巨人 小久保裕紀に関するニュース

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1996年 川辺忠義投手(河野博文の補償で巨人→日本ハム) 2002年 平松一宏投手(前田幸長の補償で巨人→中日) 2002年 ユウキ投手(加藤伸一の補償で近鉄→オリックス) 2006年 小田幸平捕手(野口茂樹の補償で巨人→中日) 2006年 江藤智内野手(豊田清の補償で巨人→西武) 2007年 吉武真太郎投手(小久保裕紀の補償でソフトバンク→巨人) 2 [全文を読む]

FA人的補償 移籍後もっとも在籍年数が長い選手は中日・小田

NEWSポストセブン / 2014年02月12日16時00分

一岡竜司(巨人→広島)、脇谷亮太(巨人→西武)、中郷大樹(ロッテ→西武)、藤岡好明(ソフトバンク→日本ハム)、鶴岡一成(DeNA→阪神)らが、すでに新天地でスタートを切っている。 今年を除けば、過去15選手がFAの人的補償による移籍を果たしている。FA選手と人的補償選手を、単純に移籍先での在籍期間で比べてみよう(年はオフ、現役選手の在籍年数は今年も含む)。 [全文を読む]

セ・パ交流戦を100倍面白く見る「遺恨バトル」(4) 山﨑武が星野監督を「あのウソつき野郎!」罵倒 「後悔させてやる」小久保が「杉内潰し」大号令!

アサ芸プラス / 2012年05月25日10時59分

巨人勝利」報道に激高し・・・ 昨オフ、お得意の大型補強を行った巨人。ソフトバンクとの契約交渉が決裂してFA移籍してきた杉内俊哉(31)に、古巣から「打倒」の掛け声がかかっている。福岡のテレビ中継スタッフが言う。 「(球団会長の)あの王さんが頭を下げて残留要請をしたにもかかわらず、金でモメて出て行った。査定担当者周辺からは『杉内を打て』と指令が出ているよう [全文を読む]

激震空間 プロ野球(4)球界の総額30億円「不良債権」選手を即刻処分せよ!

アサ芸プラス / 2012年07月13日10時58分

もちろん親会社からの「公的資金注入」がガンガン可能な巨人は毎年、不良債権の山だったが、今年は交流戦からの快進撃もあって、それなりに年俸に見合う活躍をする選手が増えている。それだけに、チーム最高年俸を誇る小笠原道大38)の打率1割6分4厘という体たらくには目を覆うばかりである。「小笠原は、5月に肉離れで登録を抹消されましたが、昨年から動体視力が衰えたのは明 [全文を読む]

【プロ野球】青木宣親と山田哲人の共演、早仕上げのバレンティンetc…。ヤクルトファン的WBCの楽しみ方!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日17時05分

今オフ、優勝奪還を期す巨人は大型補強を敢行。日本ハムから陽岱鋼、ソフトバンクから森福允彦、DeNAから山口俊をFAで迎え、トレードで日本ハムの吉川光夫らを獲得した。 その補強姿勢には賛否両論の声が挙がっている。「しっかりと弱点を補った」という意見もあれば、「“欲しい欲しい病”の復活」と冷めた声もある。 OBや解説者からは「4番をかき集めて勝てなかった時代を [全文を読む]

【プロ野球】今季はやけに存在感!躍動する背番号90番台の男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月05日16時05分

すぐさま巨人戦に代打出場を果たすと、プロ2打席目で初ヒット。ゴールデンウイーク中にスタメンに定着すると5月22日には5番を任されるまでの信頼を勝ち取った。 出場試合数こそ少ないものの、打率は3割後半をキープして本塁打も5本放っている。気の早いタイガースファンは「日本代表の正捕手や!」と言っているとかいないとか。 阿部慎之助(巨人)以降、打てる捕手が育ってい [全文を読む]

広岡達朗氏 巨人の首脳陣よりも侍J小久保裕紀氏の采配評価

NEWSポストセブン / 2015年12月10日11時00分

今回は日本一に3度輝いた監督でもある広岡達朗氏が、読売巨人軍の監督人事について物申す。 * * * 野球賭博問題でNPBは関与した巨人の3選手を無期失格処分とし、球団に1000万円の制裁金を科す裁定を下しました。変な言い方になるかもしれませんが、私は事件が巨人で起きて良かったと思っています。巨人だからコミッショナー(熊崎勝彦氏)が真剣に調査した。パ・リーグ [全文を読む]

引退記念!城島&小久保「すごかった伝説」

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時59分

巨人時代には外様にもかかわらず、補強によって活躍の場が奪われている若手たちに、『我慢、我慢。やけになったり投げ出したりしたら損するのは自分だ』と説いて信奉者を増やしていました。いまだに『我慢』と書かれた小久保からの年賀状をバッグにしのばせている巨人の野手もいるほどです」(巨人番記者) とはいえ、小久保が巨人に在籍した04~06年期は、堀内恒夫監督(64 [全文を読む]

名球会入りのSB小久保 2度の危機で王貞治氏がかけた言葉

NEWSポストセブン / 2012年07月05日07時00分

2度目の危機は2003年のオフ、突如として巨人へ異例の「無償トレード」を宣告された時のことだ(※2)。このトレードは、チームメートはもちろん、監督の王さえも知らされていない“球団事情”によるものだった。不当な扱いに、主力選手は次々に怒りを露わにし、福岡の街では前代未聞の「トレード阻止」の署名運動まで発生する。小久保が沈黙を貫くなか、王はあえて小久保を突き [全文を読む]

フォーカス