弁護士 三船美佳に関するニュース

三船美佳さんと神田正輝さんが否定する熱愛報道ーー「離婚裁判中の交際」は問題あり?

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月07日11時06分

小田紗織弁護士に聞いた。 ●「離婚までの道のりは長く辛いものになる」 「一般論ではありますが、離婚裁判中に妻が別の男性と交際していることが発覚した場合、夫は次のような行動を取り得るでしょう。 (1)『不貞』を理由に妻や相手の男性に『慰謝料請求』をする (2)妻から離婚を求めている場合、『不貞をしている妻の離婚請求は認められない』と裁判で主張する (3)妻が [全文を読む]

三船美佳との離婚裁判に臨んだ高橋ジョージが“創価学会パワー”を総動員!?

日刊サイゾー / 2015年03月08日11時00分

代わって三船が法廷に送り込んだのは、日本全国の弁護士約3万5,000人が加盟を義務付けられる日弁連の元副会長・若旅(わかたび)一夫氏。60代のベテラン弁護士で、これまで数多くの離婚問題を捌いてきたという。 若旅弁護士は早速、三船が主張する高橋のモラルハラスメントを証明するために、2冊のモラハラ本を証拠として提出した。 これに対し、高橋が伴ったのは築地伸之 [全文を読む]

どんどん巧妙化してる!家族を狙う「電話詐欺」に騙されない方法まとめ

WooRis / 2015年03月09日15時00分

■慌ててしまうと冷静な判断が不可能に、振り込む前に誰かに相談! 「警戒していたのに500万円の被害に!“警察沙汰”で判断を鈍らせる詐欺の手口」では、アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士のもとに相談があった事例をお伝えしています。 詐欺師からの電話で株式購入をすすめられ、「怪しい!」と思って断り続けたのにもかかわらず、途中で詐欺師が「警察沙汰になりますよ [全文を読む]

三船美佳さんが「財産分与」調停申し立て、離婚後でもデメリットはない?

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月18日08時24分

山口政貴弁護士に話を聞いた。 ●財産分与の時効は「離婚から2年以内」 「財産分与請求は、離婚時から2年を過ぎると時効となり、請求することができなくなります。三船さんの場合、2016年3月に離婚していますので、財産分与請求権はまだ時効にはなっていません。 なお、財産分与の対象となるのは、別居時にお互いが保有している財産全てになります。別居後に双方が蓄えた財産 [全文を読む]

高橋ジョージと離婚裁判中の三船美佳に、創価学会婦人部が「提訴を取り下げろ」と要求も……

日刊サイゾー / 2015年04月11日11時00分

さらに、2人の法廷で対する弁護士は、高橋側が築地伸之弁護士、三船側が若旅一夫氏。両氏はかつて日蓮正宗から創価学会が破門された際に、創価学会の代理人として前線で戦った弁護士だ。当時、筆者は東京スポーツで“反創価学会”の連載を担当していただけに、存亡の危機に陥っていた学会の中での2人の奮闘ぶりも鮮明に覚えている。そんな大物学会員弁護士同士が法廷で争わなければ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】西川史子、生番組で離婚の話題に泣いたり笑ったり。退席を勧められる場面も。

TechinsightJapan / 2015年03月06日18時40分

3月4日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演していた田村勇人弁護士は、三船から「嫌い」「あなたとは無理」などの意思表示を彼が直接聞いていないので心が切れないのだと推測している。これまで1000件以上の離婚問題に携わった経験から、離婚を求める側が早い段階から本心を伝えていないと裁判になっても長引くケースが多々あるというのだ。 たとえば、別の女性が [全文を読む]

三船美佳さん離婚成立…高橋さんと娘との交流が「年に写真2枚」だけなんてアリなの?

弁護士ドットコムニュース / 2016年04月14日07時04分

裁判の中で、どのようなやりとりの末に決まったのかは不明だが、「カラー写真を年2回」という方法は、よくある方法なのだろうか? 寺林 智栄弁護士に話をきいた。 ●「面会を実施するのが原則」 「離婚した夫婦の間に未成年の子がある場合、子と同居していない親と子との間の面会をどうするかという問題は、時に大きな対立を生みます。当事者間の合意があれば、同居していない親( [全文を読む]

単なる離婚じゃない!? 「ドロ沼裁判から」「モラハラ」「鬼畜の所業」まで……2015芸能界“破局”の真実

日刊サイゾー / 2016年01月02日13時00分

ちなみに、裁判で高橋が伴ったのは築地伸之弁護士。実はこの築地弁護士、高橋が信仰する創価学会の関係弁護士で知られている人物であり、高橋の学会員としての信心ぶりが浮き彫りになった騒動でもあった。■スザンヌと“鬼畜” 斉藤和巳氏の離婚に驚きはなしだが…… タレントのスザンヌと元プロ野球選手の斉藤和巳氏の離婚も15年は大いに話題となった。驚きの声は少なかったが… [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高橋ジョージは声も聞きたくないほど嫌われている? 吉川美代子アナが三船の心境を代弁。

TechinsightJapan / 2015年01月22日18時55分

加えて各局の情報番組に出演していた弁護士によると、代理人を立てている以上もう夫婦だけで会うことが難しいとのことであった。 「声も聞きたくないし、お互い同士、離婚について話し合いもしたくないんです」「ここまで嫌われたら、もう修復不可能じゃないですか?」と語気を強めたのは、1月19日放送の『いっぷく!』(TBS系)に出演していたフリーアナウンサーの吉川美代子だ [全文を読む]

三船美佳と高橋ジョージ「年の差婚」の行方――「モラハラ」があれば離婚成立?

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月19日18時40分

今回の騒動について、離婚問題にくわしい弁護士はどう見ているのだろうか。佐々木未緒弁護士に聞いた。●「モラルハラスメント」→「即離婚」にはならない「今回報じられたような『外出禁止令』や『人格否定発言』を含めて、支配的・コントロール的な態度や言葉によって、精神的に配偶者を傷つける行為は、最近では『モラルハラスメント』(モラハラ)と言われています」佐々木弁護士[全文を読む]

フォーカス