上田晋也 視聴率に関するニュース

<なぜやめないの?>「視聴率が取れないテレビ番組」でも放送される理由

メディアゴン / 2015年04月30日11時30分

爆笑問題や、上田晋也の起用という考え方もあるが、これらの人々は選挙速報の主な視聴者である大人をはじいてしまうので当たらない。批判覚悟で言うが、大災害や、大事故、大事件から「○○年」という番組も視聴率は期待できない。「○○周年」というのは、放送する側の事情で、当事者以外は、そんなことに思い入れがないからだ。高校生たちのカラオケルームに押しかけて「銀座の恋の物 [全文を読む]

視聴率壊滅フジ、大手スポンサー降板続出…タレントも出演拒否で出演者確保も困難

Business Journal / 2016年09月10日07時00分

真裏で放映されている上田晋也(くりぃむしちゅー)司会の『Going!Sports&News』(日テレ)が常に視聴率6~7%をキープしているにもかかわらず、『LIFE HERO’S』は視聴率2%台。このままではフリーアナとなった加藤の看板に傷が付き、ヤバいと思ったようです。このまま同番組に出演することは、加藤の商品価値を下げることになると気づいた。所属事務所 [全文を読む]

「好きな司会者」V2達成の上田晋也&くりぃむしちゅーの番組視聴率は?

サイゾーウーマン / 2013年12月22日13時00分

今年2月ごろまでは10~13%を獲っていましたが、視聴者離れが進んでいます」(芸能ライター) では、オリコンが今年2月に発表した「好きな司会者ランキング」で、昨年に続いてV2に輝いた上田晋也が個人で出演している番組はどうだろうか。高いMC技術が評価されている上田は、トーク番組『おしゃれイズム』と、スポーツニュース番組『Going!Sports&News』( [全文を読む]

『いいとも!』から“消えるタモリ”の真相は、番組演出へのクーデターだった!

日刊サイゾー / 2013年07月21日12時00分

水面下では、早くもタモリの後継者が、SMAPの中居正広や、くりぃむしちゅーの上田晋也と有田哲平という話も持ち上がっているが、タモリの降板と同時に『笑っていいとも!』も終了するというのが関係者の見方。それでなければ、タモリも所属事務所も納得しないだろう。S氏、トラの尾を踏んでしまったかもしれない。 (文=本多圭) [全文を読む]

テレビ春改編のポイントは土曜日にあり!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月19日22時00分

上田晋也のニュース番組が早朝へ枠移動ほか、手堅い改編のTBSTBSは、「現行の番組の良さをできる限り生かし、改善すべき点は番組内でリニューアルを行う」(菊野浩樹編成部長)という今期改編のコンセプトに基づく低めの改編率で、やや堅実路線。土曜日は、「王様のブランチ」の新MCに渡部建と佐藤栞里を抜てき、「COUNT DOWN TV」は放送時間拡大、という形で [全文を読む]

TBS4月期改編、日曜激戦区に新バラエティ&報道番組に大幅改革

モデルプレス / 2017年03月01日15時10分

上田晋也の報道番組がスタート このほか、くりぃむしちゅーの上田晋也がニュースの裏側にある背景や思惑を専門家から引き出していく、『上田晋也のサタデージャーナル』(毎週土曜あさ5時30分)を4月1日よりスタート。石丸氏はかねてより「上田さんの高いスキルに注目していた」といい、「上田さんが週の最大関心事にどう斬り込むのか試してみたいと思い挑戦する」と背景を説 [全文を読む]

上田晋也、ピコ太郎フィーバーに「夢物語を聞いてる感じ」

Smartザテレビジョン / 2016年12月14日15時00分

12月12日に行われた「上田ちゃんネル」(12月15日放送)の収録では、くりぃむしちゅー・上田晋也から「とにかく、すごいよ世界一だからな! PPAPのニュースを見ない日はないし、最近はまさに世界を飛び回っているスーパースターだもんな!」と、熱き賛辞で始まった。 ただ、「ちょっと冷静になれ!!! ペンに林檎を刺してるだけだぞ(笑)。一体、世の中は何に熱狂し [全文を読む]

有吉弘行『なるほど!ザ・ワールド』、期待外れの10%! リメイク番組はなぜ“コケる”のか?

サイゾーウーマン / 2015年10月18日13時00分

くりぃむしちゅーの上田晋也だったら、もう少し場をかき回していたはず。ちなみに今回のスペシャル番組の制作会社は、同じく有吉が司会を務め、低視聴率ぶりが話題になった番組『おーい!ひろいき村』(同)を作っている。今回の数字がよければ、『ひろいき村』を終わらせて、これをレギュラーにともくろんでいたのかもしれません」(業界関係者) 内容としては、「アメリカはやっぱり [全文を読む]

くりぃむ有田 サービス精神旺盛で「現場に欠かせない」の声

NEWSポストセブン / 2012年02月22日16時00分

昨年1位の明石家さんまを抑え、初の首位に輝いたのは、くりぃむしちゅーの上田晋也だった。コンビとして抱えるレギュラー番組は週に7本、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)、『Going!』(日本テレビ系)、『なかよしテレビ』(フジテレビ系)などには司会者としてピンでも出演し、今やテレビで目にしない日は無いほどの売れっ子だ。 一方、相方の有田哲平は同ランキングのベ [全文を読む]

究極のライバル対決「生き残るのはどっち」だ(1) ポスト紳助 今田耕司×上田晋也

アサ芸プラス / 2012年01月14日11時00分

西の今田耕司(45)に対し、東からは「くりぃむしちゅー」の上田晋也(40)の名前がクローズアップされてきた。 紳助が残した名物番組は、吉本興業の後輩芸人である今田が世襲した。視聴率もしっかりと残し、「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)のレギュラーも順調。特番「オールスター感謝祭」(TBS系)の司会にしても、今後は今田が仕切り続けていくのだから実質上の跡 [全文を読む]

フォーカス