再婚 松田聖子に関するニュース

藤あや子、再婚の危険性

NewsCafe / 2017年04月23日07時00分

デスク「演歌歌手の藤あや子(55)の再婚。めちゃくちゃビックリしたんですけど(苦笑)」 記者「一部スポーツ紙が、30代前半の美容関係者と再婚したことを報じ、藤はブログで『ご縁に恵まれた』と報告しました」 デスク「デビュー30周年の節目の年に公私ともども順調でめでたいことだけど、交際数カ月でのスピード再婚で大丈夫なのかなって面もある」 記者「初婚の相手との間 [全文を読む]

松田聖子の結婚は話題作り!? 元祖・スキャンダル歌姫が再々婚!

サイゾーウーマン / 2012年06月14日09時45分

「出会った瞬間『ビビビっときた』」という、1998年の歯科医の男性との再婚のときと同じく、今回もビビビ婚でしょう。 また、聖子さんは結婚を自分のステイタスと考えているところがあります。「歯科医の妻となった自分」「一流病院に勤務する医者の妻となった自分」が、彼女は大好きなのです。50歳過ぎで同年代の人と結婚できる自分、ちゃんとした家に嫁げる自分に酔っています [全文を読む]

神田沙也加「許せない…」初著書から外した母・聖子の写真

WEB女性自身 / 2015年01月28日06時00分

その前年に、聖子は6歳年下の歯科医と再婚していた。もともと沙也加は中高一貫の私立校・M学園への入学手続きを済ませていたのだが、4月から聖子がハリウッドの映画撮影に入ることが決まり、また夫もロサンゼルスの大学に通うことになって、突然事情が変わった。沙也加は千葉県内の私立中学校で寮生活をおくることになったのだが、待っていたのは“すさまじいいじめ”だったという。 [全文を読む]

松田聖子 紅白出場で仕事は上々でも私生活は「離婚準備」中

アサ芸プラス / 2015年01月06日09時57分

04年に出会った聖子が一目ボレしてマネジャーに雇い入れ、自宅で同居していました」(芸能レポーター) K氏との再婚をきっかけに、X氏との関係を終わらせたかと思いきや、同居を続けたのだった。一緒に住む母も沙也加も首をかしげるこの奇妙な“プレイ”に家族関係はギクシャクしたという。結果、X氏は自宅から10分のマンションに引っ越したが、聖子は、 「彼は『松田聖子』と [全文を読む]

紗栄子、松田聖子……マスコミ関係者に聞いた「この記者会見が痛かった」

サイゾーウーマン / 2014年01月02日09時00分

レコード会社は『歌い直したことは報道しないでほしい』と各社に要請して回っていました」(芸能ライター) ■第1位 若山騎一郎&仁美凌の“何様”再婚会見 故・若山富三郎さんの長男である騎一郎と、故・上原謙さんの次女の仁美の2世カップル。2人は12年5月に結婚したが、同年10月15日にスピード離婚。しかし“離婚1周年記念日”である今年10月15日に再婚した。その [全文を読む]

松田聖子“元カレ”整体師とビジネスパートナー関係継続報道

NEWSポストセブン / 2012年06月21日00時00分

また、同誌では、再婚相手・A氏と前妻との離婚にも触れており、A氏と前妻の知人の証言も掲載。知人によると前妻の両親は「Aさんの離婚の原因が聖子さんにあったのなら、“絶対に許せない”」と怒っているとのことだ。 【関連ニュース】松田聖子の再々婚話で妻や恋人の本音見抜く方法を作家が伝授松田聖子 年下マネージャーとの交際が原因で最愛の母と別居長谷川理恵 本で神田正 [全文を読む]

デビュー25年で40歳 安室奈美恵が“生きる伝説”になるまで

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月20日09時26分

そういう、並の女じゃないところをファンは知っているからこそ憧れ、応援し続けるのだと思います」 1999年には実母が再婚相手の弟に殺害されるという痛ましい事件もあった。ダンサーのSAM(55)との20歳でのできちゃった婚は約5年で離婚。デビュー以来所属していたライジングプロからの独立をめぐってモメた際は引退危機を報じられたことも。いつも順風満帆ではない、むし [全文を読む]

広瀬すず「瑠璃色の地球」でCDデビュー!その歌唱力は?

アサジョ / 2017年08月18日18時15分

母親の再婚が決まり、転校することになったなずなが、同級生の典道を誘って“かけおち”する電車の中で、松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」を歌うことが話題になっている。この曲でCDデビューを果たした広瀬は「歌は苦手」とコメントしているが、しっかりした音程と発声で「聴かせる1曲」に仕上がっている。「この曲は86年6月1日に発売された松田聖子のアルバム『SUPREME』 [全文を読む]

広瀬すず、CDデビュー!松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」をカバー

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月03日05時00分

夏休み、花火大会を夜に控えたとある海辺の町を舞台に、母親の再婚が決まり転校することになった中学生のなずな(広瀬)と、彼女に思いを寄せるクラスメイトの典道(菅田)の繰り返される1日を描く。なずなが典道との駆け落ちの道すがら、幼い頃から母親が口ずさんでいたという「瑠璃色の地球」をアイドルさながらに披露する。(編集部・海江田宗) 映画『打ち上げ花火、下から見るか [全文を読む]

松田聖子 沙也加との関係「本当の親子だから大丈夫」と実母

WEB女性自身 / 2017年05月31日06時00分

「これまで聖子さんの度重なる再婚に振り回されてきた沙也加さん。恋に仕事に多忙な聖子さんは、沙也加さんが甘えたいときにそばにいてあげることができなかったといいます。最近では立場が逆転して、どちらかというと沙也加さんのほうから聖子さんと距離を置こうとしているみたいですが」(芸能リポーターの城下尊之さん) 実は、この複雑な母娘関係の 鍵 を握るのは、聖子の実母 [全文を読む]

松田聖子 娘・神田沙也加の披露宴不参加の裏事情

NEWSポストセブン / 2017年05月18日16時00分

杏の実父の渡辺謙(57才)とその再婚相手である南果歩(53才)が揃って出席する一方で、渡辺の前妻、つまり杏の実母は姿を見せなかった。「離婚した父母が子供の結婚式で顔を合わせるケースは全体の1割くらいです」と言うのはウェディングプロデューサーの大和田浩子さん。聖子と神田のように、離婚後、連絡を一切絶っている場合は特に両方を呼ぶのは難しいという。「別れたふたり [全文を読む]

松田聖子 娘・神田沙也加の“大切な日”にはいつも不在だった

WEB女性自身 / 2017年05月10日06時00分

「聖子さんの再婚を機に、編入した中学では、沙也加さんは壮絶ないじめにあっています。学校行事に聖子さんが来ることはほとんどなく、高校の卒業式にすらマネージャーが代わりに出席していたのです」(前出・芸能関係者) 娘の 大事な日 には、いつもいない母・聖子。 3月21日、沙也加の主演舞台『キューティ・ブロンド』の初日にかけつけた伯父夫妻の姿を本誌は目撃している [全文を読む]

幸せなはずなのに……結婚発表の神田沙也加が口ごもる母・松田聖子との本当の関係は?

日刊サイゾー / 2017年05月03日09時00分

聖子は神田と別れた後、歯科医師と再婚するも離婚。2012年6月に慶大医学部准教授の男性と3度目の結婚を果たしたが、昨年からまたも“離婚危機”がウワサされている。 「成城の自宅に彼女は戻らず、ダンナさんも久しく見ていない。どうも、夫側の元妻に関わる問題がクリアになっていないようだ。すでに聖子には、新恋人がいるなんて話もある」(女性誌記者) 娘のおめでたい話 [全文を読む]

娘・沙也加の結婚に祝福なし! 松田聖子は「ネグレクトママ」だった?

アサジョ / 2017年04月29日10時15分

しかも聖子は97年1月に正輝と離婚後、翌年の5月には再婚。2000年12月に離婚し、12年に再々婚。その間も数々のスキャンダルがありました。2度も新しい父親を迎えることになった沙也加をずっと支えたのが父親の正輝でした」 村田との交際についても、聖子は大反対していたといわれる。それを押し切って、神田を交えたおめでた写真を公開したことにも母娘の関係がうかがえる [全文を読む]

神田沙也加“結婚”で浮き彫り! 母・聖子との「断絶」

アサジョ / 2017年04月26日18時15分

聖子は98年に歯科医師と再婚。その後も離婚、再婚を繰り返した。沙也加にとって聖子は、母である前にアーティストであり、恋する女でしたが、正輝だけはずっと変わらない“お父さん”だったんです」 沙也加は5月1日に、聖子の事務所「ファンティック」から新事務所に移籍予定。結婚報告の幸せな写真に聖子が不在だったのは、それだけ母娘の溝が深かったからのようだ。 [全文を読む]

浜崎あゆみ バツ2で進むべきは安室奈美恵より松田聖子か

WEB女性自身 / 2016年09月22日06時00分

「どうせなら聖子ちゃん目指しちゃって、離婚したって何したって『あゆはあゆ』ってなればいいじゃない」 松田聖子(54)も2度の離婚を経験しているが、12年に歯科医男性と再婚。現在も第一線で活躍し続けている。 「あゆといえば、二大歌姫と称される安室奈美恵さん(38)と比較されることが多いと思います。でも彼女が目指すべきはアーティスト路線の安室さんではなく、ど [全文を読む]

松田聖子は醜聞でさえ糧にする凄腕の「ビジネスマン」

NEWSポストセブン / 2016年07月27日11時00分

たとえば結婚、出産、離婚、子育て、子供のデビュー、再婚、闘病、復帰、政界進出…など、今はたくさんフックがあります。 聖子さんは、アイドルに母親という肩書をプラスさせ、両立させた最初の人なんじゃないでしょうか。年齢を重ねて女性としてのスタンスが変わることはもちろん、私生活のスキャンダルでさえも、最終的に自分の糧にしてきた。松田聖子の売りとなったんです。すごい [全文を読む]

松田聖子、ベッキー、安達祐実も!?サンミュージックは「略奪」がお家芸?

アサジョ / 2016年03月02日09時58分

その後14年11月にカメラマン・桑島智輝と再婚していた。「安達の再婚相手は、13年9月に出版された自身の写真集『私生活』を撮影したカメラマンです。この写真集は11年から13年にかけて、安達の自宅をはじめとするプライベート空間で撮影されたものばかり。撮影開始当時、カメラマンは妻帯者でしたが12年末に離婚。そのため安達とは不貞期間があったのではと言われ続けてい [全文を読む]

ベッキーとゲス川谷に新事実!不倫から結婚に至った芸能人の実例も

デイリーニュースオンライン / 2016年02月25日19時10分

さらに、おしどり夫婦として知られていたうつみ宮土理(72)と愛川欽也(享年80)も、実は愛川の離婚翌日に再婚していることが公になっています」 このような芸能史にならえば、ベッキーにも“逆転愛”の可能性があると考えられるのかもしれない。両者が“絶縁状態”とは関係者による証言だけに、ここはぜひベッキーや川谷本人の弁を聞いてみたいものである。 阿蘭澄史(あらん・ [全文を読む]

膳場貴子の男は「東大卒が条件」、奥菜恵だけじゃない魔性の“バツ2”女たち

アサ芸プラス / 2015年09月10日05時59分

その翌年には無名俳優とデキちゃった再婚。この時、一糸まとわぬ姿の“臨月写真集”をリリースし、世間のド胆を抜きました」(週刊誌記者) 女子アナ界では、8月に再婚を発表したフリーキャスターの膳場貴子がバツ2だ。「あまりプライベートが想像できない彼女ですが、じつは2回の離婚歴があり、今回は3回目の結婚でした。ちなみにお相手は全員東大卒だそうです(笑)」(週刊誌記 [全文を読む]

フォーカス