音楽 三島由紀夫に関するニュース

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く、として新幹線車内音楽から室内オーケストラ曲までをとりあげる。2015年は、日本オペラの金字塔とも言われる「金閣寺」の再演があった。そして、今年5月には新日本フィルと下野竜也による涅槃交響曲の再演もある。いずれも作曲は黛敏郎。その再評価が高まっている。こ黛といえば、巨大なオーケスト [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

音楽CD、コンサートプロデュースをてがけるスリーシェルズは、2016年に東京オペラシティで行ったコンサート「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」のライヴCDを4月20日に発売する。若き日の黛敏郎を再評価せよ!「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」のライヴCD発売!音楽CD、コンサートプロデュースをてがけるスリーシェルズは、2016年に東京オペラシティで行ったコ [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

Vol.1は黛敏郎の多彩な活動を紹介する意味で、電子音楽、室内楽、弦楽オーケストラまで幅広く特集する。チケットはカンフェティとスリーシェルズで販売。没20年・生誕88年記念 「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕!黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)は戦後音楽界のトップを走った作曲家です。斬新な発想とダイナミックなサウンドは、世界で評価さ [全文を読む]

佐藤 剛の新著『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が6月に発売

okmusic UP's / 2017年05月26日17時00分

【その他の画像】美輪明宏『上を向いて歩こう-奇跡の歌をめぐるノンフィクション』(岩波書店/小学館文庫)、『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)の著作などをはじめ、自身が運営する音楽WEBマガジン「TAP the POP」などにおいて、楽曲にまつわるストーリーを研究して発表し続ける佐藤剛の新著となる本作。三島由紀夫、中村八大、寺山修司…時代を彩った多くの才能と [全文を読む]

「デーモン閣下? ピアソラ? これが邦楽!?」コラボで進化する新しい邦楽のかたち。

PR TIMES / 2016年02月11日10時34分

この2つのコンサートを聴けば、きっと邦楽に対する概念もガラリと変わるはず! タンゴの巨匠 × 邦楽の貴公子 =「音楽革命 ( Music Revolution )」 [画像1: http://prtimes.jp/i/14302/70/resize/d14302-70-502908-1.jpg ] 邦楽の世界には、大正、昭和の時代にクラシック音楽の要素を [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

第二に文学・演劇・音楽のみならず絵画・彫刻・映画など芸術全般にわたるその造詣の深さ。時代背景・社会背景をもとにしたファッション・風俗などの知識の豊富さ。すべての物事を、本質的に捉える観察力。これらの鋭い理解力・知識などを核に、無駄なく必要十分にそして変幻自在・縦横無尽に巧みな技術を使い表現するその演技術。と同時にエンタテイメントとして、実は深遠なテーマを、 [全文を読む]

文科省の大学改革 教養の軽視は大きな間違いだと大前研一氏

NEWSポストセブン / 2015年08月27日07時00分

欧米では、文学、哲学から歴史、地理、さらに美術や音楽に至るまで、基礎教養的な領域を学ぶ「リベラルアーツ(一般教養)」が、極めて重要視されている。たとえばアメリカには、レベルの高いリベラルアーツカレッジが中西部を中心にいくつもあり、そこを卒業していったん就職し、再び大学院に入ってMBA、弁護士、医者などの資格を取得する人が非常に多い。 そして私の経験から言 [全文を読む]

面白ければ学生映画も出演OK! 映画愛に溢れる俳優・染谷将太の知られざる名作3選

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月06日08時00分

伝説の作品『狂い咲きサンダーロード』は、若き日の泉谷しげるさんが美術と音楽を務めるなど、その内容と同様に制作現場の話を切り取っても、驚きの逸話に事欠かない作品です。そんな初期の作品のように、エネルギーがスクリーンからはみ出るような作風とは異なるものの、伝説の監督が10年ぶりに長編を制作しました。それが2012年公開の『生きてるものはいないのか』です。この作 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(5月25日付)

ガジェット通信 / 2017年05月25日20時00分

エグゼクティブプロデューサーを『呪怨』シリーズなどの清水崇が務め、スタッフに脚本の深見真や音楽の川井憲次らが名を連ねる。おなじみのキャラクターの活躍、新キャラクターの登場が見どころ。 ■関連映像:バイオハザード:ヴェンデッタ プロモーション映像 劇場予告編(https://yahoo.jp/q0u6zg) 5位 『光』(https://yahoo.jp/c [全文を読む]

-死と暗黒、怪奇と恐怖、残酷、異形、廃墟と終末-澁澤龍彦・中井英夫の後継、高原英理が描く本格ゴシック評論『ゴシックハート』、待望の文庫化!

PR TIMES / 2017年01月20日18時47分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1511/resize/d5875-1511-298684-3.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/5875/1511/resize/d5875-1511-182012-4.jpg ] インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本 [全文を読む]

フォーカス