ドラマ 上地雄輔に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

最近のドラマではだいぶ少なくなったヤンキードラマ。深夜枠で時々放送しているとついつい観てしまう・・・なんて事はありませんか?アクションや人情、そして青春と、人より少し熱い青年・少年たちの活躍。なぜかワクワクドキドキしてしまいます。そんな、今だから観直したい、心が躍り出しそうなヤンキードラマ。懐かしいものから厳選して10作品集めてみました。意外なあの人も出演 [全文を読む]

国仲涼子、モテ男・向井理を射止めた恋愛体質をドラマで発揮!?

メンズサイゾー / 2015年02月21日15時00分

今年の元日に俳優の東出昌大(27)と結婚した杏(28)が主演を務めている連続ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)。本作は、杏と長谷川博巳(37)演じる"恋愛力ゼロで恋愛不適合者"の男女が、それぞれの止むに止まれぬ事情から結婚を目指すことになり、一切の恋愛感情を持たぬまま日々デートを積み重ねていくというラブコメディーだ。 初回放送では平 [全文を読む]

斎藤工、“壁ドン”され「ラテンの匂いがした」

モデルプレス / 2016年02月09日19時00分

【斎藤工/モデルプレス=2月9日】俳優の斎藤工を主演に迎え、テレビ東京系で2011年1月クールに放送された連続ドラマ「最上の命医」の特別編となるドラマスペシャル「最上の命医2016」が、2月10日よる9時より放送される。今回、劇中で5年ぶりの再会という設定のもと、俳優の池内博之から“壁ドン”される場面カットが到着。斎藤は「池内ドンは…何処かラテンの匂いがし [全文を読む]

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

日刊大衆 / 2016年10月03日13時30分

ここ数年は、ドラマの視聴率が軒並み厳しくなっている。学園ドラマも例外ではない。しかし、80年代に田原俊彦、野村義男、近藤真彦による「たのきんトリオ」が誕生したのをきっかけに、『3年B組金八先生』(TBS系)が、アイドルの登竜門とされ、注目されていた時期がある。その後も継続的にイケメンアイドル、次世代俳優を多く起用した学園ドラマが制作されており、近年では『ご [全文を読む]

斎藤工、大沢たかお、そして坂上忍も…歌手デビュー経験のある意外な(!?)男性俳優

日本タレント名鑑 / 2016年06月28日09時55分

反町隆史さんのことが情報番組やバラエティ番組などで扱われると、ドラマ『GTO』の主題歌『POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~』がよくBGMとして流れます。もう18年も前の曲ですが、それだけインパクトが強く、また同曲のイメージもあり、“歌手・反町隆史”としても俳優同様にインパクトを残しました。その一方、「え!?この人も歌手デビューしていたんだ」 [全文を読む]

多部未華子「私は本当に人見知りで…」 上地雄輔が「よくしゃべります」と暴露

エンタメOVO / 2017年04月11日20時37分

NHKドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の試写会と会見が11日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、高橋克典、上地雄輔、片瀬那奈、新津ちせ、江波杏子、奥田瑛二、倍賞美津子が登壇した。 ドラマは、亡き祖母(倍賞)から「代書屋」を兼業する「ツバキ文具店」を受け継いだ鳩子(多部)が、さまざまな依頼に応える中で、成長する姿を描く。 多部が撮影中のエピソ [全文を読む]

放送禁止!? 成宮寛貴が出演した名作ドラマ

日刊大衆 / 2017年01月15日23時00分

となると、気になるのは過去に成宮が出演していた数々のドラマの行方。再放送NGになってしまうにはもったいない作品が揃っているのだ。そこで、今回は成宮が出演した名作ドラマの数々をあらためて振り返ってみよう。 成宮の名前が広く知られるきっかけとなったのは、2002年放送の『ごくせん』(日本テレビ系)の第1シリーズ。仲間由紀恵(37)演じる女性教師の“ヤンクミ”が [全文を読む]

向井理、結婚発表の「明暗」

NewsCafe / 2014年12月01日17時00分

いずれもドラマで共演しており、清楚に見えるけど実は肉食系の共演者喰いと噂されました」 向井も共演者喰いと言われており、国仲とは2012年のドラマ「ハングリー」(フジテレビ系)での共演がきっかけだけに噂は本当だったようだ。 「国仲が『急に女っぽくなった』『大人の色気が出てきた』と言われ始めたのが2012年。向井との交際で女性として開花したと見られています」 [全文を読む]

干され俳優・野久保直樹が“第2の西島秀俊”になる!? 羞恥心姿に「1人オーラなし」の声も…

おたぽる / 2015年12月20日12時00分

しかし、その後も上地は“遊助”名義で歌手として活動したり、数多くの映画やドラマに俳優として出演するなど、マルチな活躍を続けています。つるのにしても、歌唱力の高さを生かし歌手として活躍。さらに“イクメン”タレントとしても活躍を続けています。そんな2人とは対照的に、野久保は『干された』という声がネット上では多く上がっているようです」(芸能関係者) 野久保が「干 [全文を読む]

フォーカス