子供 三島由紀夫に関するニュース

脱原発デモの先に何が見えるのか? 映画監督・若松孝二「革命やるんだったら、100年先を考えろよ」

週プレNEWS / 2012年08月16日06時00分

「再稼働反対」「原発反対」「子供を守れ」と叫び、太鼓叩いて超炎天下をウォーキングする脱原発デモ。この行為によって変わることって? そして、その意義は? 『キャタピラー』や『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』などの過激な作品で知られる映画監督・若松孝二氏に話を聞く。 *** 世界ではデモから革命が起きるわけで、そこに意義がないわけはないんだよ。しっか [全文を読む]


三島作品盗作疑惑の韓国人作家「私の作品は盗作じゃない」、検察調査で=韓国ネット「最後まで失望」「それじゃあ日本人が盗作したと?」

Record China / 2016年03月25日16時10分

子供が見ても盗作であることは明らかなのに」 「盗作ではない。コピーだ」 「申氏が自分の記憶を信じられないように、私も申氏を信じられない。本当に図々しい人」「人間だから間違いや失敗を犯すこともある。しかし失敗後の行動にその人の内面が現れる。申氏は最後まで恥を知らない人だ」 「それじゃあ日本人が盗作したというの?タイムマシンに乗ってきたのかな(笑)」(翻訳・編 [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

実業家の小達一雄氏と結婚してからは、子供を切望しながらも、乳がん発症。抗がん剤治療でかつら着用を余儀なくされるも、仕事を愛し、“日本のお母さん”と呼ばれた。 2011年4月21日死去。亡くなる23日前に、病室でメッセージを録音し、女優業への尽きぬ思いを明かした。さらに、義妹・夏目雅子さんが急性骨髄性白血病のため1985年に27才で亡くなった後、基金が設立さ [全文を読む]

三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。

メディアゴン / 2015年07月09日01時30分

子供にとって理解できない表現がほとんどであったが構わず読み続けた。中学の時、「豊饒の海・四部作」がスタートした。第一巻「春の雪」が難解で挫折した。ついに読むのを止めた。そして昭和34年の創刊以来の「少年サンデー」「少年マガジン」等少年向け漫画を読み続けた。三島の言うように手塚や白土を読まなくても赤塚不二夫のギャグ漫画を読まない週はなかった。赤塚漫画は最高に [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(5月25日付)

ガジェット通信 / 2017年05月25日20時00分

M・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」を原作に、他人の子供を自分の娘として育てようとする灯台守とその妻の愛と葛藤の日々を描く。メガホンを取るのは『ブルーバレンタイン』などのデレク・シアンフランス監督。彼らがたどる数奇な運命と深い愛の物語に胸が熱くなる。 3位 『美しい星』(https://yahoo.jp/r4irID) ■公開日 :2017年5月26 [全文を読む]

【書評】サブカルの先駆者「怪獣博士」大伴昌司の仕事

NEWSポストセブン / 2016年11月25日07時00分

怪獣について語るなど子供向きの遊びと思われていた時代に熱く怪獣を語り、怪獣の名鑑や紳士録を作った。いわばサブカルチャーの先駆者。一九七三年に三十六歳の若さで亡くなった。著者は大伴昌司と慶應義塾高校の時から親交を結んだ。早逝した僚友を語る人としてもっともふさわしい。 大伴昌司は私生活をあまり語らなかったが、著者によれば、父親は戦前、近衛文麿内閣のブレーンをつ [全文を読む]

親がSNSに投稿した「赤ちゃん時代の恥ずかしい写真」削除を求めることは可能?

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月04日10時05分

日本の法律では、子どもが親に対して訴訟を提起してはいけないなどということはありませんので、子供が親に対して、SNSでの公開の禁止を求めたり、損害の賠償を求めて訴訟を提起することも可能です」 (弁護士ドットコムニュース)【取材協力弁護士】影島 広泰(かげしま・ひろやす)弁護士03年弁護士登録。ITシステム・ソフトウェアの開発・運用に関する案件、情報管理や利 [全文を読む]

今を生き抜くために日本中が取り憑かれた“70年代オカルト”を読み解く

週プレNEWS / 2016年03月01日11時00分

前田 ええ、オカルトを信じたのは子供だけじゃない。むしろ、文化的最先端にいる人たちがいち早く海外の情報を仕入れ、日本に紹介してきた。例えば、石原慎太郎が「国際ネッシー探検隊」を率いて実際に捜索に行ったりしています。文化人たちがオカルトをエンターテインメントとして楽しんで、それを日本中が信じる風潮があったんです。 ―では、なぜ当時の日本では人々がこれほどま [全文を読む]

松田聖子ら命名した「名古屋の神様」 三島の死予見の逸話も

NEWSポストセブン / 2015年10月06日11時00分

生年月日や、親が子供に「どうなってほしいか」などを考慮し、画数をみながら名前をつけるという。その代表例が松田聖子(53)を世に送り出したことだ。 当時は山口百恵が三浦友和と結婚、引退した直後。百恵という国民的アイドルを失い、日本中が沈んでいた。そんなところへ次代のスターとして現われたのが聖子だった。そのため、命名の際には“山口百恵を超えるように”という要望 [全文を読む]

フォーカス