劇団 三宅裕司に関するニュース

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

オーディションといっても、俳優であれば誰でも受けられるというわけではなく、事務所や劇団にオーディションの案内が来て、初めて出演のチャンスを得られるのです。 そんな少ないチャンスだからこそ、事務所や劇団側は誰かひとりが役を貰えれば、その他のメンバーや所属タレントも猛烈にプッシュします。結果、同じ事務所や劇団の繋がりから、「やけに共演の多い俳優さんたち」が出来 [全文を読む]

三宅裕司 「50歳を過ぎても夢はかなう!」結成バンドへの思い

WEB女性自身 / 2016年12月27日06時00分

劇団「スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」と「熱海五郎一座」の座長を務め、 東京の笑い を追求している。そんな三宅は 07年、ビッグバンド「三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra」を結成し、自身はドラム&パーカッションを担当。プロ16人のメンバーを取りまとめる立場でもある。そもそも中学時代から音楽に傾倒し、ベンチャーズに憧 [全文を読む]

三宅裕司、騒音苦情のとばっちり

NewsCafe / 2014年10月18日17時00分

とっくに売却していたものの、ご近所では『あの有名人の三宅の家』と知られており、夜中のどんちゃん騒ぎは近隣住民の間で『三宅の劇団の若手か?』と誤解が広がってしまったそうです」(先の記者) セカオワに関しては、テレビ局の歌番組担当スタッフが、美術面への注文が激しすぎるために「2度と担当したくないアーティスト」の1位になったと聞くが、公私ともどもとは身から出たサ [全文を読む]

SEKAI NO OWARIに近隣住民「出て行け」三宅裕司にとばっちり

NEWSポストセブン / 2014年10月09日07時00分

ところがいまだ顔と名前が一致しない一部の近隣住民の間では、「三宅裕司の劇団の若い連中が騒いでいる」と誤解しているのだった。 セカオワと近隣住民とのトラブルは平行線のままだが、そんな彼らのせいで、三宅はいわれのない非難を受けているのだ。 ※女性セブン2014年10月23・30日号 [全文を読む]

有言実行で愛之助を支える?藤原紀香が“梨園の妻”として朝一で仙台入り

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日18時19分

劇団は激しい動きやコメディ要素が求められるため、稽古の準備やコンディション作りも大変なはず。この日のブログでも今までにないほど和服が似合う姿を公開していますが、若干、疲れをのぞませている表情が気がかりです」(スポーツ紙記者) しかし、紀香の多忙スケジュールは来年以降、さらに続いていくようだ。公式サイトによると、その舞台以外にも2月からは『にっぽん演歌の夢 [全文を読む]

下ネタ時事ネタ禁止 三宅裕司&小倉久寛が語る劇団SET

NEWSポストセブン / 2016年10月21日07時00分

1979年の旗揚げから独自の笑いを創造し、毎年、老若男女を抱腹絶倒させてきた劇団スーパー・エキセントリック・シアター(以下SET)の新作『土九六村へようこそ』が、10月21日から幕を開ける。結成37年目を迎えたSETが魅せる“最新の笑い”とは…? 緊張と爆笑の稽古場に、座長の三宅裕司と無二の相方・小倉久寛を訪ねた。 音楽とダンスをふんだんに盛り込み、ドッと [全文を読む]

アラフィフ俳優・岸谷五朗&寺脇康文の若々しさに驚きの声続出「身体能力高すぎ」「この世代の役者さんてホント若い」

AOLニュース / 2015年12月11日12時00分

岸谷&寺脇と言えば、これまで数多くの話題作に登場し続けている人気俳優であるが、その出会いまで遡ると、1983年に岸谷が、翌84年に寺脇が、俳優・三宅裕司が主宰する演劇集団スーパー・エキセントリック・シアターに加入、その後の87年に同劇団内で、彼らと山田幸伸が組む形でコントユニット・SET隊を結成し、お笑いジャンルへと進出したのがその原点。そこから早いもので [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅとNEWS手越が密会!! セカオワ深瀬からの“乗り換え“はあるのか

メンズサイゾー / 2014年10月10日10時00分

しかも、この家は以前タレントの三宅裕司(63)が住んでいたもので、三宅が引っ越したことを知らない住民は「三宅さんの劇団の若い連中が騒いでいる」と勘違いをしているらしい。三宅にとってはとんだとばっちりである。 お互いご近所トラブルや浮気相手との密会が報じられ、お騒がせカップルと化しているきゃりーと深瀬。交際歴は2年以上にも及ぶという2人だが、今後の関係はどう [全文を読む]

SEKAI NO OWARI賃貸豪邸に「出て行け!」コール? 初対面ファンとの飲み会も開かれていた“セカオワハウス”でご近所トラブル発生!!

messy / 2014年10月09日18時00分

さらに、セカオワハウスは以前三宅裕司(63)が住んでいたものであり、三宅が引っ越したことを知らない住民は深夜の騒音について「三宅の劇団の若い連中が騒いでいる」と勘違いしているらしい。三宅にとっては、とんだとばっちりである。 彼らのプライベートにネット上では「いい大人なのに恥ずかしい」(※メンバーは皆28~29歳)「常識のあるメンバーは誰もいないの?」と批 [全文を読む]

フォーカス