父親 山口百恵に関するニュース

2月25日(火)創刊!『山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン』

PR TIMES / 2014年02月13日11時38分

17年の歳月を経て再会を果たすが、生まれ育った施設を襲った火事による混乱で、二人の娘(山口百恵/秋野暢子)はそれぞれ別の父親(宇津井健/三國連太郎)の元へと引き取られていった。 「赤い衝撃」 陸上界期待のスプリンター・友子(山口百恵)は刑事・新田(三浦友和)に淡い恋心を抱くが、犯人を追う新田の銃弾を受け、下半身マヒになってしまう。アスリートとしての夢を打ち [全文を読む]

ボートレースを支える“女性初”の競技長

プレジデントオンライン / 2017年05月29日15時15分

比良野智恵子さんは子どもの頃、町工場を営んでいた父親に連れられ、競艇場に行くことがよくあった。場所は東京・平和島。3人の兄妹と父親の4人で訪れたその場所は、いまでも彼女の原風景である。 水しぶきを上げて競い合うボートが、大きなエンジン音を響かせながら目の前を通り抜けていく。 「何番? 何色を応援すればいいの?」 彼女が聞くと、父親は言うのだった。 「赤だ [全文を読む]

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(4)秋野暢子が感じた悪役の重圧

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時58分

市場に買い物に行っても、何も売ってもらえないということもあったんです」 百恵演じるヒロインの直子と、秋野演じるいづみは養護施設で育ったが、本来の父親と違う男に引き取られてしまう。回が進むにつれ真実が明らかになっていくのだが、電車で撮影に通う秋野の身にも容赦なく「混同」は襲う。 「大学生らしい男の人が『いづみ、いづみ』って話しかけてくるんです。私に『お前に本 [全文を読む]

大映ドラマのヒロインたち 名優たちの中で培われた女優力

アサ芸プラス / 2012年02月10日10時54分

前作とは一変し、父親である宇津井は妻を殺され、犯人を追う精神科医の役。その娘である百恵扮する明子には出生の秘密が隠された「大映ドラマ」としての要素に満ちたサスペンスになった。優作は百恵の叔父にあたる貴重なキャスティングである。 とはいえ、記念すべき「赤」の第1作には、思わぬ障害が待ち受ける。 「優作さんは当初の設定よりも役柄が後退してしまった。そのため、 [全文を読む]

三浦祐太朗 ”母” 山口百恵の名曲を歌い継ぐ

dwango.jp news / 2017年07月05日12時35分

父親からはラジオで曲が流れたのを聞いてくれていてラインでいいねと連絡が入りました。ーどのようなところを意識してこのアルバムを作られましたか?また、お母様から何かアドバイスなどはありましたでしょうか?三浦祐太朗作曲家へのリスペクトを忘れずに僕の声で演じた感覚です。照れるぐらい母の映像を見ました。僕より若い10代の母を画面でずっと見るのは変な気持ちで本当に唯一 [全文を読む]

◆『息子よ、パパにも関心を』「父の背中」への恥じらいか? 男性の「父の日」への関心、半数以下に

PR TIMES / 2017年04月27日16時26分

【全国の20~50代男女307名に母の日・父の日について聞く】女性の関心:「母の日」86.4% 「父の日」62.1%/男性の関心:「母の日」73.4% 「父の日」45.8%「理想の母親」1位に松嶋菜々子さん/「理想の父親」1位に所ジョージさん、関根勤さん 5月14日の『母の日』と6月18日の『父の日』。贈り物として一般的に母の日は「カーネーション」、父の日 [全文を読む]

三浦友和、“一家の大黒柱”役がハマる理由 『就活家族』と『葛城事件』の共通点を探る

リアルサウンド / 2017年02月24日06時00分

役のキャラクターこそ『就活家族』の洋輔とまったく違うが、こちらで三浦友和が演じた父親は、高圧的で自己中心的で、そのことで妻と二人の息子の精神が崩壊し、長男は結婚して家庭を持っているもののリストラされ、次男は犯罪を犯してしまう。その長男が、『就活家族』で共演している新井浩文だというのも興味深い。 『葛城事件』で家族が崩壊してしまったのは、抑圧的な父親のせいな [全文を読む]

GLIM SPANKYが山口百恵の名曲をカバー!

Smartザテレビジョン / 2017年02月11日09時08分

浅川マキの「それはスポットライトではない」は、ボーカルの松尾がバンドを始めた頃に父親に教えてもらい「音楽人生で最初に心に刻まれた曲」というほど思い入れ深い一曲。 曲を聞いたMCのリリー・フランキーが、「風景がある。情景を回帰させる」と絶賛した表現豊かなパフォーマンスは必見。 ジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」は、水原希子出演のCMで松尾レミが歌 [全文を読む]

三浦友和、妻・山口百恵は「元気です!」と笑顔で報告

Movie Walker / 2016年05月29日21時33分

役柄では、殺人事件を起こす息子の父親を演じた三浦だが「僕も息子が2人。共に30を超えましたが、葛城事件のような家族にならなくて良かった」と言うと、会場から「百恵さんは元気?」と声が上がる。三浦は「元気ですよ」と笑顔で返した。 また、三浦は家族について「ネットとかで予告編などを観て、うちの家族も映画を観たいと言ってる。珍しい現象かなと」とうれしそうに語った [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしているのに、その気配すら感じさせない人もいます。 今年も北斗晶さん佐々木健介さん夫妻、つるの剛士さんらのイメージが強かっ [全文を読む]

三浦祐太朗が母百恵の持ち唄『さよならの向こう側』を披露 歌手でやっていけるかも 〈うたコン 七夕名曲選〉(NHK総合)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月07日12時00分

顔の下半分は父親の三浦友和似で、上半分は母の百恵似? 山口百恵が引退最期に歌った『さよならの向こう側』を歌った。『さよならの向こう側』は旭化成のCMソングだと思っている人も多いが、百恵の持ち歌だったのである。祐太朗は母親(百恵)からメールが来たといい、家族も初出場に喜んでテレビを見ている様子である。2代目は大体ダメと決まっているが、祐太朗は歌手でやってい [全文を読む]

「永遠の二枚目」三浦友和が他の俳優に嫉妬する瞬間とは

NEWSポストセブン / 2016年06月03日07時00分

前者では、物語のキーとなる刑事部捜査一課長を、後者では、ダメな父親を演じた。 特に『葛城事件』で演じる葛城清は、世間のイメージとは真逆の三浦友和ではないか。家族を抑圧し、行動を強制する。口答えすれば殴る。家族は崩壊の一途を辿り、妻は精神を病み、長男は行き場をなくし追い詰められる。引きこもりだった次男は無差別殺傷事件を起こし、死刑囚に──。「なぜこんなひどい [全文を読む]

百恵と淳子、頬を張られた淳子の好演技

アサ芸プラス / 2013年02月05日10時00分

「優等生の彼女は、おそらく父親にも叩かれたことはないはず。だからこそ、ビシッと頬を張られたあとのリアクションを見たかったんです。彼女の事務所も、抜き打ちにもかかわらず理解をしめしてくれました」 河崎の目にも、痛みをこらえた淳子の演技は強い印象を残した。公開後に多くの映画評で「淳子が女優開眼!」と書かれたことは、意図したことへの最大の成果であった。 その直 [全文を読む]

共演から交際、結婚へ ドラマから生まれるロマンスを期待されているのは?

THE PAGE / 2017年09月11日18時06分

父親を殺したことを、ついに爽(川口)に打ち明けた黎(福士)。ドラマのほうは泥々の展開で、ネットには「黎が二重人格だったのでは」「双子がいたのでは」など大胆な推理が飛び交う。事件の真相はもちろん、爽と黎の恋の行方がどう決着するのかにも注目だ。(文・志和浩司) [全文を読む]

元祖料理マンガ「包丁人味平」は“カレー対決”から始まった

プレジデントオンライン / 2017年04月15日11時15分

だが、「安くてうまい」料理を作りたい味平は父親の反対を押し切り、新宿の洋食店「キッチンブルドッグ」に入店する――。 ■味平とカレーの時代 大衆料理をテーマにした“味平”に登場するなかで、もっとも印象的なメニューと言えば「カレー」である。連載の後半に登場する「ブラックカレー」とその考案者である「鼻田香作」が作品全体でも大きな存在感を放っているが、1973(昭 [全文を読む]

「『俺の空』は衝撃的な出来事だった」水道橋博士が語り下ろす『週刊プレイボーイ』50年【前編】

週プレNEWS / 2017年03月04日10時00分

元々は父親が買ってきたものなんだけど、『電源入れて肩に当てると気持ちいいんだ、これは…もしかして?』とアソコに当てたら、めくるめく快感に襲われてさ。同時に強烈な背徳感もあって、このまま続けたら地獄に堕ちてしまうんじゃないかと。 その恐怖からある月夜の晩、裏庭に穴を掘って電マを埋めたの。実家の家族に関わることだから詳しくは割愛するけど、なぜか泥のついた電マが [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

そんな父親から籍を抜いていたというのは驚きました。二田 明菜は亡くなったお母さんっ子だったというのもある。石川 感情の起伏は激しいよね。以前、六本木の黒服とつきあっていた頃、都心の高級ホテルのセミスイートに泊まっていて、そこでケンカになったんだな。明菜は部屋のテレビから何から全部壊して、それで出入り禁止になっちゃった。長谷川 今年は暮れにディナーショーが予 [全文を読む]

今もっとも旬のモデル、林田岬優の美容・ファッションのこだわりは?

Woman Insight / 2015年11月23日19時30分

(さとうのりこ) ヘア&メイクアップ協力:AYA(LA DONNA) 林田岬優オフィシャルブログ 【あわせて読みたい】 ※人気モデル林田岬優、Oggi専属モデルに!美肌の理由が明らかに ※2015年秋の注目色!カーキ、ボルドー、ブラウンでつくる「こっくりアイカラー」 ※OggiモデルLIZA、父親を亡くし、自らも身体を壊した壮絶な1年間を告白 ※2015年 [全文を読む]

柴咲コウが中田英寿と結婚したくてもできない“2つの理由”とは?

アサ芸プラス / 2015年10月04日17時59分

「それは中田の父親ですよ。ある女性誌の直撃取材で山梨県にある中田の実家を訪れた際、『まだそんな段階ではない』とコメント。さらに『(結婚を)判断するのはヒデだよ。ただ芸能人はやめたほうがいいんじゃないかな。もし芸能人と結婚するなら山口百恵さんのようにスパッと家庭に入って表に出てこない方がいい』とのことでした」 どうやら中田の父は、芸能人との結婚に反対している [全文を読む]

松田優作の娘・Yukiは宇多田ヒカルを越えられるか?

アサ芸プラス / 2015年06月09日17時58分

「俳優だったら『確かにこの人は父親と似てる』などと視覚的興味や親子関係そのもので人気につながることがありますが、歌手にとって見た目は二の次。いい音楽を発信しなければ見向きもされません。Yukiが注目されているのは、先にいい音楽を発信した後で血筋を公表したから。彼女はなかなかの実力者です」(大手レコード会社社員) 果たしてYukiは宇多田ヒカルを越えられるか [全文を読む]

フォーカス