現在 小室哲哉に関するニュース

日笠陽子コラボAL『Glamorous Songs』に小室哲哉が楽曲提供!

okmusic UP's / 2013年06月18日10時00分

日笠陽子ソロプロジェクトに小室哲哉が楽曲を提供した経緯について、制作関係者は「今回、小室哲哉さんに楽曲を依頼させて頂いたのは小室哲哉さんの持つデジタルさと絶妙に共存するメロディー感に、日笠陽子の切ない高音のボーカルがうまく融合すれば、新しいけれど現存のアニメ・声優ファンも喜ぶ楽曲が、現在のアニメ・声優音楽シーンに生まれるのではないか、と言う思いでオファーし [全文を読む]

小室哲哉ソロワークスに焦点、30周年メモリアルブック発売

dwango.jp news / 2014年10月27日18時00分

だから僕は、21世紀に入った現在も、コンテンツ作りの人間でいることを、 本当によかったと思っています。22世紀はどうなっているか分からないけど、ハードウェアが 進化し続け、発表させてもらえる場を作ってもらっていることに、すごく感謝しています。 もうしばらく、貫けるかなって… メンバー、関係者の方、そしてファンのみなさんに、感謝を込めて。 [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(1)小室哲哉がKEIKOの記憶障害を告白

アサ芸プラス / 2017年05月01日05時58分

現在は3人の子供を育てているため、歌手活動と並行して育児関連の仕事も多い。・鈴木亜美 代表曲「BE TOGETHER」(99年)「ASAYAN」で合格してデビューすると、いきなり「モー娘。」を追い落とす勢い。独立騒動で長らく活動休止の時期もあったが、今年1月12日に第一子の男の子を出産。・globe(KEIKO) 代表曲「DEPARTURES」(96年) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小室哲哉、KEIKOの最新横顔ショットを公開。近況明かす。

TechinsightJapan / 2015年08月03日16時10分

現在はマーク・パンサーと小室哲哉の2人で精力的に活動している。“globeデビュー20周年プロダクト”第1弾として完成したアルバム『Remode 1』はglobeの名曲の数々が収録されており、アルバムについて小室は「あの人の声って不思議で…」とKEIKOが活動していた時の歌を改めて絶賛している。KEIKOの完全復帰まではまだ長い道のりではあるだろうが、早く [全文を読む]

星野源とKEIKO「クモ膜下出血」で倒れた2人の回復具合の差

アサジョ / 2016年12月17日10時15分

12年12月にクモ膜下出血を発症したため、復帰と休業を繰り返しながら2度の手術を経験しており、14年5月に出版されたエッセイ集「蘇える変態」(マガジンハウス)には、当時の痛みや苦しみがリアルな言葉で語られており、現在も人気の高い1冊になっている。「12月13日に小室哲哉が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、11年10月にクモ膜下出血で倒れ、現在リハビリ [全文を読む]

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

日本タレント名鑑 / 2016年08月30日12時05分

メインボーカルは現在ソロアーティストとして活躍する三浦大知さんが務めていました。その7人のメンバー中から女の子メンバー5人で再デビューしたのが「Folder5」。2002年頃まで活動しました。満島さんの主演ドラマ『トットてれび』では、「Folder」時代の仲間・三浦さんと共演を果たしています。 沢尻エリカはデビュー当時に現AKB48小嶋陽菜と共演 24時間 [全文を読む]

話題の『1998年の宇多田ヒカル』著者が語る、宇多田“復活”が意味するもの「新曲は今まで以上にパーソナルな部分が色濃く出ている」

週プレNEWS / 2016年04月12日06時00分

CDが売れないと言われて久しい音楽業界において、宇多田ヒカルの復活が意味するものは何か? 初オンエア翌日、現在4刷を重ね反響を呼ぶ『1998年の宇多田ヒカル』(新潮新書)の著者、宇野維正(これまさ)氏に聞いた――。 *** ―フルバージョンの発表は共に15日とのことですが、「花束を君に」「真夏の通り雨」の2曲を聴いてみていかがでしたか? 宇野 もう次元が [全文を読む]

紅白出演はゴールではない!YUI、茂森あゆみ…歴史に消えた出場者たち

アサ芸プラス / 2015年12月03日17時59分

そんな“消えた紅白歌手”には、現在も別の分野で前向きな生き方を歩んでいるケースもある。芸能ライターが教えてくれた。「顕著な例は1982年に出場した三原順子(じゅん子)。なにしろ今や自民党の参議院議員ですからね。同じくアイドルで1985年出場の石川秀美は、“花の82年組”の同期であるシブがき隊・薬丸裕英と結婚し、5人の子宝に恵まれています。うたのおねえさん [全文を読む]

小室哲哉のインスタ参戦に「いいんですか」「ありがとうございます」globe20周年の惜しみないファンサービス

messy / 2015年08月13日08時00分

その後は新しいスニーカー、蕎麦、夜景などの写真もあるが、コルクボードに画鋲で止められた若かりし頃のKEIKOの写真の数々、20年前の小室とKEIKOのツーショット、KEIKOと黒柳徹子のツーショット、デビュー前に撮ったKEIKOのテスト写真、スタジアムで歌うKEIKOと小室、そして療養中のKEIKOが食事をしている現在の姿など、KEIKOやglobeファン [全文を読む]

改名するスマイレージの未来は「くりぃむしちゅー」か「ハッピーハッピー。」か……?

日刊サイゾー / 2014年10月03日09時00分

たとえば、お笑いコンビのさまぁ~ずやくりぃむしちゅーは改名したことが注目を集め、現在の人気につながっている。 「現在のコンビ名が定着しているので、若い人は覚えていないかもしれませんが、さまぁ~ずは“バカルディ”、くりぃむしちゅーは“海砂利水魚”が以前のコンビ名でした。両コンビとも改名したのは2000年頃ですが、当時放送されていたバラエティ番組『新ウンナンの [全文を読む]

音楽専門誌『キーボード・マガジン』が30年にわたりその音楽性を追い続けた 小室哲哉のインタビュー記事が「電子書籍」全4巻に! Apple iBookstoreにて本日より販売開始!

PR TIMES / 2013年07月17日12時57分

デビューからTM NETWORKが大ブレイクを果たした1980年代のインタビューを中心とした『Tetsuya Komuro Interviews Vol.1』、プロデューサーとして多忙を極めた1990年代のインタビューを数多く収録した『同Vol.2』、トランス・ミュージックへの傾倒が色濃くなるとともに活動のフィールドをさらに広げた2000年~2005年まで [全文を読む]

音楽専門誌『キーボード・マガジン』が30年にわたりその音楽性を追い続けた 小室哲哉のインタビュー記事が「電子書籍」全4巻となって配信決定!

PR TIMES / 2013年07月12日12時37分

デビューからTM NETWORKが大ブレイクを果たした1980年代のインタビューを中心とした『Tetsuya Komuro Interviews Vol.1』、プロデューサーとして多忙を極めた1990年代のインタビューを数多く収録した『同Vol.2』、トランス・ミュージックへの傾倒が色濃くなるとともに活動のフィールドをさらに広げた2000年~2005年まで [全文を読む]

TM NETWORK 再始動シングル「I am」が約13年ぶりオリコンTOP5入り

リッスンジャパン / 2012年05月01日13時00分

なお、小室哲哉の手書きのコンテをもとに考案されたという「I am」のミュージックビデオが現在レーベル公式YouTubeチャンネルにて公開されている。【リリース情報】TM NETWORK「I am」2012年4月25日発売AVCD-48427 1,050円(税込)[収録曲]01. I am(作詞作曲:小室哲哉)02. 君がいてよかった(作詞:小室みつ子 作曲 [全文を読む]

宇多田以外も!? 小室哲哉が「負けた」アーティストとは

日刊大衆 / 2017年01月18日17時00分

そんな小室が敗北を感じたと語るわけですから、宇多田たちの楽曲が当時いかに衝撃的だったか分かりますよね」(音楽誌ライター) 現在は病気療養中の妻・KEIKOを支える日々を送りつつ、音楽活動を行っている小室哲哉。他のアーティストへの敗北感を正直に語れてしまうところも、彼の非凡さの現われかもしれない。 [全文を読む]

小室哲哉プロデュースのガールズグループDef Will ついに本格始動

dwango.jp news / 2016年12月22日20時34分

また、TOKYO GIRLS COLLECTION 2016 AUTUMN/WINTERのテーマソングに抜擢された、前作『Lovely Day』は現在、WAKUWAKU JAPAN “Catch Your Dream”のイメージソングで、シンガポール、インドネシア、タイ、台湾などアジア各国でOA中。また、Def Willのメンバー、HINAは先日台湾で行 [全文を読む]

小室哲哉、障がい者スポーツの認知・普及へ 楽曲を提供

AOLニュース / 2016年12月20日20時00分

埼玉県出身の現在24歳。中学生の時に骨肉腫で左下腿を切断し、高校で本格的に陸上を始めると、才能を一気に開花させ20歳でロンドンパラリンピックに出場。昨年行われた仁川アジアパラ競技大会では日本選手団の旗手を務めた。現在100メートル(T44)のアジア記録を持つ。リオパラリンピックでは日本代表選手として出場し、幅跳び5位入賞(T44)、200メートル7位入賞の [全文を読む]

さんまにタモリも!才能がすでに枯れていると思う有名人は

しらべぇ / 2016年08月12日05時00分

さらに、現在も活躍はしているが「もう才能は枯れているのでは?」と感じる有名人についても調査をおこなった。■クリエイティブな才能を発揮し続けるのは大変・秋元康48グループの総合プロデューサーの活動が有名だが、作詞を始め、映画の企画・脚本など、幅広く活躍している。バブル世代は、おニャン子クラブを思い浮かべる人も多いだろう。「最近の曲は、どれもピンと来ない。『恋 [全文を読む]

一般人と速攻デキ婚…鈴木亜美が目論む”パチンコ仕事”からの脱出

デイリーニュースオンライン / 2016年07月05日12時03分

18年前に歌手デビューした日と同じ7月1日に婚姻届を提出、さらに現在妊娠3ヵ月で、来年1月に出産予定とのこと。当面の間は仕事を続ける方針のようだが、関係者の間では「このまま引退した方が良いのでは?」と指摘されている。 鈴木は1998年2月、オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京)の「ボーカリストオーディション・ファイナル」で1位を獲得し、小室哲哉( [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】神田沙也加とのコラボにglobeファン絶賛「また聴きたい」

TechinsightJapan / 2016年07月01日12時15分

小室の妻でボーカルのKEIKOは2011年にくも膜下出血で倒れ、現在もリハビリ中。小室は「桂子も観てくれました」と記しており、この日の放送をKEIKO自身も視聴していたことを明かしている。そんな姿に「自分のことのように嬉しい」と喜ぶファンも多い中、「KEIKOサンもいつか、ステージで歌える時が、やって来ますように…」「待ってますよ」とのコメントも届いてお [全文を読む]

【DMM Lounge】小室哲哉氏と音楽や未来のカルチャーを語り合うオンラインサロン『TK Culture Gathering』開設!

PR TIMES / 2016年07月01日12時01分

■キャンペーン 現在、一部のラウンジにおきまして、入会後より無料でお試し頂けるキャンペーンを実施しております。 是非この機会に、気になるラウンジをお試しください。 詳しくは各詳細ページをご覧ください。 ■あなたもラウンジオーナーになりませんか? 現在DMM Loungeでは、ラウンジの新規開設も受け付けております。 費用0円で開設することが可能ですので、 [全文を読む]

フォーカス