現在 山口智子に関するニュース

ドラマ女王・山口智子の力は健在! 16年ぶりの連ドラ出演はヒットの予感!?

サイゾーウーマン / 2012年10月09日09時00分

現在47歳で今月48歳になる山口智子だが、ドラマ上の役の設定である43歳でも余裕で通用する若々しさだ。今のところドラマホームページの小さい写真と、制作発表記者会見の写真でしか現在の状態を見るしかないが、連ドラ復帰にあたってしっかりコンディションを整えてきたことがわかる。なぜなら、4年前の2008年に声優として参加した映画『崖の上のポニョ』の記者会見の頃の [全文を読む]

【20代~30代女性の「いい夫婦の条件」に関する実態調査】11月22日は「いい夫婦の日」!パートナー選びのポイント「優しさ」「誠実さ」よりも「居心地」!“未来のいい夫婦”ランキング、1位は杏&東出

DreamNews / 2015年11月09日11時00分

調査では、『現在のパートナーを「選んで良かった」と思いますか(単一選択)』という質問をしたところ、「はい(93.8%)」、「いいえ(6.2%)」となり、20歳~30歳女性の9割以上が、現在のパートナーを選んで良かったと思っている、という事がわかりました。 また「はい」と回答した人に『「ここが円満の秘訣」だと最も思うポイントを教えてください(単一選択)』とい [全文を読む]

山口智子の演技は、なぜ“古い”のか?『心がポキッとね』の壮大な実験

日刊サイゾー / 2015年04月14日19時00分

現在は、アンティーク家具の修理を担当する仕事に就いている。もともとはサラリーマンで営業をしていたが、「なんで周りの奴らはできないんだろう」と思ってしまうほど、営業成績優秀。それゆえ、周りから疎まれ、上司から嫌われた結果、ありえないくらいのノルマを与えられ、精神的に壊れてしまう。 そんなストレスを、彼は妻にぶつけ、暴力を振るった。いわゆるドメスティック・バイ [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で懐かしのオリジナルテレカを追跡…“お宝プレミア”No.1は?

週プレNEWS / 2016年10月22日06時00分

-それでも10万円ですか…非売品パワーすごいですね! 現在、テレカやQUOカードで一番人気のアイドルって誰なんですか? 長尾 トップからいうと武田玲奈ちゃん(水着だと5、6万円で取引)。次に有村架純ちゃん、続いて宮脇咲良ちゃん、生田絵梨花ちゃんといった感じでしょうね。是非、週プレさんには武田玲奈ちゃんのQUOカードを50枚ぐらい出してほしいんですよね!! [全文を読む]

えっ、松嶋菜々子は12万円!大物美女たちのハイレグ水着テレカが急騰中

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時59分

それが夏! 最近でこそ少なくなったが、現在では大物の女優やタレントには夏を“踏み台”にしてきた美女が多い。「藤原紀香、米倉涼子、山口智子‥‥男女問わず現在もファンの多い美女タレントたちは皆キャペーンガール出身。今では考えられませんが、ハイレグと言われる大胆な水着で砂浜や海で自慢のプロポーションを披露していた。国会議員の蓮舫もそうですよね」(週刊誌記者) 当 [全文を読む]

【クリスマス一色の街】さえない「元・女の子」の苦悩とは?

しらべぇ / 2015年12月19日11時00分

■定番「クリソン」の世界観とは特定年齢層の女性、すなわち現在の30代・40代女性が生まれたのは、1966(昭和41)年から1985(昭和60)年である。彼女らが多感な年頃を迎えていた時代のクリスマスを知る参考に、当時のテレビが放送したCMやドラマを振り返ってみよう。牧瀬里穂を起用したJR東海のCM「クリスマスエクスプレス」(1989年~1992年)では、B [全文を読む]

現代アラフィフ女性の消費行動は「ポジティブン消費」?自己投資に高い意識

FASHION HEADLINE / 2015年09月03日19時30分

また生活満足度に関する質問では、20代の満足度70.0%に比べ、現在の満足度が75.6%と現在の満足度の方が高いという結果に。「20代の頃と現在、どちらが好きか?」という質問では、「今の自分の方が好き」(43.6%)、「20代の頃と今のどちらも好き」(27.4%)となっており、合わせると71.0%が今の自分が好きと感じていることが分かった。 さらに美容意 [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

草食化・少子化と言われながらも、実は現在ヒットしている映画やドラマは恋愛系が多かったり。しかし、やはり晩婚化や恋人いない率が年々上がっているのも事実。実はみんな「恋をしない」のではなく、自信がなくなって「恋が出来ない」のかもしれませんね。そんな日本の現状を打破すべく、みなさんドキドキしたりハラハラしたり、心がホワンとなっちゃうような“恋する名カップル”の姿 [全文を読む]

2012年に見る『ロンバケ』、山口智子のハイテンション演技がキツイ理由

サイゾーウーマン / 2012年09月28日13時00分

当時はオシャレな感じがした挿入歌がダサく感じられるなど、時代の流れを感じてしまう部分は多々あったけれど、中でも最大の驚きは、2012年現在に見ると最もキツイのが、山口智子だということだ。 当時は、わりと熱心に見ていた『ロンバケ』。可愛くカッコいいと思っていたはずの山口智子が、今見てみると、テンションがビックリするくらい高い! 結婚式当日に相手が失踪してしま [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

現在放映中の最新作でシーズン12を数える。今作の開始直前、主人公・加納倫太郎を演じる渡瀬恒彦サンが亡くなられたのは承知の通りである。 しかし――同ドラマは代役を立てず、係長不在のまま放映に踏み切った。もはや弔い合戦だ。それはとりもなおさず、9係は渡瀬サンと心中するという意味合いを持つ。 思えば、日本の刑事ドラマの元祖『ダイヤル110番』が始まったのは、19 [全文を読む]

2位はフジモン&ユッキーナ、では理想の夫婦ランキング1位は…3年連続あの夫婦!

Suits-woman.jp / 2016年11月18日08時00分

芸能人でいうとどの夫婦が理想? いい夫婦になるためのコツも発表します!!9割以上の既婚者が現在のパートナーに満足していた!「毎日喧嘩ばっかりで……」「旦那の〇〇にウンザリ……」なんて主婦の話をよく聞きますが、本音はどう思っているのでしょう。「結婚後、現在のパートナーを選んでよかったと思う経験はある?」と尋ねてみると、94.7%の人が「はい」と回答。具体的な [全文を読む]

イケメンだけど“棒演技”の斎藤工を巧みに使うNHKの手腕

アサジョ / 2016年10月16日09時59分

現在放送中のドラマ「運命に、似た恋」(NHK)でまたも既婚女性やバツイチ女性を翻弄するイケメン役を演じている斎藤工。「棒演技」で有名な斎藤だが、凛々しいルックスが男の色香を感じさせることから、現在恋愛ドラマに欠かせない役者の1人と言えるだろう。 今作では原田知世が離婚歴のあるクリーニング店で働く中年女性・桜井香澄を演じており、斎藤が演じる人気デザイナー・小 [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

是非、若い方々にも観て頂きたい夏の名作です・・・が、どうやら現在はVHSの編集盤のみで、ドラマ完全版(全12話)はDVDなどになっていないそうです・・・。 ロングバケーション そして最後はこちら。月曜日の夜にOLを街から消し去り、社会現象まで巻き起こした名作、ロンバケこと「ロングバケーション」。木村拓哉さんと山口智子さんが主演、そして竹野内豊さん、松たか子 [全文を読む]

「子供を産めないことに泣き叫んだ」有働由美子を勇気づけた「子供を産まない選択をした」山口智子の強い言葉

リテラ / 2016年05月23日13時00分

4年連続で紅白歌合戦の総合司会を務め、現在は大河ドラマ『真田丸』のナレーションという大役を担っているNHKアナウンサーの有働由美子。老若男女に愛される飾らないキャラクターと、NHK初の女性理事就任も近いのではと噂されるほどの輝かしいキャリアを誇る彼女だが、先日18日、『あさイチ』で飛び出した赤裸々な告白が、いま話題を集めている。「去年ようやく出産の可能性を [全文を読む]

「正論に頼らず、嫌われる勇気をもつ」仕事と育児を両立するために心がけたいこと

Woman.excite / 2016年04月27日14時00分

女性の社会進出を後押しすることに対し、現在はさまざまな法整備がなされてきていますし、それぞれの会社でも出産後の社員復職をサポートする人事制度などが取り入れられてきていると思います。けれど、仕事と育児の両立は、個別の事情が違いすぎるゆえ、環境を整えたからといってもすぐに解決できる問題ではありませんよね。今までわたしがカウンセリングさせていただいたご相談でも「 [全文を読む]

「子供を産んで育てる人生を望まない」と明言した山口智子の潔さが素晴らしい

messy / 2016年02月12日19時20分

現在51歳。95年に唐沢寿明と結婚してからは出演本数がぐっと減ったので、10~20代の若者はあまり馴染みがないかもしれない。結婚から20年。なぜかマスコミに仮面夫婦と呼ばれた時期もあったが、ここ数年は唐沢がテレビバラエティで頻繁に山口の話題を口にするようになり、逆に「おしどり夫婦」の印象が強まっている。 たとえば唐沢は、『ニンゲン観察バラエティ モニタリン [全文を読む]

キムタク『ロンバケ』、今観てもおもしろすぎる!再視聴者たちから絶賛の嵐!

Business Journal / 2015年10月16日22時00分

今回はそんな『ロンバケ』を、「2015年現在の視点」で改めて評するかたちで集めた一般視聴者たちのコメントを紹介していきたい。●今観るほうがリアリティある? まず、当時高校生だったという30代女性の意見から。「昔好きだったので、つい最近、全話観なおしました。ただ、すごくハマっていたドラマだったので、『素敵だった』という感想もだいぶ“思い出補正”がかかってい [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

子どもたちのトラブルも、昔は反抗期特有のものや非行などが主体でしたが、現在ではいじめ、モンスターペアレンツ、過保護、友達親子など、そのパターンも複雑になってきています。しかしどの時代のドラマも、色々な人の様々な考えや温かさを知ることができるという点では同じです。今回は、少し懐かしいものからすごく懐かしいものまで、ぜひ若い人に観て頂きたいおすすめの家族もの [全文を読む]

ヌードモデル・無断出勤…堺雅人のバイト時代が無茶苦茶すぎる!

messy / 2015年04月24日18時45分

前回のコラムでは現在ドラマ『心がポキッとね』(フジテレビ系)に出演中で、その番宣のために10年ぶりにバラエティー番組に登場し、ラブラブな夫婦生活を惜しげもなく明かしてくれた山口智子について書かせていただいた。今回は、同ドラマの裏番組にて放送中の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)に出演している堺雅人(日野倫太郎役)について取り上げていきたいと思う。 初めて同局 [全文を読む]

不倫相手の妻が〇〇!リアルに「心がポキッと」なった瞬間7選【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年04月15日11時45分

現在50歳とのことですが、信じられないほどの若々しさですよね。≪病んでるオトナ4人の四角関係≫『心がポキッとね』はざっくり言うと、過去の失敗や心の傷のせいで不器用にしか生きられず、他人にとっても自分にとっても面倒くさい存在になっている、「病んでるオトナ」4人のラブコメディー。自分の世界に引きこもり、恋はしないと誓う主人公の春太(阿部サダヲ)、ストーカー気質 [全文を読む]

フォーカス