彼女 神田正輝に関するニュース

神田沙也加 「トークでも数字持っている」と民放Pが高評価

NEWSポストセブン / 2014年08月14日07時00分

毎分をみても彼女が出ている時間は数字がいい。アナ雪の曲を歌ったときだけでなく、トークの時間帯もです。AKBやEXILEがゲスト出演したときより数字がいいですよ。アナ雪の人気は今年じゅう続きそうですし、沙也加さんには今後も出演をお願いしたい」(民放テレビ局プロデューサー) デビューからずっと松田聖子と神田正輝の娘と言われ続けた沙也加だが、今では両親の七光りで [全文を読む]

マツコ&有吉は知らない(4)「勝新太郎・俠秘話」

アサ芸プラス / 2013年01月23日10時00分

彼女のすごいところは相手の才能を吸い尽くすこと。典型が松本隆で、聖子のヒット曲を多く手がけているけど、彼女と仕事をして以降、疲弊して輝きを失った。それを見ているのに、他の一流ミュージシャンも聖子に曲を書きたがるんですから一種の魔力です」 さらに、恋人を踏み台にステップアップする力も。 「郷ひろみ(57)と別れる時も結果的に自分の知名度を上げたし、次に神 [全文を読む]

"計算が合わない女"長谷川理恵 楠本氏と園山真希絵をめぐる「大人な三角関係」って......

日刊サイゾー / 2012年06月03日08時00分

「楠本氏が業界関係の集まりによく園山を伴っていたり、商談に彼女の店を使っていたりしたなんていう話もあるから、親交があったのは間違いない。それどころか、楠本氏には園山のパトロン説もあるほど。彼女が和食店をオープンしたときに、楠本氏が資金援助をしたのではないかという証言もあるからね。いずれにせよ、長谷川と楠本氏がゴールインに至った過程には、ゴタゴタもあったんじ [全文を読む]

長谷川理恵 女として「痛い」のが野田聖子と似てると女性作家

NEWSポストセブン / 2012年05月02日16時00分

彼女の個人的な内面や人柄については特に関心がないのですが、その「行動のカタチ」に、なにやら不思議な「馬力」を感じ、それがどこから発しているのかと、つい興味を感じてしまうのです。 「結婚」という自分の描いたブランドに強くこだわり固執し、それを完成させることに没頭しすぎて、ちょっと視野狭窄? 気味。お茶の間の人々は、そのあたりに「痛さ」を感じているもようです [全文を読む]

長谷川理恵 神田正輝に逆プロポーズをするも人生初の拒絶

NEWSポストセブン / 2012年02月16日07時00分

彼女はもともと結婚に対する温度差があるのはわかっていたけど、それでも自分のほうから彼にお願いしたら、きっと“結婚しよう”といってくれると信じていた。だから神田さんが“NO”という態度をとり続けることにかなりショックだったみたい。人生で初めて男性に拒絶されて、どん底に落ちた気持ちだったと思いますよ」(前出・長谷川の知人) ※女性セブン2012年3月1日号 【 [全文を読む]

松田聖子論 好きでも嫌いでもないがいつの間にか洗脳される

NEWSポストセブン / 2016年07月26日11時00分

彼女のことは好きでも嫌いでもないんですが、でも松田聖子のことをすごく知っているんです」 と言うのは、エッセイストの斎藤由香さん(54才)。3月生まれの聖子より、誕生日が1か月遅く、1学年違いだ。1980年に聖子が18才でデビューして以降、彼女の生き方が目に飛び込んできたと話す。「彼女が『裸足の季節』でデビューして、トレードマークだった聖子ちゃんカットが大 [全文を読む]

神田沙也加「許せない…」初著書から外した母・聖子の写真

WEB女性自身 / 2015年01月28日06時00分

彼女にとっては、初めての自著。半生紹介にも6ページが割かれ父・神田正輝(64)とのツーショットも掲載されているが、母・松田聖子(52)の写真は1枚たりとも使用されていないのだ。ある芸能関係者は言う。「昨年2月に、聖子は兄が代表取締役、母・一子さん(82)が役員を務める所属事務所から新事務所に移籍しました。いっしょ移ったのは元恋人でいまもマネージャーを務める [全文を読む]

沙也加「毎日カップやきそばの時期も」聖子の呪縛を逃れるまで

WEB女性自身 / 2014年08月29日07時00分

彼女の名を忘れかけていた世間は「あんなに歌がうまいのか」と驚いた。偉大すぎる母親・松田聖子(52)を持つゆえに、「パッしない二世」だった沙也加は、どうやって母の呪縛から逃れたのか。 ’01年、中3の春にSAYAKAの名でデビューしたとき、彼女はまさに「親の七光り」だった。’02年のCDデビュー曲『ever since』は20万枚売れたが、プロモーションに1 [全文を読む]

長谷川理恵の夫の前妻 慰謝料請求できないかを検討との証言

NEWSポストセブン / 2012年08月15日07時00分

そんな精神的苦痛に対して、楠本さんと長谷川さんになんらかの責任をとってもらおうと、彼女は弁護士さんに相談したそうです。慰謝料を請求できないか検討しているみたいですね」 周囲の人によれば、楠本氏とA子さんは今年の2月上旬に離婚が成立したという。 長谷川の“告白本”ともいえる『願力』(マガジンハウス刊)には、楠本氏はA子さんと離婚した理由を、長谷川にこう説明し [全文を読む]

松田聖子の結婚は話題作り!? 元祖・スキャンダル歌姫が再々婚!

サイゾーウーマン / 2012年06月14日09時45分

ねらっていなかったら、彼女の天性のものです。聖子さんは、「女の独身はよくない」「身を固めるべき」といった保守的な考えを持っています。結婚することで安定を得、支えてもらおうと思っていました。「出会った瞬間『ビビビっときた』」という、1998年の歯科医の男性との再婚のときと同じく、今回もビビビ婚でしょう。 また、聖子さんは結婚を自分のステイタスと考えているとこ [全文を読む]

フォーカス