子供 松坂慶子に関するニュース

フォー・セインツ with 松坂慶子、デュエットソングが映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年10月14日14時30分

1968年のデビュー以来、途切れることなく時代の歌を書き続けているフォー・セインツのリーダー上原徹はまさに現役のシンガーソングライターだが、昨年12月、団塊世代を励ます「たまには仲間で」、争う子供たちに向けた愛の歌「子供らよ」の二曲を盟友の作詞家・岡本おさみ(代表作「襟裳岬」「旅の宿」)と共作。ライヴで披露したところ、映画「ベトナムの風に吹かれて」の監督 [全文を読む]

松坂慶子&フォー・セインツ、NHK「歌謡コンサート」生出演でデュエットソング「たまには仲間で」披露

okmusic UP's / 2015年11月11日14時00分

■シングル「たまには仲間で」発売中 【初回生産限定盤】(CD+DVD) UPCY-9450/¥1,800(税込) 【通常盤】(CD) UPCY-5050/¥1,300(税込) <収録曲> ■CD 1.たまには仲間で ※映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌 2.子供らよ ※映画「ベトナムの風に吹かれて」挿入歌 3.たまには仲間で(オリジナル・カラオケ) 4. [全文を読む]

松坂慶子とフォー・セインツ上原徹のデュエット誕生! 松坂主演映画の主題歌に

AOLニュース / 2015年10月15日00時59分

1968年のデビュー以来、途切れることなく作曲活動を続けている上原は昨年12月、"人を思いやることの大切さ"をテーマに歌った同曲と、争う子どもたちに向けた愛の歌「子供らよ」の2曲を、作詞家・岡本おさみ(代表作「襟裳岬」「旅の宿」)と共作。ライヴで披露したところ、映画『ベトナムの風に吹かれて』の大森一樹監督の耳に止まり"団塊の世代を描いた映画にはうってつけ [全文を読む]

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

そこに当時の世相を絡め『子供の側からのカウンターパンチ』を食らわせられるなら、オヤジはやってみたいと思ったんです。そのためには架空国家ではなく、日本を舞台にしたかった」 深作は15歳で終戦を迎え、戦後に流行した「アプレゲール(無軌道な若者)」にくくられている。健太もまた「新人類」と眉をひそめられた世代であり、中学生のクラス42人が最後の1人になるまで殺し合 [全文を読む]

爆死ドラマに光?松嶋菜々子「43歳のウインク」「肉体営業」にオジサン卒倒!

アサ芸プラス / 2016年08月09日17時59分

また、吉良が高収入の正社員で育休を3年も取ったうえに復職できて、なおかつ子供を保育園に預けられるなど、理想的過ぎる設定にまったく共感できない世間のママさんも多く、今後も人気回復の兆しは見えない。 しかし一筋の光明というべきか、熱心な松嶋ファンだけは今回の放送に大満足していたようだ。「この第3話は吉良をはじめとした広告代理店の社員たちが大口取引先との接待に [全文を読む]

松坂慶子 夫とともに要介護3の母親の介護生活を始める

NEWSポストセブン / 2013年04月16日07時00分

「松坂さんの場合、子供の手が離れた矢先で、さあこれから夫婦の人生が始まるという時でした。しかも彼女とお母さんの間には長く深い確執もありますよね。それを乗り越えて介護同居という選択をしたわけです。 ご主人も賛成してくれたし、お母さんのほうも松坂さんの申し出を受け入れて、昨年秋ぐらいから一緒に暮らし始めることになったそうです。それにしてもご主人はご立派という [全文を読む]

フォーカス