現在 小泉今日子に関するニュース

連続テレビ小説「あまちゃん」で話題沸騰の番組挿入歌「潮騒のメモリー」がCDリリースが決定

okmusic UP's / 2013年07月21日00時00分

現在各所で話題沸騰の連続テレビ小説「あまちゃん」。その挿入歌となる「潮騒のメモリー」が7月31日にCDリリースされる事が決定した。【その他の画像】小泉今日子物語の舞台は「故郷編」から「東京編」へと移り、依然衰え知らずの快進撃を続ける連続テレビ小説「あまちゃん」。その挿入歌となる「潮騒のメモリー」は脚本の宮藤官九郎作詞、音楽の大友良英、そしてSachiko [全文を読む]

キョンキョンが大胆イメチェン!知られざる湘南ライフを語る

モデルプレス / 2012年07月27日18時34分

その象徴として登場した小泉今日子は、現在46歳。30周年を迎える今もなお“最強のポップ・アイコン”として世を魅了しつづける理由、そのひとつとして、売れっ子にもかかわらず「どこまでも自然体」な部分が挙げられるだろう。 誌面のインタビュー「小泉今日子のホンネ」でも、そんな彼女の一面を垣間見ることができる。プライベートでは2年以上、都会から離れた湘南でのひとり暮 [全文を読む]

退屈な毎日にサヨナラ!無理なく「運命を変える」ためのヒント

BizLady / 2017年05月17日20時00分

「かつて必要だったが現在不要になったもの」に固執しない。「以前は合わなかったが今の自分に有用なもの」を受け入れる> [全文を読む]

村上虹郎、二宮和也に続く抜擢に期待高まる 小泉今日子と共演

モデルプレス / 2016年07月25日06時30分

そんな混然としたものが渦巻いている世界観であり、それはすなわち今、現在を描くことにふさわしい作品であると感じています。12年前とはきっと違うものが立ち上がると思いますけど、あの時も現在だったし、今回も現在に違いない。もし10年先にまたこの作品を上演したとし ても、やはりその現在を映すのだろうと思います。 [全文を読む]

村上虹郎、二宮和也に続く12年ぶり起用 小泉今日子と共演「いい意味で怖い」<本人コメント>

モデルプレス / 2016年07月24日05時00分

そんな混然としたものが渦巻いている世界観であり、それはすなわち今、現在を描くことにふさわしい作品であると感じています。12年前とはきっと違うものが立ち上がると思いますけど、あの時も現在だったし、今回も現在に違いない。もし10年先にまたこの作品を上演したとしても、やはりその現在を映すのだろうと思います。 [全文を読む]

2位木村カエラ!2人以上産んでいるとは思えない「美人ママタレ」

Menjoy / 2016年05月10日10時20分

現在2児の母です。 昔から「あんなに食べてなぜ太らない?」という疑問はありましたが、子供を産んでもやっぱり変わらぬ体型を維持していらっしゃいます。恐るべしギャル曽根。 仕事以外では3食自炊を欠かさないそうなので、食事管理が体型維持の秘密なのかもしれませんね。 ■4位:永作博美(7.4%) 4位は2人のお子さんを持つ、演技派女優の永作博美さん。 かなりの童顔 [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

これはAKB48が始めた握手会参加券付のCDの効果が大きく、それにほかのグループも追随して現在のような状況が生まれ、今ではCDの売上を伸ばすには、アイドルのジャンルに限らず、特典会イベントの実施は不可欠とすら言えます。 新曲の音源を聴いたり映像を観たりするだけなら、リリース前にミュージックビデオが公式YouYubeに公開されることも多いので、それで十分事が [全文を読む]

小泉今日子に斉藤由貴「アラフィフ芸能人」が、美しすぎる!

日刊大衆 / 2016年09月23日11時00分

現在は女優、歌手、執筆活動の他、演出家としても活躍する小泉。その充実した仕事が、衰えない美しさの源となっているのかもしれない。 一方、au WALLETのCMが話題になっているのは女優の斉藤由貴(50)。娘役の夏帆(25)とともに喫茶店にやってきた母親役の斉藤は、娘にまんまとカードでおごらせることに成功するとガッツポーズを見せるのだが、この際に見せた丸メガ [全文を読む]

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

そしてグループアイドル全盛の現在、ソロアイドルとして孤軍奮闘する武藤がカバーしたことに不思議な因縁を感じた。KYON2に勝るとも劣らないアイドル性の感じられる出来に仕上がったと思える。しかし、2番に差しかかったところで歌い出しを間違ってしまう(笑)。せっかく『A.Y.M.』の歌詞忘れを克服したというのに……(笑)。ドジな彩未ちゃんも健在なのである(笑)。 [全文を読む]

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

若い世代にはピンと来ないかもしれないが、80年代のアイドル界は、現在に負けず劣らず激しい“アイドル戦国時代”だったのだ。 (取材/村上隆保、浜野清史) ■週刊プレイボーイ50号「16ページ特集 80年代アイドル総選挙」より [全文を読む]

フォーカス