離婚 三谷幸喜に関するニュース

中山美穂と“離婚報道”の辻仁成に、前妻・南果歩は「やっぱりね」!?

日刊サイゾー / 2014年04月01日11時00分

南といえば、中山美穂との“離婚危機”が伝えられているミュージシャンで芥川賞作家の辻仁成の前妻。記者からの「夫婦の絆を守るために必要なものは?」という微妙な問いに対して、「夫婦は家族ですけど、他人だということを忘れてはいけない。言葉や態度に出すことで人間関係がよくなる」と発言。 「南と辻は1995~2000年に婚姻関係にあったわけですが、離婚のキッカケは、9 [全文を読む]

三谷幸喜「ギャラクシー街道」が大苦戦…「近年稀にみる駄作」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年11月06日12時00分

小林聡美との離婚が下り坂の始まりか 出演した大竹自ら、完成披露試写会の舞台あいさつで「本当にくだらなくて、なんにもない映画なんですけど」と話した同作。ネットでも、「本当に何にも残らない、感動もしない。だから気楽に見に行くことができる」とする声がある一方で、 「苦痛と不快の極致。この世の闇のすべてが詰まった人生最低の109分」 「つまらない下ネタに人種差別 [全文を読む]

やっぱり元妻が好き? 三谷幸喜が小林聡美のストーカー化とのウワサ

サイゾーウーマン / 2012年07月27日09時00分

突然の離婚報告から1年2カ月が経過した三谷幸喜と小林聡美について、24日発売の「女性自身」(光文社)が驚きの近況を伝えている。別れてからも近所に住んでいるという2人だが、小林の自宅前をうろうろする三谷に対し、小林は知人に「もう、うんざり」と漏らしているのだという。 2人は1988~91年に放送されたドラマ『やっぱり猫が好き』(フジテレビ系)で知り合い、三谷 [全文を読む]

2位浜崎あゆみ「絶対いつか離婚すると思う芸能人」1位はあの新婚

VenusTap / 2016年02月26日21時40分

芸能人の夫婦は一般の夫婦と比べて、離婚する確率が高いように思えますよね。 かつては、理想の夫婦ランキングの上位常連だった三谷幸喜と小林聡美、浅野忠信とCHARA、永瀬正敏と小泉今日子なども離婚。最近では、おしどり夫婦であることが仕事のようになっていた三船美佳と高橋ジョージまで……。ついつい、結婚のニュースを見ると「この夫婦は大丈夫だろうか? 」と余計な心配 [全文を読む]

三谷幸喜作品の“名バイプレーヤー”近藤芳正「ドス黒いものが自分の中にあった」複雑な過去を語る モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年10月01日09時00分

「当時は両親が離婚した時期でもあって、“自分はここにいていいのだろうか?”という葛藤を抱えていました。世の中に対して理由もなく反抗していたし、罪を犯すのではないかと思うくらいのドス黒いものが自分の中にあった」と複雑な思いを抱えていた青春時代を振り返る。 プライベートでは「人見知りで、人とコミュニケーションをとることに苦労していた」そうだが「役を通してコミュ [全文を読む]

「辻仁成を通った女性はみんな幸せに!?」三谷幸喜夫人の懐妊に見た、中山美穂“再婚への光”

日刊サイゾー / 2014年04月10日20時30分

「yumaは00年頃、女優の南果歩と離婚したばかりの辻仁成の新恋人だと、スポーツ紙などが報じた。当時40歳だった辻と、19歳だったyumaの親密ぶりは、関係者の間では知られた話だったようです」(同) 2人の出会いは、辻が監督を務めた映画『千年旅人』。yumaは同作のオーディションでヒロインに選ばれ、女優デビューに至ったという。 一方、辻と離婚した南は、0 [全文を読む]

小林幸子、夫、元社長 互いが独占欲露にした奇妙な三角関係

NEWSポストセブン / 2012年04月14日16時00分

その反対の仕方は、ビジネスというよりひとりの恋人を巡り、互いが独占欲をあらわにした奇妙な三角関係のように見えました」(関根さんの知人) 2004年に、林さんが離婚して、小林との結婚話を進めているときも、関根さんは全力で阻止しようとしたが、その甲斐もむなしく、小林は昨年9月に婚約を発表する。 「小林さんとしても関根さんの気持ちがわからないわけではないんでしょ [全文を読む]

三谷幸喜がいない!『真田丸』打ち上げで主役不在の異例事態

WEB女性自身 / 2016年11月08日00時00分

「三谷さんは11年に16年連れ添った小林聡美(51)と電撃離婚。その2年半後、Aさんと再婚しました。Aさんは女優引退後に早稲田大学へ進学し、三谷さんの映画『ステキな金縛り』などを手がけた制作会社に就職。制作側にいたこともあり、彼女は結婚後も三谷さんの作品についてよくアドバイスをしているそうです」(芸能リポーターの城下尊之さん) この日、三谷夫妻は昼間から [全文を読む]

傲慢バカ息子に暴力教師、『真田丸』の怪演も光る高嶋政伸の覚醒

messy / 2016年02月24日20時00分

この間、彼に何があったのかといえば、11年~12年にかけての離婚騒動が思い浮かぶ。ネット上で流出した音声では、酔っ払った高嶋が「死んじまえ」「生きてる価値もねえ」と美元に暴言を吐くさまが記録されている。さわやかな高嶋政伸像とのギャップが話題となった。「離婚騒動は、本人も“表現者として貴重な経験だった”と述べていますし、役者として吹っ切れるきっかけとなった [全文を読む]

フジテレビ顔面蒼白! 三谷幸喜『ギャラクシー街道』酷評の裏に、小林聡美との離婚アリ!?

日刊サイゾー / 2015年11月20日11時00分

公開から1カ月もたっていませんが、このままだと、興収は2ケタいけば御の字、といったところではないでしょうか」(テレビ局関係者) この“失敗”の裏に、2011年に離婚した小林聡美の影響があるのではと、業界内ではささやかれている。 「三谷さんは実績のある監督ですから、フジとしても作品に対して何も言えなかったようです。13年に公開された前作『清須会議』は戦国もの [全文を読む]

フォーカス