最近 山口百恵に関するニュース

さくら学院公開授業レポート1限目 水野由結の成長に父兄も大感動

エンタメNEXT / 2015年03月17日07時00分

田口は「今日の授業は最近では一番緊張してるけど、何があっても楽しみたいし、父兄さんにも一番楽しかったと思われるよう頑張ります」と気合いが入っていた。磯野は「今日、森先生がやっとミルクレープを差し入れてくれました」と嬉しそう。 大賀は「せーの、グッド!」「オーガニング!」とようやく自己紹介がバッチリ決まって拍手をもらう。「今の咲希の気持ちを皆さんに届けて、後 [全文を読む]

和田アキ子に明石家さんま…大物芸能人に見えてきた”カリスマの綻び”

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日07時55分

しかし最近では、今回のような芸能界の裏側を暴露する一面など、他人を出しぬく発言が急に際立つようになってきています。」(芸能関係者) 最近では自身の番組でタレントの出川哲朗(52)に対し、淫行疑惑で無期限謹慎処分中の狩野英孝(34)に電話をかけるよう強要する一幕もあった。この和田の行為も「パワハラ」と揶揄されており、日に日にご意見番としての影が薄れている。 [全文を読む]

「憧れのベテラン夫婦ランキング」北斗晶夫婦や山口百江夫妻を抑えて1位になった夫妻とは?

Woman Insight / 2017年01月12日19時30分

<ヒロミ・松本伊代> ■「奥さんの失敗も笑い話にして、楽しく生活しているから」(43歳/男性) ■「お互いに大切に思っている感じがするから」(39歳/女性) ■「伊代さんの天然を、ヒロミさんが暖かく見守っている感じが素敵」(38歳/女性) <佐々木健介・北斗晶> ■「ご主人が奥さんを支えているまでも優しい」(37歳/女性) ■「夫婦支え合っているのがわか [全文を読む]

電撃結婚しそうな芸能人…3位は長澤まさみ!etc…「いい夫婦」ランキング発表!

Woman Insight / 2016年11月22日21時00分

海もショッピングも満喫できて、アメリカだけど多少日本語も通じるとなると行きやすさはピカイチ! 最近ではグアムも人気。日本から約3時間半のフライトで着くという近さと、ハイグレードのホテルが増えたこと、ショッピングモールの充実が、まさにリトルハワイのよう。モルディブは憧れますよね。実は私もハネムーンで行きたかった国。透き通るような海に浮かぶ水上コテージで、何も [全文を読む]

名プロデューサーが語る70年代のアイドル「原点は近所にいる知り合いの女のコ」

週プレNEWS / 2016年11月07日06時00分

また、最近は歌手のことをアーティストと呼ぶことが多いですが、アーティストは芸術家という意味ですから、聴く人も多少かまえて接する必要があります。 でも、アイドルはエンターテインメント、娯楽です。特別な知識は必要なく、多くの人が楽しめる存在でなくてはならないと思っています。そんな正統派アイドルの活躍に期待しています。 ●都倉俊一(作曲家/プロデューサー) 1 [全文を読む]

大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年03月10日07時00分

最近では、女優としても映画やドラマなどに出演。今後の活躍が期待されるなかでの引退発表だった。 アイドル評論家の北川昌弘さんは「せっかくこれだけの知名度を得たのだから、それを捨てるのはもったいない気もします。学業優先で一時的に休業する子役はいますが、ここまでスパっと辞めるのは最近では珍しいのではないでしょうか」という。 これまで、活躍をしながら引退した子役の [全文を読む]

マルベル堂 キャンディーズやピンク・レディーに見たプロ技

NEWSポストセブン / 2017年02月18日07時00分

YouTubeで当時の映像を見た影響なのか、最近は沢田研二や南沙織のプロマイドを買っていく10代もいます。マルベル堂には後世にプロマイド文化を伝え続ける義務があると思っています」(武田氏) ■取材・文/岡野誠 プロマイドの写真/(C)マルベル堂 ※週刊ポスト2017年2月24日号 [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

最近は、所帯持ちの人でも趣味としてアイドルを応援する人も珍しくありません。 現在50代以上の人は、若い頃からキャンディーズやピンクレディー、山口百恵さん、40代だと、松田聖子さんや小泉今日子さん、中森明菜さん、そしておニャン子クラブなど、アイドルムーブメントを経験してきた人が多く、その後もずっとアイドル応援し続けている人だけでなく、いったんアイドルから離れ [全文を読む]

ぶっちゃけすぎ!? 現役“底辺グラドル”がグラビア界の内情を暴露!

週プレNEWS / 2016年11月22日10時00分

最近のグラドルのファン層はどうですか。 さりぃ あまり偉そうに言える立場じゃないんですが、5~10年前と比べて、すごくよくなっているなと思います。例えば、5年前は撮影会って一番イヤな仕事だったんですよ。(ファンと)会話が成り立たないし、衛生的に問題のある人も多くて、夏場なんか地獄でした。 豪 プレゼントも自分の趣味の押しつけで、相手が本当に欲しがって [全文を読む]

ソロアイドル 今は少なくなったが70年代は多かった

NEWSポストセブン / 2016年07月18日16時00分

最近では、気分が沈みがちになると無意識に『気まぐれヴィーナス』を口ずさんでいます。声に出さないように気をつけなくてはね。アイドル動画を見ると、子供の頃は気がつかなかった発見がたくさんあります。あるアイドルのずば抜けた脚のきれいさや、当時の洋服のトレンド。テレビに映る頭の角度ひとつでかわいく見えたりすることも、当時は気づきませんでした。 山口百恵さんなんて [全文を読む]

意外な2位は山口百恵、世の女性が考える「理想の妻な女性芸能人」1位は?

WooRis / 2016年06月18日20時00分

最近挙式をしたばかりの北川さんは仲睦まじい様子がご主人DAIGOさんのInstagramに載るなどして話題ですよね。また、ユッキーナの愛称で知られる木下優樹菜さんも夫であるフジモン(お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史)さんとラブラブのおしどり夫婦で有名です。同性が憧れる理想の妻像は、ご主人とラブラブで仲睦まじい妻を指す傾向もあるのかもしれません。■2 [全文を読む]

三浦友和、妻・山口百恵は「元気です!」と笑顔で報告

Movie Walker / 2016年05月29日21時33分

その後、映画にちなみ、最近身の回りで起きた事件についてクロストーク。2月5日に一般男性と結婚した田中は「名字が変わりました。それが衝撃的な事件でした」と照れながら言うと、三浦たち全員から祝福された。 最後に、三浦は、現在公開中の『64』を交えて『葛城事件』をアピール。「僕は『64』もやっていますが、この映画と比較すると、製作費は10分の1、上映館数は30 [全文を読む]

伝説的アイドル誌『BOMB!』 今では驚きのアイドルへの質問

NEWSポストセブン / 2016年04月15日16時00分

インタビュアーから、「最近の恵利ちゃんは色っぽくなった」「夏の新島なんかで無理やり変わっちゃう女のコもいるしね」と“ムチャぶり”された新田は、「そういうことだけが目的で行く女の子なんて、いないですよ。男の人だったら、わかるけどなあ」と応じた。 テレビで活躍する清純派のアイドルが初体験についてそれとなく語るだけで、青少年はドギマギしたものだった。当時の様子を [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】GENERATIONS・数原龍友との“世代差”に内田恭子「どういうこと!?」

TechinsightJapan / 2016年02月28日21時00分

「メロディがキャッチー、サウンドが印象的で最近は毎朝のように聴いている」という。自身がボーカリストだけに歌唱力や技術などが気になり、男性ボーカリストを聴くことが多いそうだ。 彼が「自分の親の世代のアーティストとか子どもの頃から聞聴いていた。今でも聴くし、意外にそこが自分のルーツだったりするかもしれない」と語ると、内田恭子が「ご両親の世代のアーティストとはど [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

最近はむしろ役者としての活動の方が活発かもしれません。2015年『ようこそ、わが家へ』のお父さんや、アイスクリームのCMでもお馴染みです。 ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの宇崎竜童さんも多角的な才能の持ち主。作曲家として国民的スター山口百恵さんの楽曲を担当。作曲家としても超一流でありながら、ご自身も『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』などのヒット曲を出され [全文を読む]

アダルト引退の上原亜衣が独占告白「普通の人の幸せを考えていきたい。後悔はひとつもありません!」

週プレNEWS / 2015年12月21日20時00分

―ここ最近の作品はドキュメントものが多かったけど、それは引退にも関係してるの? 上原 引退を考えていた3月からドキュメント作品のオファーが多かったというのもありましたけど、自分としても今まで見せていない上原亜衣の本性を見せたいなという気持ちもありました。というのも、私は“ロボット”ではないんだ、ということを実は言いたくて。 ―ロボット? 上原 確かに仕事 [全文を読む]

今もっとも旬のモデル、林田岬優の美容・ファッションのこだわりは?

Woman Insight / 2015年11月23日19時30分

10代のころは、雑誌に掲載されているコーデをそのまま着ていたこともありますが、モデルの仕事を通してファッションのことが少しずつわかってきて、最近は「自分の好きなものを追及して、いましか着られない服を着ていこう」という気持ちが強いです。でもファッション全般を理解するには、まだまだ。もっといろいろ知りたいので、日々勉強です。 ◼︎【食】で気をつけていることは2 [全文を読む]

「女優ぶってんじゃねぇ」有吉弘行にブチギレられた福田彩乃のマネできない言動

アサ芸プラス / 2015年11月20日09時59分

ものまねタレントの枠を超え、最近では女優や声優業にも活動の幅を広げているのが福田彩乃。現在公開中である桐谷美玲主演の映画「ヒロイン失格」でも、山崎賢人演じる主人公・寺坂の友人役として出演しており、まるで長年の親友だったのではと思わせる掛け合いを見せている。 最近ではNHK朝ドラ「まれ」にも出演するなど女優業でも目にすることが増えてきた福田だが、その活躍とは [全文を読む]

松田聖子ら命名した「名古屋の神様」 三島の死予見の逸話も

NEWSポストセブン / 2015年10月06日11時00分

最近、女性週刊誌で「名古屋の神様」として注目を集めている人物がいる。「霊能者」の沖紘子(ひろこ)氏だ。愛知県・知多半島で生まれた沖氏は、日本有数の霊場とされる鞍馬山で、霊能修行中に倒れた祖父の霊能力を受け継いだという。 名古屋市を拠点に50年以上にわたって活動する彼女を一躍有名にしたのが、「命名力」だった。生年月日や、親が子供に「どうなってほしいか」などを [全文を読む]

多部ちゃんのことが気になってしょうがない… 不思議な魅力の正体とは

週プレNEWS / 2015年10月02日06時00分

少女だと思っていたらすっかり大人になっていた多部ちゃんに心揺さぶられるぅぅうう…! 現在、そんな"多部ちゃんが気になってしょうがない"男子が急増殖中とか? まずは、週プレ編集部に配属されて2年目の荻原(おぎわら)崇(24歳)のご意見から! 荻原 最近、彼女のことが気になって夜も眠れない! 初めて見た時は、『え? 個性派女優?』くらいに思ってましたよ。でも [全文を読む]

フォーカス