父親 山口百恵に関するニュース

2月25日(火)創刊!『山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン』

PR TIMES / 2014年02月13日11時38分

17年の歳月を経て再会を果たすが、生まれ育った施設を襲った火事による混乱で、二人の娘(山口百恵/秋野暢子)はそれぞれ別の父親(宇津井健/三國連太郎)の元へと引き取られていった。 「赤い衝撃」 陸上界期待のスプリンター・友子(山口百恵)は刑事・新田(三浦友和)に淡い恋心を抱くが、犯人を追う新田の銃弾を受け、下半身マヒになってしまう。アスリートとしての夢を打ち [全文を読む]

ボートレースを支える“女性初”の競技長

プレジデントオンライン / 2017年05月29日15時15分

比良野智恵子さんは子どもの頃、町工場を営んでいた父親に連れられ、競艇場に行くことがよくあった。場所は東京・平和島。3人の兄妹と父親の4人で訪れたその場所は、いまでも彼女の原風景である。 水しぶきを上げて競い合うボートが、大きなエンジン音を響かせながら目の前を通り抜けていく。 「何番? 何色を応援すればいいの?」 彼女が聞くと、父親は言うのだった。 「赤だ [全文を読む]

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(4)秋野暢子が感じた悪役の重圧

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時58分

市場に買い物に行っても、何も売ってもらえないということもあったんです」 百恵演じるヒロインの直子と、秋野演じるいづみは養護施設で育ったが、本来の父親と違う男に引き取られてしまう。回が進むにつれ真実が明らかになっていくのだが、電車で撮影に通う秋野の身にも容赦なく「混同」は襲う。 「大学生らしい男の人が『いづみ、いづみ』って話しかけてくるんです。私に『お前に本 [全文を読む]

大映ドラマのヒロインたち 名優たちの中で培われた女優力

アサ芸プラス / 2012年02月10日10時54分

前作とは一変し、父親である宇津井は妻を殺され、犯人を追う精神科医の役。その娘である百恵扮する明子には出生の秘密が隠された「大映ドラマ」としての要素に満ちたサスペンスになった。優作は百恵の叔父にあたる貴重なキャスティングである。 とはいえ、記念すべき「赤」の第1作には、思わぬ障害が待ち受ける。 「優作さんは当初の設定よりも役柄が後退してしまった。そのため、 [全文を読む]

◆『息子よ、パパにも関心を』「父の背中」への恥じらいか? 男性の「父の日」への関心、半数以下に

PR TIMES / 2017年04月27日16時26分

【全国の20~50代男女307名に母の日・父の日について聞く】女性の関心:「母の日」86.4% 「父の日」62.1%/男性の関心:「母の日」73.4% 「父の日」45.8%「理想の母親」1位に松嶋菜々子さん/「理想の父親」1位に所ジョージさん、関根勤さん 5月14日の『母の日』と6月18日の『父の日』。贈り物として一般的に母の日は「カーネーション」、父の日 [全文を読む]

三浦友和、“一家の大黒柱”役がハマる理由 『就活家族』と『葛城事件』の共通点を探る

リアルサウンド / 2017年02月24日06時00分

役のキャラクターこそ『就活家族』の洋輔とまったく違うが、こちらで三浦友和が演じた父親は、高圧的で自己中心的で、そのことで妻と二人の息子の精神が崩壊し、長男は結婚して家庭を持っているもののリストラされ、次男は犯罪を犯してしまう。その長男が、『就活家族』で共演している新井浩文だというのも興味深い。 『葛城事件』で家族が崩壊してしまったのは、抑圧的な父親のせいな [全文を読む]

GLIM SPANKYが山口百恵の名曲をカバー!

Smartザテレビジョン / 2017年02月11日09時08分

浅川マキの「それはスポットライトではない」は、ボーカルの松尾がバンドを始めた頃に父親に教えてもらい「音楽人生で最初に心に刻まれた曲」というほど思い入れ深い一曲。 曲を聞いたMCのリリー・フランキーが、「風景がある。情景を回帰させる」と絶賛した表現豊かなパフォーマンスは必見。 ジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」は、水原希子出演のCMで松尾レミが歌 [全文を読む]

三浦友和、妻・山口百恵は「元気です!」と笑顔で報告

Movie Walker / 2016年05月29日21時33分

役柄では、殺人事件を起こす息子の父親を演じた三浦だが「僕も息子が2人。共に30を超えましたが、葛城事件のような家族にならなくて良かった」と言うと、会場から「百恵さんは元気?」と声が上がる。三浦は「元気ですよ」と笑顔で返した。 また、三浦は家族について「ネットとかで予告編などを観て、うちの家族も映画を観たいと言ってる。珍しい現象かなと」とうれしそうに語った [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしているのに、その気配すら感じさせない人もいます。 今年も北斗晶さん佐々木健介さん夫妻、つるの剛士さんらのイメージが強かっ [全文を読む]

「永遠の二枚目」三浦友和が他の俳優に嫉妬する瞬間とは

NEWSポストセブン / 2016年06月03日07時00分

前者では、物語のキーとなる刑事部捜査一課長を、後者では、ダメな父親を演じた。 特に『葛城事件』で演じる葛城清は、世間のイメージとは真逆の三浦友和ではないか。家族を抑圧し、行動を強制する。口答えすれば殴る。家族は崩壊の一途を辿り、妻は精神を病み、長男は行き場をなくし追い詰められる。引きこもりだった次男は無差別殺傷事件を起こし、死刑囚に──。「なぜこんなひどい [全文を読む]

フォーカス