コント 松本人志に関するニュース

『ごっつええ感じ』演出家が語る「浜田さんが動いたとき」

文春オンライン / 2017年05月01日11時00分

他でもしゃべったことがあるんですけど、「トカゲのおっさん」の1回目の時に、最初は7分ぐらいのコント台本を作って用意してたんです。でも、その時の『ごっつええ感じ』がアトランタオリンピックのマラソンの中継の裏だったんですね。最初、立ってドライリハーサルをやって、「じゃあ次、カメリハ行きましょうか」っていう感じで言ったら、松本さんが「ちょっと相談したいねんけど」 [全文を読む]

「キングオブコント2016」で見せた「タイムマシーン3号」の可能性

メディアゴン / 2016年10月05日07時30分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *10月2日の「キングオブコント2016」(TBS)を見た。栄冠を獲得したのは初出場の「ライス」であった。こういうコンテストの1位は、基本的に審査員の好みで選ばれるものであるから、どういう結果が出ても不思議なことはない。もちろん、会場にいる審査員としては客の笑い声の多寡に左右されることもあろう。それを [全文を読む]

椿鬼奴が語る松本人志と「MHK」の裏側!

Smartザテレビジョン / 2015年03月09日14時37分

'10年10月にパイロット版が放送され、翌'11年11月から'12年3月にかけ、全5回にわたってシリーズとして放送された「松本人志のコントMHK」がDVD化され、現在発売中だ。松本にとって10年ぶりのコント披露の場となった同作は、企画・作・構成の全てを自身が手掛けた力作として、放送当時も大きな話題となった。満を持してリリースされた今回のDVDには、放送され [全文を読む]

まちゃまちゃ語る 松本人志と「MHK」の裏側

Smartザテレビジョン / 2015年02月28日09時43分

'10年10月にパイロット版が放送され、翌'11年から'12年3月にかけ、全5回にわたってシリーズとして放送された「松本人志のコント MHK」がこのたびDVD化された。松本にとって10年ぶりのコント披露の場となった同作は、企画・作・構成のすべてを自身が手掛けた力作として、放送当時も大きな話題となった。満を持してリリースされる今回のDVDには、放送されたすべ [全文を読む]

「やってみよう」内村光良が『LIFE!人生に捧げるコント』に捧げた芸人の矜持

日刊サイゾー / 2014年03月20日16時00分

これは『LIFE!人生に捧げるコント』(NHK総合)で、3月18日に放送されたコント「やってみよう」の一幕だ。 『LIFE!』は、2012年9月にNHK BSプレミアムで放送が開始され、翌年6月から不定期レギュラー化。今年4月からは、毎週のレギュラー化が決まったコント番組である。 出演は、座長のウッチャンナンチャン・内村光良のほか、ココリコ・田中直樹、ド [全文を読む]

内村光良、NHK『あまちゃん』コントは大丈夫!? 甦る「松本人志の大惨敗」

サイゾーウーマン / 2013年08月17日13時00分

今月20日と27日にNHKで放送される、ウッチャンナンチャン・内村光良のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』。空前のヒット作となった朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』のパロディコントが放送されるということで、各メディアでも大々的に取り上げられている。 『LIFE!』は昨年、NHK BSプレミアムで9月と12月に2回放送され、今年6月からはNHK総合 [全文を読む]

松本人志の聞くだけで“眠くなる”コントが話題に

モデルプレス / 2014年07月29日13時42分

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志の聞くだけで“眠くなる”音声コントが、話題を集めている。 7月1日よりNTTドコモの「スゴ得コンテンツ」で先行配信が開始された「松本人志の眠くなるアプリ」は、松本扮する松本医院熟睡科の松本人志医師が考案したこれまでにない新しい熟睡法を紹介するというもの。 「ヒツジが1匹…ヒツジが2匹…」では、もはや対処できない大不眠時代 [全文を読む]

「女装癖」「男性に興味がある」KOCチャンピオン芸人が衝撃告白

メンズサイゾー / 2013年11月14日13時35分

13日深夜に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、『キングオブコント2013』(以下、KOC)の優勝者である、かもめんたるが出演。ツッコミ担当の槙尾ユースケ(32)が衝撃のカミングアウトをしたと話題を集めている。 この日、番組では「今最も旬なコント職人SP」が放送され、コント師と呼ばれる複数のお笑い芸人たちがゲスト出演。ロバートやロッチ、陣内智則など [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ロッチ中岡がマジ泣き。「ほぼ優勝する流れだった」と三村マサカズ。

TechinsightJapan / 2015年10月12日14時35分

『キングオブコント2015』でファイナルステージに進みながら優勝を逃したロッチ。審査員を務めたさまぁ~ずの三村マサカズは放送後にツイッターでロッチについて「ほぼ優勝する流れだった」と1回目のコントを評価している。打ち上げの場でロッチ中岡は泣いていた。 10月11日に赤坂・TBSで『キングオブコント2015』の決勝大会が行われ、コロコロチキチキペッパーズが優 [全文を読む]

<とんねるずのみなさんのおかげした>おもしろさが見えない「食わず嫌い」と「男気ジャンケン」はさっさとやめるべき

メディアゴン / 2015年09月29日07時30分

もう一つは、ここ何回かの男気ジャンケンでやるようになったドキュメンタリーコントである。スペシャルの男気ジャンケンでは、最後に番組のお金で宴会をやるのが恒例になっているだが、スタッフのポカで番組がお金を出すという話が通っていなかったことが明らかになり、結局参加者でまた宴会代を誰が払うかの男気ジャンケンをすることになるのである。これは確実に台本通りの流れであり [全文を読む]

フォーカス