離婚 小林聡美に関するニュース

三谷幸喜が小林聡美似の女性と交際宣言 再婚も「いずれは」

NEWSポストセブン / 2013年07月18日05時00分

2011年5月に小林聡美(48才)と離婚した脚本家・三谷幸喜(52才)が、新たな女性と交際中であることが発覚した。 6月中旬の夕方のことだった。帰路につくサラリーマンや買い物袋を提げた主婦たちで賑わう駅前の商店街を、三谷幸喜はスラックスにワイシャツ姿で息を切らしながら早足で歩いていた。 誰かとの待ち合わせなのか周囲をきょろきょろと見回すと、ひとりの女性のも [全文を読む]

やっぱり元妻が好き? 三谷幸喜が小林聡美のストーカー化とのウワサ

サイゾーウーマン / 2012年07月27日09時00分

突然の離婚報告から1年2カ月が経過した三谷幸喜と小林聡美について、24日発売の「女性自身」(光文社)が驚きの近況を伝えている。別れてからも近所に住んでいるという2人だが、小林の自宅前をうろうろする三谷に対し、小林は知人に「もう、うんざり」と漏らしているのだという。 2人は1988~91年に放送されたドラマ『やっぱり猫が好き』(フジテレビ系)で知り合い、三谷 [全文を読む]

三谷幸喜「ギャラクシー街道」が大苦戦…「近年稀にみる駄作」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年11月06日12時00分

小林聡美との離婚が下り坂の始まりか 出演した大竹自ら、完成披露試写会の舞台あいさつで「本当にくだらなくて、なんにもない映画なんですけど」と話した同作。ネットでも、「本当に何にも残らない、感動もしない。だから気楽に見に行くことができる」とする声がある一方で、 「苦痛と不快の極致。この世の闇のすべてが詰まった人生最低の109分」 「つまらない下ネタに人種差別 [全文を読む]

小林幸子、夫、元社長 互いが独占欲露にした奇妙な三角関係

NEWSポストセブン / 2012年04月14日16時00分

その反対の仕方は、ビジネスというよりひとりの恋人を巡り、互いが独占欲をあらわにした奇妙な三角関係のように見えました」(関根さんの知人) 2004年に、林さんが離婚して、小林との結婚話を進めているときも、関根さんは全力で阻止しようとしたが、その甲斐もむなしく、小林は昨年9月に婚約を発表する。 「小林さんとしても関根さんの気持ちがわからないわけではないんでしょ [全文を読む]

フジテレビ顔面蒼白! 三谷幸喜『ギャラクシー街道』酷評の裏に、小林聡美との離婚アリ!?

日刊サイゾー / 2015年11月20日11時00分

公開から1カ月もたっていませんが、このままだと、興収は2ケタいけば御の字、といったところではないでしょうか」(テレビ局関係者) この“失敗”の裏に、2011年に離婚した小林聡美の影響があるのではと、業界内ではささやかれている。 「三谷さんは実績のある監督ですから、フジとしても作品に対して何も言えなかったようです。13年に公開された前作『清須会議』は戦国もの [全文を読む]

解任された小林幸子の事務所社長 元々は熱烈なファンだった

NEWSポストセブン / 2012年04月13日07時00分

そして後に個人事務所の専務となる共通の友人だったB子さんと一緒に3人で独立して、小林さんにとって最良の道を、一蓮托生となって歩いていくことを約束したんです」(関根さんの知人) ※女性セブン2012年4月26日号 【関連ニュース】小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす三谷幸喜 小林聡美を驚かすため玄関前でパンツ一丁で隠れた三谷幸喜 猫アレルギ [全文を読む]

小林幸子 両親との思い出詰まった豪邸に年下夫を招き入れる

NEWSポストセブン / 2012年03月19日07時00分

やはり、その家を離れようなんて思えなかったんでしょう」(知人) ※女性セブン2012年3月29日・4月5日号 【関連ニュース】小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす三谷幸喜&小林聡美の家 本当に友達も寄りつかなかった小林幸子に夫を略奪された46才の前妻は3度騙されていたキス撮られた内野聖陽 妻の一路真輝と別居中に2億円豪邸購入三谷幸喜 猫ア [全文を読む]

NHK大河『真田丸』が早くも大ピンチ!? 主演・堺雅人が「宣伝に非協力的で……」

日刊サイゾー / 2016年01月04日09時00分

三谷を知る舞台関係者は「4年前に離婚した女優の小林聡美は、三谷の脚本のよきアドバイザーだった。離婚後にヒットした『清須会議』は、ストーリーがオリジナルではなかったから当たった。三谷の脚本は小林の協力で出来上がっていたんです」という。 『ギャラクシー街道』が酷評されたことで、今回の『真田丸』も、12年前に三谷が脚本を担当し、時代考証無視の内容で視聴率が落ち [全文を読む]

是枝監督が阿部寛 樹木希林ほか豪華キャストで送る家族の物語

NeoL / 2015年12月28日01時07分

そんな良多に愛想を尽かして離婚した元嫁、響子(真木よう子)。11歳の息子・真悟(吉澤太陽)の養育費も満足に払えないくせに未練たらたらの良多は、探偵技で響子を“張り込み”し、彼女に新しい恋人ができたことに一人ショックを受けている・・・。 そんなある日、たまたま母・淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなり、一つ屋根の下で一晩を過ごす [全文を読む]

三谷幸喜の才能が急失速、過去のヒット作はあの人がゴーストライターだった?

アサ芸プラス / 2015年11月12日17時58分

「一部のファンから、三谷作品衰退の理由は小林聡美との離婚にあり、彼女がゴーストライターをしていたのではないかと噂されています。三谷は89年に執筆した『やっぱり猫が好き』を通して小林と出会い、95年に結婚した2人ですが、両者の関係が円満だった90年代~00年代前半は、三谷もヒット作を連発した全盛期でした。また小林は女優業だけでなく、自身で執筆したエッセイ本を [全文を読む]

ゴールデンレトリーバーらの表情に日本中が涙必至!

Smartザテレビジョン / 2015年10月19日16時25分

そんな中、離婚して10 年になる元夫・前田勇祐(上川隆也)から連絡が来る。かなみは、犬たちの悲惨な状況を取材するだけで何もできない自分のふがいなさを告白。カメラマンの前田は、「自分たちの役目はそれを撮って伝えることではないか」と励ます。彼に背中を押されたかなみは保護されたあとの犬たちの取材を始める。震災を生き抜いた犬と飼い主の絆、保護犬を積極的に受け入れ [全文を読む]

故・小林すすむさん 余命2週間先宣告受けても病気知らせず

NEWSポストセブン / 2012年05月24日16時00分

※女性セブン2012年6月7日号 【関連ニュース】小林すすむ 治療費カンパを山田邦子が届ける予定の日に逝く小林幸子、夫、元社長 互いが独占欲露にした奇妙な三角関係小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす解任された小林幸子の事務所社長 元々は熱烈なファンだった三谷幸喜 小林聡美を驚かすため玄関前でパンツ一丁で隠れた [全文を読む]

小林幸子「紫綬褒章欲しい」と鹿野農水大臣に料亭で頼みこむ

NEWSポストセブン / 2012年05月01日07時00分

これまで関根さんが小林さんの仕事から身の回りの世話まで何でもみていましたから、後継者が育っていないんですね」(ある音楽関係者) ※女性セブン2012年5月10・17日号 【関連ニュース】小林幸子、夫、元社長 互いが独占欲露にした奇妙な三角関係解任された小林幸子の事務所社長 元々は熱烈なファンだった小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす三谷幸 [全文を読む]

三谷幸喜がいない!『真田丸』打ち上げで主役不在の異例事態

WEB女性自身 / 2016年11月08日00時00分

「三谷さんは11年に16年連れ添った小林聡美(51)と電撃離婚。その2年半後、Aさんと再婚しました。Aさんは女優引退後に早稲田大学へ進学し、三谷さんの映画『ステキな金縛り』などを手がけた制作会社に就職。制作側にいたこともあり、彼女は結婚後も三谷さんの作品についてよくアドバイスをしているそうです」(芸能リポーターの城下尊之さん) この日、三谷夫妻は昼間から [全文を読む]

「懐かしいな、この狭さって(笑)」 真木よう子が映画『海よりもまだ深く』を語る

anan NEWS / 2016年05月24日08時00分

15年前に一度文学賞を取ったきりの自称作家でギャンブル好きの良多に愛想を尽かし、離婚後は11歳の息子と二人で暮らしている。サラリーマンの恋人もいる。 「愛だけでは人は生きていけない、というセリフもあるように、響子は今を生きつつ、ちゃんと将来を考えた最善の決断ができる強い女性です。でも良多は確かにダメ男ですけど、共感できる部分は男女問わず、みんなきっとあると [全文を読む]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

NeoL / 2016年05月14日08時00分

──真木さんが演じた響子は、ダメな夫と離婚し、1人で子供を育てているしっかり者の女性です。とりたてて変わったところのない市井のキャラクターだからこそ、女優としてすごく繊細な感情表現が求められた気がするんですが? 真木「うーん、どうなんだろう(笑)。自分ではあまり意識してないんですよね。楽しいシーンは楽しく、切ないシーンは切ない感情でお芝居していただけで… [全文を読む]

【ウラ芸能】吉田羊、ナゾ多き美女が別れた理由

NewsCafe / 2015年03月05日15時00分

学生時代に演劇にはまったものの芽が出ず、売れない舞台女優のかたわらホステスやコンパニオンから葬儀屋のバイトで食いつなぎ、一時はバンドを組んだりして歌っていたこともあるとか」デスク「そのまま夢を追いかけ続けてトシとっちゃう役者も多いけど、彼女の場合は成功したわけだな」記者「2007年に昼ドラで役をつかみ、その後出演した舞台を見た俳優、中井貴一(53)が気に入 [全文を読む]

吉田羊 HERO出演でブレイクした熟女優の「悩殺プロフィール」

アサ芸プラス / 2014年10月07日09時58分

過去にスキャンダルらしいものは見当たらないが、 「彼女を“発掘”した中井の紹介で三谷幸喜(53)の作品にも出演しましたが、三谷が小林聡美と離婚に至った原因の一つが、吉田に入れ込みすぎたことだと噂されました」(前出・芸能記者) 吉田本人はお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(34)が好みのタイプなようで、最近のトーク番組に出演した際もその理由を「ひけらかさない物 [全文を読む]

バイク事故のケンタロウに“もうひとりの母”栗原はるみが支援

NEWSポストセブン / 2012年09月22日07時00分

でも、はるみさんが“ケンタロウくんが戻ってくるまでという気持ちでやってみたら”と後押ししたんだと思いますよ」(前出・知人) ※女性セブン2012年10月4日号 【関連ニュース】ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった新食感のポテトチップスまぶしおにぎり お勧めはコンソメ味ロッチ・コカド まさかの小泉今日子お持ち帰り未遂!?炒飯をおいしく調理す [全文を読む]

男性特有の朝の生理現象ナシは動脈硬化や心筋梗塞の危険あり

NEWSポストセブン / 2012年02月12日07時01分

また、睡眠障害と勃起障害は密接に関係していて、眠れない人はEDも抱えている場合が多い」 ※週刊ポスト2012年2月17日号 【関連ニュース】犬にとっての“いい飼い主”10の条件 66歳男が肩こり治すためお灸しED克服 時々妻の寝室に夜這い「麺屋武蔵」代表 体重増え過ぎ歩けなくなった過去小林聡美 愛犬に会うため離婚後も三谷幸喜の近所で暮らす腰痛・メタボ・うつ [全文を読む]

フォーカス