歌舞伎 松本幸四郎に関するニュース

歌舞伎界に降りかかる受難の連続 新歌舞伎座の怪との声も

NEWSポストセブン / 2016年06月18日07時00分

ある重鎮は“なぜこうも歌舞伎界に受難が続くのか”と漏らしたそうです」(歌舞伎関係者) この数年、「50才から75才くらいまでがいちばん技量が磨かれる」といわれる歌舞伎界で、50代、60代の若さでスター役者が次々と早世する悲劇が続いている。 2012年12月、当代きっての千両役者、中村勘三郎さん(享年57)が急逝。その直後の2013年2月には海老蔵の父親・市 [全文を読む]

市川染五郎、アブない発言連発!?「しゃべくり007」2時間SP

CinemaCafe.net / 2017年05月15日13時00分

歌舞伎俳優の七代目・市川染五郎、石原良純、長嶋一茂ほか豪華4組のゲストが登場し、トークや企画を繰り広げる。 歌舞伎界の“革命児”として知られ、古典だけでなく数々の新作歌舞伎にも意欲的に挑戦、ドラマや映画、舞台まで幅広い活躍をみせ、2018年に10代目松本幸四郎を襲名することが先日発表された染五郎さんは、「歌舞伎ランド」を作りたいという構想や、歌舞伎仲間が語 [全文を読む]

海老蔵 團十郎さん逝去から1年…芽生えた成田屋当主の自覚

WEB女性自身 / 2014年02月05日07時00分

この1年間で海老蔵にみられた“変化”を前出の歌舞伎関係者が語る。「以前から成田屋ゆかりの『歌舞伎十八番』の復活に尽力してきた海老蔵さんですが、昨年8月には初の自主公演『ABKAI』を成功させました。リハーサルのとき、会場にまだ生後4ヵ月だった勸玄くんを連れて、“劇場デビュー”もさせています。6月には再び自主公演を開く準備を進めていますが、お父さんの急逝も [全文を読む]

市川團十郎さん 過酷な演目「勧進帳」が早い死招いたとの声

NEWSポストセブン / 2013年02月10日07時00分

2004年に急性前骨髄球性白血病を発症し、二度に渡る闘病生活を経て2006年に復帰したが、團十郎さんの体調に影響があったのではといわれているのが、昨年10月に東京・新橋演舞場で行われた『芸術祭十月大歌舞伎』で歌舞伎十八番のひとつである『勧進帳』に出演したことだ。 『勧進帳』とは、源頼朝から逃げる源義経一行の物語。安宅の関(石川県)で弁慶を先頭に山伏に扮して [全文を読む]

松本幸四郎 何度舞台に立っても「反省ばかりしています」

WEB女性自身 / 2016年03月21日06時00分

『来月のセリフ、大丈夫かなぁ』って心配になってくる」 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第58回のゲスト・歌舞伎俳優の松本幸四郎さん(73)。知的で冷静なのに、朗らかで話し上手。バイタリティがあり、いつまでも若々しく生き生きしている歌舞伎界の重鎮・幸四郎さん。中山とは公私にわたり、知己の仲の幸四郎さんに、あらためてじっくりとお話を伺いました [全文を読む]

息子・染五郎の復帰公演もガラガラ 窮地に立つ松本幸四郎

NEWSポストセブン / 2013年09月20日07時00分

松本幸四郎(71才)が座頭を務める『十月歌舞伎公演「春興鏡獅子」』が、10月3日から東京・国立劇場でスタートする。この舞台で、幸四郎の孫で市川染五郎(40才)の長男・松本金太郎(8才)とともに、香川照之(市川中車・47才)の長男・市川團子(9才)が“胡蝶の精”という大役を務めることになった。 梨園関係者の間では、歌舞伎界で孤立する香川照之が、名門の高麗屋に [全文を読む]

尾上菊之助と播磨屋4女の結婚の裏に幸四郎家との確執も

NEWSポストセブン / 2013年02月23日07時00分

播磨屋・中村吉右衛門(68才)の4女である波野瓔子(ようこ)さん(30才)と音羽家・尾上家の跡取りである尾上菊之助(35才)の電撃婚は、暗いニュースばかりが続いた歌舞伎界に咲いた久しぶりの明るい話題だった。 だが、ふたりの結婚については、こんな声も上がっている。 「今回の結婚の背景には、松本幸四郎さん(70才)の高麗屋と、音羽屋、播磨屋の長年にわたる確執が [全文を読む]

市川染五郎、転落事故の背景に「複雑な親族事情が?」の声

NEWSポストセブン / 2012年08月31日07時00分

歌舞伎俳優の市川染五郎(39才)が8月27日、国立劇場で行われた父・松本幸四郎(70才)の古希を記念した舞踊公演の最中に、舞台のセリから3m下の奈落に落下。救急車で都内の病院に搬送された。右側頭部を打つ脳挫傷とみられ、意識はあるものの、体を動かすことができない状態だった。 当日の染五郎は別件を終えてすぐに公演という慌ただしい一日だった。 「午後1時半ぐらい [全文を読む]

松本幸四郎 二人三脚で歩んできた妻との関係

WEB女性自身 / 2016年03月21日06時00分

家内には本当に感謝しています」 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第58回のゲスト・歌舞伎俳優の松本幸四郎さん(73)。知的で冷静なのに、朗らかで話し上手。バイタリティがあり、いつまでも若々しく生き生きしている歌舞伎界の重鎮・幸四郎さん。中山とは公私にわたり、知己の仲の幸四郎さんに、あらためてじっくりとお話を伺いました! 中山「幸四郎さんは [全文を読む]

松たか子、迫る「重圧」

NewsCafe / 2014年12月19日17時00分

「今、新たな不安に包まれているようです」というのは梨園(歌舞伎界)に詳しい演劇記者。 7年前、16歳年上のギタリスト、佐橋佳幸(52)と結婚。時を経てようやく授かった新たな命だ。現在は妊娠6か月で、年齢を考慮し、安定期に入ったことから公表し、幸せいっぱいのはずだが…。 「松の結婚に当初から難色を示していた父親で歌舞伎俳優、松本幸四郎(72)が大喜びだそう [全文を読む]

フォーカス