シングル 山口百恵に関するニュース

山口百恵、春夏秋冬が味わえる新感覚のベストアルバムついに発売!

okmusic UP's / 2017年05月25日00時00分

【その他の画像】山口百恵1973年にシングル「としごろ」で歌手デビューし、結婚をきっかけに引退したが、今なおその輝きを失うことのない、昭和を代表する歌姫であり、スーパースターの山口百恵。 『GOLDEN☆BEST山口百恵 日本の四季を歌う』は従来のヒット曲を年代順、チャート順に収録するのではなく、“日本の四季”というテーマのもと、彼女がレコーディングした約 [全文を読む]

山口百恵の次男・三浦貴大の“ハロヲタ発覚”で、モー娘。に「新時代」が来る!?

日刊サイゾー / 2017年04月13日09時00分

欅坂46の4thシングル「不協和音」(SMR)が初週63万2,667枚を売り上げ、シングル1位を獲得。デビュー曲「サイレントマジョリティー」(同)から4作連続1位という、デビュー1年以内の女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。 また、乃木坂46は、シングル売り上げもさることながら、個人の写真集がヒットを連発。白石麻衣の『パスポート』(講談社)は累 [全文を読む]

JY(=知英)の二面性に注目! レスリー・キー監督の『夢先案内人』MV解禁

Entame Plex / 2016年11月30日10時49分

12月7日(水)に2作同時発売となるJY(=知英)の3rdシングル『フェイク』と4thシングル『恋をしていたこと』。『フェイク』のCDジャケットは初回生産限定盤の赤と、通常盤の青、どちらもJYの顔が全面に出ているインパクトあるもので、写真家のレスリー・キーによる作品という事でも話題を集めている。 このたび、3rdシングル『フェイク』初回生産限定盤のDVDに [全文を読む]

JY(=知英)が憧れの阿木燿子に歌詞を直接依頼

dwango.jp news / 2016年11月23日12時21分

2016年、夏の月9ドラマ主題歌『好きな人がいること』がロングヒット中のJY(=知英:ジヨン)が、12月7日(水)に3rdシングル『フェイク』と 4thシングル『恋をしていたこと』の2タイトルを同時発売する。この度11/23に、3rdシングル『フェイク』の作詞を担当したのが、なんと、阿木燿子であることが発表された。 かねてより雑誌のインタビューなどで、山口 [全文を読む]

JY(知英)、同時発売シングルの対照的なジャケ写公開!

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日20時25分

12月7日(水)に3rdシングル「フェイク」および4thシングル「恋をしていたこと」を同時発売するJY(知英)が、このたび両タイトルのジャケット写真を公開した。 「フェイク」のジャケット写真は、写真家のレスリー・キーが撮影。赤の初回生産限定盤と青の通常盤、どちらもJYの顔が全面に打ち出されたクールなジャケットに仕上がっている。 対照的に「恋をしていたこと』 [全文を読む]

宇崎竜童「百恵さんが僕にくれた“作曲家としての誇り”」

WEB女性自身 / 2013年07月27日07時00分

僕にとって彼女は、それくらい大きな存在です」(宇崎さん・以下同) 宇崎さんは、百恵さんにシングル、LP合わせて68曲を書いた。1人のアーティストにこれだけの曲を書いたのは百恵さんだけで、彼女には、プロの作曲家としてものすごく鍛えられた気がすると話す。そして、歌手・山口百恵を誰かに例えると、野球のイチロー選手のような人だという。「イチロー選手は、普通のバッタ [全文を読む]

JY(=知英)主催のXmasパーティーで衣装と表情が一変

dwango.jp news / 2016年12月12日10時24分

2ndシングル『好きな人がいること』がロングヒット中のJYが、12月7日(水)に3rdシングル『フェイク』と4thシングル『恋をしていたこと』の2タイトルを同時にリリースした。 その発売を記念して12月11日(日)に、お台場ヴィーナスフォートにてJY主催のクリスマスパーティーが開催された。 ファン100人を招待し、会場ではサンタ帽子を配布。集まったファンは [全文を読む]

橋本奈々未は山口百恵の再来!?「引退宣言」が高評価

日刊大衆 / 2016年11月06日22時00分

ネットではその一連の苦労話が、なかば“神格化”されているようですね」(アイドル誌ライター) 乃木坂46の一期生としてグループに加入した橋本は、発売してきたシングル15作ではすべてフロントメンバーを務めてきた。橋本のラストシングルとなる『サヨナラの意味』では、“最初で最後のセンター”に抜擢。『CanCam』(小学館)で専属モデルを務めるなど幅広い活動で、グル [全文を読む]

胸の急勾配がスゴい! 欅坂46に巨乳かつ抜群のアイドル性を備えた「とんでもない逸材」

メンズサイゾー / 2016年08月03日10時00分

デビュー当初から容姿レベルが高いと評判を集め、昨年の秋にはさっそく冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)がスタートし、今年4月発売のファーストシングル『サイレントマジョリティー』は初週売上26.2万枚でオリコン週間ランキング初登場1位を獲得した。 7月からは新冠バラエティ『KEYABINGO!』(日本テレビ系)もスタート。その初回ではドッキリ企画が実 [全文を読む]

さくら学院公開授業レポート1限目 水野由結の成長に父兄も大感動

エンタメNEXT / 2015年03月17日07時00分

シングルカットはされていません……」と発表を始めた大賀。普段とは違った真剣な口調での発表に、客席にもピンとした空気が張り詰める。 「歌詞の世界に共感できる曲を探しました。曲を探すのに悩んでいたとき、お母さんが家にあったZARDの6枚のアルバムを持ってきて勧めてくれた。1枚目から順番に聞いて、6枚目のアルバムのこの曲に出会ったとき、咲希が今歌うのはこの歌しか [全文を読む]

徳永英明、山口百恵の「さよならの向う側」をカヴァー、ミュージックビデオも公開

Entame Plex / 2014年09月01日12時39分

さらには、そこから山口百恵の「さよならの向う側」のカヴァーが先行シングルとして、9月24日にリリースされることとなった。 女性アーティストの名曲をカヴァーする徳永英明のVOCALISTシリーズは、これまで数多くの作品が発表され、中島みゆきの「時代」、中島美嘉の「雪の華」、小林明子の「恋におちて –Fall in Love-」、テレサ・テンの「時の流れに身を [全文を読む]

山口百恵、春夏秋冬で綴る“ベスト・アルバム”発売!

Entame Plex / 2017年05月24日16時00分

1973年にシングル「としごろ」で歌手デビューし、結婚をきっかけに引退をしたが、今なおその輝きを失うことのない、昭和を代表する歌姫でありスーパースターの山口百恵。 本日24日に発売された『GOLDEN☆BEST山口百恵 日本の四季を歌う』では、従来のヒット曲を年代順、チャート順に収録するのではなく、“日本の四季”というテーマのもと、彼女がレコーディングした [全文を読む]

JY「今年はフライドチキンを買います」お客サンタ100人とクリパ開催!

Entame Plex / 2016年12月12日13時13分

12月7日に3rdシングル『フェイク』と4thシングル『恋をしていたこと』の2タイトルを同時リリースしたJY(=知英)。その発売を記念して12月11日に、東京・お台場ヴィーナスフォートにてJY主催のクリスマスパーティーが開催された。 ファン100人が招待された会場では、サンタ帽子を配布。集まったファンは“お客サンタ”として、赤い服とサンタ帽を被ってJYと一 [全文を読む]

JY(=知英)「夢のようで鳥肌がたった」憧れの阿木燿子が3rdシングル『フェイク』の作詞を担当!

Entame Plex / 2016年11月24日18時31分

2月7日(水)に2作同時発売となるJY(=知英)の3rdシングル『フェイク』と4thシングル『恋をしていたこと』。このたび、『フェイク』の作詞を、作詞家の阿木燿子が担当していることが発表された。 雑誌のインタビューなどで、かねてより山口百恵の大ファンであることを公言していたJY。山口の多くの楽曲で作詞を手掛けている阿木も、もちろんJYにとって憧れの人であり [全文を読む]

“口パク握手アイドル”欅坂46のセンター・平手友梨奈「アーティストになりたい」勘違い発言に失笑の嵐

日刊サイゾー / 2016年08月24日00時00分

平手といえば、「山口百恵の再来」「アイドル界随一のカリスマ性」などともてはやされ、センターを務めたデビューシングル「サイレントマジョリティー」(ソニー・ミュージックレーベルズ)は、累計売上35万枚超を記録。今月10日に発売された2ndシングル「世界には愛しかない」でもセンターを務め、初週売上32万枚を突破した。 スポーツ報知のインタビュー取材に応じた平手 [全文を読む]

宇崎竜童「阿木の詞で作曲に困ったのは“港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ”1曲だけ」

アサ芸プラス / 2013年05月28日10時00分

当時は次のシングルに向けて、2~3カ月に一度ぐらい、向こうのスタッフとアイデアを出し合う会議があったのかな。で、その場でイケそうなテーマやフレーズがあれば『じゃあ、いつまでに書いてきてくれ』と発注を受けるような形だったんです。こっちもかなりおもしろがって作っていたし、変化球も投げましたが、百恵さんはどれもみごとに次々と打ち返してきた。まさに天才ですよね」 [全文を読む]

『欅坂46』がAKB、乃木坂と“まったく違う”理由とは!?

日刊大衆 / 2017年06月04日10時05分

シングルは初週で推定26万枚超え。女性アーティストの初週最高記録を達成したり、デビューからわずか8か月で紅白歌合戦出場など、まさに破竹の勢い。最新シングル『不協和音』は、なんと初週で63万枚。4作連続で最高記録を塗り替えています。下積みの長かったAKBや乃木坂と比べると、異例の短期ブレイクです」(スポーツ紙記者) この偉業は、彼女たち自身の魅力に加え、コ [全文を読む]

高山一実、怪しげなマント姿でファン爆笑! 初フロントで「乃木坂46・No.1の美脚!」と称賛の声

おたぽる / 2017年02月18日12時00分

それだけに、昨年11月に発売された16thシングル『サヨナラの意味』(N46Div.)で、高山が初めてフロントポジションを任された際には、『かずみんの魅力は、フロントにいてこそ最大限に発揮される!』『やっぱり、かずみんがナンバーワンの美脚だね!』などと、ファンの喜びが爆発。しかし、来月22日に発売予定の17thシングルでは、高山は2列目に戻されてしまうとい [全文を読む]

【MUSIC ON! TV(エムオン!)】9月~11月の3ヶ月連続で宇多田ヒカルを総力特集!9/28(水)に8年振りとなるオリジナル・フルアルバム『Fantome』をリリース!

@Press / 2016年09月16日12時00分

これを記念して、エムオン!では9月~11月の3ヶ月連続で宇多田ヒカルを総力特集!過去のライブやミュージックビデオ特集などのコンテンツを多数放送します!お楽しみに!1998年12月、シングル「Automatic/time will tell」でメジャーデビュー。一気に人気に火がつき、ミリオンセールスを記録。わずか1枚のシングルでセンセーションを巻き起こした宇 [全文を読む]

元KARA JY=知英のソロ2ndシングル詳細明らかに 山口百恵カバーも収録

dwango.jp news / 2016年07月19日22時00分

フジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌として話題の、JY(=元KARAの知英)が8月31日にソロ2ndシングルをリリースする。その収録内容が明らかになった。 表題曲の『好きな人がいること』は、ドラマの放送から、歌詞検索サイトデイリー・ウィークリー共に1位を獲得、YouTube再生回数は、わずか1週間で150万回再生を突破するなど、驚異的な数字 [全文を読む]

フォーカス