映画 松本清張に関するニュース

戦争・性描写…過激な映画を扱う宣伝プロデューサーの仕事を直撃 邦題ってどうつける?

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月06日21時26分

話は邦題のつけ方から、SNS普及の前と後での宣伝方法の変化、さらには、間口の狭い、映画業界の入り方にまで及んだ。■首相官邸への落下事件でタイトルに「ドローン」を――『ドローン・オブ・ウォー』の冒頭で『GOOD KILL』という原題が出てきて、邦題との差に驚きました。邦題をつけるのも宣伝プロデューサーの重要なお仕事のひとつだと思うのですが、どのようにこの邦題 [全文を読む]

上海国際映画祭、日本の新作映画27本を上映=3本が世界初公開―中国

Record China / 2016年06月04日09時50分

第19回上海国際映画祭は6月11〜19日に開催される。今回の映画祭では重点的に日本の新作映画27本を上映する。そのうち、「セトウツミ」、「ふきげんな過去」、「二重生活」の3本は世界初公開となり、「64―ロクヨン―」、「葛城事件」、「世界から猫が消えたなら」、「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」の4本は海外初公開となる。一回で27本もの映画が公開されるのは、そ [全文を読む]

自作の映像化に拘った松本清張 撮影現場に顔出しカメラワークまで指示した

太田出版ケトルニュース / 2015年12月03日13時07分

清張は若いときから映画が好きだったようで、自分の作品が映像化されたものの中には気に食わないものもあったのだとか。 「原作をひと度映画会社やテレビ局に渡してしまえば、養子にやってしまうのと同じで、養家先でどのように扱われようと口出しすることはできない」(『松本清張映像の世界-霧にかけた夢-』より) 事実、彼は撮影現場にまで顔を出し、スタッフと綿密な話合いを頻 [全文を読む]

日本映画の傑作をオーケストラで!八つ墓村、八甲田山、赤穂浪士!芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサート開催(5月31日品川大井町)

DreamNews / 2015年05月26日10時30分

スリーシェルズ、JCAは、作曲家 芥川也寸志の生誕90年を記念して、日本映画でも屈指の名作「八甲田山」「八つ墓村」「鬼畜」の音楽をオーケストラで再演する。とくに「八つ墓村」は行方不明の楽譜を三年かけて復元した。ほかにも、芥川の父である龍之介の小説「河童」によるバレエ音楽や、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」による組曲などが演奏される。新聞やラジオで話題となってい [全文を読む]

「砂の器」伝説の名子役、春田和秀さん 43年を経て語る子役という“宿命”(1)

映画.com / 2017年08月08日13時00分

映画.com ニュース] 数多くある松本清張原作の映像化作品で、最高傑作のひとつと言われているのが、橋本忍と山田洋次が共同脚本を手がけ、名匠・野村芳太郎監督がメガホンをとった松竹映画「砂の器」(1974)だ。その後も、4本のテレビドラマが作られるなど清張人気を決定づけた。そんな中、表舞台から静かに姿を消した名子役がいる。加藤剛扮する天才音楽家の少年時代を [全文を読む]

【視聴熱】モー娘。、剛力彩芽らが不朽の名作に挑戦!

Smartザテレビジョン / 2017年05月02日22時00分

4月26日発売号では、“原作者”にスポットを当て、舞台やドラマ、映画など話題の作品を紹介している。 ■ 竹宮惠子の名作がモーニング娘。'17主演で舞台化! デビュー50周年を迎える少女漫画界の巨匠・竹宮惠子の代表作の一つ「ファラオの墓」が、ハロー!プロジェクト演劇女子部により舞台化。6月2日(金)~11日(日)、東京・サンシャイン劇場で上演される。古代エジ [全文を読む]

<ドラマのロケでのサイン色紙の貰い方>佐藤浩市さんにお願いした400枚以上の日付入りサイン色紙

メディアゴン / 2014年11月26日01時52分

貴島誠一郎[TBSテレビ制作局担当局長/ドラマプロデューサー]* * *松本清張の長編ミステリー「砂の器」は1974年に野村芳太郎監督によって映画化され、その後、テレビでも5度のドラマ化がされました。謎を解く鍵になった舞台は、島根県奥出雲のJR木次線・亀嵩(かめだけ)駅。筆者は昨年、別のドラマで奥出雲ロケがあり、亀嵩駅を訪れました。小さな駅舎は「扇屋」とい [全文を読む]

松田龍平を嫉妬させたい?故・松田優作「人間の証明」ドラマ化で藤原竜也が決意表明

アサ芸プラス / 2017年01月31日17時59分

故・松田優作と岡田茉莉子主演による77年公開の名作映画「人間の証明」がこの春、単発テレビドラマとなって甦ることがわかった。 映画公開の前年である76年に森村誠一による長編推理小説として発表された同名作品は一躍ベストセラーとなり、現在までに単行本・文庫本で累計770万部以上を売り上げ、松本清張の「砂の器」とともに、昭和を代表する名作推理小説として知られている [全文を読む]

北川景子が松本清張作品に初挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年01月29日05時00分

北川との共演は映画「パラダイス・キス」('11年)以来となる向井は、祥子の調査に協力する新聞記者・吉井亮一を演じる。吉井は付かず離れずの距離で祥子をサポートするが、その真意は謎のまま。 向井は「松本清張作品の魅力は、心理描写の生々しさだと思います。松本清張という名前の偉大さは承知していますし、シリアスな作品に参加させていただくことに、すごくやりがいを感じて [全文を読む]

映画『ハイヒール』公開を記念し、ケント・マエダヴィッチさんのイラスト展を開催!

PR TIMES / 2017年06月22日12時20分

菊地凛子主演『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』公開を記念し、神戸元町映画館にてイラストレーター ケント・マエダヴィッチ氏の個展「 her / heal 」 を開催します。 靴職人のアンドロイドKaiを主人公に<欲望>という感情を取り戻してしまったアンドロイドたちの物語を描くファンタジー映画『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』をモチーフとし、ケント [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

ま、連ドラの脚本って、そういうものだけど(その辺りの仕組みは三谷幸喜サンの映画『ラヂオの時間』を見ればよく分かります)、そこで急遽ピンチヒッターに呼ばれたのが、福田靖サンだったというワケ。で、フジの石原隆サンとのコンビワークで、類い稀なる傑作を書き上げたのだ。そう、かの作品の舞台裏では、もう一つのお仕事ドラマが展開されていたんですね。■脇でキラリと光るキム [全文を読む]

東山紀之主演で「花実のない森」初のドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2017年01月27日15時45分

'65年に公開された映画版との違いについて「若尾文子さんが主演した映画は近親相姦が描かれていたりするんですけど、今回のドラマ版は男女の愛が強い。『ロミオとジュリエット』に関係性が非常に似ている作品だなと思います。2人の愛の深さをきちっと描けたら面白いです」とコメント。 「一人の男の恋の行方を見守ってほしい。こういう人間の生きざまというのを感じていただけれ [全文を読む]

7月13日渋谷にて作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展開催。大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や映画「ゼロの焦点」「鬼畜」や芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む。

DreamNews / 2016年06月28日14時30分

大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や「ゼロの焦点」「鬼畜」などの映画音楽や、芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む個展となる。7月13日渋谷にて、芥川龍之介の三男であり作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展が開催される。NHK大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や映画「ゼロの焦点」「鬼畜」他、芥川の最高傑作とも呼び声の高い弦楽のための三楽章「トリ [全文を読む]

昭和のドラマ性描写回顧 故夏目雅子はNHKで初ヌード披露

NEWSポストセブン / 2012年12月25日16時00分

今では「脱ぐなら映画で」が当然となり、テレビで脱ぐ女優はほとんどいない。しかし、1970~80年代にかけてのテレビドラマには、大物女優が濡れ場を厭わないだけの重厚さが備わっていた。 たとえば1980年に放送され話題を呼んだNHKのドラマ『ザ・商社』。演出を和田勉が担当した、松本清張原作の骨太な経済ドラマである。この作品では、早逝した名女優・夏目雅子がヌード [全文を読む]

福山雅治「黒革の手帖」主題歌をTV初披露!小沢健二&セカオワのコラボも「Mステ」

CinemaCafe.net / 2017年09月08日18時00分

音楽アーティストとしても大活躍する福山さんだが、俳優としても主演最新作となる映画『三度目の殺人』が9月9日(土)より全国にて公開。 本作で福山さんは“勝つことにこだわる”弁護士・重盛を演じ、共演に役所広司、広瀬すずといったキャストを迎え、是枝裕和監督と『そして父になる』以来4年ぶりのタッグを組んで、こちらでは俳優として重厚な世界観を描き出している。 今夜 [全文を読む]

池波正太郎の短編作品を映像化 トップバッターは片岡愛之助

ORICON NEWS / 2017年08月27日08時05分

脚本には、映画『忠臣蔵外伝四谷怪談』で日本アカデミー賞を受賞し、数々の映画、ドラマ、時代劇などにを手がけてきた脚本家・古田求氏が参加している。 トップバッターを務める愛之助がシリーズを代表して「今回のシリーズは、池波正太郎先生の時代劇としては珍しい短編で、長編とはぜんぜんタッチが違うので、皆さんのイメージとは違う面白さを感じていただける作品になっていると思 [全文を読む]

映画『こどもつかい』清水崇監督インタビュー 「大人をおちょくる“こどもつかい”のキャラクターは僕自身まんまなんです」

ガジェット通信 / 2017年06月17日22時00分

そして、今作のキーキャラクターでもある、子供の霊をあやつる謎の男“こどもつかい”を映画初主演となる滝沢秀明が演じることでも話題となりました。 長編映画の監督作として久しぶりにJホラーに回帰し、ホラーファンにとっても待望の作品となった『こどもつかい』について、清水崇監督ご本人にお話を伺いました。 ――大人が子どもに殺される映画というと『ザ・チャイルド』や『光 [全文を読む]

嵐・二宮「泣くほどしんどかった」仕事とは

日刊大衆 / 2017年06月02日15時05分

嵐の二宮和也はこれまで多くのドラマや映画に出演。2006年に公開されたクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』では、ハリウッドデビューも果たした。ジャニーズの中でも実力派の俳優として知られ、15年公開の出演作『母と暮せば』で、「第39回日本アカデミー賞」の最優秀主演男優賞を受賞している。 そんな二宮が初めてドラマに出演したのは、14歳のとき。 [全文を読む]

中居正広、本人が語らない「メモ魔の素顔」

日刊大衆 / 2016年11月27日16時00分

その後、しばらくメモ癖は治まっていたが、02年に公開された初の主演映画『模倣犯』のプロモーションのとき、インタビューでの受け答えに苦労したため、それ以降、仕事の準備として、またメモを取るようになったという。 中居はもともと読書家で、歌野晶午や松本清張、東野圭吾などの作品をよく読んでいる。『模倣犯』の映画のオファーが届いたときは、偶然にも宮部みゆきの原作を [全文を読む]

桑田佳祐、新曲「悪戯されて」MVは広末涼子との“歌謡サスペンスビデオ”に!?

okmusic UP's / 2016年11月18日11時30分

曲自体が昭和を感じさせる歌謡曲テイストになっていることから、桑田から「(当時を感じさせる)松本清張原作のドラマや映画の予告編のようなビデオにしてみたい」というアイデアが出たところから企画がスタート。そして「せっかくやるならば、日本を代表するような女優の方に出ていただこう」ということで『ゼロの焦点』の主演でも知られる広末に白羽の矢が立ったのである。 実際に完 [全文を読む]

フォーカス