現在 松山ケンイチに関するニュース

吉高由里子主演作で松坂桃李&松ケンらが“愛と宿命”に翻弄される!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月10日10時00分

本作は、ある一家で見つかった殺人者の告白文がつづられた一冊のノート、そしてその登場人物である美紗子(吉高)を中心に、過去と現在が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄(ほんろう)されていく物語。 熊澤尚人監督とは「親指さがし」(2006年)以来、2度目のタッグとなる松山は、美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介役に。誰にも言えない罪、心の傷を抱え [全文を読む]

V6岡田准一主演映画に松山ケンイチ&壇蜜が参戦 全キャスト解禁<本人コメント>

モデルプレス / 2017年03月06日10時00分

◆ 岡田准一・有村架純・役所広司出演 映画『関ヶ原』とは 今作は、現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が580万部を超える司馬遼太郎原作『関ヶ原』を原田眞人監督が映画化。戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを舞台に、石田三成役を岡田、徳川家康役を役所広司、三成の下で忍びで、女性としても支え続ける初芽を有村架純が演じ、様々な権謀が渦巻く中、多勢に流され [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■水曜10時の女性タイム現在、連ドラで視聴率が取りやすい枠というと、『相棒』でお馴染みのテレ朝水曜9時枠と、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『DOCTORS』のテレ朝木曜9時枠。それに日テレの水曜10時枠である。あっ、ここへきて『逃げるは恥だが役に立つ』のTBS火曜10時枠も注目されつつあるけど――まっ、もう少し様子を見ましょう。中でも、日テレ水曜1 [全文を読む]

吉田羊だけじゃなかった?“年下イケメン”を堂々狙う美魔女タレントたち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月13日17時05分

その吉田の傷を癒したのが、現在の夫だったと言われています」(音楽関係者) 鎌田は、吉田に婿入りする形で結婚を果たした。 2組目は、超売れっ子俳優の濱田岳(27)と、モデルの小泉深雪(37)だ。奥手の濱田が、現妻の小泉と初めて会った際、携帯番号を聞くまでに「5〜6回吐いた」というエピソードがある。 「小泉は酒にめっぽう強いのに対し、濱田は酒に弱く、緊張も相ま [全文を読む]

榮倉奈々、安田顕とW主演で“ぶっとび妻”に!『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

CinemaCafe.net / 2017年05月25日05時00分

「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問にインスパイアされたボカロPの「ほぼ日P」が、初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表すると、そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在500万回以上の再生を記録中。これに刺激を受けたネット上の一般クリエイターたちも数多の自作の派生動画を投稿し、一大ブームとなった。2011年にはコミックエッセイ化も [全文を読む]

吉高由里子 イメージを覆す『ユリゴコロ』のティザービジュアル解禁

dwango.jp news / 2017年04月28日11時05分

松坂桃李、木村多江、清野菜名らが本年6月下旬から撮影に入る、ノートに秘められた一家の秘密へ迫る<現在パート>がどのような形で加わるのか、続報に期待がかかる。 ■映画『ユリゴコロ』吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ 佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江 原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 脚本・監督:熊澤尚人企画・製作幹事:日活 制作プ [全文を読む]

【特別映像】吉高由里子、壮絶な愛と運命が動き出す…『ユリゴコロ』

CinemaCafe.net / 2017年04月28日10時00分

吉高さん演じる美紗子を中心に、過去と現在が交錯しながら登場人物たちは愛と宿命の渦に翻弄されていく…。主演の吉高さんのほかキャストには、吉高さん演じる美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介役に松山ケンイチ、ノートを見つけ、その秘密に惹き寄せられる男・亮介役に松坂桃李。さらに佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江らが出演する。 映画では、吉高さんや松山さんら [全文を読む]

吉高由里子主演映画、松山ケンイチ・松坂桃李ら追加キャスト発表

モデルプレス / 2017年04月10日10時00分

そしてその登場人物・美紗子(吉高)を中心に過去と現在が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄されていく。 ◆松山ケンイチの役柄は? 松山が演じるのは、美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介。誰にも言えない罪、心の傷を抱えながら生きる、色気と繊細さが同居したキャラクターを、圧倒的な表現力と存在感で演じる。 「暖かく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じる [全文を読む]

キムタク「人気低迷」で、“バラエティ本格進出”の秘策

日刊大衆 / 2017年03月12日09時05分

現在主演中の『A LIFE』(TBS系)がパッとしないんです。竹内結子、松山ケンイチ、浅野忠信など主演級の俳優陣が脇を固めているわりに、平均視聴率は13~15%をウロウロ。当初の目標であった20%には、遠く及ばない状況です」(テレビ局関係者) 制作・宣伝費用は2話分で1億超えというだけに、大赤字必至なのだという。「木村自身も俳優業での厳しい現状は認識済み [全文を読む]

命をかけるほど頑張ったことありますか? 映画『聖の青春』に見る短くも濃い生き方

Suits-woman.jp / 2016年11月30日10時00分

そんな彼の人生を描いた映画『聖の青春』が現在、大ヒット上映中。今回は、村山の壮絶な将棋人生と、この映画の魅力を分析します!生きること=将棋村山聖(松山ケンイチ)は、幼少から「ネフローゼ」という難病を患い、常に高熱と全身のだるさと闘っていました。彼が病床で出会ったのは、父が買ってくれた将棋セット。村山は将棋の魅力に引き込まれ、将棋の名人になることを決意。日々 [全文を読む]

フォーカス