現在 山本太郎に関するニュース

アメリカの悪玉になぜ叙勲?「ジャパン・ハンドラーズにばかり頼ることは日本の国益につながらない」

週プレNEWS / 2015年11月19日10時00分

どちらも現在のオバマ政権とは関係のない人物。なぜ、いま彼らに勲章を贈ったのでしょう? ファクラー 逆に、こちらが訊きたいですよ。ラムズフェルドはジョージ・W・ブッシュ政権で国防長官を務め、アフガニスタン侵攻、イラク戦争に踏み切って中東の泥沼にアメリカを巻き込んだ張本人。今でもアメリカ国内では、彼の名前を聞いただけでブーイングする人も少なくない。叙勲というの [全文を読む]

ネットに出回った「山本太郎の手紙全文」は「デマ」であったことが判明

秒刊SUNDAY / 2013年11月03日13時56分

事務所の報告によると「手紙の全文は全く公開したことはなく、今現在ネットで出回っているものは全てデマ・捏造でございます。」とのことだ。 ―出回った文書出回っていた文書は以下のとおりである。陛下、私はこの国を憂う参議院議員のひとり山本太郎と申します。これはお国の一大事と本当にあなたはわかっておられますでしょうか。昨日私は福島へ行きました。あまりにひどい状況です [全文を読む]

山本太郎に“ブログなりすまし”を告発された新妻の父が反論

NEWSポストセブン / 2012年06月22日07時00分

それでぼくはつきあうのをやめようと思った」 朱璃さんは歯の治療のため、現在サーフィンをしていない。しかしここにも行き違いがあり、父の目にはその行為が“不義理”と映っていたようだ。 「スポンサーとかいろいろ支えてきてくれた人たちに、“結婚したからサーフィンやめる”って朱璃が電話1本でいったそうなんです。男に狂って、これまでのことをないがしろにするなんてぼくは [全文を読む]

山本太郎の海外移住計画 義父の「ブログなりすまし」だった

NEWSポストセブン / 2012年06月21日07時00分

しかもそこには、山本さんや彼のお母さん、そして朱璃さんの人間性を疑うような記述が織り交ぜてあるんです」(前出・芸能関係者) 例えば、現在は削除されているなりすましブログのなかには、朱璃さんが山本の母に朝から晩まで働かされている、と姑の愚痴を書いたものや、「福島で苦しんでいる人や震災の復興もあるし、私たちだけが日本を捨てて逃げるなんて…。すごく抵抗があった [全文を読む]

イケメン化した“こども店長”加藤清史郎、中学3年で「小6」役は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年10月17日18時00分

トヨタ自動車が2009年から10年まで展開していたCMシリーズの初代こども店長役でブレイクした俳優の加藤清史郎が、出演した映画『クハナ!』の舞台挨拶に登場し、イケメンになった現在の姿を披露した。 「2001年生まれの加藤くんは、今年15歳。あどけなさは残りますが、あのCMの印象しかない人は驚いたでしょうね。CM出演時は、8~9歳なので当然といえば当然ですが [全文を読む]

山本太郎、参院選への危機感を語る! 日本会議の“草の根“に対抗せよ、と呼びかけ

リテラ / 2016年05月21日12時00分

逆に、次をどう勝っていくかってことを非常に深めていっているという印象でしたね」(山本氏) 現在、SEALDsは「安全保障関連法に反対する学者の会」や「安保関連法に反対するママの会」などとともに市民連合を結成、安保関連法の廃止や立憲主義の回復などを掲げ、野党共闘を呼びかけている。その成果もあり、参院選の1人区では野党候補の1本化が進んできている。 一方、山本 [全文を読む]

TPPが奪う少女の一生。なぜ「子宮頸がんワクチン」は禁止されないのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月28日19時00分

現在、国は子宮頸がん予防ワクチンの接種を勧めるのを一時的に中止しているが、国会で審議中のTPPの承認案と関連法案が可決され、発効すれば、勧奨再開への外圧は強くなる。 いずれ、国は接種の勧奨を再開するのではないか。そんな観測があるなか、4月4日、参議院の行政監視委員会で、山本太郎議員がこの問題を取り上げた。 山本はまず、厚生労働大臣、塩崎恭久こそが子宮頸が [全文を読む]

「スター・ウォーズ」史上初の試み、“集大成”が清水寺でお披露目

モデルプレス / 2015年11月30日12時05分

「スター・ウォーズ」のファンだという山田府知事は、「現在、京都は琳派400年という記念すべき年を迎え大いに湧いています。そして、この屏風も琳派の“たらしこみ”の雲の技法が活かさせていて美しい作品です」とコメントしている。(modelpress編集部) ■展示概要 日程:12月8日(火)~12月15日(火)10:00~16:00予定 場所:清水寺 経堂 ・ [全文を読む]

盛り上がらない統一地方選、高齢化社会で機能不全な選挙制度…若者を愛していない国は世界から捨てられる

週プレNEWS / 2015年04月25日06時00分

現在の選挙制度に潜む問題点、そして、これからの日本のあり方について、ふたりに語り合ってもらった。 * * * 鈴木 なぜ「2020年まで」なのかというと、五輪という一大イベントの“祭りの後”が相当に大変だからです。1964年の東京五輪の後もそうだったのですが、公共事業が一気に終わる。その上、2020年には団塊の世代が70代に突入する。それまでに地方を含め [全文を読む]

役人よ、原点に帰れ!山本太郎が国会質疑に思うこと

デイリーニュースオンライン / 2015年04月11日07時50分

役者の現場を離れ、現在、違う職種につき、どう変わったか。今も変わらず、緊張してる。演説してる時も、委員会で質問している時も。もう一度撮り直しが出来ない、って部分では舞台に近いかも。何故、今回この様な話をするのか。委員会で、ド緊張した時の話をしたい。しかも緊張を良い方向に転化できなかった、バージョンで。4月6日の復興・原子力問題特別委員会での話。この特別委員 [全文を読む]

フォーカス