事件 植松聖に関するニュース

相模原大量殺傷事件で佐藤優が警鐘!「世の中の極端な人たちを刺激して、もっと恐ろしい危険性が…」

週プレNEWS / 2016年08月25日06時00分

7月26日、相模原市の津久井やまゆり園で起きた、障害者施設での大量殺傷事件。計画的に行なわれた今回の犯行は、今後、日本社会にどのような波紋を広げていくのだろうか? * * * 鈴木 今日は7月15日に起こったトルコのクーデター未遂事件について、佐藤さんの分析をお願いしたいと思っております。 佐藤 トルコの話の前に、7月26日未明に発生した、神奈川県相模原 [全文を読む]

相模原障害者殺人事件は前触れにすぎない? 植松容疑者の「思想」はなぜ、共感を呼んだのか

日刊サイゾー / 2017年01月26日19時00分

神奈川県相模原市にある障害者福祉施設「神奈川県立 津久井やまゆり園」で、この施設の元職員・植松聖(当時26)の凶行によって19人の入所者が殺害された事件から、半年が経過した。戦後日本国内で発生した事件として、「津山三十人殺し」に次ぐ犠牲者の多さとその規模もさることながら、ネット上に寄せられたこの事件の犯人に対する共感は、ショッキングな出来事として記憶された [全文を読む]

点滴殺人事件と障害者惨殺事件に見える共通点、日本の危険な「優越論」―華字紙

Record China / 2016年09月30日06時30分

2016年9月29日、華字紙・日本新華僑報は横浜市の病院で起きた患者死亡事件について、「日本の社会危機だ」と報じている。 今月20日、横浜市神奈川区の大口病院で、入院患者の八巻信雄さんが界面活性剤による中毒で死亡した。点滴に遺物を混入したような形跡があったことから、何者かが故意に混入し、八巻さんを殺害したとみられている。また、同病院で18日に死亡した西川惣 [全文を読む]

平成28年と昭和64年 犯罪や流行ゲーム、映画にも類似点

NEWSポストセブン / 2016年09月14日07時00分

社会的な事件、犯罪事件などを掘り起こすと、昭和最後の年となった1989年(昭和64年)と今年(平成28年)にはやはり類似点が浮かび上がる。 1989年には、宮崎勤の連続幼女誘拐殺人事件が起きたが、今年は植松聖の障害者施設殺傷事件が起き、世間を震撼させた。 「性質の異なる事件ですが、こうした事件というのは時代をよく表わすものです。凶悪事件は戦後ずっと減り続け [全文を読む]

170万年前の女性 歩けなくても栄養過多だったのはなぜか

NEWSポストセブン / 2016年09月26日16時00分

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件を起こした容疑者も、そういった身勝手な理屈を犯行動機として供述している。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、事件をきっかけに人間が構築する社会の可能性について考えた。 * * * 障害者支援施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件から2か月が経つ。元職員の植松聖容疑者が、無抵抗の障害者19人の命を奪った残忍な事件は、各 [全文を読む]

相模原事件で浮き彫りになった「緊急措置入院」という制度の問題点

まぐまぐニュース! / 2016年08月09日17時40分

障害者施設「津久井やまゆり園」で起こった痛ましい大量殺人事件。動機や背景などの真相究明はまだ途上ですが、植松聖容疑者は今年2月、緊急措置入院となっていたことが明らかになっています。そもそもこの「緊急措置入院制度」とはどのようなものなのでしょうか。無料メルマガ『知らなきゃ損する面白法律講座』で、現役弁護士が詳しく解説しています。 緊急措置入院とはどんな制度? [全文を読む]

15年前の大量殺人から何をくみ取るべきだったのか 障害者施設殺傷事件

Japan In-depth / 2016年07月31日00時26分

山口敦(産經新聞大阪本社 社会部次長)「Osaka In-depth」また、大量殺人事件が起きた。神奈川県相模原市の障害者施設に侵入した男が19人を殺害した事件。警察の移送車両のなか、大量のフラッシュを浴びて笑顔をみせる植松聖容疑者の姿に、大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)で、23人の児童らが殺傷された際にも感じた、何とも言えないどす黒い感情がこみ上 [全文を読む]

退院後のフォローアップを【相模原福祉施設殺傷事件】

NewsCafe / 2016年07月29日14時11分

そんな生活圏内で、戦後、最大の犠牲者を出した殺人事件を起こしたことになります。 自宅は施設から見て、駅とは反対方向で、風景としては寂しくなる場所です。田園風景の中で、行き止まりの道のやや手前にあります。他の民家とも接しています。近所の人の話では、両親と生活をしていましたが、最近では一人で生活していたとのことです。挨拶する程度でしたが、好青年というイメージだ [全文を読む]

【相模原殺傷事件】で危惧される暴力の連鎖とメディアの「責任」

Business Journal / 2016年08月02日06時00分

相模原市の知的障害者施設で入居者19人が殺害され、26人が重軽傷を負った事件は、本当に衝撃的だった。重度の障害者は殺した方が「日本国と世界平和の為」になるという、強い差別的な“思想”に基づいた確信犯であり、「ヘイトクライム」と呼ぶべきだろう。●外れてしまった“歯止め” 世の中には、植松聖容疑者の“主張”を「正論」と言い、共感する人もいるらしい。インターネッ [全文を読む]

「戦後最悪」の犠牲者! 施設殺傷事件の植松聖容疑者が精神病院を「スピード退院」した理由

ヘルスプレス / 2016年07月27日17時52分

死者19人、負傷者26人という「戦後最悪」の犠牲を出した、「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)の殺傷事件――。 植松聖容疑者(26)は今年2月、精神病院に措置入院していたものの、わずか12日で退院したことから、精神障害者の医療対応について、さまざまな憶測が流れている。 精神病院からの個人情報の流出は制限されるだろうから、この「スピード退院」の理由が明ら [全文を読む]

フォーカス