彼女 市川海老蔵に関するニュース

小林麻耶の“非常識”はキャラではなかった!? 花嫁修業より先に学ぶべきは…

メンズサイゾー / 2014年05月20日21時40分

先月4日に放送された同番組のロケ企画「大家族に学ぶ! ちょい知恵生活バイキング」で大家族の自宅を訪問した際には、夫婦に対して「貯金しているようには見えない」と失礼すぎる発言をしたり、夫婦円満の秘訣は相性という話題になった時に「相性? 体の?」といった的外れな質問をするなど、彼女の非常識ぶりが露呈した。 また、今月9日の放送では花嫁修業の一環として、厳しい [全文を読む]

高岡早紀が「今世紀最大の濡れ場」を解禁!! 全身整形美女の情念演じる

メンズサイゾー / 2012年11月12日14時00分

このトラブルのみならず、高岡の母が経営していた会社も破産してしまい、彼女は女手ひとつで生まれたばかりの第三子と長男次男、そして実母を抱え奮闘せざるをえない状況に追い込まれたのである。 高岡の女優としての評価は高いが、それ以上に、95年出版のヘアヌード写真集『one, two, three』(ぶんか社)で披露した豊満な裸体と、今なお衰えるどころか増大している [全文を読む]

小林麻央が海老蔵の密着特番に出演 夫婦愛&親子愛に感動の声

しらべぇ / 2017年01月10日07時00分

彼女は愛する息子を舞台裏から励まし続けた。まだ当時はその美しい髪は失われていなかったが、すでに癌に冒されて1年の頃だった。いくらそれが梨園の妻の仕事とはいえ、なんと気丈なことだろう......。強い母の愛に、感動の声が寄せられている。市川海老蔵に、ござりまする。観てるけど、心がきゅーっとなる...。 麻央さん本当に綺麗だよね。 子供を見る目とかが本当に優し [全文を読む]

小林麻耶が1人勝ち!? バラエティ界の“ぶりっ子枠“は、もう需要がないのか?

おたぽる / 2015年08月13日07時00分

ですが、彼女の場合、どんなに叩かれても常に笑顔。あそこまでくると、キャラではなく、本当に天然のぶりっ子なのかもしれませんね。昔に比べて減ったといわれるバラエティ界のぶりっ子枠で、彼女は1人勝ちと言ってもいいぐらいに健闘してると思いますよ」(テレビ関係者) 確かに小林は、『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演していた素人時代から、35歳になった今でも、1度も [全文を読む]

七之助“梨園NO.1モテ男”の結婚観変えた交際3年恋人の献身

WEB女性自身 / 2017年08月29日00時00分

東京・歌舞伎座での『八月納涼歌舞伎』に出演中だった七之助だが、午前中に行われた第一部を終えて第二部までのわずかな休憩時間を縫ってタクシーで彼女のもとへ駆けつけていた。 「この女性は14年8月に『FLASH』で交際を報じられたAさん。北川景子似の一般人で、七之助さんは彼女を連れて都内にある実家へ行っていました。母・好江さん(58)や兄・中村勘九郎さん(35) [全文を読む]

市川海老蔵 箝口令敷き妻・麻央の乳がん闘病に献身

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

6月9日、フリーアナウンサーの小林麻央(33)の夫で歌舞伎役者の市川海老蔵(38)は、妻の病状について会見を開き、神妙な面持ちで彼女の思いを語った。 「何より本人がいちばん辛いと思うんです。元気になりたいという気持ちと、小さい子供の側にいられない母親の気持ち。私には計り知れない辛さ。でも、彼女は気丈に明るく振る舞ってくれる」 海老蔵によれば、1年8か月前に [全文を読む]

小林麻央さんの乳がん闘病生活 「たくさんの勇気をもらった」が4割

しらべぇ / 2017年06月23日14時30分

彼女の闘病生活には感動した。僕たちに勇気をくれた凄い人だ…。こういった方がいたということを語り続けたい。— ユーロちゃん⊿大天使みなみ様ぁ! (@HOSHINO373_EURO) June 23, 2017小林麻央さん。亡くなってしまった。がんで余命宣告まで受けても、まだ希望を信じて戦い続けた彼女の姿に何人のがん患者やその家族、そうでない人が、勇気をもらっ [全文を読む]

小林麻央、がんの転移を公表 前向きなブログに「奇跡」を願う声殺到

しらべぇ / 2016年09月20日13時00分

いや、夫である市川海老蔵が彼女や家族のことを思い、あえて伏せてきたというのが正しいだろう。それだけに、彼女の今回の告白......なんとなく予想をしていた人は多かったようだが、それでも衝撃を受ける人は多い様子だ。麻央さん、肺や骨まで転移していたなんて。ニュース見てショックだわ。— chieko♥TVXQ ブログからは麻央さんの前向き な姿勢が伝わってきます [全文を読む]

R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

NEWSポストセブン / 2016年09月15日07時00分

彼女はついさっきまで舞台の上にいた。クライマックスでは一糸まとわぬ姿を披露し、万雷の拍手を浴びた。頬の赤みは、その余韻だろうか。 その5mほど後ろに、彼女の背中を見つめながら歩く長身の男性がいる。シルバーのベストにパンツ。ふたりは近づかず離れず、歩いていた。 交差点の赤信号で女性が止まった。すると、彼が自然に追いついて、彼女の横に立つ。彼が何かを彼女の耳に [全文を読む]

BAN瞳の言わせて頂戴 ~がんと友人の死~

クオリティ埼玉 / 2016年06月21日15時47分

彼女とはもう15年くらいのお付き合い。 私は彼女から学んだことは「いつも笑顔」。 彼女が愚痴をこぼしたり、嫌な顔したりしたことを一度も見たことがない。 がんの痛みで辛い時も、モルヒネで意識がなくなりそうな時も、そして最後も笑顔だった。 彼女との別れの顔が彼女の人生の全てを語っていた。 がんと言えば、市川海老蔵の奥さん、小林麻央さんが進行性の乳がんを公にし [全文を読む]

最初は嫌いだったのに…? 加藤紗里に魅了される心理

NEWSポストセブン / 2016年03月21日16時00分

3月5日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、狩野英孝との破局を宣言し、狩野の彼女から一転し「元カノ」となった。今回の騒動で一気に知名度が上がった加藤だが、芸能人の中にも彼女に興味を持つ人は少なくない。 例えば矢口真里。矢口は、加藤との初対面を果たした『サンデージャポン』(TBS系)で、「正直、すっげー嫌いだった」と述べつつも、「気づか [全文を読む]

小林麻央 古巣『NEWS ZERO』からキャスター復帰の極秘要請

WEB女性自身 / 2015年12月15日00時00分

現在は局アナが務めている状態で、そんななか彼女に白羽の矢が立ったという。 「山岸さんの降板が急だったため後任を立てることができませんでしたが、放送10年目を迎えるタイミングが迫ってきたことで改めて新サブMC探しの動きが再燃し始めたんです。局内で話し合った結果『彼女の復帰こそ最もインパクトのある人選だ』との結論に。すでに4月起用を目標にして、内々にオファーも [全文を読む]

吉岡里帆“初熱愛”の行方は!? 芸能美女「最新恋愛事情」

日刊大衆 / 2017年09月03日06時05分

でも、彼女はもともと恋愛体質。バラエティ番組で“15歳のときから、ずっと彼氏がいました”とぶっちゃけたこともありました」と、TV美女研究家の八木晶王氏が言う。「しかも彼女は、10代の頃から小劇場で女優として活動していた。小劇場の俳優たちは男女関係も奔放ですから、吉岡の経験値は相当高いはず。佐藤健であろうと、相手にとって不足はないはずですよ」(前同) 加えて [全文を読む]

市川海老蔵を支える“姉”寺島しのぶ「寄り添いの約束」

WEB女性自身 / 2017年08月17日11時00分

「昔から、彼女は女であるがゆえに、歌舞伎の舞台に立てなかったことに忸怩たる思いがある。海老蔵さんはそんな彼女の子どものころからの夢をかなえてあげようと、 指名 したそうです」(前出・歌舞伎関係者) 寺島は麻央さんとも仲が良かった。 「母親としては先輩だった麻央さんが彼女に自分の母乳マッサージの先生を紹介してあげたこともあったそうです。2月の『座頭市』の東 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】寺島しのぶ 「なぜ自分は歌舞伎役者になれないのか」絶望と孤独に悩んだ日々を告白

TechinsightJapan / 2017年07月04日18時50分

両親は彼女の進路について口出しはしなかったが、まさか娘が本気で歌舞伎役者を目指しているとは思っていなかったようだ。だが寺島は、伝統ある音羽屋の後継者として周囲の期待を一身に背負う弟が羨ましくて仕方がなかった。そして弟が6歳で初めて歌舞伎座の舞台に立った時、彼女はそれまで続けてきた稽古事を辞め、自分の部屋に引きこもりテレビばかり見ていたそうだ。 「家族の中で [全文を読む]

小林麻央さん、最期の言葉は「愛してる」 34年の生涯を振り返る

しらべぇ / 2017年06月23日15時35分

もっともっと思い出をつくりたい」という強い気持ちを吐露していた彼女。しかし、12月に入ると数日間ブログの更新が途絶えてしまう。ファンから寄せられた心配の声に対し、海老蔵は自身のブログで「闘病とは休みではない、戦っているのです。私のような健康な人間は休めば元気になりますがまおの場合はそうはいかないのです。日々戦っていてブログの更新も大変な日もあるんです」など [全文を読む]

小林麻央さんが乳癌で逝去 ツイッターでは悲しみの声が広がる

しらべぇ / 2017年06月23日12時00分

■2014年の発覚から3年間の闘病2014年の人間ドックで乳癌におかされていることを知った彼女。海老蔵や姉・小林麻耶のサポートの中、懸命な治療を行なっていたが、スポーツ紙の報道を受ける形で昨年6月に海老蔵が会見で病を公表へ。以降、多くの人々が彼女の回復を願ってきたが、21日に容態が急変。22日夜に都内自宅で死去した。この件に関し、海老蔵は23日14時半から [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小林麻央、治療の選択が難しく「ここから心も本当に試される」

TechinsightJapan / 2017年03月03日15時05分

『小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」』で彼女は、治療方法の選択がだんだん難しくなってきている―と明かしている。2014年に乳がんが発覚してからいくつもの治療を重ねてきたので、「“スタンダード”というもののカードが少なくなっていくからです」と選択肢はそう多くはないというのが現状のようだ。 今の自分が限られた治療方法の中でどれを選択するのかは「価値 [全文を読む]

小林麻央 退院の陰で始めた「水素温熱免疫療法」という選択

WEB女性自身 / 2017年02月07日00時00分

これまで気丈に戦う姿勢を見せ続けてきた彼女だが、今回の入院については《今回の入院は底まで行って、考え、弱気になりました。暗くなりました》という心境ものぞかせた。この1年で11kgもの体重の変動があったという麻央。珍しく弱気な一面を漏らしたのは、それだけ闘病が過酷ということだろう。 それでも彼女は病に勝つため《これから4キロ太ることがまず目標です!》と決意を [全文を読む]

テレビ登場…小林麻央、回復支えたあの存在

NewsCafe / 2017年01月07日09時00分

深刻な状況とも思えた彼女に何があったのか。 「海老蔵は、4日放送のNHK『ニュースウオッチ9』の中で、入院している妻とは毎日電話で会話し『…元気です。状況としては思わしくないけど…普通に過ごすと決めて生活している』などと現状を話しました」とは女性誌デスク。 昨年6月に海老蔵が記者会見で麻央の病状を説明した際には、進行度合いが速く、年齢も若いことからかなり深 [全文を読む]

フォーカス