事件 三島由紀夫に関するニュース

<テレビを作る、事件を伝える>地方在住者の願う「テレビ報道」のあり方

メディアゴン / 2014年12月27日00時11分

柴川淳一[郷土史家]* * *テレビがあるおかげで現在ではどこに住んでいようと、大災害も凶悪事件も選挙結果も「ナッツリターン」も速やかに知る事ができる。しかし、昭和30年代、四国の田舎にいた筆者にとっては、テレビの報道は全て過去のニュースであった。つまり、常に後から事件について知る、というものだった。テレビ局の側にも変化があったようだが、その辺の事情は単な [全文を読む]

タレントの名誉毀損裁判のカラクリ〜なぜ島田紳助さんは敗訴で、AKBは勝訴?

Business Journal / 2013年09月05日12時00分

弁護士法人アヴァンセリーガルグループのパートナー弁護士で、企業法務から民事/刑事事件、インターネット関連法務など幅広い分野で豊富な経験を持つ山岸純氏が、話題のテーマや身近な紛争事案などについて、わかりやすく解説します。●名誉毀損が争われた最近の裁判 週刊誌やタブロイド紙などでは、著名人の不倫ネタや薬物犯罪、暴力団とのつながりなどが、毎週のように、いわゆる「 [全文を読む]

【11月25日】割腹自殺の三島由紀夫には英霊の魂が乗り移っていた!? 死後46年、今明かされる幻の「皇居突入計画」

tocana / 2016年11月23日13時00分

三島はなぜ、このような大事件を起こし、自らの命を断つ必要があったのだろうか? この事件を紐解くためには、まず、遠因となった二・二六事件を語らねばなるまい。【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2016/11/post_11552.html】■二・二六事件で処刑された青年将校の怨念 二・二六事件とは、1936年2月26日早朝、陸軍の [全文を読む]

没後45年に偉業達成!三島由紀夫のエンタメ小説『命売ります』が2015年 紀伊國屋書店新宿本店 文庫年間ランキング1位に

@Press / 2016年01月21日14時30分

文豪・三島由紀夫の名前が、映画化やドラマ化されるわけでもなく、2015年の文庫年間ランキングを獲得したということは「事件」と言えるかもしれません。購買層は30代~40代が中心ですが、三島由紀夫を今まであまり読んだことのなかった若い方からの支持もあったのが、今回の結果の大きな要因だと思います。“あの三島”に、こんな“面白い作品”があったのか!というギャップの [全文を読む]

三島由紀夫の隠れた怪作が20万部突破!三島作品No.1を決定する“緊急国民投票”も開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月24日09時00分

映画化やドラマ化されたわけでもなく、突如、文豪・三島由紀夫の名前が2015年の文庫ランキングに並ぶということは“事件”と言えるかもしれない。 この異例のヒットの背景には、“文豪作品再評価”という文庫の新トレンドの兆しがあるといえる。30~50代の女性が「今までとは違った価値観で、文豪作品を読んでみよう」、または「読み直してみよう」とするトレンドがSNSなど [全文を読む]

寺社連続油被害事件だけではない! 日本中の寺社が危険にさらされている!!

tocana / 2015年06月16日11時00分

近畿地方を中心に全国各地の寺や神社に油のようなものがまかれた事件で、ニューヨーク在住の日本人医師に建造物損壊容疑で逮捕状が出たことがわかった。警察庁のまとめでは、被害は16都府県、48カ所に及ぶという。【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/06/post_6615.html】 なんとも罰当たりな事件だが、過去にも、寺社が被 [全文を読む]

空から“白い殺人糸“が降ってくる!? 作家・新田次郎が遭遇した、恐怖の「エンゼル・ヘアー殺人事件」

tocana / 2015年01月31日17時00分

手がかりとなる事件が1946年(昭和21年)8月に起きている。これは、UFOの存在が初めて公に認知された「ケネス・アーノルド事件」(1947年)よりも前に、新田自身が体験したUFO事件であるが、さながら「エンゼル・ヘアー殺人事件」とも呼ぶべき、世界でも類を見ない恐るべき事件であった。【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/201 [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家「私の作品は盗作じゃない」、検察調査で=韓国ネット「最後まで失望」「それじゃあ日本人が盗作したと?」

Record China / 2016年03月25日16時10分

申氏が同事件に関し、捜査機関に対して立場を表明するのは初めてのこと。 ソウル中央地検は米国に滞在中の申氏にメール調査を行い、盗作疑惑を否定する趣旨の回答を受け取った。同事件に対する法理の検討をほぼ終えた検察は近々結論を出し、必要に応じて申氏を召喚する方針だという。 同事件は韓国の小説家で詩人のイ・ウンジュンさんが、ホームページで「1996年に発行された申氏 [全文を読む]

文章力もセンスもある...が、元少年Aが“サブカル不快感野郎“である紛れもない理由

tocana / 2015年10月22日08時00分

一部は、生い立ちから、事件を起こし、逮捕取り調べを受け、医療少年院への入院処分が決定するまでが記されている。二部は、医療少年院の仮退院から、社会復帰、手記執筆へ至る経緯が記されている。医療少年院の内部に関する言及は第二部で、遺族の手記を読み悶え苦しんだことなどが、わずかに言及されるのみだ。 本書には音楽、小説、漫画などサブカルチャーの固有名詞が散りばめられ [全文を読む]

京都で読みたい、京都が舞台のティーン向け小説3つ

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

ホルモーを通して成長し、傷つき、結束する主人公たちのドラマがヘンテコかつ爽快! あなたもホルモーに参戦しながら、京都市内をあっちこっち巡ってみませんか?「黒髪の乙女」と「先輩」が巻き起こす珍事件に抱腹絶倒! 「夜は短し歩けよ乙女」普段小説を読まない中高生に「入り口」としてもおすすめなのは、この「夜は短し歩けよ乙女」。京都の花街先斗町で、同じサークルに所属す [全文を読む]

フォーカス