現在 松山ケンイチに関するニュース

吉高由里子主演作で松坂桃李&松ケンらが“愛と宿命”に翻弄される!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月10日10時00分

本作は、ある一家で見つかった殺人者の告白文がつづられた一冊のノート、そしてその登場人物である美紗子(吉高)を中心に、過去と現在が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄(ほんろう)されていく物語。 熊澤尚人監督とは「親指さがし」(2006年)以来、2度目のタッグとなる松山は、美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介役に。誰にも言えない罪、心の傷を抱え [全文を読む]

吉高由里子&松山ケンイチ 愛の行方を予感させる「ユリゴコロ」場面写真解禁

dwango.jp news / 2017年06月12日11時12分

松坂桃李、木村多江、清野菜名らが出演する、ノートの秘密へ迫る<現在パート>は今月末からいよいよクランクイン。拠りどころを求め、愛と宿命の渦に翻弄される者たちの壮絶な物語は、過去と現在が繋がり、どのようなドラマを紡ぐのか。今後も続報を期待しよう。 ■映画『ユリゴコロ』吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江 原作: [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■水曜10時の女性タイム現在、連ドラで視聴率が取りやすい枠というと、『相棒』でお馴染みのテレ朝水曜9時枠と、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『DOCTORS』のテレ朝木曜9時枠。それに日テレの水曜10時枠である。あっ、ここへきて『逃げるは恥だが役に立つ』のTBS火曜10時枠も注目されつつあるけど――まっ、もう少し様子を見ましょう。中でも、日テレ水曜1 [全文を読む]

吉田羊だけじゃなかった?“年下イケメン”を堂々狙う美魔女タレントたち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月13日17時05分

その吉田の傷を癒したのが、現在の夫だったと言われています」(音楽関係者) 鎌田は、吉田に婿入りする形で結婚を果たした。 2組目は、超売れっ子俳優の濱田岳(27)と、モデルの小泉深雪(37)だ。奥手の濱田が、現妻の小泉と初めて会った際、携帯番号を聞くまでに「5〜6回吐いた」というエピソードがある。 「小泉は酒にめっぽう強いのに対し、濱田は酒に弱く、緊張も相ま [全文を読む]

吉高由里子 イメージを覆す『ユリゴコロ』のティザービジュアル解禁

dwango.jp news / 2017年04月28日11時05分

松坂桃李、木村多江、清野菜名らが本年6月下旬から撮影に入る、ノートに秘められた一家の秘密へ迫る<現在パート>がどのような形で加わるのか、続報に期待がかかる。 ■映画『ユリゴコロ』吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ 佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江 原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 脚本・監督:熊澤尚人企画・製作幹事:日活 制作プ [全文を読む]

キムタク「人気低迷」で、“バラエティ本格進出”の秘策

日刊大衆 / 2017年03月12日09時05分

現在主演中の『A LIFE』(TBS系)がパッとしないんです。竹内結子、松山ケンイチ、浅野忠信など主演級の俳優陣が脇を固めているわりに、平均視聴率は13~15%をウロウロ。当初の目標であった20%には、遠く及ばない状況です」(テレビ局関係者) 制作・宣伝費用は2話分で1億超えというだけに、大赤字必至なのだという。「木村自身も俳優業での厳しい現状は認識済み [全文を読む]

命をかけるほど頑張ったことありますか? 映画『聖の青春』に見る短くも濃い生き方

Suits-woman.jp / 2016年11月30日10時00分

そんな彼の人生を描いた映画『聖の青春』が現在、大ヒット上映中。今回は、村山の壮絶な将棋人生と、この映画の魅力を分析します!生きること=将棋村山聖(松山ケンイチ)は、幼少から「ネフローゼ」という難病を患い、常に高熱と全身のだるさと闘っていました。彼が病床で出会ったのは、父が買ってくれた将棋セット。村山は将棋の魅力に引き込まれ、将棋の名人になることを決意。日々 [全文を読む]

柴咲コウ、大河主演決定も女性主人公に不満続出!? “オンナ大河“が不安視されるワケ

メンズサイゾー / 2015年08月27日17時05分

柴咲が演じる直虎とは、戦国時代に活躍した武将・井伊直虎のことで、現在の静岡県にあたる遠江地方の井伊谷城(いいのやじょう)の女城主。ドラマは、直虎が幼いころに交わした許嫁との愛を貫きながら、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継を守りながら戦国の世を生き抜いていくというストーリーだ。 この起用には「イケメン直虎を期待」と、目力も鋭い業界屈指の"男前"な美貌の持 [全文を読む]

「ど根性ガエル」実写化 主演マツケンは“ウザいダメ男”?

anan NEWS / 2015年07月29日22時00分

現在、日本テレビのプロデューサー・河野英裕さんが、“実写”でドラマ化するという難題に挑戦中。主演は松山ケンイチさん! 「土曜9時のドラマは、世代を超えて、幅広く見てもらえる作品を放送したい枠。今回はそういうドラマを、松山ケンイチさんとやりたい、と思ったことがスタートですね。彼は本当に芝居が上手い人なので、シリアスな重い作品でじっくり見せることもできるんです [全文を読む]

松ケンが3年ぶりの連ドラ主演!相方に早乙女太一!!

Smartザテレビジョン / 2015年02月26日08時00分

現在公開中の映画「ジョーカー・ゲーム」で、躍動的なアクションとスパイたちの頭脳戦を鮮やかに描いた入江悠監督が演出を、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずき氏が脚本を手掛ける。 入江監督は「僕のような30代の監督にとって、時代劇を撮れるというのは夢のような話。子供のころから見て育った時代劇の面白さを思い出しながら、時代劇の本場・京都で伝統を学び、新しい一歩とな [全文を読む]

早くも第二子妊娠の小雪に女性から「色んな意味で尊敬」の声

NEWSポストセブン / 2012年09月22日16時00分

現在妊娠5か月で、予定どおりいけば、来年1月ごろに、長男誕生からわずか1年あまりで年子の赤ちゃんが誕生する。 世の女性たちの反応は…。 「子供が8か月でまた妊娠なんて、松ケンが若い証拠よね~」(34才・主婦) 「1人目の世話に追われて年子なんてとてもとても。セックスする気も起きませんもの…」(40才・パート) 「私なんて出産後は1年半生理が来なかった。30 [全文を読む]

松山ケンイチ NHK就活学生に「頑張って下さい!」と顔出し

NEWSポストセブン / 2012年04月19日07時00分

それが、なんとマツケンだったんです!」 マツケンこと、松山ケンイチ(27)は、現在、NHKの大河ドラマ『平清盛』に出演しており、その日は局内のスタジオで撮影中だったようだ。 学生が続ける。 「控え室前の廊下には衣装の着物姿の人がいましたが、マツケンは私服。気づいた子が『あっ』と声を上げた瞬間に、笑顔で『頑張って下さい!』といって一瞬でいなくなりました」 こ [全文を読む]

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々・安田顕W主演で映画化

おたくま経済新聞 / 2017年05月25日20時00分

そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在までに200万回以上の再生を記録しています。他にも、刺激を受けたネット上の一般クリエイターたちが数多の自作の派生動画を投稿し一大ブームともなりました。また、翌年にはコミックエッセイ化され、現在第3巻まで発売中。累計発行部数は15万部を突破しています。映画は同名となる『家に帰ると妻が必ず死んだふり [全文を読む]

吉高主演映画で松坂桃李・松山ケンイチが心を揺り動かされる

dwango.jp news / 2017年04月10日10時55分

そしてその登場人物、吉高由里子演じる美紗子を中心に過去と現在が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄されていく物語。その中で、熊澤尚人とは『親指さがし』以来、2度目のタッグとなる松山ケンイチは、吉高由里子演じる美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介役に。誰にも言えない罪、心の傷を抱えながら生きる、色気と繊細さが同居したキャラクターを、昨年公開『聖の [全文を読む]

タラレバ娘・吉高、リアルは「恋多き娘」?

日刊大衆 / 2017年02月18日16時00分

そんな彼女の現在のお相手とされているのが、関ジャニ∞の大倉忠義(31)だ。2016年7月に『FRIDAY』で、吉高が大倉のマンションに“通い同棲”をしている現場が撮られたことで熱愛が発覚。大倉は「お友達です」とコメントしたが、10月には二人でバリ旅行に行くところがスクープされている。 共演者との熱愛スクープが多い吉高。現在出演中のドラマ『東京タラレバ娘』で [全文を読む]

木村拓哉主演『A LIFE 〜愛しき人〜』初回レビュー 鍵を握るのは得体の知れない浅野忠信?

リアルサウンド / 2017年01月17日06時10分

まるで現在の木村拓哉の感情を代弁しているようなタイトルを持つその曲は、しかし、本編では使用されることはなかった。初回オンエアで明らかになった主題歌は、B’zが本作のために書き下ろした曲、その名も「Still Alive」。キムタク神話は「まだ生きている」か? もちろん、まだ生きている。参考:木村拓哉は木村拓哉をやめるわけにはいかないーー役者として無限の可能 [全文を読む]

キムタク新ドラマ、医師から批判噴出「あり得ない」「誤解や混乱広まる恐れ」

Business Journal / 2017年01月17日06時00分

しかし、沖田の元恋人で虎之介の娘、現在は同病院で小児外科医として働く壇上深冬(竹内結子)と、その夫で沖田の幼馴染、現在は同病院副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、沖田が舞い戻ってくることに複雑な感情を抱いている。 そんな沖田は、第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)の反対を押し切り虎之介の難手術を行うが、術後に虎之介の容体が悪化。再び羽村が反対するなかで沖田は再手 [全文を読む]

B’zが渾身の書き下ろし 木村拓哉主演ドラマ主題歌

dwango.jp news / 2017年01月16日11時10分

現在、それぞれソロ活動中の松本孝弘と稲葉浩志がB’zとして書き下ろした『Still Alive』と、日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」の今後の展開にも注目だ。次回第2話は1月22日(日)よる9時から15分拡大スペシャルで放送される。 <B’z コメント> 主題歌のお話をいただいてから制作を始め、ドラマスタッフの皆さんともディスカッションの機会を頂き、試 [全文を読む]

キムタク新ドラマに酷評続出…「『ドクターX』のパクリ」「キムタク推し満載が意味不明」

Business Journal / 2017年01月16日06時00分

しかし、沖田の元恋人で虎之介の娘、現在は同病院で小児外科医として働く壇上深冬(竹内結子)と、その夫で沖田の幼馴染、現在は同病院副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、沖田が舞い戻ってくることに複雑な感情を抱いている。 そんな沖田は、第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)の反対を押し切り虎之介の難手術を行うが、術後に虎之介の容体が悪化。再び羽村が反対するなかで沖田は再手 [全文を読む]

木村拓哉が思わず感涙?浅野忠信の”SMAP騒動”擁護発言を受けた場面

デイリーニュースオンライン / 2017年01月07日11時36分

現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する。 [全文を読む]

フォーカス