引退 山本昌に関するニュース

【プロ野球】次なる”中年の星”は誰?マサに続く今年の40歳選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日16時00分

昨年は山本昌(元中日)をはじめ、大量にベテラン選手が引退した年だった。年齢を感じさせない彼らの活躍に勇気をもらった中年世代も多かっただろう。2015年度の40歳以上のプロ野球選手を年齢降順で並べ、その動向を見てみよう。(年齢は昨年末時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年度プロ野球選手年齢ランキング(降順) 1 [全文を読む]

最年長勝利の世界記録めざす中日・山本昌「僕にはまだ野球の神様から託された使命がある」

週プレNEWS / 2015年01月18日11時00分

昨季、一度は引退を覚悟しながら徳俵(だわら)ぎりぎりで踏ん張った男が、知られざる挑戦と葛藤を語ったーー後編。 * * * 去年、さらなる進化を目指して、山本昌はカットボールを覚えようとした。球数を減らすために、打者の芯を外す球種が欲しかったのだ。しかし横へ滑らせようとする新球は、山本昌にとっては禁断の果実だった。 「どうしてもボール球を使ったりファウルを打 [全文を読む]

最年長勝利の世界記録めざす中日・山本昌「50歳だからってハンデをもらえるわけじゃない」

週プレNEWS / 2015年01月17日14時00分

昨季、一度は引退を覚悟しながら徳俵(だわら)ぎりぎりで踏ん張った男が、知られざる挑戦と葛藤を語った。 * * * 「教官!」。このフレーズに、49歳の山本昌はすぐさま反応する。 「ドジでのろまな亀(笑)。僕のアイドルは、ずっと堀ちえみさんですから…確か、学年が僕のひとつ下だったかな」 ももクロでもなければAKBでもなく、堀ちえみの大ファンが今も現役のプロ野 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「山本昌」(1)声援に応えたくて引退できなかった

アサ芸プラス / 2016年01月03日09時56分

15年9月、現役引退を表明、10月7日の広島戦で最終登板。16年からは野球解説者として活動予定。 中日ドラゴンズの名サウスポーとして数々の記録を樹立、日本プロ野球の最年長プレーヤーとして活躍してきた山本昌。今秋、多くのファンに惜しまれながら、ついに引退を宣言。32年にわたるプロ野球人生の数々の思い出、そして気になるこれからを、天才テリーが直撃した!テリー [全文を読む]

プロ32年間の現役生活、山本昌が振り返る歴代監督「落合監督でなければもっと早くに引退していたかも…」

週プレNEWS / 2016年01月24日06時00分

早くも各メディアに引っ張りだこの“50歳のルーキー”を江夏豊氏が直撃! 前編「山本昌が江夏豊に語った球界引退」に引き続き、長~い現役生活をじっくりと振り返ってもらった。 5年目の年俸が当時、高卒ルーキーだった立浪(和義)の半分しかなかったというが、初勝利からシーズン5勝を挙げ、そこで「一軍で勝ちたい、稼ぎたい」に意識が変化。6年目から本当の意味でプロ野球 [全文を読む]

「山本昌選手の引退、残念です」 “野球好きすぎ”『暗殺教室』の松井優征、マサのサーキット復帰を祈る…

おたぽる / 2015年10月20日11時00分

阪神の関本賢太郎に広島の東出輝裕、日本ハムの木佐貫洋にオリックスの谷佳知など……今シーズンは大物プロ野球選手の引退発表が相次いでおり、どこか寂しい気持ちを抱く野球ファンも多いのではないだろうか。少なくとも、中日ドラゴンズファンの筆者としては、谷繁元信、山本昌、和田一浩などといった、一時代の中日を支えた選手たちの引退に、胸にぽっかりと穴が空いたような気持ちだ [全文を読む]

中日ドラゴンズ・山本昌が現役引退でネット上から惜しむ声 「同期はファミコン」「ファミスタに一番最初からいた」「本業がラジコンになるのか」

AOLニュース / 2015年09月27日12時00分

昭和野球ファン最後の希望、中日ドラゴンズの山本昌が遂に現役引退することが発表された。 ブログで「若返りを推進しているドラゴンズの現状を目の当たりにして、ボクが残ったらダメだと強く感じ、引退を決めました」と自ら去就を決めたことを明かした山本昌だが、ネット上でも名残を惜しむ同世代ファンがセカンドキャリアについてネタを披露する「山本昌引退後あるある」や、32年間 [全文を読む]

中日ドラゴンズ、球団創設80周年記念DVDが6月1日に3作同時リリース!

PR TIMES / 2016年05月30日13時48分

“投手編”では数々の名場面を生んできた名投手達を一同に紹介し、特典映像には昨季終了後に現役を引退した山本昌の引退試合も収録。一方“打者編”は名打者達を中心に、打撃のみならず守備で魅せたシーンのほか、特典映像に和田一浩、谷繁元信の引退特集も収録されている。そして“栄光の軌跡編”では、中日ドラゴンズの優勝シーンを一挙収録し、歓喜溢れるビールかけや優勝パレードが [全文を読む]

続々引退のプロ野球、大物ぞろいで次期監督に最も近いのは…

週プレNEWS / 2015年11月16日06時00分

今年ほど、一世を風靡した“超ベテラン選手”の引退が多かったシーズンも珍しい。 中日・山本昌(50歳)、小笠原道大(みちひろ・42歳)、和田一浩(43歳)、巨人・井端弘和(40歳)、金城龍彦(39歳)、DeNA・高橋尚成(40歳)、西武・西口文也(43歳)、オリックス・谷佳知(よしとも・42歳)、楽天・斎藤隆(45歳)…。あらためて並べてみると、そうそうたる [全文を読む]

イチローは2016年に日本球界復帰!? 人気占い師が予想

NEWSポストセブン / 2014年05月08日07時00分

そろそろ引退も囁かれるイチローの未来はどうなっているのでしょうか…。 * * *──今回は、ニューヨークヤンキースのイチローの未来を占っていただきたいと思います。今シーズンは開幕スタメンを外れ、途中出場が増えています。年齢も40才となり、全盛期のような活躍はできなくなってきています。竹田:でも、今年の後半から運気が良くなってきそうなんですよね。このまま調子 [全文を読む]

【プロ野球】猛牛? それとも虎? オリックスと阪神間のFA移籍を振り返りつつ糸井嘉男の去就を気にしてみる

デイリーニュースオンライン / 2016年11月13日17時05分

しかし、その後は振るわず阪神で3年間プレーして引退となった。 ■山沖之彦 山沖之彦は1994年オフにFA宣言。阪神へ移籍したものの故障の影響で1軍登板はなく、1995年限りで引退。筆者のなかに、阪神のユニフォーム姿の山沖はまったく印象に残っていない。 ■星野伸之 星野伸之は1999年オフにFA宣言し阪神へ。移籍前の1999年は26試合に登板し11勝7敗、防 [全文を読む]

“幻の馬“ソウタツーー「ニート」の愛娘に10年間で7,000万円つぎ込んだ“奇行馬主“の思惑

Business Journal / 2016年02月26日14時00分

今年になって、G1を3勝した名馬ワンダーアキュートが10歳で引退。それも3つ目のG1勝利は昨年に挙げたものだから驚きだ。もちろん9歳のG1制覇は史上初で「元気なお年寄りの活躍」として大きな話題にもなった。プロ野球でいえば、昨年50歳で現役を引退した中日ドラゴンズの山本昌投手のような存在だったといえる。 そこで現役引退を問わずJRAで高齢まで活躍した競走馬 [全文を読む]

「あと1勝したかった」山本昌に引退決意させたオーナーの一言

NEWSポストセブン / 2015年10月19日07時00分

いつ引退してもおかしくない年齢だったとはいえ、中日ドラゴンズの山本昌投手(50)が本当に2015年限りで引退すると想像していた人は少なかったのではないか。 「本当は引退したくなかったんです。できれば、あと1勝したかった」(山本、以下「」内同) 10月7日、広島戦に登板した山本は打者一人を打ち取り、自身が持つ最年長登板記録を50歳1か月に更新し、現役生活の幕 [全文を読む]

プロ野球”ストーブリーグ”を騒がす球界スキャンダル爆弾「谷繁監督VS落合GMが噴出した中日」

アサ芸プラス / 2015年10月18日17時56分

一触即発の関係となった両者だが、今季限りで選手を引退し監督専任となったばかりの谷繁監督に、落合GMが早くも「後任争いバトル」をけしかけている。「落合GMは谷繁監督を一刻も早く辞めさせたいようです。引退させたお気に入りの小笠原道大(41)を二軍監督に就任させましたが、落合GMの腹の中では次期監督をにらんでの抜擢です」(スポーツ紙デスク) だがそこに、強力なラ [全文を読む]

石投げに山本昌!? 鉄腕Dが「本気すぎる!」と話題に

日刊大衆 / 2017年06月18日18時05分

「山本昌さんは2015年に引退していますが、そのときの年齢はなんと50歳。プロ生活32年という歴代最長記録も持っています。40歳以降に40勝を上げていて、まさに“レジェンド”と呼べる名投手です」(スポーツライター) 今回の“水切り”で山本氏は、サイドスローで見事時速100キロメートルを超える投石を披露。88回には届かなかったものの、36回という記録を打ち [全文を読む]

プロ野球 今季の引退選手で打線を組んでみたら結構凄かった

NEWSポストセブン / 2015年10月04日16時00分

* * * 10月1日現在までに引退を表明した選手をチーム別にまとめてみる。◎阪神タイガース渡辺亮(33)投手、関本賢太郎(37)内野手◎広島カープ河内貴哉(33)投手◎中日ドラゴンズ山本昌(50)投手、朝倉健太(34)投手、谷繁元信(44)捕手、小笠原道大(41)内野手、和田一浩(43)外野手◎横浜DeNAベイスターズ高橋尚成(40)投手◎日本ハムファ [全文を読む]

【プロ野球】山本昌が提唱した「レジェンドカルテット」を覚えてる? カズ、伊達公子、葛西紀明ら残り3名は今!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月18日16時05分

あれから3年、山本昌は2015年に引退してしまったが、残った3名のレジェンドたちはどんな日々を過ごしているのだろうか。彼らの現状況を確認してみたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■50歳を迎えたキングカズ・三浦知良は練習試合で負傷 「キングカズ」ことサッカー界のレジェンド・三浦知良(横浜FC)。今月26日に50歳の誕 [全文を読む]

【プロ野球】井口や稼頭央が奮闘中!40代球界戦士たちの現状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月15日16時04分

昨季は山本昌をはじめ、多くのレジェンドが引退したプロ野球。中年の星と言われた彼らが球界を去り、今季は誰が球界を引っ張る大ベテランとなるのか。いわば、今季は「中年の星の世代交代」の年とも言える。中年の星となれるか、引退か——。40代戦士の今季現状を見てみよう。(成績は5月8日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■三浦大輔 [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

前田健太(広島→ドジャース)、ら移籍組も含まれるが、多くは「引退」を受け入れた選手たちだ。 とくに大物選手の引退が目立った。中日からは山本昌、谷繁元信、小笠原道大、和田一浩。巨人では、新監督に就任した高橋由伸をはじめ、井端弘和、金城龍彦。他球団でも斎藤隆(楽天)、西口文也(西武)、谷佳知(オリックス)などビッグネームが並ぶ。 指導者として請われて退いたり、 [全文を読む]

【プロ野球】マサ、里崎、キヨシ…今季の注目解説者は誰だ?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月20日16時00分

新人選手が自分の名前と顔を売ろうと躍起になるように、今年から解説陣に加わった現役引退組、そして鎮座するベテラン勢に挑むべく独自の路線を目指す解説陣の奮闘も、ある意味で野球中継の醍醐味といえる。そんな解説陣の中でも、今季特に注目すべきは誰なのか? その顔ぶれをチェックしたい(以下、敬称略)。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

フォーカス