編ドラマに初挑戦する堺自身、「半沢」との差別化を図っているという。スポーツ紙記者が話す。 「視聴者を飽きさせないためにと、シリーズ1作目で打ち出した『早口と幼児退行』は封印するつもりのようです。 [全文を読む]

堺雅人主演『リーガルハイ』 「・」を取ったのは画数いいから

NEWSポストセブン / 2013年09月30日16時00分

堺演じる主人公は半沢とは対照的な、拝金主義の毒舌弁護士・古美門研介。そのギャップをどう演じ分けるかが大いに楽しみだ。 「前回も大好きで見ていたのですが、話が面白いうえに、堺の力量はやっぱりすごい。膨大かつ長いセリフが血となり肉となっている。このドラマはマストです」 とドラマに詳しいライターの吉田潮さんは早くも興奮ぎみ。嫌でも『半沢直樹』と比較されそうだが [全文を読む]

コカイン疑惑で引退宣言した成宮寛貴の背後に"ある大物"の存在

東京ブレイキングニュース / 2016年12月12日20時03分

一つ言える事は、成宮氏サイドに芸能関係の裁判を得意としている、「負けない弁護士」弘中淳一郎氏がついているのではないかという点だ(一説には弘中氏はドラマ『リーガル・ハイ』で堺雅人演じる、小美門弁護士のモデルだとも言われている)。 これには各メディアが及び腰になるかもしれない。事実、記者たちは成宮氏が引退ファクスの文中にある「セクシュアル」な問題について、非 [全文を読む]

新垣結衣は『逃げ恥』で“第3のスタートライン”に立った 喜劇女優としてのガッキー

リアルサウンド / 2016年10月29日06時10分

その後の『リーガルハイ』では、堺雅人演じる無敗の弁護士にいじられつづける若手弁護士を演じて再び人気が高騰するのである。この2作で、彼女はマドンナ女優から喜劇ができる女優へとステップアップしたわけだ。 [全文を読む]

『真田丸』が一瞬『リーガル・ハイ』に!? 『古畑任三郎』も登場の自由過ぎる大河ドラマ

messy / 2016年06月08日14時00分

」(芸能ライター)『リーガル・ハイ』で堺が演じたのは、訴訟で無敗を誇る弁護士・古美門研介。そこで堺が見せたマシンガントークなどを使った鮮やかな弁論は記憶に新しいが、今回の『真田丸』でも同様の弁舌を披露し、その中でも特に「騙し取り、かすめ取り、勝ち取りました!」などという台詞は“まんま”だと言われ「リーガル・ハイみたいで熱い!」「堺雅人はこれ言ってる時、心の [全文を読む]

フォーカス