勝新太郎 座頭市に関するニュース

海老蔵、寺島しのぶ22年ぶりの共演はリリー・フランキーの新解釈「座頭市」

dwango.jp news / 2016年10月23日15時20分

今回テーマの座頭市は、勘三郎さんが勝新太郎さんと座頭市についてお話されたことを教えてくださり、その印象が強烈だったのでいつか自分もしてみたいと思っていました。そして、今回初めてご一緒させて頂きますが、脚本はリリー・フランキーさん。どのような変化球が来くるのか楽しみです。こちらも準備をしておかないと、と思っています。そして、何と言っても幼馴染みのしのぶさんが [全文を読む]

没後20年・勝新太郎の「聞く力」と仁科亜季子の「剣呑孫ライフ」

文春オンライン / 2017年06月24日17時00分

今週号の坪内祐三「文庫本を狙え!」は、勝新太郎の対談集『泥水のみのみ浮き沈み』(文春文庫)を取りあげている。これは92年から94年にかけて、勝新がホスト役でビートたけしや三國連太郎らと対談した月刊文藝春秋の不定期連載をまとめたもの。いわば勝新版「この人に会いたい」である。 勝新の「聞く力」が炸裂する三國連太郎との対談 この時期の勝新は、映画への強いこだわり [全文を読む]

日本を創った“荒ぶる男”たち<芸能界編>「石原裕次郎・勝新太郎・萬屋錦之助」

アサ芸プラス / 2015年08月22日09時57分

「オニよ、お前、子供は何人だ?」 熱海の温泉旅館で湯船につかりながら、勝新太郎は鬼沢氏に聞いた。「ウチは1人だよ」 鬼沢氏が答えると、勝新は首をかしげる。「おかしいな、オレは2人いるんだ。ところが裕サマはゼロだ‥‥」 そうつぶやくと、石原裕次郎とともに立ち上がり、互いの股間をながめながら勝新流の哲学を放つ。「見ろよ、俺は粗チンで、立派なのは裕サマだ。だけど [全文を読む]

ワンピース、座頭市キャラの波紋「重病説もささやかれたが…」

アサ芸プラス / 2013年04月03日09時54分

現在、勝新太郎の肖像権を管理している「ティー・エム・プロダクション」の担当者はこう話す。 「インターネット上でこうした騒動になっていることは把握しておりますが、まったくの風評被害で、正直、困っているんです。弊社が『少年ジャンプ』編集部に抗議をしたということも、勝の妻・中村玉緒が立腹しているという事実も一切ございません」 また、10年に香取慎吾主演で公開さ [全文を読む]

ワンピース、座頭市キャラの波紋「映画にあったシーンと類似」

アサ芸プラス / 2013年04月02日09時54分

とはいえ、「座頭市」や「勝新太郎」といった名前を使用しているわけでもなく、漫画の絵が似ているという理由で著作権や肖像権の侵害は主張できるのだろうか。 「著作権法相談コンサルティング」代表の大熊裕司弁護士が語る。 「まるごと複製したわけではなくとも、意図的に模倣した場合は著作権侵害の問題が生じてきます。たとえ絵であっても、一般の人が見てその人だと認識できる [全文を読む]

ワンピース、座頭市キャラの波紋「前号で告知がされなかった」

アサ芸プラス / 2013年03月28日09時54分

勝新の扱いともう発行してしまった問題をどう解決するか議論中〉 実は休載前の15号で、誰もが知る名作映画「座頭市」の主人公を演じる、故勝新太郎(享年65)に酷似したキャラクターが登場していたのである。 [全文を読む]

ゴジラ、伊福部昭の映画音楽研究者として知られる小林淳(伊福部昭百年紀コンサート実行委員)の新著『伊福部昭と戦後日本映画』が7月10日発売!

DreamNews / 2014年07月08日13時00分

東 宝、東映、大映、松竹、日活、そして独立プロと、映画界を横断し、黒澤明、市川崑、三隅研次、今井正、熊井啓、新藤兼人、吉村公三郎、本多猪四郎、三船敏 郎、勝新太郎、中村錦之助、市川雷蔵、石原裕次郎ら、巨匠・名優たちとともに、映画作りに参画した、戦後最大の映画人のひとりだった。伊福部研究の第一人 者が書き下ろす、伊福部昭を通して見る、戦後映画史の大著。201 [全文を読む]

他人を疑わない勘三郎さん 記者に自宅門の暗証番号教えた過去

NEWSポストセブン / 2013年04月02日07時00分

例えば、ビートたけし(66才)とは、故・勝新太郎さん(享年65)と3人で酒を飲んだときのエピソードを披露。 <実はね、もう話していいと思うけど、その時なの、たけしさんが『座頭市』をやることが決まったのは。(中略)盛り上がってね。勝さんが座頭市(一)たけしさんが“座頭二”、僕が“座頭三”をやろうかだって。座頭市は水をかぶって火の中から子供を助ける、座頭二は [全文を読む]

フォーカス