最後 三島由紀夫に関するニュース

一橋大学で百田尚樹氏の講演中止。そんな時代だから読み返したい「三島由紀夫vs一橋大生」

週プレNEWS / 2017年06月28日06時00分

しかし人の話は最後まで聞くものだ。 「たとえば暗殺が全然なかったら、政治家はどんなに不真面目になるか、殺される心配がなかったら、いくらでも嘘がつける。(…)口だけでいくらいっていても、別に血が出るわけでもない、痛くもないから、お互いに遠吠えする」と続け、本来「言論の底には血がにじんでいる。そして、それを忘れた言論はすぐ偽善と嘘に堕することは、日本の立派な国 [全文を読む]

<現実感を想像させるノンフィクションの力>「腰を寄せて踊る」川島芳子はいかにして男を狂わせたのか?

メディアゴン / 2015年06月13日07時10分

増村監督作品の中の若尾文子は、その多くが最後には女性としての個性を主張する役であった。環境に流されていくタイプの女性はあまりでてこない。自我を主張する場面がどこかにある。そして色気がある、そんな印象だ。増村さんと三島さんは学生時代からの知り合いで、撮影では厳しい演技指導があったという。ダンスの話を聞いて川島芳子(1907〜1948)のことを思い出した。ちょ [全文を読む]

見どころ満載!大人の社会科見学「防衛省市ヶ谷台ツアー」に参加してみた!

GOTRIP! / 2016年11月03日08時00分

・防衛省のオススメお土産 最後に、防衛省でオススメのお土産をご紹介します。 厚生棟の防衛省グッズが販売しているお店で購入した「迷彩パウンドケーキ」です。 どこをカットしても迷彩柄が出てくる珍しいパウンドケーキは、職員も帰省時に購入する一品です。 抹茶・チョコ・竹炭が迷彩模様になっており、見た目以上に甘いパウンドケーキをぜひ売店で見つけてみてください。 い [全文を読む]

<「こち亀」連載終了>最終回の掲載号を買漁る大人たちに違和感

メディアゴン / 2016年10月04日07時30分

仮に、筆者が幸運にも、書店の店頭で「少年ジャンプ」42号の最後の一冊を見つけることができたとしよう。しかし、その時、筆者の背中越しにその最後の一冊を恨めしそうに見つめる「少年」に気づいたとしたら、きっとその宝物は彼に譲るべきなのだ。1995年には公称653万部というギネス記録の発行部数を達成した「少年ジャンプ」のピークを支えたのは、現在のアラフォー以降の世 [全文を読む]

岸朝子、三島由紀夫、永井荷風 美食家の最後の晩餐

NEWSポストセブン / 2016年05月10日07時00分

美食を知り尽くした彼らの“最後の晩餐”とはなんだったのか? 【食生活ジャーナリスト・岸朝子さん/『鳴門千鳥本舗』ののりの佃煮】 「食は命なり」。この言葉を座右の銘として生きた岸朝子さん(享年91)。主婦から料理記者に転身、『栄養と料理』編集長を務めた。テレビの番組で言った「おいしゅうございます」がおなじみに。 自宅での最後の食事は、白いご飯、のりの佃煮、み [全文を読む]

生涯学習講座・横浜学「横浜と演劇」が開催!

Walkerplus / 2016年04月13日13時08分

最後の登壇者は舞踏家の大野慶人先生。「私の歴史を話せば、舞踏の歴史がわかるかもしれません」と語り始め、自身の体験談を語ってくれた。父である世界的舞踏家・大野一雄氏との興味深いエピソードや、作家の大佛次郎氏、三島由紀夫氏、暗黒舞踏の創始者である土方巽氏など演劇にゆかりのある人々との交流をユーモアたっぷりの口調で紹介。講座の最後にはエルビス・プレスリーの「好き [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家「私の作品は盗作じゃない」、検察調査で=韓国ネット「最後まで失望」「それじゃあ日本人が盗作したと?」

Record China / 2016年03月25日16時10分

文学に対する申氏の態度が残念」 「最後まで読者を失望させるのか。子供が見ても盗作であることは明らかなのに」 「盗作ではない。コピーだ」 「申氏が自分の記憶を信じられないように、私も申氏を信じられない。本当に図々しい人」「人間だから間違いや失敗を犯すこともある。しかし失敗後の行動にその人の内面が現れる。申氏は最後まで恥を知らない人だ」 「それじゃあ日本人が盗 [全文を読む]

美男美女、人生最後のセックスは切腹の余力を残して終了!? ―三島由紀夫『憂国』|連載第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月27日11時30分

「愛おしき変態本」第3回は、三島由紀夫の『憂国』をお届けする。昭和の時代を生き、ノーベル文学賞候補ともいわれた日本を代表する作家のプロフィールを紹介しよう。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●みしま・ゆきお 1925年(大正14年)東京市四谷区出身。本名は平岡公威。41年、学習院中等科在学中に『花ざかりの森』を雑誌に発表、この時「三島由紀夫」のペンネ [全文を読む]

永田町「権力の三角地帯」を行く #3

文春オンライン / 2017年08月30日11時00分

困り果てて最後に縋ったのが、玉置の宗政研であり、生長の家創始者の谷口だった。 「中川は憲法改正をやります!」 十全とパレを行き来し、そう改憲派に訴えたのが、中川秘書の鈴木宗男と、玉置の秘書から生政連系の参院議員に転じた村上正邦だった。 だが、結果は予備選で最下位。約1カ月後、中川は自ら命を絶った。 その後、拓殖大のOB同士の村上と鈴木は、共に90年代後半の [全文を読む]

リリー・フランキー、最後の大物独身…

NewsCafe / 2017年06月02日12時15分

最後の大物独身でなくなる日がくるのだろうか。NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

登場人物は宇宙人!?『美しい星』舞台挨拶で全力「火星人ポーズ」披露

しらべぇ / 2017年04月25日10時00分

©sirabee.com最後に、吉田監督とリリーから一言。吉田監督:みんなには大変な苦労をかけましたが、 僕としては「いい映画を作ったので見てください」ということだけです。リリー:(取材でも色々聞かれたが)撮影中のエピソード、ほとんど辛くて覚えてないんですよ。吉田大八っていう宇宙人に一回連れ去られて、記憶消されて、また戻されたのかなと(笑)©sirabee [全文を読む]

著名人に送られた弔辞や追悼文を厳選し齋藤孝氏が解説した書

NEWSポストセブン / 2016年10月17日16時00分

【書評】『心に感じて読みたい 送る言葉』齋藤孝・創英社/三省堂書店/1404円 【評者】伊藤和弘(フリーライター) 〈文章を考えるのはそれだけでエネルギーがいることなのに、最後のお別れの場で全員の前で詠み上げられるとなれば、弔辞を考える人は大変なエネルギーをその文章に注ぐ。短いなかにものすごい量のエネルギーが込められた文章??それが弔辞だ。聞く人、読む人は [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

しかし三島も折れることなく、最後までお互いの意見を譲らなかったふたり。出版社の社長まで巻き込む事態となり、結局清張の作品は収録が見送られる。それから9年後の昭和45年、三島が市ヶ谷駐屯地で自決。その後の三島の印象を尋ねられた清張は「彼の才能は枯渇していた」と三島の文学的才能を叩き斬った。このように文豪たちのケンカは俗っぽくもあれば文学者のプライドを感じられ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】若尾文子、三島由紀夫氏との思い出を語る。「あの方はダンスが駄目だった」

TechinsightJapan / 2015年05月17日19時45分

2007年に亡くなった夫の黒川紀章氏からは、“君は最後まで仕事を続けなさい”との遺言があった。80歳を超えた今でも「現役女優」の若尾は、クールで色っぽい魅力が健在である。 (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

夏はやっぱり怪談の季節! 江戸から現代の怪談について、小説家・高原英理さんに聞いてみた

ガジェット通信 / 2017年08月14日11時30分

ただお家騒動の「化け猫」話ですと、最後必ず化け猫は強い武士に退治されてしまいますが、でももとはといえば飼い主の恨みをはらそうとして懸命だったのだから可哀想でなりません。化け猫もそうですが、江戸の頃は犬よりむしろ猫の忠義の話が多いように思います。忠義な猫が協力して悪い巨大化け鼠を倒すとか。なお、怪談ではありませんが、猫の話として武士の心得を説くという本もあり [全文を読む]

THE ALFEE 高見沢俊彦、初の小説を「オール讀物」で発表! その“原点”を特別再録

文春オンライン / 2017年08月03日11時00分

最後の一行」にご注目ください。 ◆◆◆ 「偏愛読書館」──父の本棚 高見沢俊彦 幼い頃、お気に入りの場所は父の本棚の前だった。見上げる感じで、眺めるのが好きだった。教育者だった父は仕事柄、普通の家より本は多かったが、本人自身も読書が好きだった。自分はというと、そんな父の本棚をボーッと眺めているだけで、父親イコール大人という未知の世界を垣間見ている気になっ [全文を読む]

あなそれ 他の不倫ドラマとの違いは行動への後悔のなさ

NEWSポストセブン / 2017年06月14日07時00分

涼太も親友真吾(山崎育三郎)と焼肉屋でジュージューと煙を浴び、最後は美都に蕎麦をふるまう。ついでに言うと、真吾は、美都のママ(麻生祐未)のスナックで一杯やり、美都の勤め先の眼科の先生(橋本じゅん)美女とバーで飲んでます。 飲むわ食べるわ。そこで長年、「昼ドラ」を見てきた私は思い出した。かつて昼ドラの過激な愛憎劇には、驚くべき「食」の場面が出てきたではないか [全文を読む]

「小説は生きる糧になる」――TOTO木瀬輝雄相談役を唸らせる名作小説

文春オンライン / 2017年06月12日11時00分

帰国後は、文士仲間と徹夜で麻雀するような毎日を送り、最後は三十五歳の若さで自殺してしまう。彼女のブログを読んでいたら、自殺したという報道を聞いて、茫然としたのを覚えています。 “SF作家・小松左京”との交友秘話 SF的なものもよく読みました。特に安部公房は好きでしたね。『箱男』や『壁』など彼の作品はどれも発想が豊かで斬新で、一気に引き込まれるものばかり。鮮 [全文を読む]

ミスキャンパス映画としての『美しい星』【藤原季節・軽薄演技の到達点】

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月25日19時54分

■おまけ・ミスキャンパスの兄そして最後に付け加えておくならば、亀梨和也演じる、暁子の兄・一雄。ああいった、自分も整った顔立ちであるがために、若い時期からそれなりに女子にモテ、それゆえ、妹の性的魅力にあまり関心のなさそうな兄、というのもミスキャンパスの兄にいがちなのである。『野ブタ。をプロデュース』をはじめ、テレビドラマでは、カリスマ的役割を演じることが多か [全文を読む]

亀梨和也が“パジャマ”で登壇!?「プレイボーイですいません」

Movie Walker / 2017年04月25日10時37分

最後にリリーは「試写会などで既に観た方は『吉田監督やったね』と褒めていて。文芸作品をこんなに面白くしていただいて、若い人にも観てもらいたい」と誇らしげに作品をPR。「ちなみに、撮影中のことは辛くてほとんど覚えていないんですけど。俺は宇宙でアブダクション(地球外生命体に誘拐されること)にあったのか?」とユーモアを加えて締めくくった。【取材・文/平井あゆみ】 [全文を読む]

フォーカス