映画 松たか子に関するニュース

「日本最強の地味女優」黒木華が『真田丸』で圧勝した理由

WEB女性自身 / 2016年02月20日06時00分

「彼女は昨年4本の映画に出ています。脇役ですが、全部主役を喰っている。『母と暮らせば』ではあの吉永小百合さん(笑)。『真田丸』は例によって助演の貧しい娘の役ですが、長澤まさみさんも喰われるなと思って見ています」 そう語るのは、黒木華(25歳)の出身大学の恩師で映画評論家の寺脇研教授。『真田丸』で信繁の初恋の相手・梅を好演中の黒木。今春には映画と連ドラで初主 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松たか子が好きだった“アニメ、アイドル、バンド”まで。意外な趣味にSMAPが世代感じる。

TechinsightJapan / 2015年07月15日11時55分

木村拓哉はドラマ『ロングバケーション』(1996年)、『ラブジェネレーション』(1997年)、『HERO』(2001年)、そして2007年に続き、今年7月18日に第2弾が公開となる映画『HERO』でも松たか子と共演しているが、意外に知らないことが多く驚いていた。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『夢売るふたり』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2012年09月05日12時20分

そして夫役の阿部サダヲさんを風呂場でじわじわ問責するシーンの恐ろしさと可笑しさたるや、日本映画史に残る風呂拷問シーンではないかと思います。松たか子さんと言うと、一般的には清楚な女性を演じる"白松たか子"のイメージが強いですが、個人的には、本作のように悪い女を演じた時の"黒松たか子"の方がグッと魅力的に感じます。本作の監督・西川美和さん(美人)も、2010年 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(8月17日付) あの名作のアニメ化に注目

ガジェット通信 / 2017年08月17日21時00分

『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 8月17日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【8月17日】「今週末みたい映画ランキング」 対象 [全文を読む]

「視聴者をバカだと思っている表れ」!?“『アナ雪』台無し事件”に見るフジテレビの末期度

日刊サイゾー / 2017年03月06日17時00分

こういった押し付けがましい無自覚さは、『フジテレ be with you.』という局のキャッチコピーにも表れています」(テレビ誌記者) フジは4日夜9時から、大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』のノーカット版を地上波初放送。平均視聴率は19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、キー局の映画放送として年内首位を記録した。 同局では、同日夕方6時か [全文を読む]

フジテレビの救世主なるか…映画版「HERO」に立ち込める暗雲

デイリーニュースオンライン / 2015年01月28日11時50分

それが映画版『HERO』だ。 2001年に放送された第1期は、平均視聴率34.3%をたたき出し、その後公開された映画版『HERO』第1作目は興行収入81億円を稼いだ。2014年に放送された第2期でも、平均視聴率21.3%と根強い人気を証明した。その映画版『HERO』第2作目の撮影現場を、1月27日発売の『FLASH』(光文社)が掲載している。 松たか子が復 [全文を読む]

OKAMOTO'S、新曲「ZEROMAN」が映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』の主題歌に決定

okmusic UP's / 2014年12月19日11時00分

OKAMOTO'Sの新曲「ZEROMAN」が、2015年4月4日(土)より公開となる映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』の主題歌に決定した。【その他の画像】OKAMOTO'S2015年4月4日より公開の『ジヌよさらば~かむろば村へ~』は、小学館「ビックコミック」で連載されていた人気コミックス「かむろば村へ」(いがらしみきお著)の映画化。 監督・松尾スズキ、 [全文を読む]

松尾スズキが女優論「私を通りすぎた女優たち」を独白! でもあの女優のことだけは...

リテラ / 2015年04月25日12時00分

2007年に公開された映画『クワイエットルームへようこそ』以来、約7年ぶりとなる監督作品『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』が公開中の松尾スズキ。近年では、『あまちゃん』でNHKの朝ドラを手がけるまでの"国民的脚本家"となった弟子・宮藤官九郎の陰に隠れ気味で、「クドカンと阿部サダヲを見出した功労者」「脇役でいい味出してるおじさん」はては「クドカンファミリーの松 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】たけし困惑。熱烈なアナ雪・エルサファンの仰天行動に、「整形して“ありのまま”?」

TechinsightJapan / 2014年10月12日18時25分

今年大ヒットした映画『アナと雪の女王』主題歌にある“ありのままで~”という歌詞が、「今年の流行語大賞ではないか」と予想する声も多い。それくらいこのフレーズはテレビで何度も流され、映画を観ていない人の記憶にも強烈な印象を残しているのだ。熱狂的なアナ雪ファンの中には独自の解釈で「ありのままの自分」を受け入れ、アナの姉エルサを目指して美容整形を受ける女性まで現れ [全文を読む]

『アナ雪』熱唱で改めて注目 歌手・松たか子の実力とキャリアとは?

リアルサウンド / 2014年04月24日19時42分

現在大ヒット中の映画『アナと雪の女王』の勢いが止まらない。4月18日の公開36日間時点で累計動員数が800万人を突破し、4月19日には累計興行収入が100億円に到達したことが明らかになった。 この勢いは音楽業界にも波及しており、劇中で使用されている「レット・イット・ゴー」などの曲は、本国アメリカ版で同曲を歌っているイディナ・メンゼル、日本語吹き替え版の劇中 [全文を読む]

松たか子、宮﨑あおい、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月09日10時00分

しかも、映画関係者との宴席で、松はこんなことを話していた。 「最近、夫が私のことに興味を持ち始めてくれて‥‥」 映画関係者が言う。 「佐橋氏は16歳年上ですが、松を一人前の大人と扱っていました。ところが、松にはそれが放任主義と映っていたようで、どこか物足りなかったのでしょう。でも、最近の佐橋氏は『どこに行くの?』とか、『誰と会うの?』と、いろいろと聞いて [全文を読む]

「歴史に名を残したい!」元AKB・前田敦子を“勘違い”させた原因とは

日刊サイゾー / 2016年04月18日11時00分

アンチから、さらなるバッシングを浴びることになりました」(スポーツ紙記者) そんな中、前田はスポーツ報知のインタビューで、「大好きな映画の仕事ができて幸せ。それだけでウハウハですよね。映画に出続けて、歴史に名を残したい」「将来の夢は、ずっと映画に出続けて『前田敦子映画祭』のように名前が残る女優になることです」と宣言。 これは映画『モヒカン故郷に帰る』で初の [全文を読む]

松たか子が「ルキア」CMソングを書下ろし

dwango.jp news / 2015年03月13日12時49分

松たか子は、映画、TVドラマをはじめ、舞台やミュージカルでも活躍しており誰もが認める実力派女優だが、歌手としても多くのミュージシャンとコラボ、コーラスに参加と精力的なアーティスト活動を続けてきた。2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」日本吹き替え版のエルサ役を演じ、劇中で歌唱した『Let It Go~ありのままで~』が映画と共に大ヒットし、その歌 [全文を読む]

松たか子&神田沙也加のガチンコ熱唱が「007」「永遠の0」を蹴散らした!?

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時59分

アニメ映画「アナと雪の女王」がバカウケしている。4月12、13日の週末興行成績は約8億4000万円(前週比98.8%)を記録した。観客動員数は新学期が始まり、公開5週目に到達したというマイナス要因をものともせず、全く衰える気配を見せない。4月13日までの累計動員数は756万5206人、興収は92億8453万6150円を記録した。 「これはものすごい記録です [全文を読む]

映画『アナと雪の女王』関連楽曲「レット・イット・ゴー」が「レコチョク週間ランキング」TOP3を3週連続独占!

PR TIMES / 2014年04月17日17時52分

これは、現在大ヒットしているディズニー映画「アナと雪の女王」の関連楽曲「レット・イット・ゴー」で、4月2日発表のレコチョク週間ランキングで初めてTOP3を独占、4月9日、4月16日発表の「レコチョク週間ランキング」でもTOP3を独占、3週連続で同一楽曲がTOP3を独占したことは、「レコチョク週間ランキング」でも初めてのことです。 TOP3を独占しているの [全文を読む]

【ウラ芸能】世界が評価…黒木華の実力

NewsCafe / 2014年02月19日18時00分

記者「公開中の映画『小さいおうち』(山田洋次監督)に出演した黒木華=はる=(23)がベルリン映画祭で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞したのは一大快挙ですね」デスク「カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつだからな、大きな勲章だよ」記者「あの映画って、松たか子(36)が主演だったんじゃないんですか?」デスク「チッ、これだからなあ…。ちぃとは、世評の高くな [全文を読む]

川村元気が"メガヒット"を連発できる理由

プレジデントオンライン / 2017年09月05日09時15分

26歳、初めてプロデュースした映画『電車男』が大ヒット。昨年公開の『君の名は。』は社会現象に。手掛けた作品にハズレなし。すべて、狙い通りなのか──。稀代のプロデューサーの源泉を探った。 ■時代の気分を創るのは「大衆」より「自分」 ヒットは、狙ってつくれるものではないと思っています。 時代の求めるものは日々移り変わりますから、マーケティングデータなどに基づい [全文を読む]

広瀬すず&橋本環奈…若手女優が“80年代アイドル曲”を歌う理由とは!?

CinemaCafe.net / 2017年08月14日06時00分

今回、広瀬さんは自身が主人公の声優を担当した映画の劇中歌を歌唱、楽曲は1980年代から輝き続ける不世出のアイドル・松田さんの楽曲で、劇中歌ではあるが8月9日(水)発売の同作のサントラに「及川なずな(CV. 広瀬すず)」の名義で収録されており“CDデビュー”も果たしたことになる。広瀬さんと似たケースで最近話題になったものとして挙げられるのが、昨年公開された映 [全文を読む]

「OPで言っておけば……」『アナ雪』台無し事件にフジテレビ社長が驚愕の“的外れ”発言

日刊サイゾー / 2017年04月03日20時30分

フジテレビの亀山千広社長がディズニー映画『アナと雪の女王』の騒動について“的外れ”な見解を示し、波紋を呼んでいる。 フジは先月4日、『アナと雪の女王』を地上波初放送。本来、エンディングではMay J.が歌う主題歌が流れるが、フジは約3分半にわたるオリジナル映像に差し替え。松たか子が歌う主題歌と共に、フジが企画・製作を手掛ける映画のキャストや、フジの局アナな [全文を読む]

視聴率は19.7%!「地上波初!ノーカット放送」でMay.Jをカットしたフジ『アナと雪の女王』

ガジェット通信 / 2017年03月06日11時45分

3月4日、フジテレビにて放送された映画『アナと雪の女王』。物語が終わった後、エンディングではMay.Jさん歌唱のものではなく、 みんなで歌おう! Let’s sing together! Let it go! という画面が表示され、松たか子さんが歌った挿入歌が流れ始める。 歌詞が下に表示され、視聴者や局アナ、GW公開の映画の出演者といった人たちの映像・歌っ [全文を読む]

フォーカス