最後 三島由紀夫に関するニュース

<現実感を想像させるノンフィクションの力>「腰を寄せて踊る」川島芳子はいかにして男を狂わせたのか?

メディアゴン / 2015年06月13日07時10分

増村監督作品の中の若尾文子は、その多くが最後には女性としての個性を主張する役であった。環境に流されていくタイプの女性はあまりでてこない。自我を主張する場面がどこかにある。そして色気がある、そんな印象だ。増村さんと三島さんは学生時代からの知り合いで、撮影では厳しい演技指導があったという。ダンスの話を聞いて川島芳子(1907〜1948)のことを思い出した。ちょ [全文を読む]

見どころ満載!大人の社会科見学「防衛省市ヶ谷台ツアー」に参加してみた!

GOTRIP! / 2016年11月03日08時00分

・防衛省のオススメお土産 最後に、防衛省でオススメのお土産をご紹介します。 厚生棟の防衛省グッズが販売しているお店で購入した「迷彩パウンドケーキ」です。 どこをカットしても迷彩柄が出てくる珍しいパウンドケーキは、職員も帰省時に購入する一品です。 抹茶・チョコ・竹炭が迷彩模様になっており、見た目以上に甘いパウンドケーキをぜひ売店で見つけてみてください。 い [全文を読む]

<「こち亀」連載終了>最終回の掲載号を買漁る大人たちに違和感

メディアゴン / 2016年10月04日07時30分

仮に、筆者が幸運にも、書店の店頭で「少年ジャンプ」42号の最後の一冊を見つけることができたとしよう。しかし、その時、筆者の背中越しにその最後の一冊を恨めしそうに見つめる「少年」に気づいたとしたら、きっとその宝物は彼に譲るべきなのだ。1995年には公称653万部というギネス記録の発行部数を達成した「少年ジャンプ」のピークを支えたのは、現在のアラフォー以降の世 [全文を読む]

岸朝子、三島由紀夫、永井荷風 美食家の最後の晩餐

NEWSポストセブン / 2016年05月10日07時00分

美食を知り尽くした彼らの“最後の晩餐”とはなんだったのか? 【食生活ジャーナリスト・岸朝子さん/『鳴門千鳥本舗』ののりの佃煮】 「食は命なり」。この言葉を座右の銘として生きた岸朝子さん(享年91)。主婦から料理記者に転身、『栄養と料理』編集長を務めた。テレビの番組で言った「おいしゅうございます」がおなじみに。 自宅での最後の食事は、白いご飯、のりの佃煮、み [全文を読む]

生涯学習講座・横浜学「横浜と演劇」が開催!

Walkerplus / 2016年04月13日13時08分

最後の登壇者は舞踏家の大野慶人先生。「私の歴史を話せば、舞踏の歴史がわかるかもしれません」と語り始め、自身の体験談を語ってくれた。父である世界的舞踏家・大野一雄氏との興味深いエピソードや、作家の大佛次郎氏、三島由紀夫氏、暗黒舞踏の創始者である土方巽氏など演劇にゆかりのある人々との交流をユーモアたっぷりの口調で紹介。講座の最後にはエルビス・プレスリーの「好き [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家「私の作品は盗作じゃない」、検察調査で=韓国ネット「最後まで失望」「それじゃあ日本人が盗作したと?」

Record China / 2016年03月25日16時10分

文学に対する申氏の態度が残念」 「最後まで読者を失望させるのか。子供が見ても盗作であることは明らかなのに」 「盗作ではない。コピーだ」 「申氏が自分の記憶を信じられないように、私も申氏を信じられない。本当に図々しい人」「人間だから間違いや失敗を犯すこともある。しかし失敗後の行動にその人の内面が現れる。申氏は最後まで恥を知らない人だ」 「それじゃあ日本人が盗 [全文を読む]

大野いと、舞台デビューに歓喜「全力で頑張りたい」

モデルプレス / 2015年09月30日18時07分

◆三島由紀夫最後の戯曲 三島氏が、アンコール・トムに創作の着想を得て、史実にフィクションを加えた同作は、カンボジア最強の王として現代にも語り継がれる、ジャヤ・ヴァルマン七世がバイヨン寺院を建設し、夢と希望を託しながら「ライ王のテラス」を造営していく雄大なロマンをアンコール王朝の衰亡を背景に描いた壮大な物語。村の娘クニュム役を演じる大野は「可愛らしく直向き [全文を読む]

鈴木亮平「全て捧げる」最強の王を熱演

モデルプレス / 2015年09月30日17時59分

三島氏最後の戯曲とも称される同作は、カンボジア最強の王として現代にも語り継がれるジャヤ・ヴァルマン七世(鈴木)がバイヨン寺院を建設し、夢と希望を託しながら「ライ王のテラス」を造営していく雄大なロマンをアンコール王朝の衰亡を背景に描く。 ◆主演としての覚悟 過去2回の上演でヴァルマン七世を北大路欣也が演じてきただけに、鈴木は「とても大きな責任感とプレッシャー [全文を読む]

美男美女、人生最後のセックスは切腹の余力を残して終了!? ―三島由紀夫『憂国』|連載第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月27日11時30分

「愛おしき変態本」第3回は、三島由紀夫の『憂国』をお届けする。昭和の時代を生き、ノーベル文学賞候補ともいわれた日本を代表する作家のプロフィールを紹介しよう。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●みしま・ゆきお 1925年(大正14年)東京市四谷区出身。本名は平岡公威。41年、学習院中等科在学中に『花ざかりの森』を雑誌に発表、この時「三島由紀夫」のペンネ [全文を読む]

三島由紀夫に「ロックを感じた世代」リリー・フランキー&吉田大八が挑んだ異色SF

映画.com / 2017年05月30日10時00分

あれだけ丁寧に積み上げてきたものを、最後に全部ひっくり返す感じが鮮やかで、まず単純に「かっこいい!」と思いました。そのうち人に勧めるだけでは物足りなくなって、自分もこの作品にかかわりたい、この作品の一部になりたいという思いが強くなっていって。 [全文を読む]

フォーカス