スケジュール 新垣結衣に関するニュース

新垣結衣 すでに疲労困憊気味も清水富美加の“穴埋め”で夏以降は不眠不休に!

アサ芸プラス / 2017年03月25日09時57分

穴埋め仕事が本格化する今夏以降は休む間もない過密スケジュールだと聞いています」(前出・事務所関係者) せめて気持ちだけでも、楽しく踊るように「ゆるっと」していてほしい。 [全文を読む]

山下智久&新垣結衣の月9も期待薄?懲りない”安易なキャスティング”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月17日11時50分

しかし、期待された視聴率の“ミタ越え”はなく、他のメインキャストのスケジュールの都合上、不自然な脚本もあり消化不良な作品となりました。こうした前例もあるので、前クールで売れた役者をそのまま起用することの良し悪しはあるでしょう」(前出・芸能関係者) ちなみに『ラッキーセブン』はドラマ終了後、スペシャルドラマが放送されている。こちらでも、メインキャストをつとめ [全文を読む]

新垣結衣が大量消耗のピンチ! レプロの“支配力維持”のためにフル稼働か!?

tocana / 2017年03月14日09時00分

それからは余裕を持ったスケジュールとなったのだが、レプロのために再び若手時代のように働くことになりそうだ。 ※イメージ画像は、「レプロエンタテインメントHP」より [全文を読む]

2016年「TV LIFE 年間ドラマ大賞」が決定! 作品賞(大賞)は大野智主演『世界一難しい恋』! 大野は「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞。「主演女優賞」は新垣結衣!

PR TIMES / 2017年02月15日18時12分

「撮影の3か月間は毎日が本当に楽しくて、スケジュールは大変でしたが(笑)、とても平和な現場でした」と撮影時の思い出を語る。「第26回 年間ドラマ大賞2016」の受賞者インタビューは、株式会社学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)発行のテレビ情報誌「TVLIFE(テレビライフ)5号」(2月15日(水)発売)に掲載。表紙には、作品賞&主演男優賞&主 [全文を読む]

半沢直樹の教訓か?新垣結衣「逃げ恥」続編をTBSが急ぐお家事情

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日11時30分

一部報道によれば、主演二人のスケジュール確保にTBSがすでに動きを見せているようなのだ。「このTBSのすばやい行動も納得」だと、テレビ局関係者は語る。 「視聴率争いでは、日テレとテレ朝がトップを競い、TBSがそれを追う構図。ドラマ部門だけみても、昨年のプライムタイムのドラマ視聴率はTBSが9.95%。対してテレ朝は13.68%と、圧倒的な差がある。『相棒』 [全文を読む]

「医学部に行くな」 学習塾の衝撃広告にツッコミ殺到

しらべぇ / 2017年01月06日19時00分

私なら色合いとか配置とかもう少し変えた気がするけれど、この二度見させること自体が狙い!? pic.twitter.com/6j1CDbLowl— 吉田裕子(国語講師) (@infinity0105) 2017年1月1日一体なぜ、これでOKを出してしまったのか......真相は不明だが、スケジュールが超タイトだったなど、きっとなにかのっぴきならない事情があっ [全文を読む]

新垣結衣、酔うとどうなる?プライベートの意外な姿が明らかに

モデルプレス / 2016年11月12日13時08分

女優業でも忙しさのあまり、「地面から浮いている感じだった」と当時はスケジュールをこなすことで精一杯だったそうだが、20歳を迎えて心境に変化が。「何事も楽しみたいと思うようになった。それまでは『楽しくなればいいな』『いい作品になればいいな』と他力な感じだったけど、ヒロインをやらせてもらう機会が多くなって、やるからには『いいものにしたい』って思うようになりま [全文を読む]

【衝撃】新垣結衣のポスターに映り込む「イケナイ影」が話題に

しらべぇ / 2016年07月14日19時00分

リングライト(※人物撮影などで使うライト)を使えば映り込みは防げますが、光のニュアンスが硬くなりやすいので全体のバランスに合わなかったのかもしれません」また、30代の男性デザイナーからは辛口のこんな意見も...「レタッチのスケジュールをほぼとらず超タイトスケジュールで進行していたのかもしれません...。事務所サイドも、長期契約している仕事だとチェックを油断 [全文を読む]

新垣結衣・上戸彩・北川景子ら 10名の豪華美女が繋ぐ“7日間”のストーリー

モデルプレス / 2016年03月29日00時00分

9シーンのうち、8シーンは連続3日間で一気に撮影をするという過密なスケジュールだったが、すべての出演者は監督の指示のもと、和やかな雰囲気の中で演技を披露した。 ◆週末の夜・新垣結衣&日曜の昼・上戸彩 ナチュラルな表情で好きな本を読むくつろぎのシーンを担当した新垣はCMの冒頭に登場。「愛」を感じ、「もの思いにふける姿」を演じた上戸は、これまでの快活なイメージ [全文を読む]

新垣結衣、岡田将生“ツイてない”エピソード明かす

モデルプレス / 2015年09月07日13時12分

なので友だちとの約束をけっこう入れていましたが、スケジュールがガタガタになってしまいました」と苦笑いで続け、「健康って大事だなって思いました。でも撮影前に治って良かったです」と安堵の表情を浮かべた。 ◆岡田将生「すごいな俺」 一方の岡田は「僕はこの役にぴったりなんです(笑)」と得意気。「高校生の時、自転車に乗っていたら、ここ(顔)に鳥の糞がついたことあるん [全文を読む]

フォーカス