現在 小泉今日子に関するニュース

連続テレビ小説「あまちゃん」で話題沸騰の番組挿入歌「潮騒のメモリー」がCDリリースが決定

okmusic UP's / 2013年07月21日00時00分

現在各所で話題沸騰の連続テレビ小説「あまちゃん」。その挿入歌となる「潮騒のメモリー」が7月31日にCDリリースされる事が決定した。【その他の画像】小泉今日子物語の舞台は「故郷編」から「東京編」へと移り、依然衰え知らずの快進撃を続ける連続テレビ小説「あまちゃん」。その挿入歌となる「潮騒のメモリー」は脚本の宮藤官九郎作詞、音楽の大友良英、そしてSachiko [全文を読む]

退屈な毎日にサヨナラ!無理なく「運命を変える」ためのヒント

BizLady / 2017年05月17日20時00分

「かつて必要だったが現在不要になったもの」に固執しない。「以前は合わなかったが今の自分に有用なもの」を受け入れる> [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

これはAKB48が始めた握手会参加券付のCDの効果が大きく、それにほかのグループも追随して現在のような状況が生まれ、今ではCDの売上を伸ばすには、アイドルのジャンルに限らず、特典会イベントの実施は不可欠とすら言えます。 新曲の音源を聴いたり映像を観たりするだけなら、リリース前にミュージックビデオが公式YouYubeに公開されることも多いので、それで十分事が [全文を読む]

小泉今日子に斉藤由貴「アラフィフ芸能人」が、美しすぎる!

日刊大衆 / 2016年09月23日11時00分

現在は女優、歌手、執筆活動の他、演出家としても活躍する小泉。その充実した仕事が、衰えない美しさの源となっているのかもしれない。 一方、au WALLETのCMが話題になっているのは女優の斉藤由貴(50)。娘役の夏帆(25)とともに喫茶店にやってきた母親役の斉藤は、娘にまんまとカードでおごらせることに成功するとガッツポーズを見せるのだが、この際に見せた丸メガ [全文を読む]

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

そしてグループアイドル全盛の現在、ソロアイドルとして孤軍奮闘する武藤がカバーしたことに不思議な因縁を感じた。KYON2に勝るとも劣らないアイドル性の感じられる出来に仕上がったと思える。しかし、2番に差しかかったところで歌い出しを間違ってしまう(笑)。せっかく『A.Y.M.』の歌詞忘れを克服したというのに……(笑)。ドジな彩未ちゃんも健在なのである(笑)。 [全文を読む]

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

若い世代にはピンと来ないかもしれないが、80年代のアイドル界は、現在に負けず劣らず激しい“アイドル戦国時代”だったのだ。 (取材/村上隆保、浜野清史) ■週刊プレイボーイ50号「16ページ特集 80年代アイドル総選挙」より [全文を読む]

小泉今日子も手がけたプロデューサーが語る80年代アイドル「『弱者の味方』が正統派アイドル」

週プレNEWS / 2016年11月08日14時00分

今年50周年を迎えた『週刊プレイボーイ』45号では、70年代から現在まで、彼女たちを間近で見てきた人物とともに“正統派アイドル”の歴史をふり返っている。 第2回目は、小泉今日子などのプロデュースを手がけた秋山道男氏に聞いた。 * * * 70年代のアイドル界は『スター誕生!』などで芸能プロダクションやレコード会社など裏方の姿が見えてきた時代だった。そして [全文を読む]

引退危機の能年玲奈、気になる「そのあとに...」|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年05月31日20時00分

現在はほぼ露出がない彼女だが「6月に現在の事務所との契約が切れるらしい、そのあとにどういう動きがあるのだろう?」という話題にもなった。 するとその2日後に「能年玲奈、事実上芸能界を引退へ。」という記事が出た。発信元は週刊女性。事務所から独立してもトラブルメーカーのイメージがついて今後は大変だろうという内容。この記事は「引退」という文字のインパクトが大きく [全文を読む]

頼みの綱は小泉今日子?能年玲奈“トラブル引退危機”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日19時06分

だが昨春に「独立騒動」が勃発して仕事が激減し、現在の活動はブログ更新くらいで事実上の休業状態だ。 独立騒動は、能年が懇意にしている50代の女性演出家とともに個人事務所を設立したことが発端。現事務所に無断で設立し、双方が弁護士を立てる事態になり、一部では「能年が洗脳されている」とも報じられた。 「能年は事務所の待遇などに不満を抱くようになり、2014年の前回 [全文を読む]

小泉今日子とSMAP中居正広の相似性について

messy / 2016年02月06日17時00分

数年前まで鎌倉に住んでいたが、現在は東京都内のマンションで一人暮らしを送る小泉の自宅でグラビアを撮りおろし、彼女に関係する27名が「わたしの中の小泉今日子」を語りまくっている。リビングだけでなく、書斎や寝室、洗面所でも撮られた素顔の小泉は眉毛がとても薄く、おそらく限りなくすっぴんに近い顔をさらしている。クレジットにスタイリストもヘアメイクも掲載されておら [全文を読む]

“知命”小泉今日子が大江千里とNYで25年ぶり再会

Smartザテレビジョン / 2015年12月29日05時00分

ニューヨークという街を舞台に、小泉の等身大の姿をカメラに収め、“過去”“現在”“未来”の3つのテーマで、彼女自身がこれまで大切にしてきたもの、今の自分、進化の先に見据えているものを感じ取る。 同時に、小泉が多くの人々に支持される理由、そして彼女が“小泉今日子である条件”を解剖する。 旅の始まりは、マンハッタンの最南端にあるバッテリー・パーク。海沿いの公園 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、オールタイムの“神7”は誰になるのか?

アサ芸プラス / 2015年09月07日09時58分

50年以上も第一線にいる吉永小百合の偉大さは、現在の「モノノフ」のルーツと呼べる「サユリスト」という総称が生まれたこと。スターとファンの“信頼関係”が生まれた貴重な瞬間だ。 そして70年代には「アイドル」という言葉が日本に定着し、きらびやかな逸材が続々とデビューする。第1号となった南沙織、歌だけでなくドラマや映画でも支持を得た山口百恵、そして解散を国民的 [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

草食化・少子化と言われながらも、実は現在ヒットしている映画やドラマは恋愛系が多かったり。しかし、やはり晩婚化や恋人いない率が年々上がっているのも事実。実はみんな「恋をしない」のではなく、自信がなくなって「恋が出来ない」のかもしれませんね。そんな日本の現状を打破すべく、みなさんドキドキしたりハラハラしたり、心がホワンとなっちゃうような“恋する名カップル”の姿 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『続・最後から二番目の恋』のプロデューサーが語る見所。「足して100歳のラブストーリー」は果たしてどこへ。

TechinsightJapan / 2014年05月19日21時40分

2012年に放送された『最後から二番目の恋』が小泉今日子と中井貴一のW主演で好評を博し、スペシャルドラマの制作を経て現在、続編として放映されている。 キャッチコピーは「大人の青春って、始末に負えない。」とあり、小泉今日子演じる千明と、中井貴一演じる和平のコミカルでどこか照れくさいやりとりは相変わらずのようだ。役職やそれぞれの立場が変わった中での葛藤や新たな [全文を読む]

“あまちゃん効果”で再浮上した薬師丸ひろ子の、異質すぎる「アイドル女優」人生

日刊サイゾー / 2013年12月13日11時00分

そうした独特の歌唱法は、新作を聴く限り現在でも健在ですね(笑)」(芸能記者) 薬師丸は、78年に角川映画『野性の証明』でデビュー。主演の高倉健と共演し、注目を集めた。以後、『翔んだカップル』『ねらわれた学園』『セーラー服と機関銃』『探偵物語』などに主演し、80年代は当代随一のアイドルとして一世を風靡した。 「80年代は松田聖子や河合奈保子、中森明菜、小泉今 [全文を読む]

NHK紅白で『あまちゃん』企画進む 小泉今日子歌う可能性も

NEWSポストセブン / 2013年11月11日07時00分

「これほどの人気となったドラマで視聴率を稼ごうと、NHKサイドは現在『あまちゃん』に絡めた企画を着々と進めています。年末の紅白に小泉さんが何らかの形で出場して、『潮騒のメモリー』を歌うことは充分考えられます」(テレビ局関係者) 年末にかけては、そんな『あまちゃん』絡みの話題でもちきりになると思われていた小泉だが、現在の彼女は、『あまちゃん』とは全く雰囲気 [全文を読む]

『あまちゃん』でブレイク中の有村架純がグラビア撮影で見せた「女優としての成長」

週プレNEWS / 2013年08月07日06時00分

現在、次世代清純派女優として注目を集めている。 そんな彼女が、現在発売中の「週刊プレイボーイ」のグラビアに登場、爽やかな姿を見せている。今回の撮影は、衣装や背景など彼女の存在感をクローズアップするため、すべて白一色。余計なものを一切排除して行なわれた。 デビュー以来4年にわたり、彼女を見続けてきた週プレの担当編集者は、彼女の魅力をこう語る。 「とにかく仕事 [全文を読む]

小泉今日子、ドラマのキャスティングを「社長にお願い」の一言で決めた!?

サイゾーウーマン / 2012年01月15日12時00分

現在ではテレビ出演も激減し、年に1度ペースのドラマ出演以外には目立った活躍もしていない。現在は一部女性誌によれば、このホストとは破局してしまったようだ。 最近になって新恋人の存在をバラエティー『グータンヌーボ』(フジテレビ系)でほのめかしていた飯島。さらに公私ともに頼りになる小泉の存在もあって、再ブレイクの日も近いのかもしれない?【関連記事】・小泉今日子、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行、久本雅美の「小泉今日子」発言でお詫び “母親役が似合う女優”ランキングに苦戦

TechinsightJapan / 2017年05月12日19時02分

』、菅野美穂は『べっぴんさん』と現在放送されているドラマに出演している女優も多く、やはりイメージが強いのだろう。ランクインはならなかったが『スーパーサラリーマン左江内氏』で母親役を演じた小泉今日子も11位だったので久本もホッとしたのではないか。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

忘れがたき「昭和のいい女」を一斉追跡!<聖地巡礼ガイド・あの美人女優と「美酒が飲める店」6選>

アサ芸プラス / 2017年05月08日09時57分

現在も一人で切り盛りしています」(芸能レポーター) 一方、料理研究家の夫である結城貢氏と2人で小料理屋「結城」を営むのは、泉じゅん(60)だ。「彼女は『感じるんです』(76年、日活)で衝撃デビューを果たしたロマンポルノ界きっての清純派として名高いですが、現在はメディア露出を控え、店のほうに集中しているようです」(芸能プロ関係者) 小泉今日子もカバーしたこと [全文を読む]

フォーカス