自宅 山口百恵に関するニュース

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

大型連休中、見逃していたアイドル出演作を自宅鑑賞するのはどうだろうか。どこかヘンだが、それゆえに愛しさが募る“変愛系”アイドル映画を5本紹介したい。 まずは“伝説のアイドル”山口百恵主演作から。14歳で芸能界デビューした山口百恵は歌手として「ひと夏の経験」などのヒット曲を放つ一方、女優としての活躍も目覚ましかった。川端康成原作『伊豆の踊子』(74)、三島由 [全文を読む]

宇崎竜童「百恵さんが僕にくれた“作曲家としての誇り”」

WEB女性自身 / 2013年07月27日07時00分

本当にすごい人でした」百恵さんが結婚して間もなく、一度夫婦で自宅に招待されたことがあったが、それ以降は年賀状のやり取りだけの付き合いだった。その百恵さんと宇崎さんが再会したのは’09年、30年が経っていた。「このときは恵比寿(東京都渋谷区)のレストランで、僕ら夫婦と百恵さん、彼女の元マネージャーと食事をしたんですが、百恵さんに『何でいらっしゃったんですか? [全文を読む]

堀北真希「電撃引退」で浮上した乙武洋匡とのドロドロ因縁

アサ芸プラス / 2017年03月11日09時57分

「記事では、乙武さんが自宅とは別に高級マンションを借り、そこに若い美女を招き入れる様子がレポートされていました。各週刊誌が一斉に後追い取材を始め、この『ヤリ部屋』を徹底マーク。張り込みの過程で、堀北夫妻もそのマンションに住んでいることが判明したんです」(前出・芸能関係者) 不動産業者の「情報漏洩」のみならず、乙武氏の「ヤリ部屋」発覚がもとで“自宅バレ”とは [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】夏木マリ&加藤浩次 レアな2ショット公開 加藤の交友関係の広さに驚き

TechinsightJapan / 2017年02月11日17時50分

これは過去に俳優・三浦友和の自宅を仲間数人と加藤浩次が訪問した際、酔って高級な焼酎の一升瓶を割り、妻の山口百恵さんが後始末をしていたというエピソードを指しているのだろう。三浦友和とは2003年に放送されたドラマ『ブラックジャックによろしく』で共演してから親しくなり、彼の自宅へ招待されたこともあるという。今回の夏木マリも含め、加藤浩次の交友関係の広さには驚く [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

──有名人の自宅を直撃するのも、いろいろとあつれきが生じるご時世です。二田 沢田研二と田中裕子の不倫が発覚した87年、世田谷の自宅の近辺で聞き込みしたら、すぐに通報された。だって隣の家が先輩のハナ肇!石川 あそこは、もともと渡辺晋社長の広大な土地を分譲した一帯だから、ナベプロの関係者ばかり住んでいたんだよ(笑)。二田 マンションでもおもしろい話がありました [全文を読む]

『ザ・ベストテン』秘話 井上陽水は法事で欠席した

NEWSポストセブン / 2016年06月07日16時00分

そのとき、ファンの自宅をサプライズで訪問する企画が進められた。「でも、当日、ファンの自宅に行ってみると、留守。仕方なく家の前で中継すると、カラオケテープがよれよれで音がうまく出ず、歌いづらくなるというダブルハプニングだったそうです」(元プロデューサー・齋藤薫さん)。 ●「法事」を理由に辞退した井上陽水 出演辞退するニューミュージックの歌手が多かったが、井上 [全文を読む]

【紅白出演!中森明菜特集/後編】『ベストテン』における明菜伝説を一挙紹介!

しらべぇ / 2014年12月31日17時00分

一方、百恵さんは自宅のカラオケで明菜の歌を歌っていることが徹子さんから紹介された。「『北ウイング』は、あなた(明菜ちゃん)そっくりに似せて歌ってらっしゃると聞いています」と聞いて、思わずニッコリする明菜であった。 ●危ない!見えるところだった クラシックバレエを10年間習っているということで、番組で少しだけ披露。足を上げた際、危うく”中”が見えそうになり、 [全文を読む]

「秘宝ポジフィルム一挙出し!」で名コラムリストが語る“70年代グラビアと週プレ”の時代

週プレNEWS / 2017年05月06日15時00分

でも僕たちはスタッフの自宅や御殿場インターの奥にある廃校に潜入して教室の中で撮ったり、あとは街中とかね。日常的でどこにでもある場所で撮りました。衣装もこだわりましたよ。 ―私服ってことですか? 亀和田 それもあるけど、ブラジャーとパンツが肌に食い込んだ跡とかパンスト姿を撮ったり。カッコいいものじゃないからイヤがる女性もいましたけど。一流誌のモデルさんは下着 [全文を読む]

当時の秘話満載!懐かし「青春アイドル」は今

日刊大衆 / 2017年04月27日08時05分

「港区赤坂の霊南坂教会での結婚式取材には、少ない取材枠を巡って、各社記者30人以上を並ばせたり、自宅のゴミ袋をあさってゴミを掲載した写真誌もありました」(女性誌記者) 長男の入園式に向かう三浦家の車を報道陣が取り囲んで撮影した際には、彼女が車を降り、カメラマンを平手打ちしたこともあったという。そのように取材が過熱した理由は、引退後、彼女が一切、公に姿を見せ [全文を読む]

西川先生も? 更年期障害と闘う芸能人が増えている

日刊大衆 / 2017年01月08日16時00分

一時は、深夜に仕事が終わって高層マンションの自宅ベランダから外の景色を眺めているうち、「このまま飛んでしまいたい」という衝動に駆られたこともあったという彼女。しかし当時一緒に暮らしていた実母や子どもが根気よく見守ってくれたこと、さらにかつて森とともに“花の中三トリオ”と呼ばれた山口百恵(57)からの電話で勇気づけられたことをきっかけに症状も改善。ついに更年 [全文を読む]

フォーカス